トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 朴 龍洙 (PARK Enoch Y.)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. Virus-like particles from Silkworm
A short meeting Nanobiotechnology (2023年1月25日) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] Amity University, Kolkata, India
[2]. Highly Sensitive Virus Detection based on Nanomaterial-based immunoassay
A short meeting Nanobiotechnology (2023年1月25日) 招待講演
[発表者]Indra Memdi Khoris, Sjaikhurrizal EI Muttaqien Rizal, Enoch Y. Park
[備考] Amity University, Kolkata, India
[3]. Development of simple and practical polyaniline gold nanoparticle-based immunosensor for virus detection
A short meeting Nanobiotechnology (2023年1月25日) 招待講演
[発表者]Sjaikhurrizal EI Muttaqien Rizal, Indra Memdi Khoris, Enoch Y. Park
[備考] Amity University, Kolkata, India
[4]. Electrochemical detection of white spot syndrome virus using a homemade disposable electrode composed of graphene quantum dots and gold nanoparticle-embedded polyaniline
The 4th Congress of the International Society of Fish and Shellfish Immunology (2022年12月13日) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Kenshin Takemura, Jun Satoh, Jirayu Boonyakida, Sungjo Park, Ankan Dutta Chowdhury
[備考] 口頭発表、講演番号O-31
[5]. Silkworm pupa as a vehicle for delivering VP15-derived products through oral administration for immunization of kuruma shrimp
The 4th Congress of the International Society of Fish and Shellfish Immunology (2022年12月13日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida, Takafumi Nakanishi, Jun Satoh, Yoshiko Shimahara, Tohru Mekata, and Enoch Y. Park
[備考] poster P-48
[6]. Display technology in virus-like particles using silkworm expression system
NIPER-PHARMACO2022 (2022年11月11日) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 講演番号IL-19
[7]. Polymeric nanoparticle-laden as an advanced immunoassay for virus detection
NIPER-PHARMACO2022 (2022年11月11日) 招待講演以外
[発表者]Indra M.Khoris, Enoch Y. Park
[備考] ポスター番号:P11-1004
[8]. Expression of dengue virus 1−4serotypes envelope domain EDIII using silkworm expression system and their display on dengue virus-like particle
NIPER-PHARMACO2022 (2022年11月11日) 招待講演以外
[発表者]Krishna Raja Muthuraman, Enoch Y. Park
[備考] ポスター番号:P8-1004
[9]. Duplex-specific nuclease assisted cyclic amplification by MNP-ssDNA nanoprobe for the detection of SARS-CoV-2 RNA
NIPER-PHARMACO2022 (2022年11月11日) 招待講演以外
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury, Keita Isago, Uddipan Dasgupta, Malabika Ghosh, and Enoch Y. Park
[備考] 口頭発表番号:T4-1004
[10]. イヌパルボウイルス様粒子の作製とEGFPの提示
2022年度日本生物工学会 (2022年10月20日) 招待講演以外
[発表者]朴龍洙、関口智史、ブーニャキダジラユ、徐剣、加藤竜也
[備考] 講演番号4B04-04 オンライン会議
[11]. N,S-グラフェン量子ドット(N,S-GQD)上のS元素ドーピング量の最適化による電気化学的ウイルスセンサーのCV値向上
2022年度日本生物工学会 (2022年10月20日) 招待講演以外
[発表者]敦賀健太,Sjaikhurrizal El Muttagien, 朴龍洙
[備考] 講演番号4D02-03 オンライン会議
[12]. ナノマテリアルによるSERSを利用したウイルス検出装置の開発
2022年度日本生物工学会 (2022年10月20日) 招待講演以外
[発表者]前畑秀叡,Ojodomo Achadu, Indra Memdi Khoris, 朴龍洙
[備考] 講演番号4D02-06 オンライン会議
[13]. Immunostimulation of shrimp through oral administration of silkworm pupae expressing VP15 against WSSV
2022年度日本生物工学会 (2022年10月20日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida, Takafumi Nakanishi, Jun Satoh, Yoshiko Shimahara, Tohru Mekata, and Enoch Y. Park
[備考] 講演番号4B04-03 オンライン会議
[14]. Pt-embodiment ZIF-67-derived nanocage as enhanced nanozyme for infectious virus detection
2022年度日本生物工学会 (2022年10月20日) 招待講演以外
[発表者]Khoris Indra M., Tsuruga Kenta, Ganganboina Akhilesh B. and Enoch Y. Park
[備考] 講演番号4D02-04 オンライン会議
[15]. The development a simple polyaniline gold nanoparticle-based biosensor for norovirus detection
2022年度日本生物工学会 (2022年10月20日) 招待講演以外
[発表者]Sjaikhurrizal EI Muttaqien, Indra M. Khoris and Enoch Y. Park
[備考] 講演番号4D02-05 オンライン会議
[16]. カイコを用いたブタロタウイルス構造タンパク質の発現
2022年度日本生物工学会 (2022年10月18日) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也、角田達紀、米塚亜美、町田佑樹、関口智史、徐剣、鈴木亨、朴龍洙
[備考] 講演番号2F02-08 オンライン会議
[17]. N-acetylglucosaminyltransferase IVのC末端領域の機能と構造の解析
2022年度日本生物工学会 (2022年10月18日) 招待講演以外
[発表者]岡希望, 森壮太, 池谷真里奈, 朴龍洙, 宮崎剛亜
[備考] 講演番号2A01-08 オンライン会議
[18]. カイコを用いたウイルス様粒子の作製と抗原提示
化学工学会旲53回秋季大会バイオ部会シンポジウム「ポストコロナに向けた生物化学工学の新展開」 (2022年9月16日) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 長野市の信州大学にてハイブリッド開催。
[19]. シロイヌナズナデハイドリンによるリポソーム凍結保護作用に関する研究
第39回日本植物バイオテクノロジー 学会 (2022年9月13日) 招待講演以外
[発表者]木村友紀、清水広介、間賀田泰寛、朴龍洙、原正和
[備考] 講演番号:2Ep-10 2022年9月13日(火) 大阪公立大学
[20]. GH31 ファミリーに属する機能未知α-ガラクトシダーゼの基質特異性と立体構造の解析
日本応用糖質科学会2022年度(第71回)大会 (2022年8月31日) 招待講演以外
[発表者]池谷真里奈,朴龍洙,宮崎剛亜
[備考] 開催場所:タワーホール船越
[21]. Flavobacterium johnsoniae 由来 GH97 酵素の X 線結晶構造解析
日本応用糖質科学会2022年度(第71回)大会 (2022年8月31日) 招待講演以外
[発表者]倉田陸矢,中村駿太郎,朴龍洙,宮崎剛亜
[備考] 開催場所:タワーホール船越
[22]. デキストラン資化遺伝子群から発見した GH65 α-1,2-グルコシダーゼと関連酵素の
日本応用糖質科学会2022年度(第71回)大会 (2022年8月31日) 招待講演以外
[発表者]中村駿太郎,倉田陸矢,仁平高則,中井博之,殿塚隆史,舟根和美,朴龍洙,宮崎剛亜
[備考] 開催場所:タワーホール船越
[23]. Sustainable fight against infectious virus causing diseases
MINI - SYMPOSIUM RIGST-BRIN,"Biotechnology Applications Against Infectious Diseases" (2022年8月2日) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 開催場所:インドネシアBRINの講堂 開催団体:BRINのワクチン開発センター
[24]. Polyaniline-based electrochemical Impedance Spectroscopy (EIS) biosensor for virus detection
MINI - SYMPOSIUM RIGST-BRIN,"Biotechnology Applications Against Infectious Diseases" (2022年8月2日) 招待講演
[発表者]‪Sjaikhurrizal El Muttaqien, 朴 龍洙
[備考] 開催場所:インドネシアBRINの講堂 開催団体:BRINのワクチン開発センター
[25]. Nano-catalyst and its application for virus detection
MINI - SYMPOSIUM RIGST-BRIN,"Biotechnology Applications Against Infectious Diseases" (2022年8月2日) 招待講演
[発表者]Indra M. Khoris, 朴 龍洙
[備考] 開催場所:インドネシアBRINの講堂 開催団体:BRINのワクチン開発センター
[26]. ウイルス感染症の検出とカイコによるワクチン開発
浜松工業会静岡支部2022年度 支部総会 (2022年6月3日) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] Zoomによるオンライン形式
[27]. 効率的なIn vitro抗原提示機能を持つウイルス様粒子の開発
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月18日) 招待講演以外
[発表者]関口 智史, 徐 剣, 加藤 竜也, 朴 龍洙
[備考] Zoomによるオンライン形式
[28]. Aptamer-based Detection of DENV NS1 Protein by Competitive Aptamer Duplex Formation Utilizing 3D-nanoassembly Gold Nanoparticle as Nanocarrier
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月18日) 招待講演以外
[発表者]Indra Memdi Khoris, Fahmida Nasrin, Enoch Y. Park
[備考] Zoomによるオンライン形式
[29]. Decoration of GII.4 Norovirus-like Particles via SpyTag/SpyCatcher Bioconjugation System for a Modular Protein-displaying Platform
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月17日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida, Fahmida Nasrin, Indra Memdi Khoris and Enoch Y. Park
[備考] Zoomによるオンライン形式
[30]. Impedimetric biosensor for highly sensitive electrochemical detection of norovirus-like particles
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月17日) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, Enoch Y. Park
[備考] Zoomによるオンライン形式
[31]. Ashbya gossypiiのリボフラビン生産とミトコンドリアフラビンタンパク質の関係
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月17日) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也、横森愛美、朴龍洙
[備考] Zoomによるオンライン形式
[32]. Duplex-Specific Nucleaseを利用した 蛍光検出によるSARS-CoV-2検出技術の開発
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月17日) 招待講演以外
[発表者]砂金敬太, Ankan Dutta Chowdhury, 朴龍洙
[備考] Zoomによるオンライン形式
[33]. Ashbya gossypiiサーチュイン遺伝子破壊株の解析
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月17日) 招待講演以外
[発表者]狩野麻衣、畔上純也、朴龍洙、加藤竜也
[備考] Zoomによるオンライン形式
[34]. Detection of SARS CoV-2 using fluorescence enhancement by AuNP
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月17日) 招待講演以外
[発表者]前畑秀叡、ojodomo Achadu, 朴龍洙
[備考] Zoomによるオンライン形式
[35]. 磁性ナノ粒子を用いた磁気アシストによる電気化学的ウイルス検出
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月17日) 招待講演以外
[発表者]敦賀健太, 朴龍洙
[備考] Zoomによるオンライン形式
[36]. Co-expression of dengue virus structural proteins serotype 1–4 in silkworm larvae, and its capability inducing a humoral immune response in a mouse model
日本農芸化学会2022年大会 (2022年3月17日) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo, Sabar Pambudi, and Enoch Y Park
