トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 小川 直人 (Ogawa Naoto)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. Transcriptional regulation of the degradation genes of 3-hydroxybenzoate of Burkholderia multivorans ATCC17616
日本土壌微生物学会2021年度大会 (2021年6月18日) 招待講演以外
[発表者]Noor Febryani、Naoto Ogawa
[2]. ゲノム情報を用いたCupriavidus属とRalstonia属細菌の再分類の提案
第13回日本ゲノム微生物学会年会 (2019年3月7日) 招待講演以外
[発表者]森内良太、道羅英夫、兼崎友、小川直人
[備考] 首都大学東京
[3]. 3-クロロ安息香酸分解細菌の全ゲノム配列とCupriavidus属及びRalstonia属細菌の再分類に関する研究
日本土壌肥料学会中部支部第97回例会講演要旨集 (2018年11月29日) 招待講演以外
[発表者]森内良太、道羅英夫、兼崎友、小川直人
[備考] 静岡大学農学部
[4]. Burkholderia multivorans ATCC17616株の芳香族化合物トランスポーター遺伝子群の解析
日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 (2018年8月31日) 招待講演以外
[発表者]小川直人、岩崎滉平、前田慶、峯田三寿々、石塚結実子
[5]. 東海・北陸地方における持続可能な土壌管理
日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 (2018年8月30日) 招待講演以外
[発表者]小川直人、宇野史生、小池潤、神田美奈子、廣野祐平、糟谷真宏
[6]. LTTR-DNA複合体のMR-native SAD法による結晶構造解析
2017年度生命科学系学会合同年次大会 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]千田 美紀,Maharani Koentjoro,安達 成彦,小川 直人,千田 俊哉
[備考] 神戸ポートアイランド、日本分子生物学会及び日本生化学会
[7]. LysRタイプ転写調節因子-DNA複合体のX線結晶構造解析
日本結晶学会平成29年度年会 (2017年11月) 招待講演
[発表者]千田美紀,Maharani Pertiwi Koentjoro,安達成彦,小川直人,千田俊哉
[備考] 広島市
[8]. Crystal structure of DNA-Binding Domain-CbnR with its promoter reveals the basis of the LysR-Type Transcriptional Regulator recognition
14th International Conference on Structural Biology (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]Maharani Pertiwi Koentjoro,Naruhiko Adachi,Miki Senda,Naoto Ogawa,Toshiya Senda
[備考] Zurich, Switzerland
[9]. クロロ安息香酸分解細菌における転写調節機構の包括的解明に向けたトランスクリプトーム解析
環境微生物系学会合同大会2017 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]森内良太,道羅英夫,小川直人
[備考] 東北大学
[10]. 果樹園酸性土壌から選抜されたリン溶解菌の施用効果
日本土壌肥料学会中部支部第96回例会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]小杉徹,小川直人,森田明雄,福島務,高橋和彦
[備考] 愛知県産業労働センター
[11]. LysR型転写調節因子ネットワーク解明のための3-クロロ安息香酸分解土壌細菌Cupriavidus necator NH9株のドラフトゲノム解析
日本土壌肥料学会中部支部第96回例会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,森内良太,道羅英夫
[備考] 愛知県産業労働センター
[12]. 果樹園酸性土壌からのリン溶解菌の選抜
日本土壌肥料学会2016年大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]小杉徹,小川直人,森田明雄,福島務,高橋和彦
[備考] 佐賀大学本庄キャンパス
[13]. 細菌による芳香族化合物の分解と遺伝子発現調節機構
分離技術会第44回夏季研究討論会 (2016年8月) 招待講演
[発表者]小川 直人
[備考] 伊豆山研修センター
[14]. LysR型転写調節因子ネットワーク解明のための3-クロロ安息香酸分解細菌Cupriavidus necator NH9株のドラフトゲノム解析
第10回日本ゲノム微生物学会年会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]森内良太,道羅英夫,小川直人
[備考] 東京工業大学大岡山キャンパス
[15]. Debris plastics are sources of chemical contaminations in coast and open sea
250th ACS National Meeting & Exposition (The American Chemical Society アメリカ化学会, General Geochemistry部門) (2015年8月) 招待講演以外
[発表者]Katsuhiko Saido,Bum Gun Kwon,Seon-Yong Chung,Akifumi Okabe,Naoto Ogawa
[備考] Boston, MA, U.S.A.
