トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 板倉 美奈子 (ITAKURA MINAKO)

板倉 美奈子 (ITAKURA MINAKO)
教授
学術院融合・グローバル領域 サスティナビリティセンター

2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。世界貿易機関(WTO)協定に従い、開発途上国、特に後発開発途上国に対する特別かつ異なる待遇の原則を実施する。国際合意に基づき、遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分を推進するとともに、遺伝資源への適切なアクセスを推進する。持続可能な開発のための非差別的な法規及び政策を推進し、実施する。


image-profile
最終更新日:2022/09/22 2:05:44

教員基本情報

【取得学位】
法学修士  名古屋大学   1989年1月
【研究分野】
社会科学 - 法学 - 国際法学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
バイオエコノミー
SDGs・脱炭素
食・農・森林をめぐる法制
【現在の研究テーマ】
食・農・森林をめぐる法制の歴史的展開・現状・課題
バイオエコノミー/バイオテクノロジーと法
SDGs・脱炭素をめぐる法制
【研究キーワード】
食・農・森林をめぐる法制, TPP/EPA(経済連携協定), SDGs・脱炭素, バイオエコノミー
【所属学会】
・民主主義科学者協会(民科)法律部会
・平和学会
・国際人権法学会
・国際経済法学会
・世界法学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 【判例解説】解説・日本の国際法判例(15)-2017(平成29)年
国際法外交雑誌 119/4/ 129-163 (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]小畑 郁 [共著者]板倉 美奈子 [備考] 主として人権についてのデータベースを担当
[2]. 【判例解説】解説・日本の国際法判例(14)-2016(平成28)年
国際法外交雑誌 118/4/ 129-163 (2020年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]小畑 郁 [共著者]板倉 美奈子 [備考] 主として人権・戦後補償訴訟についてのデータベースを担当
[3]. 【判例解説】解説・日本の国際法判例(13)-2015(平成27)年
国際法外交雑誌 117/4/ 129-163 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]小畑 郁 [共著者]板倉 美奈子 [備考] 主として女性の権利についてのデータベースを担当
[4]. 【判例解説】解説・日本の国際法判例(12)-2014(平成26)年
国際法外交雑誌 116/4/ 129-163 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]小畑 郁 [共著者]板倉 美奈子 [備考] 主として女性の権利についてのデータベースを担当
[5]. 【判例解説】解説・日本の国際法判例(11)-2013(平成25)年
国際法外交雑誌 115/4/ 111-152 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]小畑 郁 [共著者]板倉 美奈子 [備考] 主として戦後補償訴訟、女性の権利についてのデータベースを担当
【著書 等】
[1]. 国際法入門<第2版>:逆から学ぶ
法律文化社 (2018年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]山形 英朗
[2]. ワークアウト国際人権法
東信堂 (2010年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]ベネディック,中坂 恵美子,徳川 信治
[3]. 新法学レッスン
成文堂 (2007年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]鴨野 幸雄,中島 史雄,大山 儀雄,初谷 良彦
[4]. 国際関係法辞典 第2版
三省堂 (2005年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]国際法学会
[備考] 「一次産品のための共通基金」p.31
[5]. あたらしい法学-人権・くらし・平和
敬文堂 (1998年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]上野 達彦
[備考] 第18章「自衛隊と日米安保条約」 第19章「国連の集団安全保障体制」 第20章「貿易と開発の法」
【学会発表・研究発表】
[1]. クロアチアのEU加盟プロセスにおける人権・少数民族問題
ミニシンポジウム・ユーゴスラビアからの独立諸国における平和構築と人権・人権教育 (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]板倉 美奈子,Barbara Schmiedl,岡田 順子,中坂 恵美子
[備考] 民科法律部会・2014年度学術総会/龍谷大学
[2]. 多国籍企業に対する国際的統制の歴史的展開
民科法律部会学術総会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]板倉 美奈子
[3]. Law and Lawyers in the Service of the People for Peace, Justice and Development
the XVI Congress of International Association of Democratic Lawyers (2005年6月) 招待講演以外
[発表者]板倉 美奈子,岡田 順子
[備考] 国際民主法律家協会(IADL)/パリ
[4]. GATT=WTOと農業
民科法律部会学術総会 (2000年11月) 招待講演以外
[発表者]板倉 美奈子
[5]. 国際熱帯木材機関における環境保護と持続可能な発展との調和をめざす試み
国際経済法学会 (1997年10月) 招待講演以外
[発表者]板倉 美奈子
【科学研究費助成事業】
[1]. ユーゴスラビアからの独立諸国における平和構築と人権・人権教育 ( 2013年4月 ~ 2015年3月 ) 挑戦的萌芽研究 代表

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 日本国憲法 (2022年度 - 後期 )
[2]. 全学教育科目(共通科目) 平和学 (2022年度 - 前期 )
[3]. 全学教育科目(共通科目) バイオエコノミー (2022年度 - 後期 )
[4]. 全学教育科目(共通科目) 地域創造演習Ⅰ (2022年度 - 後期 )
[5]. 全学教育科目(共通科目) 地域創造演習ⅡA (2022年度 - 前期 )
【指導学生数】
2012年度
2011年度

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 高大連携 静岡大学人文社会科学部主催・地歴教員養成講座2022年度第5回講座 (2022年9月 )
[内容] 報告「南北問題の歴史と<途上国>への視座」
[備考] 静岡大学人文社会科学部B棟302教室
[2]. セミナー 自分らしさを実現するための終活-老後のおカネの使い方 (2022年1月 - 2022年2月 )
[内容] 成年後見制度、遺贈寄付制度;企画責任者/運営
[備考] オンライン
[3]. 公開講座 静岡大学公開講座「市民社会と法」 (2021年10月 - 2022年2月 )
[内容] コーディネーター/報告者
[備考] 葵生涯学習センター
[4]. 公開講座 サステナビリティセンター・オンライン公開講座 (2021年9月 - 2022年1月 )
[内容] 企画責任者/コーディネーター
[備考] オンライン
[5]. 公開講座 サステナビリティセンター・オンライン公開講座 (2021年2月 - 2021年3月 )
[内容] 企画責任者/コーディネーター/報告者
[備考] オンライン
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 静岡県地球温暖化防止県民会議 (2022年7月 )
[活動内容]「ふじのくに地球温暖化対策実行計画」、県内温室効果ガス排出量等に関する意見交換
[2]. 静岡県コンプライアンス委員会 (2017年4月 )
[3]. 静岡市入札監視委員会 (2016年4月 - 2021年3月 )
[4]. 静岡県政府調達苦情検討委員会委員 (2010年1月 - 2019年12月 )
【その他社会活動】
[1]. 静岡大学生活協同組合理事 (2014年5月 - 2016年5月 )

国際貢献実績

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. サステナビリティセンター 教育・アウトリーチ部門 部門長 (2022年4月 )
[2]. サステナビリティセンター法実務部門 副部門長 (2020年4月 )
[3]. 地域法実務実践センター副センター長 (2019年4月 - 2020年3月 )