トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 古橋 裕子 (FURUHASHI Yuko)

古橋 裕子 (FURUHASHI Yuko)
教授
学術院融合・グローバル領域 保健センター

防災総合センター







image-profile
最終更新日:2021/04/09 2:07:46

教員基本情報

【取得学位】
博士(医学)  東京医科歯科大学   2001年3月
【研究分野】
医歯薬学 - 内科系臨床医学 - 精神神経科学
【所属学会】
・日本精神衛生学会
・九州精神神経学会
・日本精神神経学会
[備考]精神科専門医 精神科指導医
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Support for higher education students with autism spectrum disorder
Psychology / In press- (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yuko Furuhashi
[2]. Effects of Physical Exercise on Adults with Autism Spectrum Disorder
Journal of Psychiatry and Mental Disorders 5/3 1028-1031 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yuko Furuhashi
[3]. A study on the mental health of Japanese university students by the University Personality Inventory
Annals of Epidemiology and Public Health 3/ 1-3 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yuko Furuhashi
[4]. Unexpected efffect of zolpidem in a patient with attention deficit hyperactivity disorder
Asian journal of Psychiatry 44/ 68-69 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yuko Furuhashi [DOI]
[5]. 保健センタ―で診た大学入学後に顕在化した発達障害圏学生について
CAMPUS HEALTH 56(1)/ 403-404 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 古橋裕子、他
【著書 等】
[1]. Attention-Deficit Hyperactivity Disorder: Diagnosis, Prevalence and Treatment
NOVA Science Publishers (2021年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]Yuko Furuhashi [担当範囲] chapter 2 [担当頁] 43-69
[2]. Horaizons in Neuroscience research
NOVA Science Publishers (2017年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]Andres Costa [担当範囲] Chapter 4 [総頁数] 212 [担当頁] 131-152
[3]. Advances in Psychology Research
Nova Science Publishers, Inc. (2017年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Yuko Furuhashi
[備考] Advanced Directives for Patients with Persistent Vegetative State
[4]. Autism Spectrum Disorders: early signs, intervention options and family inpact
Nova science publishers (2015年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]YukoFuruhashi
[備考] Chapter 5 The effect of group cognitive behavior therapy on adults with high-functioning autism spectrum disorder pp103-127
[5]. Hallucinations: Causes, Management and prognosis
Nova science publisiers (2013年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]YukoFuruhashi
[備考] Capter4: The effect of group cognitive behavior therapy for patients with auditory hallucinations in psychotic disorders pp71-91
【学会発表・研究発表】
[1]. Efficacy of small group therapy for Japanese university students with high-functioning autism spectrum disorder
20th World Congress of Psychiatry (2021年3月12日) 招待講演以外
[発表者]Yuko Furuhashi
[備考] 20th WPA Virtual congress
[2]. The effect of group therapy for Japanese university students with high-functioning ASD and ADHD
19th World Congress of Psychiatry (2019年8月22日) 招待講演以外
[発表者]Yuko Furuhashi
[備考] lisbon, Portugal
[3]. Evaluation of small group therapy for Japanese university students with High functioning ASD
18th International congress of European Sosiety of Children and Adlescent Psychiatry (2019年6月30日) 招待講演以外
[発表者]Yuko Furuhashi
[備考] Hofburg, Vienna, Austria
[4]. An effective intervention for Japanese University Students with high-functioning ASD
4th International Congress of Clinical and Health Psychology on Children and Adlescents (2018年11月16日) 招待講演以外
[発表者]Yuko Furuhashi
[備考] Mallopca, Spain
[5]. Group therapy for university students with high-functioning ASD
17th World Congress of Psychiatry (2017年10月9日) 招待講演以外
[発表者]Yuko Furuhashi
[備考] Berlin, Germany World Psychiatry Association
【科学研究費助成事業】
[1]. 発達障害圏学生の実行機能に焦点をあてた修学適応促進プログラムの開発 ( 2020年4月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 発達障害圏学生を対象とした修学不適応予防プログラムの開発 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[3]. 自閉症スペクトラム圏大学生への大学適応を促進する多角的支援法の開発 ( 2016年1月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[4]. 自閉症スペクトラム圏大学生への大学適応を促進する多角的支援法の開発 ( 2015年4月 ) 基盤研究(C) 代表

[5]. 自閉症スペクトラム圏大学生への大学適応を促進する多角的支援法の開発 ( 2014年4月 ) 基盤研究(C) 代表
【受賞】
[1]. 第52会全校大学保健管理研究集会優秀演題 (2014年9月)
【その他学術研究活動】
[1]. British Journal of Medicine and Medical Research (2019年5月 )
[備考] 査読
[2]. CAMPUS HEALTH (2019年1月 )
[備考] 査読
[3]. British Journal of Medicine and Medical Research (2016年7月 )
[4]. Campas Health (2016年2月 )
[備考] 査読
[5]. British Journal of Medicine and Medical Research (2016年1月 )
[備考] 査読

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 青年期のメンタルヘルス (2020年度 - 後期 )
[2]. 全学教育科目(共通科目) 地震防災 (2020年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[3]. 全学教育科目(共通科目) 災害時におけるリスク危機マネジメント (2020年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[4]. 全学教育科目(共通科目) 地震防災 (2020年度 - 後期 )
[備考] 副担当
【その他教育関連情報】
[1]. 薬物乱用防止講習会開催 (2015年12月 )
[備考] 静岡県健康福祉部薬事課格物対策班
[2]. 新入生セミナー (2015年5月 )
[3]. 新入生精神保健ガイダンス (2015年4月 )
[4]. 薬物乱用防止講習会 (2014年12月 )
[備考] 静岡県健康福祉部薬事課薬物対策班
[5]. 新入生セミナー (2014年5月 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 研修会 技術職員対象メンタルヘルス研修会 (2018年8月 )
[2]. シンポジウム 第45回東海・北陸地方部会 (2018年7月 )
[備考] 座長
[3]. 研修会 沼津工業高等専門学校第4回FD研修会 (2011年12月 )
[内容] 講師
[備考] 沼津市
[4]. 研修会 保健管理担当職研究会 (2011年8月 )
[内容] 第49回静岡県地区研究会講師
[備考] 静岡市
[5]. 研修会 学生相談におけるインテーカーの重要性 (2010年7月 )
[内容] 第37回保健管理担当職研究会講師
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 科学研究費委員会専門委員 (2018年12月 - 2019年11月 ) [団体名] 日本学術振興会
[活動内容]書面審査
[2]. 科学研究費委員会専門委員 (2017年12月 - 2018年11月 ) [団体名] 日本学術振興会
[活動内容]書面審査
[3]. 平成28年度科学研究費委員会奨励研究部会 (2015年12月 )
[活動内容]116件の研究計画書審査
[4]. 平成27年度 科学研究費委員会奨励研究部会 (2014年1月 )
[活動内容]107件の研究計画書審査
【その他社会活動】
[1]. Austin Journal of Autism & Related Disabilitiesのeditorial board (2017年9月 )
[備考] 2019年7月現在menber of editorial board継続中
[2]. 第48回全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会 (2010年7月 )
[備考] パネルディスカッション司会
[3]. 精神保健福祉法29条第2項にかかわる業務 (2002年4月 - 2003年6月 )
[備考] 鑑定業務

国際貢献実績

管理運営・その他