[16]. Analysis of DNA-binding domain and inducer-recognition domain of CbnR, a LysR-type transcriptional regulator from Cupriavidus necator NH9
The International Kasetsart University Science and Technology Annual Research Symposium (I-KUSTARS 2015) (2015年5月) 招待講演以外
[発表者]Ryota Moriuchi,Kaori Takada,Masae Takabayashi,Toshiya Senda,Naoto Ogawa
[備考] Faculty of Science, Kasetsart University, Thailand
[17]. 2,4-D分解プラスミドの配列解析から示された未分類の伝達性プラスミドグループ
環境微生物系学会合同大会2014 (2014年10月) 招待講演以外
[発表者]酒井順子,小川直人,下村有美,藤井毅
[備考] アクトシティ浜松
[18]. プラスチック由来の低分子化合物を分解する菌の研究
環境微生物系学会合同大会2014 (2014年10月) 招待講演以外
[発表者]中野翔悟,小川直人,釜谷保志,道祖土勝彦
[備考] アクトシティ浜松
[19]. Burkholderia multivorans ATCC17616株のクロロ安息香酸トランスポーター様遺伝子群の多重遺伝子破壊株の構築と解析
環境微生物系学会合同大会2014 (2014年10月) 招待講演以外
[発表者]本田悦爾,町田峻太郎,戸倉由貴,津田雅孝,小川直人
[備考] アクトシティ浜松
[20]. 海洋廃棄ポリスチレンによる日本沿岸のスチレンオリゴマー汚染の実態調査
環境科学会2013 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]小泉公志郎,佐藤秀人,小川直人,釜谷保志,道祖土勝彦
[備考] 静岡県コンベンションアーツセンター
[21]. Burkholderia multivorans ATCC17616株の芳香族化合物トランスポーター様遺伝子群の解析
日本土壌肥料学会2013年大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,戸倉由貴,石塚結実子,津田雅孝
[備考] 名古屋大学東山キャンパス
[22]. New global contamination generated from plastics
アメリカ化学会第246回大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]Katsuhiko Saido,Hideto Sato,Yasushi Kamaya,Naoto Ogawa,Kazuhiro Kogure
[備考] アメリカ合衆国インディアナポリス
[23]. Analysis of CbnR, a bacterial LysR-type transcriptional regulator, indicates a conserved aspect of DNA binding and distinctive schemes of inducer recognition
日本微生物生態学会第28回大会 (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Naoto Ogawa,Kaori Takada,Masae Takabayashi
[備考] 豊橋技術科学大学
[24]. 有機発酵廃液施用による果樹園・茶園の土壌微生物相の変化
日本土壌微生物学会2011年度大会 (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]小杉徹,古賀菜々子,石原大祐,小川直人,高橋和彦
[備考] 宮城県大崎市鳴子公民館
[25]. 東南アジアで使われる織物染料Reactive Red 141の分解菌の分離
日本土壌微生物学会2011年度大会 (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,Sukumal Boonurapeepinyo,古賀菜々子
[備考] 宮城県大崎市鳴子公民館
[26]. Burkholderia multivorans ATCC17616株の芳香族化合物トランスポーター様遺伝子群の解析
日本微生物生態学会第27回大会 (2011年10月) 招待講演以外
[発表者]戸倉由貴,藤本高史,竹井麻実,津田雅孝,小川直人
[備考] 京都大学北部キャンパス
[27]. Microbial Gene Expression Analysis in Soil Using Microarray Technology
日本微生物生態学会第27回大会 (2011年10月) 招待講演以外
[発表者]Yong Wang,Kazunari Nagaoka,Sho Morimoto,Naoto Ogawa,Takeshi Fujii
[備考] 京都大学北部キャンパス
[28]. 有機発酵廃液施用が果樹園・茶園の土壌微生物相に与える影響
日本土壌肥料学会2011年大会 (2011年8月) 招待講演以外
[発表者]小杉徹,福島務,高橋和彦,小川直人,森田明雄
[備考] つくば国際会議場
[29]. Burkholderia multivorans ATCC17616株の芳香族化合物トランスポーター様遺伝子群の解析
日本土壌肥料学会2011年大会 (2011年8月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,戸倉由貴,石塚結実子,藤井毅,津田雅孝
[備考] つくば国際会議場
[30]. Burkholderia multivorans ATCC17616株の芳香族化合物トランスポーター様遺伝子benK2、benK3の解析
日本農芸化学会2011年度大会 (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]戸倉由貴,竹井麻美,宇田川真由美,津田雅孝,小川直人
[31]. Cupriavidus necator NH9株のLysRタイプ転写調節因子CbnRのDNA結合領域の解析
日本農芸化学会2011年度大会 (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]高田香織,下平潤,黒田直子,秋山絵弥子,千田俊哉,小川直人
[32]. Cupriavidus necator NH9株のLysRタイプ発現調節因子CbnRの誘導物質認識部位の解析
日本農芸化学会2011年度大会 (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]高林正恵,郎剛華,小川直人
[33]. New global ocean contamination derived from debris plastics.