[備考] Zoomによるオンライン形式
[37]. Importance of international joint research in "Nanotechnolo-gy-assisted virus detection"
The 1th SU-CNU Joint Symposium (2022年1月21日) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] グリーン科学技術研究所主催 79名参加
[38]. Decoration of GII.4 Norovirus-like Particles via SpyTag/SpyCatcher Bioconjugation System for a Modular Protein-displaying Platform
The 1th SU-CNU Joint Symposium (2022年1月21日) 招待講演
[発表者]Jirayu Boonyakida, Fahmida Nasrin, Indra Memdi Khoris, and Enoch Y. Park
[備考] グリーン科学技術研究所主催 79名参加
[39]. Development of Fluorescence Amplified SARS-CoV-2 detec-tion using Duplex-Specific Nuclease
The 1th SU-CNU Joint Symposium (2022年1月21日) 招待講演
[発表者]Keita Isago, Ankan Dutta Chowdhury, and Enoch Y. Park
[備考] グリーン科学技術研究所主催 79名参加
[40]. Duplex-Specific Nucleaseを利用した 蛍光検出によるSARS-CoV-2検出技術の開発
第11回シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2022年1月13日) 招待講演以外
[発表者]砂金敬太, Ankan Dutta Chowdhury, 朴龍洙
[備考] 札の辻クロスホール(静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロスビル6階)
[41]. pH応答性ナノゲルを用いたノロウイルスバイオセンサーの開発
第11回シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2022年1月13日) 招待講演以外
[発表者]前畑秀叡、Achadu Ojodomo、朴 龍洙
[備考] 札の辻クロスホール(静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロスビル6階)
[42]. オンサイトウイルス検出を目指したディスポーザブル電極の開発に関する研究
乳酸菌研究会研究報告会 (2021年11月19日) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙
[備考] Zoomによるオンライン形式
[43]. シグナル増幅型ナノゲルによる表面増強ラマン散乱の増強
静岡大学新技術説明会 (2021年11月11日) 招待講演以外
[発表者]朴龍洙
[備考] Zoomによるオンライン形式
[44]. サーチュインが制御するAshbya gossypiiのリボフラビン生産
第73回(2021年)日本生物工学会大会 (2021年10月28日) 招待講演以外
[発表者]畔上純也、狩野麻衣、朴 龍洙、加藤竜也
[備考] 10月27〜29日、Zoomによるオンライン形式 講演番号:G2H5(0101)
[45]. Purification and characterization of norovirus-like particle and its SpyTag-variants from silkworm (Bombyx mori)
第73回(2021年)日本生物工学会大会 (2021年10月28日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida, Doddy Irawan Setyo Utomo, Jian Xu, Enoch Y. Park
[備考] 10月27〜29日、Zoomによるオンライン形式 講演番号:G3H5(0112)
[46]. The eliciting capability a humoral immune response in a mouse model induced with dengue virus-like particles serotypes 1 and 4 produced in silkworm larvae
第73回(2021年)日本生物工学会大会 (2021年10月28日) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo1, Sabar Pambudi, Enoch Y. Park
[備考] 10月27〜29日、Zoomによるオンライン形式 講演番号:G3H5(0304)
[47]. 量子ドットを包埋したハイブリットナノアーキテクチャーの作製と抗HEV抗体の検出への応用
第73回(2021年)日本生物工学会大会 (2021年10月27日) 招待講演以外
[発表者]Akhilesh Babu Ganganboina、竹村謙信、Wenjing Zhang、李 天成、朴 龍洙
[備考] 10月27〜29日、Zoomによるオンライン形式 講演番号:G2H4(0303)
[48]. 磁気ナノ粒子による金ポリアニリンベース電気化学的ウイルスセンサーの感度向上
第73回(2021年)日本生物工学会大会 (2021年10月27日) 招待講演以外
[発表者]敦賀健太, アンカンダッタチョードリー、朴 龍洙
[備考] 10月27〜29日、Zoomによるオンライン形式 講演番号:G2H4(0306)
[49]. Development of binary responsive virus biosensor using chromogen-encapsulated polymeric nanocarrier
第73回(2021年)日本生物工学会大会 (2021年10月27日) 招待講演以外
[発表者]Indra M. Khoris, Akhilesh B. Ganganboina, Enoch Y. Park
[備考] 10月27〜29日、Zoomによるオンライン形式 講演番号:G2H4(0311)
[50]. Utilization of chromogen-embedded nanovesicle and its catalytic oxidation in colorimetric detection of virusIndra
Biosensors2021 (2021年7月28日) 招待講演以外
[発表者]Indra M. Khoris, Akhilesh B. Gangganboina, AnkanD. Chowdhury, and Enoch Y. Park
[備考] Live and On-demand
[51]. Simultaneous optical and electrochemical assay for norovirus detection using Liposome based signal amplification technique
Biosensors2021 (2021年7月27日) 招待講演以外
[発表者]Akhilesh B. Ganganboina, Ankan D. Chowdhury, and Enoch Y. Park
[備考] Live and On-demand
[52]. デハイドリンセグメントによるリポソームの凍結凝集抑制に関する研究
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]木村 友紀、大久保 智博、清水 広介、間賀田 泰寛、朴 龍洙、原 正和
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[53]. プロテアソーム阻害剤のAshbya gossypiiのリボフラビン生産にな耐える影響
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]横森愛美、鈴木里歩、畔上純也、朴 龍洙、加藤竜也
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[54]. Cordyceps militarisが産生するコルジセピンのカイコ幼虫へ与える影響
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]西村このみ、池尾一穂、朴 龍洙、加藤竜也
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[55]. カイコを用いたウイルス様粒子への効率的な抗原提示システムの開発
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]関口智史、徐 剣、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[56]. ノロウイルスの高感度オンサイト検出に関する研究
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]敦賀健太、アンカン チョードリー、朴 龍洙
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[57]. Flavobacterium johnsoniae由来α−1,2−グルコシダーゼの立体構造解析
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]中村駿太郎、中井博之、朴 龍洙、宮崎剛亜
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[58]. カイコ由来GH32βーフルクトフラノシダーゼBm-SUC1の立体構造解析
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]宮崎剛亜、大場望美、朴 龍洙、
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[59]. Identification of Effective Peptide Derived from WSSV-VP15 for Protection of Masupenaeus Japonicus Against WSSV
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida, Jian Xu, Jun Satoh, Takafumi Nakanishi, Toru Mekata, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[60]. Dual-mode detection of Chikungunya virus protein using fluorophore-embedded and redox probe-encapsulated liposome
日本農芸化学会2021年度大会 (2021年3月20日) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, Akhilesh Babu Ganganboina, Ojodomo J. Achadu, Farzana Hossain, Masahito Yamazaki, Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、日本農芸化学会2021年度大会[仙台]
[61]. Nanotechnology enabled approach for self-powered virus sensing device
7th International symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University (ISPAR-SU2021) (2021年3月5日) 招待講演
[発表者]Akhilesh Babu Ganganboina, Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[62]. Identification of effective peptide derived from WSSV-VP15 for protection of Masupenaeus japonicus against WSSV
7th International symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University (ISPAR-SU2021) (2021年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida, Jian Xu, Jun Satoh, Takafumi Nakanishi, Toru Mekata, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[63]. Nanocarrier utilization in virus biosensor using chromo-gen-embedded Polymeric Nanoparticles-Laden
7th International symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University (ISPAR-SU2021) (2021年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Indra M. Khoris, Akhilesh B. Ganganboi and Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[64]. Dengue Virus-like Particles Assembly from Structural Proteins Expressed in Silkworm and Characterization
7th International symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University (ISPAR-SU2021) (2021年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo and Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[65]. Functional analysis of a glycoside hydrolase family 31 enzyme from Bombyx nori obtained via horizontal gene transfer
7th International symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University (ISPAR-SU2021) (2021年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Marina Ikegaya, Takatsugu Miyazaki and Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[66]. Alpha-L- fucosidase from bomber mori has wide substrate specify and hydrolyzes core-fucosylated N-glycan
7th International symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University (ISPAR-SU2021) (2021年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Shuntaro Nakamura, Takatsugu Miyazaki and Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[67]. Biosensors for mosquito-borne infectious virus based on ooptical and electrochemical detection system
7th International symposium toward the future of advanced researches in Shizuoka University (ISPAR-SU2021) (2021年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Famida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, and Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[68]. Electrocatalytic Water Oxidation Based Virus Sensing
