氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 山内 清志 (YAMAUCHI Kiyoshi)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. 食餌がアフリカツメガエルヒストン修飾に及ぼす影響とその分子機構の解析
日本動物学会第88回大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]山内清志,石原顕紀,岡田雅子,森綾子
[2]. 温度変化がウシガエルヒストン修飾に及ぼす影響とその分子機構の化石
日本動物学会第88回大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]山内清志,石原顕紀,アシュラフザマン・サポン,岡田雅子,森綾子
[3]. ヌタウナギ(hagfish)トランスサイレチン結晶化条件の検討
日本動物学会 東北支部大会 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]西山学即,五十嵐城太郎,松岡有樹,山内清志
[4]. ヌタウナギ甲状腺ホルモン結合タンパク質トランスサイレチンの機能解析
日本比較内分泌学会 (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,鈴木駿介,笠井謙太郎,西山学即,石原顕紀
[5]. The effects of fasting and refeeding on histone modification in Xenopus laevis liver.
日本動物学会 中部支部大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]Sapon M. A.,玉置啓二,佐久間真弓,石原顕紀,山内清志
[6]. Effects of thyroid hormone on the epigenetic changes in the regulatory region of the Xenopus laevis thyroid hormone receptor gene.
CompBiol 2015 (2015年12月) 招待講演以外
[発表者]N Nishiyama,K Kasai,A Ishihara,K Yamauchi
[備考] 広島 日本比較内分泌学会,日本比較生理生化学会
[7]. Analysis of the low temperature response mechanism in bullfrog larvae.
第39回日本比較内分泌学会大会 (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]Shunsuke Suzuki,Akinori Ishihra,Koichiro Awai,Kiyoshi Yamauchi
[備考] 岡崎
[8]. Effects offasting and refeeding on intestinal functions in Xenopus laevis.
第39回日本比較内分泌学会大会 (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]Kenji Tamaoki,Reiko Okada,Akinori Ishihra,Kazuki Mochizuki,Kiyoshi Yamauchi
[備考] 岡崎
[9]. Characterization of fish 5-hydroxyisourate hydrolase/transthyretin superfamily: Evolutionary and functional analyses.
第39回日本比較内分泌学会大会 (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]Kentaro Kasai,Shunsuke Suzuki,Norihito Nishiyama,Kiyoshi Yamauchi
[備考] 岡崎
[10]. Effects of environmental chemicals on thyroid hormone-dependent modifications of hoistone and RNA polymerase II
The 8th International Symposium on Amphibian and Reptilian Endocrinology and Neurobiology (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]Akinori Ishihara,Kiyoshi Yamauchi
[備考] Okazaki
[11]. Molecular mechanisms of thyroid hormone-induced chromatin modifications and the effects of cold stress on the expression of thyroid hormone responsive genes
The 8th International Symposium on Amphibian and Reptilian Endocrinology and Neurobiology (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]Kiyoshi Yamauchi
[備考] Okazaki
[12]. アフリカツメガエルを用いた消化管の絶食/再摂食に対する応答の検討
日本動物学会 第85回大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,玉置啓二,岡田令子,石原顕紀,望月和樹
[備考] 仙台
[13]. 円口類ヌタウナギの甲状腺ホルモン結合タンパクの機能解析
日本動物学会 第85回大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,笠井謙太郎,鈴木駿介,西山学即
[備考] 仙台
[14]. ウシガエル生体膜の低温応答機構の解析
日本動物学会 第85回大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,鈴木駿介,石原顕紀,粟井光一郎
[備考] 仙台
[15]. 環境化学物質がアフリカツメガエル甲状腺系に及ぼすエピジェネティック作用の検証
日本動物学会 第85回大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,泉勇志,石原顕紀
[備考] 仙台
[16]. アフリカツメガエルの消化管機能回復の鍵因子の探索
平成25年度日本動物学会中部支部会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,玉置 啓二,石原 顕紀
[備考] 岡崎
[17]. 円口類ヤツメウナギの血中甲状腺ホルモン結合蛋白質の機能解析
平成25年度日本動物学会中部支部会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,鈴木 駿介,石原 顕紀
[備考] 岡崎
[18]. 甲状腺ホルモン依存的なヒストン修飾及びRNAポリメラーゼII活性に及ぼす環境化学物質の影響
第16回 環境ホルモン学会 (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,大塚 駿介,石原 顕紀
[備考] 東京
[19]. 遺伝子重複によって生じたニジマスHIUHaseTTR スーパーファミリーの解析
日本動物学会第84回大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]笠井 謙太郎,西山 学即,石原 顕紀,山内 清志
[備考] 岡山
[20]. 環境化学物質が甲状腺系に及ぼすエピジェネティックな影響の解析
日本動物学会第84回大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,大塚 駿介,石原 顕紀
[備考] 岡山
[21]. Study of Lamprey TTR as a model for binding site function of transthyretin-like proteins
The Pittsburgh Diffraction Conference (2013年9月) 招待講演
[発表者]K Yamauchi,A Bressler,J Pace,V Cody,S Richardson
[備考] Hauptman-Woodward Medical Research Institute,Buffalo, NY,USA
[22]. Lamprey "transthyretin"-is it transthyretin or 5-hydroxyisourate hydrolase?
