氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 香川 景一郎 (Kagawa Keiichiro)

香川 景一郎 (Kagawa Keiichiro)
准教授
学術院工学領域 - 電気電子工学系列 工学部 - 電気電子工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電気電子工学コース
創造科学技術研究部 - ナノビジョンサイエンス部門
電子工学研究所 - ナノビジョン研究部門






image-profile
最終更新日:2019/02/11 12:44:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  大阪大学   2001年3月
【現在の研究テーマ】
CMOSイメージセンサとその応用システム
【研究キーワード】
CMOSイメージセンサ, 情報光学
【所属学会】
・日本消化器内視鏡学会
・IEEE
・日本光学会(応用物理学会)
・映像情報メディア学会
【研究シーズ】
[1]. 小型高感度低ノイズ高ダイナミックレンジマルチアパーチャカメラ (2018年度) [分野] 4. 材料・ナノテク [URL]
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Combined tactile and proximity sensor emplying compound-eye camera
ITE Trans. on MTA 3/4 227-233 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]H. Nakashima [共著者]K. Kagawa,K. Shimonomura
[2]. Low-light color reproduction by selective averaging in multi-aperture camera with Bayer color-filter low-noise CMOS image sensors
ITE Trans. on MTA 3/4 234-239 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]B. Zhang [共著者]K. Kagawa,T. Takasawa,M. –W. Seo,K. Yasutomi,S. Kawahito
[3]. A low noise CMOS image sensor with pixel optimization and noise robust column-parallel readout circuits for low-light levels
ITE Trans. on MTA 3/4 258-262 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. –W. Seo [共著者]K. Yasutomi,K. Kagawa,S. Kawahito
[4]. A 0.27 e-rms read noise 220μV/e- conversion gain reset-gate-less CMOS image sensor with 0.11μm CIS process
IEEE Electron Dev. Lett 36/12 1344-1347 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. –W. Seo [共著者]S. Kawahito,K. Kagawa,K. Yasutomi
[5]. Evaluation of dual-wavelength excitation autofluorescence imaging of colorectal tumours with a high-sensitivity CMOS imager: a cross-sectional study,
BMC Gastroenterology 15/110 1-6 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Y. Kominami [共著者]S. Yoshida,S. Tanaka,R. Miyaki,Y. Sanomura,K. Kagawa
【著書 等】
[1]. Nanophotonics information physics –nanointelligence and nanophotonic computing
Springer (2014年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]S. Kawahito,K. Yasutomi,K. Kagawa
[備考] Chap. 6: Single photoelectron manipulation and detection with sub-nanosecond resolution in CMOS imagers
[2]. Advanced wireless LAN
INTECH (2012年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]香川 景一郎
[備考] Chapter 6: 2) “Custom CMOS image sensor with multi-channel high-speed readout dedicated to WDM-SDM Indoor Optical Wireless LAN”
【学会発表・研究発表】
[1]. Multipoint confocal fluorescence correlation spectroscopy using a fast and high sensitive CMOS camera
Workshop on microscopy, biology, medicine, and advanced CMOS imagers (2015年11月) 招待講演
[発表者]J. Yamamoto,K. Kagawa,S. Kawahito,M. Kinjo
[備考] ITE, Hamamatsu
[2]. Development of multi-tap CMOS lock-in pixel imager with a high time-resolution for timve-resolved measurements
Workshop on microscopy, biology, medicine, and advanced CMOS imagers (2015年11月) 招待講演
[発表者]M. –W. Seo,K. Kagawa,K. Yasutomi,Z. Li,S. Kawahito
[備考] ITE, Hamamatsu
[3]. Opto-electronics camera systems and devices for biomedical applications
The 17th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium (2015年11月) 招待講演
[発表者]K. Kagawa
[備考] Hamamatsu Campus, Shizuoka University, Research Institute of Electronics, Shizuoka University
[4]. Computational 200Mfps ultra-high-speed image sensor based on multi-aperture optics
Int’l conf. on Advance Tech. in Experimental Mechanis 2015 (2015年10月) 招待講演以外
[発表者]F. Mochizuki,K. Kagawa,S. Okihara,K. Yasutomi,S. Kawahito
[備考] Toyohashi, The Materials and Mechanics Division of the Japan Society of Mechanical Engineers (MMD-JSME)
[5]. 光学系・イメージセンサ・処理を融合した超高速撮像
高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム (2015年10月) 招待講演
[発表者]香川 景一郎,望月風太,徐珉雄,安富啓太,川人祥二
[備考] アイーナ(盛岡)
【共同・受託研究】
[1]. 企業等からの受託研究 距離情報と高精細画像の同時取得システムの開発
( 2011年5月 ~ 2012年3月 )
【科学研究費助成事業】
[1]. コンピュテーショナル超高速複眼撮像素子の開発と距離画像計測・光加工への応用 ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(B) 代表

