氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 逢坂 興宏 (OHSAKA Okihiro)

逢坂 興宏 (OHSAKA Okihiro)
准教授
学術院農学領域 - 生物資源科学系列 農学部 - 生物資源科学科
大学院総合科学技術研究科農学専攻 - 環境森林科学コース








image-profile
最終更新日:2019/09/14 13:03:51

教員基本情報

【取得学位】
博士(農学)  東京農工大学   1992年9月
【研究分野】
農学 - 森林圏科学 - 森林科学
【現在の研究テーマ】
山地・渓流河川における水~土~植生~地形プロセスの相互作用
樹木根系分布に及ぼす土層構造の影響
斜面土層の発達過程と安定性に関する研究
【研究キーワード】
砂防, 緑化
【所属学会】
・日本地すべり学会
・砂防学会
・日本森林学会
・日本緑化工学会
・水文・水資源学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 干渉SAR解析における観測条件と干渉性の関係の検討
中部森林研究 (vol)/65 127-130 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]西口尚希 [共著者]今泉文寿,土屋 智,逢坂興宏
[2]. Relationship between the accumulation of sediment storage and debris flow characteristics in a debris-flow initiation zone, Ohya landslide body, Japan
Natural Hazard and Earth System Sciences (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Imaizumi, F. [共著者]Hayakawa, Y. S.,Hotta, N.,Tsunetaka, H.,Ohsaka, O, Tsuchiya, S.
[3]. 大規模土砂移動に伴う災害の特徴整理と影響範囲の予測および対策に向けた課題
砂防学会誌 70/1 20-30 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]今泉文寿 [共著者]堤大三,中谷加奈,権田豊,逢坂興宏,福山泰治郎
[4]. 胸高直径を用いたヒノキの水平根分布の推定
中部森林研究 (vol)/64 91-94 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]佐橋潤 [共著者]逢坂 興宏
[5]. Behavior of boulders within a debris flow initiation zone
International Journal of Erosion Control Engineering (vol)/9 91-100 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Imaizumi, F. [共著者]Tsuchiya, S.,Ohsaka, O.
【著書 等】
[1]. LET’S ENJOY COMPUTING2015」—情報処理—
学術図書 (2015年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]中井孝芳,土屋 智,ほか
[2]. LET’S ENJOY COMPUTING「改訂第13版」—情報処理—
学術図書 (2014年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]中井孝芳,土屋 智,ほか
[3]. のり面緑化工の手引き(社団法人 全国特定法面保護協会編),
山海堂 (2006年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]逢坂興宏ほか
[備考] 第1章「総則」,第2章「要求性能と性能照査」
[4]. 環境緑化の事典(日本緑化工学会編)
朝倉書店 (2005年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]逢坂興宏,高橋輝昌
[備考] 共著担当箇所(101-104)
[5]. 静岡の自然をたずねて(静岡の自然をたずねて編集委員会(編著))
築地書館 (2005年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]逢坂興宏(共著)
[備考] 共著担当箇所(94-99)
【学会発表・研究発表】
[1]. 胸高直径比を用いたヒノキの水平根量の評価の検討
平成27年度砂防学会研究発表会概要集B (2015年5月) 招待講演以外
[発表者]佐橋潤,逢坂興宏,土屋智,今泉文寿,富永晃平
[備考] 宇都宮市
[2]. 寸又川上流域の森林地帯における崩壊地の分布とその特徴
平成26年度砂防学会研究発表会概要集B (2014年5月) 招待講演以外
[発表者]伊藤 仁,逢坂興宏,土屋 智,今泉文寿
[備考] 新潟市
[3]. 胸高直径を用いたヒノキの水平根分布の推定
平成25年度砂防学会研究発表会概要集B (2013年5月) 招待講演以外
[発表者]澤原勇貴,逢坂興宏,土屋 智,今泉文寿
[備考] 静岡市
[4]. 大谷崩一の沢の渓床堆積物が土石流化するまでの映像記録
中部森林学会第2回大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]伊藤 広,土屋 智,逢坂 興宏
[5]. 干渉SARを用いた土砂災害区域の抽出について
中部森林学会第2回大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]樋口 慈,土屋 智,逢坂 興宏
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 農学部におけるフィールド科学教育研究の活性化方法検討プロジェクト (2003年4月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 学長裁量経費:教育研究基盤校費 大学活性化支援経費
[2]. 農学部におけるフィールド科学教育の改善充実プロジェクト (2002年4月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 学長裁量経費:教育研究改革・改善プロジェクト経費
[3]. 測量技術のハイテク化・高度化に対応するための測量教育用実習設 (2000年4月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 学長裁量経費:教育改善推進費
【受賞】
[1]. 砂防学会 論文奨励賞 (課題名:花崗岩斜面における土層構造の発達過程に関する研究) (1996年5月)
[備考] 授与・助成団体名(社団法人 砂防学会)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第5回中部森林学会大会運営委員会 (2015年10月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡市
[2]. 平成25年度砂防学会通常総会並びに研究発表会 (2013年5月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡市
[3]. 第122回日本森林学会大会運営委員会 (2011年3月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡市
[4]. 第30回日本緑化工学会静岡大会実行委員会 (1999年6月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡市
【その他学術研究活動】
[1]. 学生引率(カナダ,アルバータ大学) (2015年8月 )
[備考] 短期語学研修
[2]. 学生引率(カナダ,アルバータ大学) (2011年8月 )
[備考] 短期語学研修
[3]. 学生引率(カナダ,アルバータ大学) (1998年8月 )
[備考] 短期語学研修