6th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (2021年2月3日) 招待講演
[発表者]Akhilesh Babu Ganganboina, Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[69]. Molybdenum-based quantum dots, nanocubes and integrated 2D nanostructures for virus detection
6th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (2021年2月3日) 招待講演
[発表者]Ojodomo J. Achadu, Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[70]. Detection of Viral RNA by Fluorometric Nanoprobe with DSN Enzyme Assistance
6th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (2021年2月2日) 招待講演
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury, Keita Isago, Akhilesh Babu Ganganboina, Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[71]. Application of Nanoscience-fused Nanotechnology on Infectious Virus Detection
6th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (2021年2月2日) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[72]. Electrochemically Active PEDOT-GQD based Impedimetric Sensor for Detection of SERS-CoV-2
6th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (2021年2月1日) 招待講演以外
[発表者]Keita Isago, Ankan Dutta Chowudhury, Enoch Y Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[73]. The advancement of colorimetric detection using chromogen nanoparticles loaded polymeric nanovesicle for virus biosensor
6th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (2021年2月1日) 招待講演以外
[発表者]Indra Memdi Khoris, Akhilesh B. Ganganboina, Enoch Y. Park
[備考] Zoom会議で、参加し発表した。
[74]. Roadmap to the Dual Modality Analytical Testing of virus
International e-workshop on Biosensors 2021 (2021年1月22日) 招待講演以外
[発表者]Akhilesh Babu Ganganboina
[備考] Zoom会議で、日本、中国、韓国の研究者、学生が参加した。
[75]. Utilizing self-assembled chromogen loaded polymeric nanocarrier for virus detection
International e-workshop on Biosensors 2021 (2021年1月22日) 招待講演以外
[発表者]Indra Memdi Khoris
[備考] Zoom会議で、日本、中国、韓国の研究者、学生が参加した。
[76]. Ultrasensitive electrochemical virus detection using Pt@Fe3O4 nanocatalyst and catalytic reduction of nitrophenol
International e-workshop on Biosensors 2021 (2021年1月22日) 招待講演以外
[発表者]Keita Isago
[備考] Zoom会議で、日本、中国、韓国の研究者、学生が参加した。
[77]. High sensitive on-site detection of norovirus
International e-workshop on Biosensors 2021 (2021年1月22日) 招待講演以外
[発表者]Kenta Tsuruga
[備考] Zoom会議で、日本、中国、韓国の研究者、学生が参加した。
[78]. Recent developments in surface-enhanced Raman scattering-based virus detection: Smart nanotags payload system, "hotspots" engineering and opportunities for future technologies
International e-workshop on Biosensors 2021 (2021年1月22日) 招待講演以外
[発表者]Ojodomo John Achadu
[備考] Zoom会議で、日本、中国、韓国の研究者、学生が参加した。
[79]. Advanced sensing system by dual functional liposome for chikungunya virus protein detection
International e-workshop on Biosensors 2021 (2021年1月22日) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin
[備考] Zoom会議で、日本、中国、韓国の研究者、学生が参加した。
[80]. Development of an efficient antigen display system for Virus-Like Particles in silkworm
International e-workshop on Biosensors 2021 (2021年1月22日) 招待講演以外
[発表者]Tomofumi Sekiguchi
[備考] Zoom会議で、日本、中国、韓国の研究者、学生が参加した。
[81]. Expression and purification of White spot syndrome virus antigen protein using silkworm expression system
International e-workshop on Biosensors 2021 (2021年1月22日) 招待講演以外
[発表者]Takafumi Nakanishi
[備考] Zoom会議で、日本、中国、韓国の研究者、学生が参加した。
[82]. 電気化学的手法によるウイルスのオンサイト検出に関する研究
2020年度中部乳酸菌研究会研究発表会 (2020年11月12日) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙
[備考] 会場はヤクルト本社竹芝オフィス、Zoomによる各地からのリモート出席
[83]. Production and characterization of dengue virus-like particles serotype-1 and 4 in silkworm larvae
公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部 第187回例会 (2020年9月26日) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo, Sabar Pambudi, and Enoch Y Park
[備考] 令和2年9月26日(土) Zoom によるオンライン口頭発表
[84]. Advanced respiratory virus detection using signal enrichment in catalytic oxidation of encapsulated chromogenic nanoparticle
公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部 第187回例会 (2020年9月26日) 招待講演以外
[発表者]Indra M. Khoris,Akhilesh B. Ganganboinab,Ankan D. Chowdhury, and Enoch Y Park
[備考] 令和2年9月26日(土) Zoom によるオンライン口頭発表
[85]. Antigenic Properties of VP15 from White Spot Syndrome Virus in Kuruma Shrimp Marsupenaeus japonicus
公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部 第187回例会 (2020年9月26日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida, Takafumi Nakanishi, Jian Xu, Jun Satoh, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] 令和2年9月26日(土) Zoom によるオンライン口頭発表
[86]. タンパク質の恒常性に着目したAshbya gossypii におけるリボフラビン生産の解析
公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部 第187回例会 (2020年9月26日) 招待講演以外
[発表者]横森愛美,畔上純也,朴龍洙,加藤竜也
[備考] 令和2年9月26日(土) Zoom によるオンライン口頭発表
[87]. ordyceps militarisが産生するコルジセピンの宿主へ与える影響について
公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部 第187回例会 (2020年9月26日) 招待講演以外
[発表者]西村このみ,朴龍洙,加藤竜也
[備考] 令和2年9月26日(土) Zoom によるオンライン口頭発表
[88]. 高導電性ナノ粒子複合体を修飾した電極によるWhite spot syndromeウイルスの電気化学的迅速検出
公益社団法人 日本農芸化学会 中部支部 第187回例会 (2020年9月26日) 招待講演以外
[発表者]竹村謙信,佐藤純,Jirayu Boonyakida, 朴龍洙
[備考] 令和2年9月26日(土) Zoom によるオンライン口頭発表
[89]. 水平伝播によって獲得したカイコ由来GH31 α-N-アセチルガラクトサミニダーゼの発現と機能の解析
日本応用糖質科学会2020年度大会(第69回)・応用糖質科学シンポジウム (2020年9月19日) 招待講演以外
[発表者]池谷真里奈、宮崎剛亜、朴 龍洙
[備考] 令和2年9月9日(水)~9月11日(金)、信州大学工学部長野(工学) キャンパスにて開催
[90]. Enterococcus faecalis 由来GH31 α-N-アセチルガラクトサミニダーゼの構造機能解析
日本応用糖質科学会2020年度大会(第69回)・応用糖質科学シンポジウム (2020年9月19日) 招待講演以外
[発表者]宮崎剛亜、朴 龍洙
[備考] 令和2年9月9日(水)~9月11日(金)、信州大学工学部長野(工学) キャンパスにて開催
[91]. Flavobacterium johnsoniae由来新奇α-1,2-グルコシダーゼの性質解析
日本応用糖質科学会2020年度大会(第69回)・応用糖質科学シンポジウム (2020年9月19日) 招待講演以外
[発表者]中村駿太郎、宮崎剛亜、朴 龍洙
[備考] 令和2年9月9日(水)~9月11日(金)、信州大学工学部長野(工学) キャンパスにて開催
[92]. Ultrasensitive detection of viruses causing food poisoning
The 41th International Symposium and Annual Meeting of Korean Society of Food Preservation (2020年8月20日) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] Plenary Lecturer of 2020 Korean Society of Food Preservation (KJFP) International Academic Conference Place: The Ocean Resort, Yeosu City, South Kor
[93]. Intercorrelation Mechanism of Hypoxia and Cordycepin Biosynthesis in Zombie Fungus
Annual Conference of Microbiology Society 2020 (2020年3月30日) 招待講演以外
[発表者]Ahmad Suparmin, Tatsuya Kato, Hiroyuki Takemoto, Enoch Y. Park
[備考] Edinburgh Scotland
[94]. Magnetic nano particles for affinity purification of His-tagged proteins from complicated matrixes
The 6th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University (ISFAR-SU2020) (2020年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Robert Minkner, Kenshin Takemura, Jian Xu, Jirayu Boonyakida, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Hamamatsu city
[95]. Biosenseo for virus detection controlling the distance dependent LSPR between gold nanoparticles and quantum dots
The 6th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University (ISFAR-SU2020) (2020年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, Kenshin Takemura, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Hamamatsu city
[96]. The detection of the HEV in the monkey feces using AuNPs@Ag nanozyme in capture immunoassay
The 6th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University (ISFAR-SU2020) (2020年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Indra Memdi Khoris, Tian-Cheng Li, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Hamamatsu city
[97]. Dual-modality sensor for Norovirus detection using liposome based signal amplification technique
The 6th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University (ISFAR-SU2020) (2020年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Akhilesh Babu Ganganboina, Indra Memdi Khoris, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Hamamatsu city
[98]. Ultrasensitive detection of Norovirus using a magnetofluoroimmunoassay based on synergic properties of gold/magnetic nanoparticle hybrid nanocomposites and quantum dots