[2]. 消化器系悪性腫瘍検出のための高感度自家蛍光イメージング技術の開発 ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[3]. 時間分解プラズモン励起発光イメージングを用いたノロウイルス検出システム研究 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(A) 分担

[4]. SOI技術を用いた極低ノイズ・高速イメージングデバイスの研究 ( 2013年7月 ~ 2014年3月 ) 新学術領域研究(研究領域提案型) 分担

[5]. ラテラル電界制御電荷変調素子による超高時間分解撮像デバイスと応用開発 ( 2013年7月 ~ 2014年3月 ) 基盤研究(S) 分担

【外部資金(科研費以外)】
[1]. (2013年8月 - 2014年3月 ) [提供機関] JST [制度名] 知財活用促進ハイウェイ「大学特許価値向上支援」
[2]. 極めて深い被写界深度を有する高機能照明内蔵型3次元マルチスペクトル内視鏡の開発 (2011年2月 ) [提供機関] 財団法人 中谷電子計測技術振興財団 [制度名] 第27回(平成22年度)技術開発助成【開発研究】
【受賞】
[1]. Junior research award (2015年11月)
[備考] Japan Symposium on High-speed Imaging and Photonics 2015
[2]. 高柳研究奨励賞 (2014年12月)
[備考] 高柳健次郎財団
【特許 等】
[1]. 1) 画像通信装置 [出願番号] 特願2015-139768 (2015年7月13日)
[2]. 距離画像計測装置 [出願番号] 特願2015-032121 (2015年2月20日)
[3]. 撮像装置 [出願番号] 特願2013-062917 (2013年3月25日)
[4]. 固体撮像装置 [出願番号] 特願2012-175364 (2012年8月7日)
【学会・研究会等の開催】
[1]. Workshop on microscopy, biology, medicine, and advanced CMOS imagers (2015年11月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] Conference hall, S-Port 3F, Hamamatsu Campus, Shizuoka University
[2]. 第9回新画像システム・情報フォトニクス研究討論会 (2015年10月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 筑波大学東京キャンパス文京校舎
[3]. 第2回情報フォトニクスシンポジウム (2015年10月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 筑波大学東京キャンパス文京校舎
[4]. マルチアパーチャ・ライトフィールドカメラ応用ワークショップ (2015年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 東京理科大学 3号館5階 351教室(東京 飯田橋)
[5]. Asian Symposium on Advanced Image Sensors and Imaging Systems (2014年10月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学 浜松キャンパス

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 新入生セミナー (2018年度 - 前期前半 )
[備考] 主担当教員
[2]. 学部専門科目 プログラミング (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 大学院科目(修士) 集積電子回路工学特論 (2018年度 - 前期 )
[備考] 副担当教員
[4]. 学部専門科目 電子回路Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 学部専門科目 電子回路Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
【指導学生数】
2015年度
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 4 人
博士指導学生数(主指導) 3 人 博士指導学生数(副指導) 4 人
2014年度
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 5 人
博士指導学生数(主指導) 2 人 博士指導学生数(副指導) 4 人
2013年度
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 1 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
2012年度
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. Best Student Paper Award FIRST PLACE (2014年6月)
[受賞学生氏名] 望月風太
[授与団体名] The Optical Society of America (OSA)
[2]. IEEE SSCS Kansai Chapter Academic Research Award (2014年5月)
[受賞学生氏名] 望月風太
[授与団体名] IEEE SSCS Kansai Chapter
[3]. IEEE名古屋支部2015年 国際会議研究発表賞 (2014年4月)
[受賞学生氏名] 望月風太
[授与団体名] IEEE名古屋支部

社会活動

【報道】
[1]. 新聞 光の不思議な世界 静岡大・中日新聞連携講座 香川准教授「複眼の撮影技術」高感度で極限現象解明 (2016年1月24日)
[備考] 中日新聞朝刊12面
[2]. 新聞 静岡大・中日新聞連携講座 光の不思議な世界 トンボの複眼生活に役立て 中区で23日香川准教授が講演 (2016年1月13日)
[備考] 中日新聞朝刊16面
[3]. 新聞 静大准教授ら「世界最速」センサー開発 1秒で2億枚 撮影できます (2015年3月28日)
[備考] 静岡新聞朝刊7面
[4]. 新聞 プラズマ発光や噴射される水滴 超高速現象を撮影 新型センサー開発 (2015年3月11日)
[備考] 中日新聞朝刊11面
[5]. 新聞 日刊工業新聞 (2014年3月12日)
[概要]腫瘍位置、正確に細く 静岡大 内視鏡3Dカメラ開発

国際貢献実績

管理運営・その他