氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 光野 徹也 (Kouno Tetsuya)

光野 徹也 (Kouno Tetsuya)
准教授
学術院工学領域 - 電子物質科学系列 工学部 - 電子物質科学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電子物質科学コース
創造科学技術研究部 - ナノビジョンサイエンス部門






kono.tetsuya@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2019/07/12 2:18:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  上智大学   2011年3月
【研究分野】
総合理工 - ナノ・マイクロ科学 - ナノ構造物理
【現在の研究テーマ】
ナノマイクロ構造に発現する光の諸特性の応用
【研究キーワード】
ナノマイクロフォトニクス
【所属学会】
・応用物理学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Microsensors based on a whispering gallery mode in AlGaN microdisks undercut by hydrogen environment thermal etching
Applied Optics 56/(num) 3589-3593 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]TETSUYA KOUNO [共著者]MASARU SAKAI,HOSHI TAKESHIMA,SHO SUZUKI,AKIHIKO KIKUCHI,KATSUMI KISHINO, KAZUHIKO HARA
[2]. Crystal structure and optical properties of a high-density InGaN nanoumbrella array as a white light source without phosphors
NPG Asia Materials 8/(num) e189- (zzz) (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Tetsuya Kouno [共著者]Masaru Sakai,,Katsumi Kishino,Akihiko Kikuchi,Naoki Umehara,Kazuhiko Hara
[3]. Biosensing operations based on a whispering-gallery-mode optical cavity in single 1.0-m diameter hexagonal GaN microdisks grown by rf-MBE
Japanese Journal of Applied physics 55/(num) 05FG02- (zzz) (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Tetsuya Kouno [共著者]Masaru Sakai,Kazuhiko Hara,Katsumi Kishino
[4]. Biosensors based on GaN nanoring optical cavities
Japanese Journal of Applied physics 55/(num) 05FF05- (zzz) (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Tetsuya Kouno [共著者]Hoshi Takeshima,Katsumi Kishino,Masaru Sakai,Kazuhiko Hara
[5]. Influence of growth parameters on the film formation of hexagonal boron nitride thin films grown on sapphire substrates by low pressure chemical vapor deposition
Japanese Journal of Applied physics 55/(num) 05FD09- (zzz) (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Naoki Umehara,Kazuhiko Hara [共著者]Atsushi Masuda,Takaki Shimizu,Iori Kuwahara,Tetsuya Kouno,Hiroko Kominami
【学会発表・研究発表】
[1]. [12a-PA3-1] 金属薄膜を堆積したサファイア基板上へのミストCVD法によるZnO結晶の成長
第66回応用物理学会春季学術講演会 (2019年3月12日) 招待講演以外
[発表者]木村 泰己、大橋 紘誠、藤原 健八、山本 幹大、原 和彦、光野 徹也
[備考] 東京工業大学大岡山
[2]. P11 六角形状GaN マイクロディスクにおけるWGM 発振の周回方向
日本光学会ナノオプティクス研究グループ 第25回研究討論会 (2018年11月20日) 招待講演以外
[発表者]上石 拳、光野 徹也、菊池 昭彦、岸野 克巳、東海林 篤, 酒井 優
[備考] 徳島大学
[3]. [19p-PA7-18] 六角形状GaNマイクロディスクにおけるWGM発振の周回方向
第79回応用物理学会秋季学術講演会 (2018年9月19日) 招待講演以外
[発表者]上石 拳、光野 徹也、菊池 昭彦、岸野 克巳、酒井 優
[備考] 名古屋国際会議場
[4]. 窒化物マイクロディスクアレイによる発光デバイスの検討
第78回応用物理学会学術講演会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]光野 徹也,武島 歩志,鈴木 翔,原 和彦 他3名
[備考] 福岡国際センター・国際会議場
[5]. サファイア基板上に成長した六方晶窒化ホウ素薄膜の面発光分析
第78回応用物理学会学術講演会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]梅原 直己,川原崎 匠,名嘉真 朝泰,光野 徹也,小南 裕子、原 和彦
[備考] 福岡国際センター・国際会議場(福岡)
【科学研究費助成事業】
[1]. 窒化物半導体マルチサイズディスクアレイによる準レーザ特性発光素子の開発 ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 若手研究(B) 代表

[2]. ナノ結晶効果によるエネルギー・環境適合デバイスの革新 ( 2012年5月 ~ 2017年3月 ) 特別推進研究 分担
【外部資金(科研費以外)】
[1]. (2016年2月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 研究プロジェクト経費(学内公募)若手研究支援
[2]. (2015年10月 ) [提供機関] 公益財団法人泉科学技術振興財団  [制度名] 研究助成
[3]. (2015年4月 - 2016年3月 ) [提供機関] 公益財団法人中部電気利用基礎研究振興財団 [制度名] A2研究
[4]. (2014年4月 - 2015年3月 ) [提供機関] 公益財団豊田理化学研究所 [制度名] 豊田理研スカラー
[5]. (2014年4月 - 2015年3月 ) [提供機関] 公益財団法人双葉電子記念財団 [制度名] 自然科学研究助成
【受賞】
[1]. 奨励賞 (2017年3月)
[備考] 独立行政法人日本学術振興会・光電相互変換第125委員会
[2]. 高柳研究奨励賞 (2015年12月)
[備考] 公益財団法人浜松電子工業奨励会
[3]. Best Young Scientist Award (2015年11月)
[備考] The 6th International Symposium on Growth of III-nitride (ISGN-6)
[4]. 第6回(2015年秋季)応用物理学会 Poster Award (2015年9月)
[備考] 応用物理学会
[5]. 第33回(2012年秋季)応用物理学会講演奨励賞 (2013年3月)
[備考] 応用物理学会
【学会・研究会等の開催】
[1]. International Workshop on Nitride semiconductors (IWN2018) (2018年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 金沢
[備考] 現地実行委員
[2]. 第35回電子材料シンポジウム(EMS-35) (2016年7月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 滋賀県守山市
[備考] 企業展示委員(国内会議200-250人程度)
[3]. 2015年度静岡大学テニュアトラックシンポジウム (2016年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 浜松市
[備考] 実行委員
[4]. 第54回GRLセミナー 主催(2016/2/3) (2016年2月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 浜松市
[備考] 主催者
[5]. 6th International Symposium on Growth of III-Nitride (2015年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 浜松市
[備考] 現地実行委員 (国際会議500人程度)

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 材料エネルギー化学演習Ⅰ (2019年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[2]. 学部専門科目 表面界面工学 (2019年度 - 後期 )
[備考] 副担当
【指導学生数】
2019年度
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 5 人
2018年度
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 4 人
2017年度
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 1 人
2016年度
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 1 人
2015年度
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 2 人

社会活動

【報道】
[1]. 新聞 石田・静大教授など5氏 電子科学で業績 高柳賞贈呈式 (高柳研究奨励賞受賞) (2015年12月29日)
[備考] 毎日新聞朝刊24面

国際貢献実績

管理運営・その他