The 6th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University (ISFAR-SU2020) (2020年3月5日) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura, Jaewook Lee, Tetsuro Suzuki, Thoshima Hara, Fuyuki Abe, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Hamamatsu city
[99]. Detection of Sphingomyelinase Enzyme by Methylene Blue Encapsulated Liposome Applying Electrochemical Amplified Process 掲載誌:Biophysical Journal
64th Annual meeting of the Biophycal Society (2020年2月15日) 招待講演以外
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury and Enoch Y. Park
[URL]
[備考] Feb. 15–19, 2020 San DIego, California, USA
[100]. Fluorometric sensing platform based on localized surface plasmon resonance using quantum dots-gold nanocomposites optimizing the linker length variation
64th Annual meeting of the Biophycal Society (2020年2月15日) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, Kenshin Takemura and Enoch Y. Park
[URL]
[備考] Feb. 15–19, 2020 San DIego, California, USA
[101]. Challenge of ultrasensitive and rapid detection of infectious viruses using functional nanocomposite via electrochemical signal transduction
2019 NTHU-Shizuoka University Bilateral Symposium (2019年12月10日) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] Plenary Speech in National Tsing Hua University, Dept. of Biomedical Engineering, R301 Auditorium
[102]. Ultrasensitive and rapid detection of infectious viruses
The 4th International Symposium on Biomedical Engineering (2019年11月15日) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] Act City Hamamatsu Congress Center 講演番号: Section D p50
[103]. Electrochemical Pulse Induced Biosensor for Virus Detection using GQDs@AuNP-PAni Nanocomposites
International Conference on Nanotechnology and Smart Materials, Design Artificial Intelligence, Manufacturing and Engineering (ICNSMDAIME-19) (2019年10月16日) 招待講演以外
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury, Kenshin Takemura and Enoch.Y Park
[備考] 16th Oct - 17th Oct'2019, Los Angeles, USAにて開催 講演番号: IIERD_13267
[104]. Genomic analysis of riboflavin-overproducing Ashbya gossypii mutant isolated by disparity mutagenesis
2nd INTERNATIONAL POSTGRADUATE SYMPOSIUM IN BIOTECHNOLOGY 2019 (2019年9月25日) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, Hideo Dohra, Hesham A. El Enshasy, Enoch Y. Park
[備考] 9月24~25日、Institute of Bioproduct Development, University Technology Malaysia Johor Bahruキャンパスにて開催 講演番号AGB2
[105]. Purification of Recombinant Proteins from the Haemolymph and Fat Body of the Silkworm Bombyx Mori Aiming for Industrial Usage
2nd INTERNATIONAL POSTGRADUATE SYMPOSIUM IN BIOTECHNOLOGY 2019 (2019年9月24日) 招待講演以外
[発表者]Robert Minkner, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 9月24~25日、Institute of Bioproduct Development, University Technology Malaysia Johor Bahruキャンパスにて開催 講演番号ME7
[106]. Analysis Genes Controlling the Fruiting Body Formation of Cordyceps militaris in Silkworm
2nd INTERNATIONAL POSTGRADUATE SYMPOSIUM IN BIOTECHNOLOGY 2019 (2019年9月24日) 招待講演以外
[発表者]Ahmad Suparmin, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 9月24~25日、Institute of Bioproduct Development, University Technology Malaysia Johor Bahruキャンパスにて開催 講演番号ME4
[107]. Silkworm biofactory
2nd INTERNATIONAL POSTGRADUATE SYMPOSIUM IN BIOTECHNOLOGY 2019 (2019年9月24日) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] 9月24~25日、Institute of Bioproduct Development, University Technology Malaysia Johor Bahruキャンパスにて開催 Planary Speakerを務めた。
[108]. Characterization of Ashbya gossypii riboflavin-overproducing mutant
2nd INTERNATIONAL POSTGRADUATE SYMPOSIUM IN BIOTECHNOLOGY 2019 (2019年9月24日) 招待講演以外
[発表者]Junya Azegami, Ami Yokomori, Tatsuya Kato, Hideo Dohra, Hesham A. El Enshasy, Enoch Y. Park
[備考] 9月24~25日、Institute of Bioproduct Development, University Technology Malaysia Johor Bahruキャンパスにて開催 講演番号BR7
[109]. Neospora caninum profilin: Screening the truncation domain and its identification of secretion in silkworm larvae
2nd INTERNATIONAL POSTGRADUATE SYMPOSIUM IN BIOTECHNOLOGY 2019 (2019年9月24日) 招待講演以外
[発表者]Hamizah Suhaimi, Jian Xu, Tatsuya Kato, Doddy Irawan Setyo Utumo, Enoch Y. Park
[備考] 9月24~25日、Institute of Bioproduct Development, University Technology Malaysia Johor Bahruキャンパスにて開催 講演番号ME6
[110]. 2nd International Seminar on Management of Research 2019
2nd INTERNATIONAL SEMINAR ON MANAGEMENT OF RESEARCH 2019 (2019年9月23日) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] 9月23日、Institute of Bioproduct Development, University Technology Malaysia Johor Bahruキャンパスにて開催 Keyaddress
[111]. 昆虫細胞を用いたMERSコロナウイルス様ナノ粒子の調製
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月18日) 招待講演以外
[発表者]高見 佳宏、町田 佑樹、Vipin Kumar Deo、加藤 竜也、朴 龍洙
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:3Da10
[112]. A biosensor for Influenza virus detection, controlling distance dependent LSPR between AuNPs and CdZnSeS quantum dots
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月18日) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, Kenshin Takemura, Enoch Y. Park
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:3Fp05
[113]. Controlling Size, Concentration and Distance of Surface Plasmon Resonance, Application of Virus Detection by LSPR Regulated Biosensor
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月18日) 招待講演以外
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury, Fahmida Nasrin, Kenshin Takemura, Hiroyuki Honda, Enoch Y. Park
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:3Fp06
[114]. Fluorescent-Labeled Liposomal Amplified Biosensor for the Ultrasensitive Detection of Virus
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月18日) 招待講演以外
[発表者]Sabrina Sarmin, Ankan Dutta Chowdhury, Enoch Y. Park
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:3Fp07
[115]. カイコ発現系を用いたWhite Spot Syndrome Virus(WSSV)抗原タンパク質の発現および評価
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月17日) 招待講演以外
[発表者]中西 崇文, Jirayu Boonyakida, Jian Xu, 佐藤 純, 加藤竜也, 朴 龍洙
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:2Jp03
[116]. グラフェン量子ドットー金ナノ粒子ーポリアニリンナノワイヤ複合体を用いた電気化学的バイオセンサーによるカニクイザル糞便からのHEVの検出
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月17日) 招待講演以外
[発表者]竹村 謙信、Ankan Dutta Chowdhury 、李 天成、鈴木 哲朗、朴 龍洙
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:2Gp01
[117]. カイコ発現系を用いたWhite Spot Syndrome Virus(WSSV)抗原タンパク質の発現および評価
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月17日) 招待講演以外
[発表者]中西 崇文, Jirayu Boonyakida, Jian Xu, 佐藤 純, 加藤竜也, 朴 龍洙
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:2Jp03
[118]. 不均衡変異導入法で単離されたリボフラビン高生産Ashbya gossypiiのゲノム解析
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月16日) 招待講演以外
[発表者]畔上 純也, 横森 愛美, 加藤 竜也, 道羅 英夫, 朴 龍洙
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:1Ep07
[119]. Methodical investigations for the efficient purification of recombinant proteins from silkworm compounds
第71回日本生物工学会大会 (2019年9月16日) 招待講演以外
[発表者]Robert Minkner, Jian Xu, Holger Zagst, Imke Oltmann-Norden, Hermann Wätzig. Tatsuya Kato and Enoch Y. Park
[備考] 9月16〜18日、岡山大学津島キャンパスにて開催 講演番号:1Fp16
[120]. Characterizations of Five Truncated Major Viral proteins from White Spot Syndrome Virus for Shrimp Vaccination Against White Spot Disease
The 12th International Marine Biotechnology Conference and the 12th Asia Pacific Marine Biotechnology Conference (2019年9月10日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida,Takafumi Nakanishi,Jian Xu,Jun Satoh,Enoch Y. Park
[備考] 9月9〜13日、静岡市清水区マリナートにて開催 講演番号:P1-13
[121]. Avian glycosphingolipid antigens as receptors for shiga toxin
Glyco25, XXV International Symposium on Glycoconjugates (2019年8月25日) 招待講演以外
[発表者]A. Bereznicka, A. Modlinska, M. Duk, R. Kaczmarek, K. Szymczak-Kulus, K. Mikolajczyk, K. Kapczynska, P. Wittek, E.Y. Park, T. Piasecki1, M. Czerwinski
[備考] 会場:イタリアミラノ
[122]. Novel bisgalactosylated type of n-glycans as decoy receptors for shiga toxin?
