氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報  > 科学研究費助成事業

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 鈴木 雅一 (SUZUKI Masakazu)

科学研究費助成事業

【科学研究費助成事業】
[1]. ヌタウナギにおける脳下垂体-甲状腺系の分子機構および内分泌系遺伝子の包括的解析 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. プロラクチン研究の新展開:その起源と多機能化を生み出すプロセスの解明 ( 2016年4月 ~ 2018年3月 ) 挑戦的萌芽研究 分担
[3]. 両生類におけるアクアポリンの多様性と進化、および環境適応に関する分子生物学的研究 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[4]. 無尾両生類の多様な水適応を引き起こすアクアポレーション制御機構 ( 2011年4月 ~ 2012年2月 ) 基盤研究(B) 分担

[5]. 鰓後腺と副甲状腺に特徴的な機能分子と内分泌腺の形成・進化に関する分子生物学的研究 ( 2011年4月 ~ 2014年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[6]. オマーンに湧出する高アルカリ泉から学ぶアルカリ環境の地球・生物資源科学 ( 2009年4月 ~ 2012年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[7]. 人工細胞における水やペプチドの膜透過性の解析および機能性人工細胞の構築の研究 ( 2008年4月 ~ 2010年3月 ) 特定領域研究 分担

[8]. ホルモン依存性水吸収機構の原理と進化プロセスに関する分子生物学的研究 ( 2008年4月 ~ 2011年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[9]. アクアポリン分子の多様性と両生類の水適応戦略 ( 2007年4月 ~ 2010年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[10]. カルシウム代謝調節ホルモンの遺伝子発現に重要な転写因子群の解析と内分泌細胞の進化 ( 2006年4月 ~ 2008年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[11]. 両生類の水適応から見た水チャネルアクアポリン ( 2004年4月 ~ 2006年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[12]. カルシトニン細胞の分化形成を司る分子システムの同定とその遺伝子ネットワークの解析 ( 2002年4月 ~ 2005年3月 ) 若手研究(A) 代表