International Congress of Comparative Endocrinology (2013年7月) 招待講演
[発表者]K Yamauchi,S De Luca,D D'Souza,SJ Richardson,V Cody
[備考] Barcelona
[23]. 生薬製剤松寿仙の高コレステロール飼料飼育ラットへの影響(II)
日本薬学会第133年会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,石原 顕紀,山中 秀徳,高橋 礼子,小屋 作久次
[備考] 横浜
[24]. 下等脊椎動物の甲状腺ホルモン結合蛋白質トランスサイレチンのクローニングとその発現
日本動物学会中部支部大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,笠井 謙太郎,石原 顕紀
[備考] 松本
[25]. 臭素化難燃剤による甲状腺ホルモン系撹乱機構の解析 
日本動物学会中部支部大会 (2012年10月) 招待講演
[発表者]山内 清志,大塚 介,石原 顕紀
[備考] 松本
[26]. 両生類変態の温度依存性(1):その分子機構
日本動物学会第83回大会 (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,望月 和樹,合田 敏尚,石原 顕紀
[備考] 大阪
[27]. 両生類変態の温度依存性(2):低温処理のウシガエル幼生肝臓の遺伝子発現プロファイル
日本動物学会第83回大会 (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,望月 和樹,合田 敏尚
[備考] 大阪
[28]. アフリカツメガエルトランスサイレチン遺伝子配列決定と発現解析
日本動物学会第83回大会 (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,石原 顕紀,西山 学即
[備考] 大阪
[29]. Modulation of the extracellular distribution, cellular uptake, and cellular action of phenolic compounds with thyroid disrupting activity by serum proteins.
International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry (ICCPB) 2011 (2012年6月) 招待講演以外
[発表者]K Yamauchi,G. Sai,S. Akiyoshi,A. Ishihara
[備考] Nagoya
[30]. Comparison of the geature in genome rearrangement of Paramecium with that of the other organisms.
International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry (ICCPB) 2011 (2012年6月) 招待講演以外
[発表者]K. Yamauchi,N. Nishiyama,K. Mikami,A. Matsuoka
[備考] Nagoya
[31]. アフリカツメガエル変態過程における肝臓の組織的変化
日本動物学会第83回大会 (2012年4月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,上野 友也,石原 顕紀,小池 亨,塩尻 信義
[備考] 大阪
[32]. 生薬製剤松寿仙の高コレステロール飼料飼育ラットへの影響
日本薬学会第132年会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,高橋 礼子,石原 顕紀,山中 秀徳,小屋 作久次
[備考] 札幌
[33]. A genome-wide expression analysis revealed the effects of hydroxylated polychlorinated biphenyls on the thyroid hormone function in metamorphosing African clawed toad Xenopus laevis.