Glyco25, XXV International Symposium on Glycoconjugates (2019年8月25日) 招待講演以外
[発表者]K. Szymczak-Kulus, S. Weidler, A. Bereznicka, K. Mikolajczyk, R. Kaczmarek, A. Urbaniak, M. Olczak, E.Y. Park, C. Unverzagt, M. Czerwinski
[備考] 会場:イタリアミラノ 学会は8月25〜31日
[123]. Novel bisgalactosylated type of n-glycans as decoy receptors for shiga toxin?
Glyco25, XXV International Symposium on Glycoconjugates (2019年8月25日) 招待講演以外
[発表者]K. Szymczak-Kulus, S. Weidler, A. Bereznicka, K. Mikolajczyk, R. Kaczmarek, A. Urbaniak, M. Olczak, E.Y. Park, C. Unverzagt, M. Czerwinski
[備考] 会場:イタリアミラノOsteria del Treno 学会は8月25〜31日
[124]. Novel bisgalactosylated type of n-glycans as decoy receptors for shiga toxin?
Glyco25, XXV International Symposium on Glycoconjugates (2019年8月25日) 招待講演以外
[発表者]K. Szymczak-Kulus, S. Weidler, A. Bereznicka, K. Mikolajczyk, R. Kaczmarek, A. Urbaniak, M. Olczak, E.Y. Park, C. Unverzagt, M. Czerwinski
[備考] 会場:イタリアミラノOsteria del Treno 学会は8月25〜31日
[125]. カイコ由来GH13_17スクロース加水分解酵素のX線結晶構造解析
第38回日本糖質学会年会 (2019年8月19日) 招待講演以外
[発表者]宮崎剛亜、朴龍洙
[備考] 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン 主催:日本糖質学会
[126]. カイコ由来α-L-fucosidaseの異種発現系の構築と性質の解析
第38回日本糖質学会年会 (2019年8月19日) 招待講演以外
[発表者]中村駿太郎、宮崎剛亜、朴龍洙
[備考] 名古屋大学豊田講堂・シンポジオン 主催:日本糖質学会
[127]. Silkworm biofactory as life science platform
2019 Joint International symposium of Korea Society of Life Science and Interdisciplinary Society of Genetic Medicine (2019年8月14日) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] 会場:Bexco Busan, Korea
[128]. 馬インフルエンザウイルスの高感度検出を可能にする合成糖鎖微粒子
平成29年度第9回日本応用糖質科学会東北支部会 (2019年7月15日) 招待講演以外
[発表者]尾形慎、山中隆史、小泉亜未、山内紀子、大坪忠宗、池田潔、 加藤竜也、朴龍洙、甲野裕之、根本学、左一八
[備考] 東北大学青葉山新キャンパス 青葉山コモンズ、 主催:日本応用糖質科学会東北支部
[129]. Electrochemical Detection of Sphingomyelinase Enzyme using Liposomal Sensing Platform
Asian Congress Biotechnology 2019 (2019年7月2日) 招待講演以外
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury, Indra Memdi Khorish, Kenshin Takemura, Enoch Y. Park
[備考] 会場:Taipei, Taiwan
[130]. Ultrasensitive electrochemical immunoassay of Hepatitis E virus
Asian Congress Biotechnology 2019 (2019年7月2日) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura, Ankan Dutta Chowdhury, Tian-Cheng Li, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] 会場:Taipei, Taiwan
[131]. Neospora caninum antigens-displaying virus-like particles expressed in silkworm targeting for biomedical application
Asian Congress Biotechnology 2019 (2019年7月2日) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Jian Xu, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 会場:Taipei, Taiwan
[132]. Displaying Hemagglutinin of H5N1 (A/Vietnam/1194/2004) and Hemagglutinin of H1N1 (A/New Caledonia/20/99) on Rous Sarcoma gag-577 Protein VLPs.
Sakura-Bio Meeting 2019 (2019年3月31日) 招待講演以外
[発表者]Muzajjad Gozal Goffar, Deo Vipin Kumar, Tatsuya Kato, Park Y. Enoch
[備考] Nagoya University、Nagoya
[133]. Global metabolic shifting between aerial and submerged mycelia formed of in liquid surface culture of Cordyceps militaris
Sakura-Bio Meeting 2019 (2019年3月30日) 招待講演以外
[発表者]Ahmad Suparmin, Tatsuya Kato, Hiroyuki Takemoto, and E.Y. Park
[備考] Nagoya University、Nagoya
[134]. Silver-shell deposited on Gold-core Nanozyme in immunoassay platform for Hepatitis E Virus (HEV)-like Particles Detection
Sakura-Bio Meeting 2019 (2019年3月30日) 招待講演以外
[発表者]Indra Memdi Khoris, Tian-Cheng LI, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. PARK
[備考] Nagoya University、Nagoya
[135]. Ultrasensitive electrochemical immunoassay of Norovirus
Sakura-Bio Meeting 2019 (2019年3月30日) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura, Ankan Dutta Chowdhury, Enoch Y. Park
[備考] Nagoya University、Nagoya
[136]. Enhanced colorimetric detection of Hepatitis E virus using a new immunoassay approach
日本農芸化学会2019年度大会 (2019年3月27日) 招待講演以外
[発表者]Indra Memdi Khoris, Tetsuro Suzuki, Tian-Cheng Li, Enoch Y. Park
[備考] 東京農業大学
[137]. Study on efficient purification of recombinant protein from the silkworm larval haemolymph targeting pharmaceutical grade
5th International Conference on Biotechnology and Agriculture Engineering (ICBAE 2019) (2019年3月27日) 招待講演以外
[発表者]Robert Minkner, Jian Xu, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] HOTEL SUNROUTE PLAZA SHINJUKU、Tokyo
[138]. 抗体修飾磁性粒子を用いたカイコ体液から組換えタンパク質の精製
日本農芸化学会2019年度大会 (2019年3月26日) 招待講演以外
[発表者]鈴木 慎一朗、ミンクナー ロバート、徐 剣、林谷 美貴子、朴 龍洙
[備考] 東京農業大学
[139]. カイコでの単一BmNPVバクミドによるNeospora caninum抗原タンパク質提示ウイルス様粒子発現
日本農芸化学会2019年度大会 (2019年3月26日) 招待講演以外
[発表者]町田 佑樹、平松 利輝人、徐 剣、加藤 竜也、朴 龍洙
[備考] 東京農業大学
[140]. 電気化学バイオセンサーによるE型肝炎ウイルス様粒子の高感度かつ迅速な検出法の開発
日本農芸化学会2019年度大会 (2019年3月24日) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura, Ankan Dutta Chowdhury, Tian-Cheng Li, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] 東京農業大学
[141]. A fluorometric biosensor for serotype specific Dengue detection
日本農芸化学会2019年度大会 (2019年3月24日) 招待講演以外
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury, Kenshin Takemura, Fahmida Nasrin, Indra M Khorish, Enoch Y. Park
[備考] 東京農業大学
[142]. Development of antigen-displaying virus-like particle vaccines by SpyTag/SpyCatcher superglue in the silkworm-bacmid expression system
日本農芸化学会2019年度大会 (2019年3月24日) 招待講演以外
[発表者]Jian Xu, Hamizah Suhaimi, Mikiko Hayashidani, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 東京農業大学
[143]. Detection of Influenza virus by controlling the distance of fluorescent quantum dots and adjacent gold nanoparticles
日本農芸化学会2019年度大会 (2019年3月24日) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, Kenshin Takemura, Hiroyuki Honda, Enoch Y. Park
[備考] 東京農業大学
[144]. Characterization of Dengue Virus Serotype 3 Structural Proteins Expressed in Silkworm Expression System
The 5th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2019 (2019年3月6日) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo, Tatsuya Kato, and Enoch Y Park
[備考] Shizuoka University, Shizuoka city
[145]. Neospora caninum: Expression of Profilin and Recognition to Antigen-Specific Responses, Toll like Receptor 11 Ligand
The 5th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2019 (2019年3月6日) 招待講演以外
[発表者]Hamizah Suhaimi, Rikito Hiramatsu, Jian Xu, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Shizuoka city
[146]. Silver-shell Deposition on Gold-core Nanozyme in Immunoassay for Hepatitis E Virus (HEV)-like Particles Detection
The 5th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2019 (2019年3月6日) 招待講演以外
[発表者]Indra Memdi Khoris, Tian-Cheng Li, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Shizuoka city
[147]. Expression and Truncation of 5 Major WSSV-VPs for Shrimp Vaccination Against White Spot Disease
The 5th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2019 (2019年3月6日) 招待講演以外
[発表者]Jirayu Boonyakida, Takahumi Nakanishi, Jian Xu, Jun Sato and Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Shizuoka city
[148]. Highly sensitive detection of Influenza virus based on LSPR by fluorescent quantum dots and adjacent peptide conjugated gold nanoparticles
The 5th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2019 (2019年3月6日) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin, Ankan Dutta Chowdhury, Kenshin Takemura, Hiroyuki Honda, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Shizuoka city