11th European Meeting on Environmental Chemistry (2010年12月) 招待講演以外
[発表者]Keiji Amamiya,Hideto Sato,Seon-Yong Chung,Yasushi Kamaya,Naoto Ogawa,Qingming Che,Kiyotaka Miyashita,Takashi Kusui,Katsuhiko Saido
[備考] 開催場所(Slovenia)
[34]. The soil transcriptomic study – How far we can go.
第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会 (2010年12月) 招待講演以外
[発表者]Yong Wang,Sho Morimoto,Naoto Ogawa,Takeshi Fujii
[備考] 開催場所(神戸ポートアイランド)
[35]. 漂流・漂着プラスチックの分解により発生する化学物質汚染とその毒性
環境ホルモン学会第13回研究発表会 (2010年12月) 招待講演以外
[発表者]道祖土勝彦,佐藤秀人,岡部顕史,小川直人,鄭宣龍,釜谷保志,木暮一啓,楠井隆史
[備考] 開催場所(東京大学)
[36]. Structure of 2,4-D degrading megaplasmids distributed throughout paddy fields in Japan.
日本微生物生態学会第26回大会 (2010年11月) 招待講演以外
[発表者]Yoriko Sakai,Yumi Shimomura,Naoto Ogawa,Takeshi Fujii
[備考] 開催場所(筑波大学)
[37]. Analysis of transporter-like genes for aromatic compounds of Burkholderia multivorans ATCC17616.
日本微生物生態学会第26回大会 (2010年11月) 招待講演以外
[発表者]Naoto Ogawa,Yumiko Ishizuka,Yuki Tokura,Mayumi Udagawa,Tomoyoshi Miyasaka,Sho Morimoto,Masataka Tsuda,Takeshi Fujii
[備考] 開催場所(筑波大学)
[38]. Detection of genome-wide gene expression in Pseudomonas putida KT2440 growing in soil by microarray analysis.
13th International Symposium on Microbial Ecology (ISME13) (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Yong Wang,Sho Morimoto,Naoto Ogawa,,Takeshi Fujii
[備考] 開催場所(シアトル、アメリカ合衆国)
[39]. 2,4-D分解メガプラスミドpM7012の保有する遺伝子の解析
日本土壌微生物学会2010年度大会 (2010年5月) 招待講演以外
[発表者]酒井順子,小川直人,森本晶,藤井毅
[40]. Detection of genome-wide gene expression in Pseudomonas putida KT2440 growing in soil by microarray analysis.
日本土壌微生物学会2010年度大会 (2010年5月) 招待講演以外
[発表者]王勇,森本晶,小川直人,藤井毅
[備考] 開催場所(東京大学)
[41]. An improved method to extract RNA from soil with efficient removal of humic acids.
