トップページ  > 教員個別情報  > 報道

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 朴 龍洙 (PARK Enoch Y.)

報道

【報道】
[1]. 新聞 「感染症ウィルスを測る」  (2021年11月3日)
[概要]静岡大・読売講座の第5回目10月16日講座
[備考] 読売新聞11月3日朝刊
[2]. 新聞 静岡大読売講座 感染症 闘いの歴史 (2021年10月17日)
[備考] 読売新聞朝刊28面
[3]. その他 Electrochemical detection of WSSV with disposable electrode (2020年11月16日)
[概要]クルマエビのwhite spot syndrome病気の原因ウイルスを世界初新規方法で検出した。
[備考] Global Aquaculture Alliance(世界養殖連合会) (https://www.aquaculturealliance.org)
[4]. 新聞 遊休地、「カイコバイオ工場」に (2020年3月10日)
[概要]静岡発私の提言
[備考] 日経産業新聞
[5]. 新聞 ノロウイルス迅速検出 静岡大,金の微粒子蛍光増大 (2018年10月26日)
[概要]日経産業新聞10月26日6ページ
[備考] 金ナノ粒子を使って、ウイルスのRNAやDNAの迅速検出を行った。
[6]. 新聞 デング熱の型 迅速判別 静大、世界初手法開発 (2018年10月12日)
[備考] 静岡新聞朝刊27面
[7]. 新聞 静岡大・中日新聞連携講座 カイコ活用しバイオ工場 (2018年10月11日)
[概要]中日新聞朝刊14面
[備考] 中日新聞朝刊14面
[8]. 新聞 ノロ高感度で検出 早期診断に期待 (2018年9月19日)
[概要]静岡大学朝刊29面
[備考] 静岡大学朝刊29面
[9]. 新聞 ジカ熱感染早期発見へ ウイルス検出技術開発 (2017年4月5日)
[概要]静岡新聞朝刊27面
[備考] 静岡新聞朝刊27面
[10]. 新聞 ノロウイルス検出感度100倍 (2017年3月14日)
[概要]日経産業新聞
[11]. その他 シルクロードからバイオロードへ (2014年6月20日)
[概要]静岡大学TV
[12]. 新聞 農業から科学、そして未来への予測 (2014年1月25日)
[概要]農業から科学、そして未来への予測
[備考] 嶺南日報
[13]. 新聞 農業人材輩出 (2013年12月23日)
[概要]農業人材輩出
[備考] 嶺南日報
[14]. テレビ 静岡朝日TVチームアース出演 (2013年10月27日)
[概要]グリーン科学技術研究所 カイコの研究、過塩素酸イオンの除去について
[備考] http://www.satv.co.jp/0350teamearth/0007blog/201310/2013-1025blog.html
[15]. 新聞 人材育成へ“聖域”にメス (2013年4月24日)
[概要]グリーン科学技術研究所設立の紹介
[備考] 静岡新聞
[16]. 新聞 人材育成へ“聖域”にメス (2013年4月24日)
[概要]静岡新聞
[17]. 新聞 カイコバイオテクノロジー (2013年2月3日)
[概要]静岡新聞
[18]. 新聞 『おもしろ農学 静岡大研究室から』 (2013年2月3日)
[概要]「蚕バイオテクノロジー」
[備考] 静岡新聞朝刊7面
[19]. 新聞 カイコの特徴描写 中高生が幼虫観察 (2011年8月14日)
[概要]静岡新聞
[備考] 20面
[20]. 新聞 膜タンパク質の量産技術 (2010年8月30日)
[備考] 日経産業新聞
[21]. 新聞 カイコが拓くバイオテクノロジー 様々な有用タンパク質を生産 (2010年5月19日)
[備考] 中日新聞
[22]. 新聞 事業化に向けて研究者成果報告 (2009年12月5日)
[概要]廃白土からビタミンB2の生産技術の開発について
[備考] 静岡新聞
[23]. 新聞 事業化に向けて研究者成果報告 (2009年12月5日)
[概要]静岡新聞
[24]. 新聞 カイコで酵素生産インフル感染妨害剤視野 (2009年1月9日)
[備考] 日経産業新聞
[25]. テレビ 食料と競合しないバイオエタノール (2008年7月8日)
[概要]テレビ東京ワールドビジネスサテライト
[備考] テレビ東京ワールドビジネスサテライト
[26]. 新聞 バイオディーゼル燃料製造、油精製の廃棄物利用について (2007年4月4日)
[概要]バイオディーゼル燃料製造、油精製の廃棄物利用について
[備考] 日経産業新聞
[27]. 新聞 県内3研究支援 静岡大学、浜松医大の課題採択 (2006年11月17日)
[概要]静岡新聞
[28]. 新聞 食用油脂精製剤を再利用、燃料・ビタミンB2に (2004年8月6日)
[概要]食用油脂の精製剤に使われる活性白土のリサイクル技術を開発した。使用済み廃白土に含まれる油脂分から、バイオディーゼル燃料とビタミンB2を生産する技術。今後工業化に向けた検討を進める。
[備考] 日刊工業新聞
[29]. 新聞 活性白土のリサイクル技術、酵素使いBD燃料に、ビタミンB2製造にも成功 (2001年7月30日)
[概要]廃白土中の油脂を有効利用し、酵素を触媒とするバイオディーゼル(BD)燃料技術と、リボフラビン生産金を使用したビタミンB2製造技術に成功したもの。活性白土は食用油脂の精製に必要不可欠な精製剤であるが、精製後の廃白土の排出量が膨大で、そのリサイクル技術の確立が急務であった。今後パイロット設備を導入し、工業化への取り組みを急ぎ、環境リサクル事業として重点育成していく。
[備考] 化学工業日報