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) フィールド科学演習Ⅰ (2019年度 - 通年 )
[2]. 全学教育科目(共通科目) フィールド科学演習Ⅱ (2019年度 - 通年 )
[備考] 副担当
[3]. 学部専門科目 環境フィールドワークⅠ (2019年度 - 通年 )
[備考] 副担当
[4]. 学部専門科目 環境リスク論 (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[5]. 学部専門科目 砂防学実習 (2019年度 - 前期 )
【指導学生数】
2018年度
修士指導学生数 1 人
2017年度
修士指導学生数 1 人
2016年度
修士指導学生数 1 人
2015年度
修士指導学生数 1 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
2014年度
修士指導学生数 1 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
【その他教育関連情報】
[1]. 森林ボランティアグループ「ぐりーんぐりーん」顧問 (2008年4月 )
[備考] 2013年5月16日,国際ソロプチミスト静岡さまより,「ぐりーんぐりーん」にシグマソサエティの認証状が授与された。
[2]. 探検部(静岡キャンパス)顧問 (1999年4月 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 高大連携授業 (2018年1月 )
[備考] 静岡県磐田農業高校
[2]. セミナー かわなび セミナー  (2017年12月 )
[備考] 静岡市治水交流資料館
[3]. 公開講座 高大連携授業 (2017年1月 )
[備考] 静岡県磐田農業高校
[4]. 出張講義 高大連携授業 (2016年1月 )
[備考] 静岡県磐田農業高校
[5]. 高大連携 アカデミック・チャレンジ (2014年8月 - 2014年8月 )
[内容] 砂防工学入門の講義を行った
【報道】
[1]. 新聞 おもしろ農学- 静岡大研究室から- (2011年12月4日)
[概要]「森林の環境保全機能~樹木の根の広がりで山崩れ防止~」
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 静岡県森林審議会 (2018年1月 )
[備考] 林地保全部会委員
[2]. 大井川地区民有林直轄治山事業全体計画調査 有識者意見聴取会 (2017年11月 - 2018年3月 )
[備考] 林野庁関東森林管理局
[3]. 静岡市公共事業評価委員会 (2017年10月 )
[備考] 静岡市建設局
[4]. 国家公務員採用総合職試験(森林・自然環境)試験専門委員 (2016年5月 )
[備考] 人事院
[5]. (NPO)静岡県自然史博物館ネットワーク (2015年1月 - 2016年1月 )
[活動内容]監事
【その他社会活動】
[1]. 地域支援(高大連携授業) (2007年4月 )
[備考] 支援先(静岡農業高校 )
[2]. 地域支援(高大連携授業) (2005年4月 )
[備考] 支援先(静岡農業高校 )

国際貢献実績

【国際協力事業】
[1]. 2014台日砂防共同研究会 (2014年9月 - 2014年9月 )
[相手方機関名] 中華防災学会,中華水土保持学会
[活動内容] 日本と台湾における砂防技術・研究に関するセミナーの講師として
[備考] 活動国名(台湾)
[2]. イラン・個別専門家派遣事業短期専門家 (2001年2月 - 2001年2月 )
[相手方機関名] イラン農業開発推進省
[活動内容] イラン国農業開発推進省流域管理局とJICA主催による「第3回流域管理及び第1回河川環境保全技術セミナー」への日本人講師の一人として派遣された。
[備考] 活動国名(イラン・イスラム共和国)

管理運営・その他