氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報  > 著書 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 三重野 哲 (MIENO Tetsu)

著書 等

【著書 等】
[1]. 講座・プラズマおよび気相成長を用いたナノ材料合成
プラズマ核融合学会 (2018年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]三重野 哲、小塩 明、林 泰明、須田善行、金子俊郎、古閑一憲、芦川直子 [担当範囲] 第1章、第2章、第9章 [総頁数] 32ページ [担当頁] pp. 513-519, 612.
[備考] プラズマ核融合学会誌、94巻の講座記事
[2]. Carbon Nanotubes (Recent Progress)
INTECH (2018年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]K. H. Maria, T. Mieno [担当範囲] P. 235-259 (第12章) [総頁数] 347ページ [担当頁] 24ページ
[備考] 第12章:Production of water Dispersible CarbonNanotubes and Nanotube/Cellulose Composite 部分の分担執筆。 Editor: M. M. Rahman & A. M. Asari
[3]. ケミカルエンジニアリング Vol. 62, No. 2、特集、「微粒子・新炭素材料のアーク合成とその応用」
化学工業社 (2017年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]三重野 哲
[備考] 特集「微粒化・微粒子技術の最前線」の p.27 - 32の部分
[4]. プラズマプロセス技術
森北出版 (2017年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 第6章「ナノ粒子の気相合成」6.1 、p. 184 - p.191 の部分。
[5]. プラズマ・核融合学会誌 小特集「新しい計測法で拡がる微粒子プラズマの世界」7. まとめ 
プラズマ・核融合学会 (2017年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[備考] 小特集「新しい計測法で拡がる微粒子プラズマの世界」(林らの共著)。Vol. 93, pp.605-606、「7. まとめ」部分を執筆。
[6]. PLASMA SCIENCE AND TECHNOLOGY
INTECH (2016年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 編者
[著者]T. Mieno
[備考] Chap. 1. - Chap. 17, 535ページの編集者。
[7]. Carbon Nanotubes-Current Progress of their Polymer Composites
INTECH (2016年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Md. J. Rahman,三重野 哲
[備考] 分担:Chapter 12: "Safer Production of Water Dispersion Carbon Nanotubes and Nanotube/Cotton Composites Materials". (p. 323 - 346).
[8]. ナノバイオテクノロジー
静岡学術出版 (2016年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 分担:第10章「 炭素ナノ材料の合成とバイオ科学への応用」、pp.171-184.
[9]. Production of carbon nanotubes ad carbon nanoclustes by the JxB arc-jet discharge method
インテック社 (2013年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]T. Mieno,N. Mtausmoto
[10]. アーク放電法を用いた単層炭素ナノチューブ合成における重力と磁場の効果
インテック社 (2011年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Tetsu Mieno & Tan GuoDong
[備考] 共著担当箇所(p. 61-76)
[11]. H21年度入学者選抜方法研究部会報告書
(2010年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]三重野 哲
[備考] 入学者選抜方法研究部会
[12]. Novel Material Processing by Advanced Electromagnetic Energy Source
ELSEVIER (2005年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]T. Mieno,T. Mizutani,M. Takeguchi
[備考] 共著担当箇所(45-48)
[13]. 理学部の研究と教育(1999-2000)
(2003年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]三重野 哲
[備考] 理学部自己評価委員会
[14]. 化学工業 2002年8月号
化学工業社 (2002年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 共著担当箇所(611-616)
[15]. カーボンナノチューブ
情報機構社 (2002年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 共著担当箇所(第五章、p. 71-82)
[16]. NEW DIAMOND 65
オーム社 (2002年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 共著担当箇所(18-23)
[17]. プラズマ・イオンビーム応用とナノテクノロジー
シーエムシー出版 (2002年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 共著担当箇所(第8章、 p. 248-255)
[18]. シリコンテクノロジー No. 37
応用物理学会 (2002年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲,金井美都,小塩明,篠原久典
[備考] 共著担当箇所(p. 17-20)
[19]. 第12回プラズマエレクトロニクス講習会回テキスト
応用物理学会 (2001年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 共著担当箇所(第五章、p. 75-92)
[20]. Frontiers in Dusty Plasmas
ELSEVIER (2000年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]T. Mieno
[備考] 共著担当箇所(p. 185-192)
[21]. 炭素第三の同素体フラーレンの化学
学会出版センター (1999年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 共著担当箇所(.. 33-37)
[22]. プラズマ核融合学会誌
プラズマ核融合学会 (1999年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三重野 哲
[備考] 共著担当箇所(p. 895-901)
[23]. Recent Advances in the Chemistry and Physics of Fullerenes and Related Materials Vol. 7
Electrochemical Society (1999年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]T. Mieno,A. Sakurai
[備考] 共著担当箇所(p. 453-461, p. 749-755)
[24]. Properties of strongly electroneative plasma production at afterglow of electron cyclotron chlorine plasma
World Scientific (1997年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]T. Mieno & S. Samukawa
[備考] 共著担当箇所(p.160- 165)
[25]. Advance in Dusty Plasma
World Scientific (1997年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]R. Hatakeyama,T. Hirata,T. Hayashi,T. Mieno,N. Y. Sato,H. Mase,M. Niwano,N.Miyamoto,N. Sato
[備考] 共著担当箇所(481-484)
[26]. Advance in Dusty Plasma
World Scientific (1997年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]T. Mieno,D. Yamane
[備考] 共著担当箇所(p. 466-468)