The 10th International Symposium on Bacterial Genetics and Ecology. (2009年6月) 招待講演以外
[発表者]Yong Wang,Sho Morimoto,Naoto Ogawa,,Takeshi Fujii
[備考] 開催場所(Sweden)
[42]. クロロ安息香酸分解遺伝子群のLysRタイプ転写調節因子CbeRの誘導物質認識部位の解析
日本土壌微生物学会2009年度大会 (2009年6月) 招待講演以外
[発表者]野口(辻本)雅子,郎剛華,小川直人
[43]. 土壌細菌の遺伝子発現解析のための模擬土壌実験系の構築
日本土壌微生物学会2009年度大会 (2009年6月) 招待講演以外
[発表者]高田香織,{,ム正恵,小川直人
[備考] 開催場所(九州大学)
[44]. 土壌細菌の遺伝子発現解析のための模擬土壌実験系の構築
日本土壌微生物学会2010年度大会 (2009年6月) 招待講演以外
[発表者]高林正恵,高田香織,小川直人
[備考] 開催場所(東京大学)
[45]. Rhodococcus jostii RHA1における土壌特異的発現遺伝子の同定
日本農芸化学会2009年度大会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]飯野藤樹,宮内啓介,王勇,笠井大輔,政井英司,藤井毅,小川直人,福田雅夫
[46]. Detection of substrate-induced gene expression in Pseudomonas putida KT2440 growing in soil by microarray analysis.
第3回日本ゲノム微生物学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]Yong Wang,Sho Morimoto,Naoto Ogawa,Takeshi Fujii
[備考] 開催場所(東京)
[47]. Burkholderia multivorans ATCC17616株の芳香族化合物トランスポーター様遺伝子破壊株の作製
日本農芸化学会2009年度大会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]石塚結実子,宇田川真由美,小川直人,津田雅孝,藤井毅
[備考] 開催場所(福岡)
[48]. Genome-wide gene expression profile of Pseudomonas putida incubated in soil.
第31回日本分子生物学会 (2008年12月) 招待講演以外
[発表者]Yong Wang,Sho Morimoto,Naoto Ogawa,Takeshi Fujii
[49]. 土壌に接種した細菌からのRNA抽出と遺伝子発現の解析
日本土壌肥料学会 (2008年9月) 招待講演以外
[発表者]王勇,小川直人,下平潤,宮坂知芳,森本晶,大森誉紀,福田雅夫,藤井毅
[50]. Burkholderia属細菌の3-クロロ安息香酸消費におけるカタボライト抑制.
日本土壌肥料学会 (2008年9月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,宮坂知芳,宇田川真由美,石塚結実子,森本晶,藤井毅
[51]. 土壌からのRNA抽出と細菌の遺伝子発現解析. シンポジウムS5「土壌環境での細菌の生き様を探る」1S5p04(招待講演)
第60回日本生物工学会大会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,福田雅夫
[52]. 土壌に接種したPseudomonas putidaからのRNA抽出と腐植物質除去の検討.
日本土壌微生物学会 (2008年6月) 招待講演以外
[発表者]王勇,小川直人,森本晶,藤井毅
[53]. クロロカテコール分解遺伝子群のLysRタイプ転写調節因子TfdTの誘導物質認識部位の解析.
日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,郎剛華
[54]. クロロカテコール分解酵素遺伝子群を導入した植物の分子育種.
日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]久野和俊,小埜俊郎,小川直人,宮下清貴,木村哲哉,栗冠和郎
[55]. Detection of bphAa gene expression of Rhodococcus sp. strain RHA1 in soil using a new method for RNA preparation from soil.
第2回日本ゲノム微生物学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]Yong Wang,Jun Shimodaira,Tomomichi Miyasaka,Sho Morimoto,Takanori Ohmori,Naoto Ogawa,Masao Fukuda,,Takeshi Fujii.
[56]. 滅菌土壌におけるRhodococcus jostii RHA1の発現機構.
日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]飯野藤樹,笠井大輔,政井英司,王勇,藤井毅,小川直人,福田雅夫
[57]. Burkholderia sp. NK8 株のLysR タイプ転写調節因子TfdT の誘導物質認識に関与するアミノ酸残基
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会合同大会 (2007年12月) 招待講演以外
[発表者]Gang-hua Lang,Naoto Ogawa
[備考] 開催場所(パシフィコ横浜)
[58]. 改良RNA 抽出法による土壌中での細菌遺伝子発現の検出
第30回日本分子生物学会年会 第80回日本生化学会大会合同大会 (2007年12月) 招待講演以外
[発表者]Yong Wang,Tomomichi Miyasaka,Sho Morimoto,Naoto Ogawa,,Takeshi Fujii
[59]. Effects of bacterial adhesion on granite weathering.
