トップページ  > 教員個別情報  > 特許 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 朴 龍洙 (PARK Enoch Y.)

特許 等

【特許 等】
[1]. WSSVワクチン [出願番号] WO 2022/158453 (2022年7月28日)
[備考] PCT/JP2022/001638の公開
[2]. WSSVワクチン [出願番号] PCT/JP2022/001638 (2022年1月18日)
[備考] 学内整理番号:20026PCT
[3]. 標的物質の検出又は定量のためのナノ粒子及びその製造方法、並びに標的物質の検出又は定量方法 [出願番号] PCT/JP2021/22732 (2021年6月15日)
[4]. 量子ドット/カプシドタンパク質複合体及び当該複合体による標的ウイルスに対する抗体の検出方法 [出願番号] 2021-69571 (2021年4月16日)
[5]. WSSVワクチン [出願番号] 2021-006994 (2021年1月20日)
[備考] 学内整理番号:20026PK019
[6]. 表面増強ラマン散乱による高感度の標的物質の検出のためのナノゲル若し くはキット及び検出方法 [出願番号] 2021-001391 (2021年1月7日)
[備考] 学内整理番号:20029PK020
[7]. Electrode for electrochemical measurement [出願番号] US Patent App. 17/062653 (2020年10月5日)
[備考] 学内整理番号:19024US
[8]. 電気化学測定用電極 [出願番号] 2020-127421 (2020年7月28日)
[備考] 整理番号:20011PK018
[9]. 中空磁気蛍光ナノ粒子によるウイルスのデュアルモダリティ検出 [出願番号] 2020-127951 (2020年6月23日)
[10]. 電気化学測定用電極 [出願番号] 2019-184579 (2019年10月7日)
[備考] 整理番号:19024PK016
[11]. 試料中の標的物質を検出又は定量する方法 [出願番号] 2019-093954 (2019年5月17日)
[12]. 標的物質を検出又は定量する方法及びキット [出願番号] 2016-154343 (2016年8月5日)
[備考] 出願(2016/8/5)
[13]. Quantum dot fluorescence enhanced immunoassay [出願番号] 特願PCT/JP2015/053572 (2015年8月20日)
[備考] 出願(2015/8/20)
[14]. 量子ドット蛍光増強免疫測定法 [出願番号] 特願2015-562818 (2015年2月10日) [特許番号] 6593840 (2019年10月4日)
[15]. 量子ドット蛍光増強免疫測定法 [出願番号] 特願2014-025431 (2014年2月13日)
[16]. 試料中の標的物質を検出又は定量する方法及びキット [出願番号] 2012-161928 (2012年7月20日) [特許番号] 6083849号 (2017年2月3日)
[17]. ウイルス阻害剤 [出願番号] 535460 (2011年2月25日)
[18]. 目的タンパク質の製造方法 [出願番号] 2007-152567 (2007年6月8日) [特許番号] 5152962号 (2012年12月14日)
[19]. エステル合成触媒及びその製造方法並びに該当触媒を用いたバイオ燃料の製造方法 [出願番号] 2006-58026 (2006年3月3日) [特許番号] 5048957号 (2012年7月27日)
[20]. ヒト由来β1,3ーN-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ2の製造方法(Process for producing human-origin beta1,3-N-acetylglucosaminyl transferase 2) [出願番号] 2005-510281 (2003年11月19日) [特許番号] 4376866号 (2009年9月18日)
[21]. リボフラビンの製造方法 [出願番号] 20134 (2003年1月29日) [特許番号] 3872759号 (2006年10月27日)
[22]. BmNPVシャトルベクター [出願番号] 2002-340005 (2002年11月22日) [特許番号] 4288389号 (2009年4月10日)
[23]. バイオ燃料の製造方法 [出願番号] 2002-278086 (2002年9月24日) [特許番号] 4095392号 (2008年3月14日)
[24]. 乳酸の製造方法 [特許番号] 3835848号 (2006年8月4日)
[備考] (2006/8/4)
[25]. Method of producing riboflavin [出願番号] US2005/0244919 A1