氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 依岡 輝幸 (Yorioka Teruyuki)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. Applications of Todorcevic's side condition method(Tutorial)
IPM Set Theory Conference 2019 (2019年11月) 招待講演
[発表者]Teruyuki Yorioka
[URL]
[備考] IPM, Tehran, Iran. 90分を3回のチュートリアル.
[2]. 梯子系の色付けの一様化とトドロチェビッチによるマーティンの公理の部分公理
日本数学会2019年度秋季総合分科会 (2019年9月19日) 招待講演以外
[発表者]依岡輝幸
[備考] 金沢大学
[3]. Methods in Higher Forcing Axioms
Methods in Higher Forcing Axioms (2019年9月10日) 招待講演
[発表者]Teruyuki Yorioka
[備考] http://karagila.org/mehifox/
[4]. YPFA implies MRP
Set theory of the Reals (19w5064), at The Casa Matemática Oaxaca (CMO). (2019年8月) 招待講演
[発表者]Teruyuki Yorioka
[URL]
[備考] https://www.birs.ca/events/2019/5-day-workshops/19w5064
[5]. $(¥omega^¥omega, <^*)$上の極大飽和直線と実数直線の性質
2019年度日本数学会年会 (2019年3月20日) 招待講演以外
[発表者]依岡輝幸
[備考] 東京工業大学
[6]. The difference between two properties of Aronszajn trees
RIMS共同研究(公開型)「公理的集合論とその応用」 (2018年11月5日) 招待講演以外
[発表者]Teruyuki Yorioka
[備考] 京都大学数理解析研究所
[7]. ランダム強制法による拡大モデルの中での弱い Martin’s Axiom
日本数学会 2018年度秋季総合分科会 (2018年9月24日) 招待講演以外
[発表者]依岡輝幸
[備考] 岡山大学
[8]. A fragment of Aspero-Mota's Finitely Proper Forcing Axiom and an entangled set of reals
Novi Sad Conference in Set Theory and General Topology , SETTOP 2018 (2018年7月) 招待講演以外
[発表者]Teruyuki Yorioka
[備考] Novi Sad, Serbia.
[9]. Aronszajn 木が持つふたつの組合せ的性質の違い
日本数学会2018年度年会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 東京大学駒場キャンパス
[10]. 道多元環上のある無限生成非射影加群について
日本数学会2018年度年会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸,Diego A. Mejia,板場 綾子(東京理科大学)
[備考] 東京大学駒場キャンパス
[11]. Aspero-Mota’s finitely proper forcing axiom and k-entangled sets of reals
RIMS Set Theory workshop "Iterated Forcing Theory and Cardinal Invariants" (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 京都大学数理解析研究所
[12]. Aronszajn木の組合せ論とその他のRamsey理論的な組合せ論の関係
日本数学会2017年度秋季総合分科会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 山形大学
[13]. Woodin の $\Pi_2$-compactness という考え方と実数の集合論
52nd MLG 数理論理学研究集会 (2017年1月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 静岡大学
[14]. Von Neumann の測度問題に関する CCC 強制法の性質
2016年日本数学会秋季総合分科会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 関西大学
[15]. Todorcevic's fragments of Martin's Axiom and its restrictions
HIFW02: Independence Results in Mathematics and Challenges in Iterated Forcing (2015年11月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] University of East Anglia, Norwich, UK. Satellite Workshop of Isaac Newton Institute of Mathematical Sciences.
[16]. Todorcevic orderings add no random reals
1st Pan Pacific International Conference on Topology and Applications (2015年11月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Minnan Normal University, Zhangzhou, China.
[17]. Some consistency results with the existence of a non special Aronszajn tree
RIMS 研究集会「公理的集合論の最近の進展」 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 京都大学数理解析研究所
[18]. Todorcevic's fragments of Martin's axiom and a recent result due to Bagaria and Shelah
Sets and Computations, IMS program, Singapore. (2015年4月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Institute of Mathematical Science, National University of Singapore.