International Symposium on Microbial Ecology, Asia 2007 (ISME Asia 2007) (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]Wonsuh Song,Naoto Ogawa,Chiaki T. Oguchi,Tamao Hatta,Yukinori Matsukura
[60]. dentification of amino acids involved in recognition of chloroaromatic effectors of the LysR-type transcriptional regulator TfdT from the chlorocatechol ortho-cleavage genes of Burkholderia sp.
11th International Congress on Pseudomonas (第11回国際シュードモナス学会) (2007年8月) 招待講演以外
[発表者]Gang-hua Lang,Naoto Ogawa
[備考] 開催場所(Washington, USA)
[61]. Burkholderia sp. NK8株のクロロ安息香酸分解遺伝子群の発現を誘導する芳香族化合物
日本微生物生態学会第22回大会(平成18年度) (2006年10月) 招待講演以外
[発表者]野口(辻本)雅子,郎剛華,小川直人
[備考] 開催場所(東京大学農学部)
[62]. クロロ安息香酸分解菌のクロロカテコール分解遺伝子伝達因子の解析
日本微生物生態学会第22回大会(平成18年度) (2006年10月) 招待講演以外
[発表者]酒井順子,小川直人,森本晶,藤井毅
[備考] 開催場所(東京大学農学部)
[63]. Analysis of degrading genes and plasmids of 3CB degrading bacteria isolated from soil.
International Symposium on Plasmid Biology (Plasmid Biology 2006) (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]Yoriko Sakai,Naoto Ogawa,Sho Morimoto,,Takeshi Fujii
[備考] 開催場所(California)
[64]. Identification of dominant 3-chlorobenzoate degrading bacteria in a forest soil.
11th International Symposium on Microbial Ecology (2006年8月) 招待講演以外
[発表者]S. Morimoto,N. Ogawa,A. Hasebe,,T. Fujii
[備考] 開催場所(Vienna, Austria)
[65]. LysRタイプ転写調節因子CbnRとモデルDNA配列の結合の解析
日本農芸化学会関東支部2005年度大会 (2005年10月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,千田俊哉
[備考] 開催場所(長岡技術科学大学)
[66]. 3-クロロ安息香酸反復添加土壌における優占細菌群の解析
日本微生物生態学会第21回大会(平成17年度) (2005年10月) 招待講演以外
[発表者]森本晶,小川直人,長谷部亮,藤井毅
[備考] 開催場所(福岡国際会議場)
[67]. クロロ安息香酸汚染土壌および非汚染土壌から分離された3CB分解菌群の分解遺伝子およびプラスミドの解析
日本微生物生態学会第21回大会(平成17年度) (2005年10月) 招待講演以外
[発表者]酒井順子,小川直人,藤井毅
[備考] 開催場所(福岡国際会議場)
[68]. Analysis of the DNA binding domain of the LysR-type transcriptional regulator CbnR from Ralstonia eutropha NH9.
Pseudomonas 2005. 10th International Congress on Pseudomonas (第10回国際シュードモナス学会) (2005年8月) 招待講演以外
[発表者]N. Ogawa,Y. Yamamoto,J. Shimodaira,M. Udagawa,S. Muraoka,,T. Senda
[備考] 開催場所(Marseille, France)
[69]. Distinct evolution of two kinds of chlorocatechol 1,2-dioxygenase from 2,4-dichlorophenoxyacetate degradative Sphingomonas sp. TFD44
第28回日本分子生物学会年会 (2005年8月) 招待講演以外
[発表者]Gang-hua Lang,Shenghao Liu,Toshiya Senda,Naoto Ogawa,Takeshi Fujii,,Kiyotaka Miyashita
[備考] 開催場所(福岡 ヤフースタジアム)
[70]. Plastics as sources of endocrine disrupting chemicals
230th ACS National Meeting (The American Chemical Society アメリカ化学会) Division of Geochemistry GEOC126 (2005年8月) 招待講演以外
[発表者]Katsuhiko Saido,Kyung-Oh Kwak,Tadashi Itagaki,Yoichi Kodera,,Naoto Ogawa
[備考] 開催場所(米国)
[71]. Molecular detection and isolation of dominant 3-chlorobenzoate (3CB) degrading bacteria in 3CB-enriched soil.