International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry (ICCPB) 2011 (2012年1月) 招待講演
[発表者]K. Yamauchi,A. Ishihara,Y. Makita
[備考] Nagoya
[34]. 網羅的遺伝子発現解析による化学物質応答メカニズムの検討
第35回日本比較内分泌学会大会 (2010年11月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,石原 顕紀,蒔田 優
[備考] 静岡
[35]. 血清蛋白質は種特異的に化学物質の甲状腺ホルモン撹乱作用を抑制する
第35回日本比較内分泌学会大会 (2010年11月) 招待講演
[発表者]山内 清志,秋吉 さくら,崔 語旻,石原 顕紀
[備考] 静岡
[36]. Characterization of ligand-binding of Amphibian transthyretins.
12th International Thyroid Congress (2010年10月) 招待講演以外
[発表者]K. Yamauchi,A. Ishihara,S. Sawatsubashi
[備考] Kyoto
[37]. 変態期アフリカツメガエル脳における甲状腺ホルモン作用に及ぼす水酸化PCBの影響
日本動物学会第81回大会 (2010年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,蒔田 優,石原 顕紀
[備考] 東京
[38]. 甲状腺系撹乱化学物質と血清蛋白質の相互作用
日本動物学会第81回大会 (2010年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,秋吉 さくら,江口 良二,石原 顕紀
[備考] 東京
[39]. ウシガエルサイトゾルにおけるヨードチロニンスルホトランスフェラーゼ活性の検討
日本動物学会第80回大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,ラハマン・ファルハナ
[備考] 静岡
[40]. TTR and Endocrine disruptors.
Symposium Endocrine Disruption, (2008年12月) 招待講演
[発表者]K. Yamauchi
[備考] Melbourne, Australia
[41]. タイ王国環境水中に含まれる甲状腺撹乱活性のバイオアッセイによる検出
日本動物学会第79回大会 (2008年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,石原 顕紀
[備考] 福岡
[42]. 下水処理場排水中に存在する甲状腺撹乱物質のバイオアッセイによる検出
日本環境ホルモン学会 第10回研究発表会 (2007年12月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,古藤 泰弘,村田 智紀,石原 顕紀
[備考] 東京
[43]. Analysis of thyroid disrupting activities of Environmental compounds using various assays.
日本放射化学会年会・第51回放射化学討論会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]K. Yamauchi,F. B. Rahman,Y. Kudo,A. Ishihara
[備考] 静岡
[44]. ハロゲン化合物によるアフリカツメガエル甲状腺系かく乱作用機構の検討
日本環境ホルモン学会第9回研究発表会 (2006年11月) 招待講演以外
[発表者]石原顕紀,工藤裕美子,杉山慎一郎,山内清志
[備考] 開催場所(東京)
[45]. 甲状腺系撹乱化学物質の標的細胞への影響 ―両生類を用いた研究―
会議名(日本動物学会第77回大会 関連集会) (2006年9月) 招待講演
[発表者]山内 清志
[備考] 主催団体名(日本動物学会) 開催地(島根)
[46]. アフリカツメガエル甲状腺系の及ぼすハロゲン化合物の影響
日本動物学会第77回大会 (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]石原顕紀,工藤裕美子,杉山慎一郎,寺尾良保,山内清志
[備考] 開催場所(島根)
[47]. フェノール類によるアフリカツメガエル幼生の変態および甲状腺ホルモン応答遺伝子の抑制
日本環境ホルモン学会第7回研究発表会 (2004年12月) 招待講演以外
[発表者]工藤裕美子,山内清志
[備考] 開催場所(名古屋)
[48]. アフリカツメガエル培養細胞を用いた甲状腺ホルモン作用を撹乱する化学物質の検索
日本環境ホルモン学会第7回研究発表会 (2004年12月) 招待講演以外
[発表者]杉山慎一朗,三好浩之,山内清志
[備考] 開催場所(名古屋)
[49]. 細胞膜に存在する甲状腺ホルモン取り込み機構に影響を与える化学物質の解
日本環境ホルモン学会第7回研究発表会 (2004年12月) 招待講演以外
[発表者]山内清志,嶌田直幸
[備考] 開催場所(名古屋)
[50]. フェノール類によるツメガエル幼生の変態及び甲状腺ホルモン応答遺伝子発現への影響
日本動物学会第75回大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]工藤裕美子,山内清志
[備考] 開催場所(神戸)
[51]. 低温処理によって生じるウシガエル変態抑制の分子機構
日本動物学会第75回大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]村田智紀,山内清志
[備考] 開催場所(神戸)
[52]. Effects of chlorinated phenol compounds on the thyroid system through their binding to transthyretin and thyroidreceptor.