[149]. Study on efficient purification of recombinant protein from the silkworm larval haemolymph
The 5th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2019 (2019年3月6日) 招待講演以外
[発表者]Robert Minkner, Jian Xu, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Shizuoka city
[150]. Metabolism of submerged mycelia in coincided with the cordycepin production in static liquid culture of Cordyceps militaris
The 5th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2019 (2019年3月6日) 招待講演以外
[発表者]Ahmad Suparmin, Tatsuya Kato, Hiroyuki Takemoto, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Shizuoka city
[151]. Development of electrochemical sensing platform for Hepatitis E virus (HEV) using graphene quantum dots and gold-polyaniline nanocomposites
The 5th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2019 (2019年3月6日) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura, Ankan Dutta Chowdhury, Tian-Cheng Li, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] Shizuoka University, Shizuoka city
[152]. Challenge of dengue virus serotype detection with Serotype Identification Ability Using functionalized hybrid nanocomposites
6th BIENNIAL INTERNATIONAL CONFERENCE ON DRUG DISCOVERY FROM NATURAL PRODUCTS AND TRADITIONAL MEDICINES (DDNPTM-2018) 15 - 17 November 2018 and Mini Symposium on Traditional Chinese Medicine (2018年11月15日) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] National Institute of Pharmaceutical Education and Research (NIPER), India
[153]. かいこは素晴らしいバイオファクトリー
静岡大学・中日新聞連携講座2018第5回「静岡大学の現在」 (2018年10月9日) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 静岡大学浜松キャンパスS-Port 3F
[154]. プラズモン金ナノ粒子を基盤とした超高感度光学ウイルスセンサー
第9回横幹連合コンファレンス「ひらけ、超スマート社会」 (2018年10月7日) 招待講演以外
[発表者]竹村謙信、朴 龍洙
[備考] 10月6〜7日、電位通信大学 講演番号:P-17
[155]. カイコによるマラリア原虫のメロゾイト表面タンパク質の発現とヒト血清との結合
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]林谷美貴子、稲垣 裕、Murhandarwati Esa Heridiana, Widya Asmara, Vipin Kumar Deo、朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Ip06
[156]. Neospora canimum antigens displaying-virus-like particles as a vaccine candidate against neosporosis
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]Jian Xu、平松 利輝人、Hamizah Suhaimi, 加藤竜也, Mayuko Kobayashi、Akari Fujimoto, 池和 憲、朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Ip07
[157]. Gag protein displaying different rHA mutants in silkworm
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]Muzajjad Gozal Goffa, Vipin Kumar Deo、加藤竜也, 朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Ip08
[158]. Study on efficient purificarion of recombinant protein from the silkworm larval hemolymph targeting pharmaceutical grade
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]Robert Minkner, 朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Ip09
[159]. 金ナノ粒子ー量子ドットのプラズモン共鳴現象を用いたノロウイルスRNAの検出
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]森田真広、Jaewook Lee、Oluwasesan Adegoke,  朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Lp01
[160]. A label free sensing system for the detection of Dengue virus serotype
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury, Nasrin Famida, 竹村謙信、Indra M. Khoris, Jaewook Lee、 朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Lp02
[161]. Silver-enhanced colorimetric detection of norovirus-like particles using peroxidase-like activity of nanozyme
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]Indra M. Khoris, 竹村謙信、Jaewook Lee、Vipin Kumar Deo, Tetsurou Suzuki, 朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Lp03
[162]. Magnetofluoro-immunosensing system by using plasmonic/magnetic graphene for virus detection
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee、 竹村謙信, 朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Lp04
[163]. 磁気分離免疫蛍光ナノバイオセンサーを用いた糞便中からのノロウイルス高感度・迅速検出
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]竹村謙信、Jaewook Lee, Vipin Kumar Deo, 鈴木哲朗、 朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Lp05
[164]. Highly sensitive detection of norovirus-like particles using KSPR behavior CdSeTeS QDs and AuNPs
第70回日本生物工学会大会 (2018年9月5日) 招待講演以外
[発表者]Nasrin Famida, Ankan Dutta Chowdhury, 竹村謙信、Jaewook Lee、Oluwasesan Adegoke, Vipin Kumar Deo、鈴木哲朗、 朴 龍洙
[備考] 9月5〜7日、関西大学 千里山キャンパスにて開催 講演番号:1Lp06
[165]. シアロ糖鎖微粒子を用いた馬インフルエンザウイルスの高感度検出
日本応用糖質科学会平成30年度大会(第67回) 応用糖質科学シンポジウム (2018年9月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎、山中隆史、相田玲奈、山内紀子、大坪忠宗、池田 潔、加藤 竜也、朴 龍洙、左 一八
[備考] 主催:一般社団法人日本応用糖質科学会 会場:秋田県立大学生物資源科学部秋田キャンパス    秋田拠点センターALVE(アルヴェ) 講演番号:C1aー5
[166]. カイコおよびヒト由来N-アセチルグルコサミン転移酵素IIのカイコ発現系構築と性質の比較
日本応用糖質科学会平成30年度大会(第67回) 応用糖質科学シンポジウム (2018年9月) 招待講演以外
[発表者]宮崎 剛亜、宮下 龍之介、加藤 竜也、朴 龍洙
[備考] 主催:一般社団法人日本応用糖質科学会 会場:秋田県立大学生物資源科学部秋田キャンパス    秋田拠点センターALVE(アルヴェ) 講演番号:B2aー1
[167]. A multi-functional binary nanoparticles/carbon nanomaterial hybrid structures for biosensing platforms
ナノ学会第16回大会 (2018年5月) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee,Kenshin Takemura,Ankan Dutta Chowdhur,Enoch Y Park
[備考] 2018年5月10~12日、東京大学武田先端知ビル武田ホール The Society of Nano Science and Technology
[168]. Expression of recombinant Neospora caninum profilin in silkworm larvae
The 4th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2018 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Hamizah Suhaimi,Rikkito Hiramatsu,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 2018年3月6日、Lecture Building in Hamamatsu Campus in Shizuoka University
[169]. Multi-functional nanoparticles/caarbon nanomaterial hybrid structures for bio sensing platforms
The 4th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2018 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee,Kenshin Takemura ,Masahiro Morita,Enoch Y Park
[備考] 2018年3月6日、Lecture Building in Hamamatsu Campus in Shizuoka University
[170]. Production and purification of five antigens of white spot syndrome virus (WSSV) in baculovirus expression vector system
The 4th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2018 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Jian Xu,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 2018年3月6日、Lecture Building in Hamamatsu Campus in Shizuoka University
[171]. Nanobiosensors based on CdSeTeS quantum dots conjugated AuNP for detection of norovirus
The 4th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2018 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Fahmida Nasrin,Ankan Dutta Chowdhury,Kenshin Takemura ,Jaewook Lee,Enoch Y Park
[備考] 2018年3月6日、Lecture Building in Hamamatsu Campus in Shizuoka University
[172]. Non-destructive separation of targeted DNA from DNA-protein mixture using magnetic nanoprobe
The 4th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2018 (2018年3月) 招待講演
[発表者]Ankan Dutta Chowdhury,Enoch Y Park
[備考] 2018年3月6日、Lecture Building in Hamamatsu Campus in Shizuoka University
[173]. 新規糖鎖微粒子を用いたウマインフルエンザウイルスの高感度検出
日本農芸化学会2018年度大会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]尾形慎,山中隆史,相田玲奈,谷地赳拓,山内紀子
[備考] 講演番号:2A20a07 名城学校
[174]. 哺乳類内在性色素結合型シアノバクテリオクロムの分子構造
日本農芸化学会2018年度大会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]伏見圭司,宮崎剛亜,山本達郎,竹田百花,桑崎勇人
[備考] 講演番号:3A15a14 名城学校
[175]. 金ナノ粒子ー磁性ナノ粒子クラスターを用いたノロウイルスの分離・濃縮による高感度検出
日本農芸化学会2018年度大会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]竹村 謙信,J. W. Lee,Oluwasesan Adegoke
[備考] 講演番号:3A22a03 名城学校