8th Symposium on Bacterial Genetics and Ecology (BAGECO 8) (2005年6月) 招待講演以外
[発表者]Sho Morimoto,Naoto Ogawa,Akira Hasebe,,Takeshi Fujii
[備考] 開催場所(Lyon, France)
[72]. Large plasmids coding 2,4-D degrading genes in bacteria isolated in Japan
8th Symposium on Bacterial Genetics and Ecology (BAGECO 8) (2005年6月) 招待講演以外
[発表者]Yoriko Sakai,Naoto Ogawa,Takeshi Fujii,,Akira Hasebe
[備考] 開催場所(Lyon, France)
[73]. Ralstonia eutropha NH9株のLysRタイプ発現調節因子CbnRのDNA結合領域の解析
日本農芸化学会2005年度大会 (2005年3月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,山本裕子,宇田川真由美,村岡真,千田俊哉
[備考] 開催場所(札幌)
[74]. PCB/ビフェニル分解代謝系を構成するタンパク質群の構造と機能
第27回日本分子生物学会年会 (2004年12月) 招待講演以外
[発表者]千田俊哉,木村成伸,小川直人,石田哲夫,宮内啓介,政井英司,福田雅夫
[備考] 開催場所(神戸商工会議所会館)
[75]. 細菌のクロロカテコール分解遺伝子群と単環芳香族塩素化合物分解能獲得戦略
日本微生物生態学会第20回大会(平成16年度) (2004年11月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,森本晶,酒井順子,千田俊哉,藤井毅,長谷部亮
[備考] 開催場所(東北学院大学)
[76]. Detection of 3-chlorobenzoate (3CB) degrading bacteria in the environment by PCR-DGGE and their isolation.
ESF Workshop on Environmental Genomics and Environmental Metagenomics (2004年11月) 招待講演以外
[発表者]S. Morimoto,N. Ogawa,A,Hasebe,,T. Fujii
[備考] 開催場所(Granada, Spain)
[77]. 新規トランスクリプトーム解析手法を用いたBurkholderia sp. NK8の3クロロ安息香酸分解経路の解析
日本生物工学会大会(平成16年度) (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]永田聡子,鈴木勝久,伊勢崎由佳,奥村幸司,小川直人
[備考] 開催場所(名城大学天白キャンパス)
[78]. グラム陰性細菌のクロロカテコールジオキシゲナーゼの多様性と基質特異性
日本土壌肥料学会2004年大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]小川直人,劉生浩,田中悠輔,酒井順子,長谷部亮,宮下清貴
[備考] 開催場所(九州大学)
[79]. The diversity of tfdA, tfdB and tfdC of 2,4-D degrading bacteria isolated from Japanese paddy field
10th International Symposium on Microbial Ecology (2004年8月) 招待講演以外
[発表者]Y. Sakai,N. Ogawa,K. Miyashita,T. Fujii,K. Sugahara,,A. Hasebe
[備考] 開催場所(Cancun, Mexico)
[80]. Analysis of bacterial community structure in 3-chlorobenzoate(3CB)-contaminated soil by PCR-DGGE targeting benzoate-1,2-dioxygenase gene
10th International Symposium on Microbial Ecology (2004年8月) 招待講演以外
[発表者]S. Morimoto,N. Ogawa,A. Hasebe,,T. Fujii
[備考] 開催場所(Cancun, Mexico)
[81]. Crystal structure of CbnR, an LysR type transcriptional regulator derived from 3-chlorobenzoate degradative bacterium Ralstonia eutropha NH9.
7th biennial international symposium on environmental biotechnology (2004年6月) 招待講演以外
[発表者]Toshiya Senda,Shin Muraoka,Yuko Yamamoto,Mayumi Udagawa,Naoto Ogawa
[備考] 開催場所(Chicago, U.S.A.)
[82]. クロロカテコール分解遺伝子群を有する自己伝達性プラスミドおよび非自己伝達性プラスミドの土壌中接合伝達について
日本土壌微生物学会2004年度大会 (2004年6月) 招待講演以外
[発表者]酒井順子,小川直人,藤井毅,長谷部亮
[備考] 開催場所(つくば国際会議場)
[83]. Promoter characteristics that differentiate the ortho-cleavage pathway of catechol and chlorocatechol
7th biennial international symposium on environmental biotechnology (2004年6月) 招待講演以外
[発表者]Naoto Ogawa,Toshiya Senda,Perigio B. Francisco,Jr,,Kiyotaka Miyashita
[備考] 開催場所(Chicago, U.S.A.)