[19]. Fragments of Martin's Axiom and the existence of a non-special Aronszajn tree
Winter School in Abstract Analysis 2015 section Set Theory & Topology (2015年2月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Hejnice, Czech Republic.
[20]. On fragments of Martin’s Axiom
RIMS Set Theory Workshop 2014, Infinitary Combinatorics in Set Theory and Its Applicasions (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 京都大学数理解析研究所
[21]. Todorcevic orderings add no random reals
Workshop on Mathematical Logic on the Occasion of Sakae Fuchino's 60th Birthday (2014年11月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 神戸大学
[22]. Side condition method を用いた forcings の新しい保存定理
日本数学会2014年度年会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 学習院大学
[23]. Side condition method for S-space problem and its preservation theorems
Axiomatic approaches to forcing techniques in set theory (13w5026) (2013年11月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Banff Interntional Research Station
[24]. Aspero-Mota iteration について
2013 年度日本数学会秋季総合分科会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 愛媛大学
[25]. Side condition method and the preservation of a tower in $\mathcal{P}(\omega)$
RIMS 研究集会 反映原理と巨 大基数の集合論 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 京都大学数理解析研究所
[26]. Side condition method and random reals
International Conference on Topology and Geometry (2013年9月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 島根大学
[27]. ススリン木による強制拡大で成り立つこと
日本数学会 2013 年度年会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 京都大学
[28]. The omega properness, club guessing and PFA(S)
RIMS 研究集会 強制法による拡大と巨大基数 (2012年12月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 京都大学数理解析研究所
[29]. A comment on Aspero-Mota iteration
RIMS 研究集会 強制法による拡大と巨大基数 (2012年12月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 京都大学数理解析研究所
[30]. An application of Aspero-Mota’s iteration to Todorcevic’s Open Coloring Axiom
Set Theory Seminar Series of the thematic program of Forcing and its applications 2012 (2012年8月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Fields Institute
[31]. The rectangle refining property, uniformizing ladder system colorings, and a forcing exten- sion of a coherent Suslin tree
V International Conference Japan-Mexico on Topology and its applications (2010年9月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Universidad de Colima
[32]. 自由でないホワイトヘッド群に関するリマーク(代数学の観点から)
2009 年度日本数学会秋季 総合分科会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 2009 年 9 月 24 日, 大阪大学.
[33]. ランダム実数を付け加えない CCC 強制法の新しい例と Prikry と Shelah の問題について
2009 年度日本数学会秋季総合分科会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 2009 年 9 月 26 日, 大阪大学.
[34]. Proper な強制法が Suslin 木を保存することの条件について
2009 年度日本数学会秋季総合分科会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 2009年9月26日, 大阪大学.
[35]. 自由でないホワイトヘッド群に関するリマーク(集合論の観点から)
2009 年度日本数学会秋季総合分科会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 2009 年 9 月 26 日, 大阪大学.
[36]. CCC without random reals
ESI workshop on large cardinals and descriptive set theory (2009年6月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Erwin Schrodinger Instite
[37]. 公理的集合論における論理
2008年度科学基礎論学会秋の研究例会プログラム「数理論理学と無限論」 (2008年11月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[38]. Two properties which come from Aronszajn trees
The 10th Asian Logic Conference (2008年9月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 神戸大学
[39]. A generalization of Rudin’s Dowker space with a Suslin tree
Advances in Set-Theoretic Topology (2008年6月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Centre for Scientific Culture “Ettore Majorana”
[40]. $\mathbb{P}_{\rm max}$ variations and ccc structutres
1025th AMS meeting – 2007 Spring Central Sectional meeting, Special Session on Large Cardinals in Set Theory – (2007年3月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] Miami University
[41]. 実数の集合論について
2003 年度日本数学会秋季総合分科会 数学基礎論および歴史分科会 特別 講演 (2003年9月) 招待講演
[発表者]依岡 輝幸
[備考] 千葉大学