トップページ  > 教員個別情報  > 科学研究費助成事業

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 下村 勝 (SHIMOMURA Masaru)

科学研究費助成事業

【科学研究費助成事業】
[1]. 水熱合成法によるアナターゼ酸化チタン単結晶薄膜の成長メカニズムと局所構造の解明 ( 2020年4月 ~ 2023年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. シリコン表面上のアクティブ単分子素子の開発 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[3]. ナノスケール微細加工および組成分析可能な大気圧プラズマ照射プローブ顕微鏡の開発 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[4]. 再生可能な100万桁のダイナミックレンジを有するグラフェンバイオFETの創製 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[5]. 硫化ニッケル電極とコアーシェル構造光半導体電極を用いた新規色素増感太陽電池開発 研究課題 ( 2016年4月 ~ 2019年3月 ) 挑戦的萌芽研究 分担

[6]. 熱と振動を利用して発電する低コスト・大面積フレキシブルコジェネレータの開発 研究課題 ( 2016年4月 ~ 2019年3月 ) 挑戦的萌芽研究 分担

[7]. 顕微光電子ホログラフィーによる活性サイトの時間分解3D原子イメージング ( 2014年6月 ~ 2019年3月 ) 新学術領域研究(研究領域提案型) 分担

[8]. 有機硫黄化合物による色素増感太陽電池用酸化チタンの表面修飾 ( 2013年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[9]. 単電子・スピンデバイスの高温動作を可能にするためのナノフリーザ基板の開発 ( 2012年4月 ~ 2015年3月 ) 挑戦的萌芽研究 分担

[10]. アナターゼ型二酸化チタン表面へのカルボン酸吸着構造の解明 ( 2010年4月 ~ 2013年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[11]. シリコン及びダイヤモンド表面上における窒素含有化合物の自己組織化に関する研究 ( 2005年4月 ~ 2007年3月 ) 若手研究(B) 代表

[12]. 分子メスを用いた表面吸着分子の構造変化に関する研究 ( 2002年4月 ~ 2005年1月 ) 若手研究(B) 代表

[13]. 多重結合を有するIV族表面上の原子・分子吸着構造解析 ( 2000年4月 ~ 2002年3月 ) 奨励研究(A) 代表