トップページ  > 教員個別情報  > 講師・イベント等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 平井 浩文 (HIRAI Hirofumi)

講師・イベント等

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 静岡大学 サステナビリティセンターオンライン公開講座 SDGsと私たちのこれから ―今と未来を生きる知恵を磨く― (2021年9月 )
[内容] 「キノコと木材で造る低炭素社会」というタイトルで講演を行った。
[備考] 9/25(第2回)、<脱炭素社会の構築に向けて>、本学研究者の取り組み、において講演
[2]. 講演会 研究講演会 (2019年12月 )
[内容] 「Woody biorefinery and bioremediation with white-rot fungi」という題目で、講演(60分間)を行った。
[備考] 広州大学(中国)
[3]. 出張講義 面接授業 (2019年10月 )
[内容] 「生活の中の科学」について集中講義を8コマ実施した。
[備考] 放送大学
[4]. 講演会 第24回浜松工業会 三重支部総会 (2019年9月 )
[内容] 「白色腐朽菌を用いた木質バイオファイナリー及びバイオレメディエーション」について講演を行った。
[備考] 地場産業振興センター(三重県四日市市)
[5]. 出張講義 面接授業 (2019年5月 )
[内容] 「生活の中の科学」について集中講義を8コマ実施した。
[備考] 放送大学
[6]. 出張講義 面接授業 (2018年12月 )
[内容] 「生活の中の科学」について集中講義を8コマ実施した。
[備考] 放送大学
[7]. セミナー 第43回 C-Bioセミナー (2017年1月 - 2017年1月 )
[内容] 地球環境問題解決に向けた白色腐朽菌の利用に関する研究について、講演を行った。
[備考] 宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター
[8]. シンポジウム 気候変動適用グリーン社会創成へのバイオマスの新たな戦略 (2015年11月 )
[内容] 機能性植物の創出と利用への新たな挑戦について発表を行った。
[9]. 講演会 静岡県バイオテクノロジー研究会特別講演会 (2014年6月 - 2014年6月 )
[内容] 白色腐朽菌によるリグニン分解機構及び環境汚染物質分解機構
[備考] グランディエール ブケ東海
[10]. 講演会 再生エネルギー問題とバイオマスの効果に関しての講演会 「自然再生エネルギーとバイオマスの利用:未来戦略」 (2014年3月 - 2014年3月 )
[内容] 静岡大学の目指すバイオマス増産及び利活用技術
[備考] 主 催 国立大学法人 静岡大学グリーン科学研究所 創造科学技術大学院
[11]. セミナー Short Seminar on Renewable Energy (2014年3月 - 2014年3月 )
[内容] One step lignocellulosic bioethanol by genetic engineering white rot fungi
[備考] Badan Pengkajian dan Penerapan Teknologi (インドネシア)にて、静岡大学グリーン科学技術研究所と本研究所の研究交流のため、行われた。
[12]. 講演会 産官学マッチング2013 in 静岡 (2013年12月 - 2013年12月 )
[内容] 地球環境問題解決に向けたキノコ(担子菌)の利用 ~キノコが地球を救う!~
[備考] 静岡市産学交流センター
[13]. 講演会 産官学マッチング会 in 浜松 (2011年11月 )
[内容] バイオエタノール用木質バイオマスの製造
[14]. 講演会 Technology hunting in 沼津 (2011年11月 )
[内容] 白色腐朽菌を用いたバイオレメディエーション
[15]. 出張講義 研究説明 (2010年7月 )
[備考] 出張先(富士高等学校)
[16]. 講演会 木質リグニンの分解酵素を生み出す有用菌株 (2007年7月 )
[内容] 東海5大学新技術説明会
[備考] 開催場所(JSTホール)
[17]. 公開講座 静岡大学農学祭公開授業 (2007年4月 )
[内容] キノコが地球を救う?環境浄化への一提案
[備考] 開催場所(静岡市)
[18]. 講演会 第33回森林資源科学セミナー (2007年3月 )
[内容] 高活性リグニン分解菌のリグニン分解酵素系の解析及びその応用
[備考] 開催場所(九州大学農学部)
[19]. 講演会 静岡県環境ビジネス協議会(第2回セミナー) (2007年2月 )
[内容] 環境浄化に役立つ白色腐朽菌
[備考] 開催場所(静岡)
[20]. 講演会 第9回国際バイオEXPO )
[内容] 高活性リグニン分解菌及びリグニン分解酵素とその利用
[21]. 講演会 東海iNET新技術説明会 )
[内容] 高活性リグニン分解菌及びリグニン分解酵素とその応用