氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 徳元 俊伸 (TOKUMOTO Toshinobu)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. Coral reefs stay on new frontiers of natural compounds
State and conservation of our coral reefs (2018年3月) 招待講演
[発表者]Toshinobu Tokumoto
[備考] UNIVERSITY OF MAURITIUS, Pole of Research Excellence inSustainable Marine Biodiversity, Ebene MAURITIUS
[2]. キンギョ脳におけるプロゲスチン膜受容体 (mPR) の局在
第42回日本比較内分泌学会大会 (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]王 軍、原口省吾、徳元俊伸
[備考] 奈良女子大学
[3]. ゼブラフィシュ生体内卵成熟・排卵誘導法による排卵誘導候補遺伝子の特異的選択
日本動物学会第88回大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]ワンラダクラングヌラック、福與健人、エムディレザヌッジャマン、今村聖実、堀内映実、菅野純夫、鈴木穣、徳元俊伸
[4]. ゼブラフィッシュのstarmaker(stm)遺伝子のゲノム編集による機能解析
日本動物学会第88回大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]ワンラダクラングヌラック、福與健人、エムディレザヌッジャマン、徳元俊伸
[5]. キンギョ脳におけるプロゲスチン膜受容体 (mPR) の発現とステロイドとの結合親和性
第41回日本比較内分泌学会大会 (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]王 軍、原口省吾、徳元俊伸
[備考] 北里大学海洋生命科学部
[6]. An application of in vivo assay to identify ovulation-inducing genes in zebrafish
The joint meeting of the 22nd International Congress of Zoology and the 87th Meeting of the Zoological Society of Japan (2016年11月) 招待講演以外
[発表者]Klangnurak W, Tosaka M, Imumura K, Horiuchi T, Sugano S, Suzuki Y, Tokumoto T.
[備考] 沖縄コンベンションセンター
[7]. Establishment of membrane progestin receptor (mPR) mutant Medaka strains to analyse central roles of mPRs
The joint meeting of the 22nd International Congress of Zoology and the 87th Meeting of the Zoological Society of Japan (2016年11月) 招待講演以外
[発表者]J. Wang, S.R. Roy, I. Hara, K.Naruse, Y. Kamei, Y. Taniguchi, T. Tokumoto
[備考] 沖縄コンベンションセンター
[8]. Identification of ovulation-inducing genes selected by the method for in vivo induction of oocyte maturation and ovulation in zebrafish
The Japanese Medaka and Zebrafish Meeting (JMZM) (2016年8月20日) 招待講演以外
[発表者]Klangnurak W, Tosaka M, Imumura K, Horiuchi T, Sugano S, Suzuki Y, Tokumoto T.
[備考] 基礎生物学研究所
[9]. Approaches for detailed analysis of membrane progestin receptor (mPR) protein and for physiological roles of mPR
8th International Symposium of Fish Endocrinology (2016年6月) 招待講演
[発表者]徳元 俊伸
[備考] Gothenburg Sweden
[10]. ステロイド膜受容体の構造と機能の解明に向けて
第13回「GPCR研究会」 (2016年5月) 招待講演以外
[発表者]徳元俊伸
[11]. ゼブラフィッシュの新規産卵誘発法を用いた排卵誘導遺伝子群の選択
日本動物学会第86回大会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]徳元 俊伸、ワンラダ クラングヌラック
[12]. ゼブラフィッシュ雌成魚の性転換実験における精巣の起源の探索
日本動物学会第86回大会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]熊谷綾一,笹野倫史,戸塚隆弥,室野由貴,徳元俊伸
[13]. Membrane progestin receptor (mPR) a possible target for new drugs.
9th SFRR-Africa (2015年7月) 招待講演以外
[発表者]Toshinobu Tokumoto,MD Babul Hossain,Jun Wang,Takehiro Miyazaki
[備考] Mauritius
[14]. ESTABLISHMENT OF PROCEDURES FOR mPR INTERACTING AGENTS AND STUDY ON PHYSIOLOGICAL ROLES OF mPR
9th Rapid Responses to Steroid Hormones (2015年6月) 招待講演
[発表者]Toshinobu Tokumoto
[備考] Taipei, Taiwan
[15]. アロマターゼ阻害剤によるゼブラフィッシュ雌成魚の性転換
科研費終了研究成果報告会 (2015年1月) 招待講演
[発表者]徳元俊伸
[備考] 名桜大学総合研究所
[16]. An Evaluation of the effects of endocrine disrupting chemicals on reproductive functions of fish and its effects on next generation
JSCE (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]Mst. Afroza Akhter, Toshinobu Tokumoto
[備考] Okazaki, Japan
[17]. Establishment of the mutant strains of membrane progestin receptors (mPRs) in the Medaka fish and investigate their central roles
JSCE (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]Shimi Rani Roy, Takayuki Oshima, Kaori Miyaoku, Etsuko Sugita, Kanae Takatsu, Miki Ogusu, Babul Hossain, Jun Wang, Ikuyo Hara, Kiyoshi Naruse, Yasuhiro Kamei, Yoshihito Taniguchi, Toshinobu Tokumoto
[備考] Okazaki, Japan
[18]. マウス精巣性テラトーマ形成の新規原因遺索
静岡実験動物研究会 (2014年10月) 招待講演以外
[発表者]徳元俊伸
[備考] 静岡市清水文化会館マリナート
[19]. ゼブラフィッシュの新規産卵誘発法を用いた排卵誘導遺伝子群の同定
日本動物学会第85回大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]徳元 俊伸、穐山雄一、栄 雄太
[備考] 東北大学川内北キャンパス
[20]. マウス精巣性テラトーマ形成の新規原因遺伝子候補領域ett1
日本動物学会第85回大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]宮嵜岳大、大平幸夫、高林秀次、加藤秀樹、佐藤 正宏、野口 基子、徳元 俊伸
[備考] 東北大学川内北キャンパス
[21]. セルベースアッセイ法によるプロゲスチン膜受容体と抑制性Gタンパク質(Gi)の共役の証拠
日本動物学会第85回大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]中島美記子 鈴木愛美 亀井保博 斎田美佐子 徳元俊伸
[備考] 東北大学川内北キャンパス
[22]. Emergence of educational leaders of environmental issues in Academia
ELSU Sympojium 2014 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]Toshinobu Tokumoto
[備考] ELSU
[23]. Towards elucidation of the roles of membrane progestin receptors (mPRs) in the non-genomic steroidal actions.
Rapid Responses to Steroid Hormones 8th International meeting (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]Takayuki Oshima,Ryo Nakayama,Shimi Rani Roy,Hossain Babul
[備考] Erie PA, USA
[24]. Characterization of multiple membrane progestin receptor (mPR) subtypes from the goldfish ovary and their roles in the induction of oocyte maturation.
7th Rapid Responses to Steroid Hormones (2011年1月) 招待講演以外
[発表者]Toshinobu Tokumoto
[備考] Crete, GREECE
[25]. IN VIVO INDUCTION OF OOCYTE MATURATION AND OVULATION IN ZEBRAFISH; IMPROVE AS A MODEL SYSTEM TO DISTINGUISH BETWEEN GENOMIC AND NONGENOMIC ACTIONS OF STEROIDS
6th Rapid Responses to Steroid Hormones 2009 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]Toshinobu Tokumoto
[備考] Alicante, Spain
[26]. Induction of fish oocyte maturation by DES through membrane progestin receptor.
8th International Synposium on Reproductive Physiology of Fish (2007年6月) 招待講演以外
[発表者]Toshinobu Tokumoto
[備考] St Malo, France