The Fifth congress of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology. (2004年3月) 招待講演以外
[発表者]K Yamauchi
[備考] Nara, Japan.
[53]. ウシガエル赤血球への甲状腺ホルモンの取り込みに及ぼす内分泌撹乱化学物質の影響
日本動物学会第74回大会 (2003年9月) 招待講演以外
[発表者]嶌田直幸,山内清志
[備考] 開催場所(函館)
[54]. 甲状腺ホルモン結合蛋白質へのホルモン結合に及ぼす塩素化フェノールの影響
日本動物学会第74回大会 (2003年9月) 招待講演以外
[発表者]山内清志,石原顕紀
[備考] 開催場所(函館)
[55]. ウズラのトランスサイレチン及び甲状腺ホルモンレセプターへの内分泌撹乱化学物質の影響
第28回日本比較内分泌学会 (2003年8月) 招待講演以外
[発表者]杉山慎一朗,石原顕紀,西山学即,山内清志
[備考] 開催場所(富山)
[56]. Characterization of xCTBP
Mechanisms of Regulation in Health (2002年10月) 招待講演以外
[発表者]Yamauchi,K.
[備考] 開催場所(Melbourne, Australia)
[57]. ゾウリムシの大核編集
日本動物学会 (2002年10月) 招待講演以外
[発表者]西山学即,山内清志
[備考] 開催場所(金沢)
[58]. Characterization of Xenopus cytoplasmic Thyroid-hormone-binding protein (xCTBP)
会議名(Homeostasis: Mechanisms of Regulation in Health and Disease) (2002年10月) 招待講演
[発表者]山内 清志
[備考] 主催団体名(Australian Sociaty for Biochemical and Molecular Biology) 開催地(Melbourne)
[59]. Characterization of Xenopus cytoplasmic thyroid-hormone-binding protein (xCTBP)homeostasis
Mechanisms of regulation in health and disease (2002年10月) 招待講演
[発表者]K Yamauchi
[備考] Melbourne, Australia
[60]. xCTBPのアルデヒド脱水素酵素活性
日本動物学会 (2002年9月) 招待講演以外
[発表者]山内清志,中島淳一郎
[備考] 開催場所(金沢)
[61]. thyroid- disrupting chemicals
International Congress of Transthyretin (2002年4月) 招待講演以外
[発表者]Yamauchi,K.,Ishihara,A. ほか
[備考] 開催場所(Strasbourg, France)
[62]. トランスサイレチンと内分泌撹乱化学物質
日本比較内分泌学会 (2001年12月) 招待講演以外
[発表者]石原顕紀,山内清志
[備考] 開催場所(東京)
[63]. トランスサイレチンのプロモーター解析
日本比較内分泌学会 (2001年12月) 招待講演以外
[発表者]坂本亜希子,山内清志
[備考] 開催場所(東京)
[64]. 低温処理による変態抑制の機構
日本比較内分泌学会 (2001年12月) 招待講演以外
[発表者]沢津橋俊,山内清志
[備考] 開催場所(東京)
[65]. ゾウリムシ・プロトンポンプサブユニットの遺伝子解析
日本動物学会第69回大会 (2000年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,石原 顕紀,A.K. Fok
[備考] 東京
[66]. ゾウリムシのおけるDNA-FISH法の応用
日本動物学会第69回大会 (2000年9月) 招待講演以外
[発表者]山内 清志,石田 正樹,香田 淳,奥村 克純,西山 学即
[備考] 東京
[67]. Characterization of Xenopus cytosolic thyroid-hormone-binding protein (xCTBP) with aldehyde dehydrogenase activity.
10th International Meetings of Enzymology and Molecular Biology of Carbonyl Metabolism. (2000年1月) 招待講演以外
[発表者]K. Yamauchi,J.R. Tata
[備考] Taos, NM, USA