[176]. カイコーバクミド遺伝子発現系を用いた熱帯熱マラリア原虫に対するワクチン開発の基盤構築
日本農芸化学会2018年度大会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]稲垣 裕,林谷 美貴子,宮崎 剛亜,デオ ヴィピン クマル,Murhandarwati Elsa Heridiana
[備考] 講演番号:3A22a07 名城学校
[177]. Expression of Structural Protein of Dengue Virus serotype 3 using Silkworm Expression System
日本農芸化学会2018年度大会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo,Fithriyah Sjatha,Tatsuya Kato
[備考] 講演番号:3A22a08 名城学校
[178]. カイコとカイコ細胞を用いたデングウイルス2型由来構造タンパク質の発現
日本農芸化学会2018年度大会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]市川博野,加藤竜也
[備考] 講演番号:3A22a10 名城学校
[179]. Expression of recombinant Neospora caninum profilin in Bombyx mori
日本農芸化学会2018年度大会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Hamizah Suhaimi,Rikito Hiramatsu,Tatsuya Kato
[備考] 講演番号:3A22a11 名城学校
[180]. Ultrasensitive immuno-fluorescence detection of Norovirus using confetti shape AuNP/MNP composite and quantum dots in biocomplex medium
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura,Oluwasesan Adegoke,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[181]. Study on efficient purification of recombinant protein from the silkworm larval haemolymph targeting pharmaceutical grade
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Robert Minkner,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[182]. Design and Expression of Structural Protein of DENV-3 in Silkworm Expression System for VLP Vaccine Development
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[183]. Rous sarcoma virus gag protein displaying hemagglutinin H5N1 in silkworm by co-infection strategy
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Muzajjad Gozal Goffar,Deo Vipin Kumar,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[184]. Silkworm biotechnology based sustainable prosperity of humankind
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[185]. Expression and Purification of Neospora caninum Profilin in silkworm larvae
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Hamizah Suhaimi,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[186]. Transcriptomic Analysis of Cordyceps militaris Aerial Mycelium and Submerged Mycelium
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Suparmin Ahmad,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[187]. Study on efficient purification of recombinant protein from the silkworm larval haemolymph
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Robert Minkner,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[188]. Simple and high-sensitive immuno-fluorescence detection of infectious viruses by localized surface plasmon resonance
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura,Oluwasesan Adegoke,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[189]. Design and Expression of Structural Protein of DENV-3 in Silkworm Expression System for VLP Vaccine Development
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[190]. Construction of Neospora caninum vaccine candidate based on Rous sarcoma virus like particle
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Rikito Hiramatsu,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[191]. Colorimetric detection of norovirus-like particles using peroxidase-like activity of gold nanoparticles
International symposium on bio-fusion food technology 2018 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Indra M. Khoris,Kenshin Takemura,Jaewook Lee,Tetsurou Suzuki,Enoch Y Park
[備考] 2018年1月23〜24日、Wasung Hall, College of Agriculture and life science, Kyoungpoook National University
[192]. Binary nanoparticles-carbon nanomaterials hybrid structures for bio sensing platform
27th Annual meeting of MRS-Japan 2017 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]JaeWook Lee,竹村謙信
[備考] 12月5〜7日、横浜情報文化センター 講演番号:J-P6-004
[193]. ノロウイルスの高感度かつ迅速なオンサイト検出技術の開発
平成29年度中部乳酸菌研究会 (2017年11月) 招待講演以外
[備考] 11月24〜25日、山梨県山梨市談露館 講演番号:No9
[194]. カイコ‐BmNPV バクミド発現系を用いた熱帯熱マラリア原虫抗原提示ウイルス様粒子の作製
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]稲垣 裕,加藤竜也,宮崎剛嗣,朴 龍洙
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:2P-H063
[195]. カイコを用いたネオスポラ原虫抗原提示ラウス肉腫ウイルス様粒子の構築
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]平松 利輝人,Suhaimi Hamizah,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:2P-H064
[196]. カイコ幼虫からのヒトパピローマウイルス様粒子の効率的精製
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]馬場里奈,黒澤八重,鈴木慎一郎,Minkner Robert
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:2P-H065
[197]. ジカウイルスの迅速・高感度検出に向けた量子ドット・金ナノ粒子間局所表面プラズモン共鳴効果の安定化
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]竹村 謙信,Oluwasesan Adegoke,Jaewook Lee,鈴木哲朗
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:2P-J222
[198]. 酸化鉄/金ナノ粒子を修飾したカーボンナノマテリアルを用いた導電性モニタリングシステムによるインフルエンザウイルスDNA検出法
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]森田 真広,Jaewook Lee,朴 龍洙
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:2P-N223
[199]. Iron oxide/gold nanoparticles decorated carbon nanomaterials for biosensing application
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee,Kenshin Takemura,Masahiro Morita,Enoch Y. Park
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:2P-J224
[200]. Colorimetric Detection of Norovirus-like Particles Using Peroxidase-like Activity of Positively-charged Gold Nanoparticles
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]Indra Memdi Khoris,Kenshin Takemura,Jaewook Lee,Tetsurou Suzuki,Enoch Y. Park
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:2P-J226
[201]. カイコ由来N-acetylgalactosaminyltransferaseの基質特異性
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]宮下 龍之介,宮崎 剛亜,加藤 竜也,朴 龍洙
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:4P-J227
[202]. カイコで発現させたヒトエリスロポエチンの糖転移酵素共発現によるN型糖鎖構造改変
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]堀場 早紀,加子 夏未,宮崎 剛亜,加藤 竜也,朴 龍洙
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:4P-N228
[203]. カイコ‐BmNPVバクミド発現系を用いたN-アセチルグルコサミン転移酵素IIの発現と性質の解析
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]宮崎 剛亜,加藤 竜也,朴 龍洙
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:4P-J229
[204]. Difference of Gene Expression between Upper and Bottom Side Mycelia in Liquid Surface Culture of Cordyceps militaris NBRC103752
第69回日本生物工学会大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]Ahmad Suparmin,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[備考] 9月11〜14日、早稲田大学 西早稲田キャンパスにて開催 講演番号:4P-N185
[205]. Ultrasensitive detection of infectious virus using engineered plasmonic nanoparticles
International postgraduate Symposium in Biotechnology 2017 (2017年8月) 招待講演
[発表者]Oluwasesan Adegoke,Syed Rahin Ahmed,Enoch Y. Park
[備考] 8月21〜22日、マレーシア工科大学ジョホールバルにて開催
[206]. Expression and Purification of Pre-Membrane Envelope (PrME) of Dengue Virus serotype 3 using Silkworm Expression System
International postgraduate Symposium in Biotechnology 2017 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]Doddy Irawan Setyo Utomo,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[備考] 8月21〜22日、マレーシア工科大学ジョホールバルにて開催
[207]. Expression and Purification of Neospora caninum Profilin in silkworm
International postgraduate Symposium in Biotechnology 2017 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]Hamizah Suhaimi,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[備考] 8月21〜22日、マレーシア工科大学ジョホールバルにて開催
[208]. Expression and purification of Plasmodium falciparum antigens in silkworm
International postgraduate Symposium in Biotechnology 2017 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]Yu Inagaki,Mikiko Hayashidani,Tatsuya Kato,Deo Vipin Kumar,Enoch Y. Park
[備考] 8月21〜22日、マレーシア工科大学ジョホールバルにて開催
[209]. Transcriptomic Analysis of Cordycepin Biosynthetic Pathway of Cordyceps militaris
International postgraduate Symposium in Biotechnology 2017 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]Ahmad Suparmin,Tatsuya Kato,Hideo Dohra,Enoch Y. Park
[備考] 8月21〜22日、マレーシア工科大学ジョホールバルにて開催
[210]. Effect of nanoparticle surface on stability of immunofluorescent based Zika virus detection
International postgraduate Symposium in Biotechnology 2017 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura,Oluwasesan Adegoke,Tetsuro Suzuki,Enoch Y. Park
[備考] 8月21〜22日、マレーシア工科大学ジョホールバルにて開催
[211]. Prasmon-Assisted Fluoro-Immunoassay as Infectious Virus Detection Platform
The 4th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (ICONN 2017) (2017年8月) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park,Oluwasesan Adegoke,Jaewook Lee ,Kenshin Takemura
[備考] August 09–11, 2017@SRM University, India
[212]. Iron oxide/gold nanoparticles decorated carbon nanomaterials for sensing application
NANO Korea 2017 (2017年7月) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee
[備考] 発表日: 7/12~7/14/2017 会場:KINTEX Ilsan, Korea
[213]. ウマインフルエンザウイルス阻害剤としてのN-グリコリルノイラミン酸含有糖鎖高分子の合成と特性解析
日本糖質学会年会 (2017年7月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎,小泉亜未,大坪忠宗,池田潔
[備考] 7月19日から21日に旭川市民文化会館で開催
[214]. インフルエンザウイルスを吸着濃縮可能な異種抗原型糖鎖プローブの開発
第30回インフルエンザ交流の会シンポジウム (2017年6月) 招待講演以外
[発表者]尾形慎,山内紀子,大坪忠宗,池田潔,加藤竜也
[備考] 静岡B-Nest 朴は6番目の著者
[215]. Localized surface plasmon resonance-mediated fluorescence signal in plasmonic nanoparticle-quantum dot hybrids for ultrasensitive Zika virus RNA detection via hairpin hybridization assay
The 8th International Conference on Surface Plasmon Photonics (SPP8) (2017年5月) 招待講演以外
[発表者]Oluwasesan Adegoke, Masahiro Morita,Tetsuro Suzuki,Enoch Y. Park
[備考] 発表日: 5/25/2017 発表時間:11:15〜11:30 会場: Academia Sinica, Taipei, Taiwan Conference Chairs of SPP8:Din Ping Tsai (Research Center for Applied Sciences,
[216]. Gold nanoparticles/carbon nanomaterials hybrid nanocomposite for the photoluminescence immunoassay biosensors via plasmonic resonance energy transfer
The 8th International Conference on Surface Plasmon Photonics (SPP8) (2017年5月) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee,Syed Rahin Ahmed,Jeonghyo Kim,Tetsuro Suzuki,Enoch Y. Park
[備考] 発表日: 5/25/2017 ポスター 会場: Academia Sinica, Taipei, Taiwan Conference Chairs of SPP8:Din Ping Tsai (Research Center for Applied Sciences, Academia Sin
[217]. Localized surface plasmon resonance-based gold nanoparticle-alloyed quantum dot nanobiosensor for immunofluorescence detection of Zikavirus
The 8th International Conference on Surface Plasmon Photonics (SPP8) (2017年5月) 招待講演以外
[発表者]Kenshin Takemura,Oluwasesan Adegoke,Tatuya Kato,Tetsuro Suzuki,Enoch Y. Park
[備考] 発表日: 5/25/2017 ポスター 会場: Academia Sinica, Taipei, Taiwan Conference Chairs of SPP8:Din Ping Tsai (Research Center for Applied Sciences, Academia Sin
[218]. ナノ粒子表面の局所表面プラズモン共鳴効果を用いたウイルスの高感度・迅速検出とその汎用性の検討
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]Oluwasesan Adegoke,加藤竜也,鈴木哲朗,朴 龍洙
[備考] 京都女子大学校
[219]. CdZnSeS量子ドット − 分子ビーコンナノバイオセンサーを用いたノロウイルスの高感度検出法
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]森田真広,Oluwasesan Adegoke,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 京都女子大学校
[220]. 金ナノ粒子の堆積により形成された膜を用いたウイルスの高感度免疫蛍光速検出
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,Syed Rahin Ahmed,Jeonghyo Kim,Van Tan Tran,Jaebeom Lee
[備考] 京都女子大学校
[221]. ヒト由来糖転移酵素の共発現によるカイコ発現ヒトエリスロポエチンのN型糖鎖構造改変
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]堀場早紀,加子夏未,宮崎剛亜,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 京都女子大学校
[222]. Transcriptomic analysis of cordycepin biosynthesis pathway between in liquid surface culture and submerges culture using Cordyceps militaris
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]Ahmad Suparmin,加藤竜也,道羅英夫,朴 龍洙,
[備考] 京都女子大学校
[223]. カイコ-BmNPV バクミド系で発現させた熱帯熱マラリア原虫抗原の解析
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]稲垣 裕,宮崎剛亜,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 京都女子大学校
[224]. カイコ-BmNPVバクミド発現系によるMERS-CoVの組換えSタンパクの発現と精製
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]高見佳宏,Vipin Kumar Deo,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 京都女子大学校
[225]. Bombyx mori nucleopolyhedrovirusを用いた哺乳動物細胞への外来遺伝子導入
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]杉岡沙紀,板垣滉平,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 京都女子大学校
[226]. インフルエンザウイルスの種間伝播機構解明を可能にする異種抗原型糖鎖プローブの開発
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]尾形慎,大坪忠宗,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 京都女子大学校
[227]. RNAseqを用いた冬虫夏草(Cordyceps militaris)の感染過程における遺伝子の網羅的解析
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]鈴木智大,道羅英夫,崔 宰熏,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 京都女子大学校
[228]. Isolation of Microbial Biofactory for the Production of β- and γ-Rubromycins, Human Telomerase Inhibitors, from Soil Collected at Timadanine in the Algerian Sahara Desert
JIB-2016 (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]Ali Zineddine Boumehira,Hesham Ali El-Enshasy,Inès Quadri,Enoch Y. Park,Hocine Hacène
[備考] Tunisia, http://www.atbiotech.org/fra/pages/151/JIB-2016 平成28年12月15〜18日
[229]. Potential application of virus-like particles on vaccine preparation
Seminar National Biotechnology IV University Gadjah Mada (2016年10月) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] Yogyakarta, Indonesia 平成28年10月29日
[230]. カイコ由来糖転移酵素の機能解析
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]宮下 龍之介,宮崎 剛亜,加藤 竜也,朴 龍洙
[備考] 静岡市ホテルプリヴェ静岡ステーション 平成28年9月23日
[231]. ナノ粒子表面の局在表面プラズモン共鳴効果を利用した肥満指標タンパク質の高感度検出
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]竹村 謙信,Oluwasesan Adegoke,加藤 竜也,朴 龍洙
[備考] 静岡市ホテルプリヴェ静岡ステーション 平成28年9月23日
[232]. Neu5Gc含有糖鎖ポリペプチドの合成とウマインフルエンザウイルスとの結合能評価
日本応用糖質科学会平成28年度大会(第65回)・応用糖質科学シンポジウム〈福山〉 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]小泉亜未,池田 潔,大坪忠宗,尾形 慎,朴 龍洙
[備考] 開催場所:福山大学宮地茂記念館(広島県福山市) 主催:日本応用糖質科学会
[233]. シアロ糖鎖クラスターとポリオーマウイルス様粒子との架橋形成メカニズムに関する研究
日本応用糖質科学会平成28年度大会(第65回)・応用糖質科学シンポジウム〈福山〉 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]小野田崇司,鈴木哲朗,碓氷泰市,朴 龍洙,尾形 慎
[備考] 開催場所:福山大学宮地茂記念館(広島県福山市) 主催:日本応用糖質科学会
[234]. Cordyceps militaris由来リボヌクレオチドレダクターゼの発現及び機能解析
第68回日本生物工学会大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]小島康弘,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 富山国際会議場 平成28年9月28〜30日
[235]. カイコ‐BmNPV バクミド発現系で発現させたブタ由来リラキシン関連因子の効率的精製と構造解析
第68回日本生物工学会大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]石崎真章,加藤竜也,Sungjo Park,高坂哲也,朴 龍洙
[備考] 富山国際会議場 平成28年9月28〜30日
[236]. ナノ粒子表面の局所表面プラズモン共鳴効果を用いたノロウイルスの迅速検出
第68回日本生物工学会大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]竹村謙信,Oluwasesan Adegoke,鈴木哲朗,朴 龍洙
[備考] 富山国際会議場 平成28年9月28〜30日
[237]. Alloyed L-cysteine-capped alloyed quaternary CdZnTeS quantum dots of two internal structures
第68回日本生物工学会大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]Oluwasesan Adegoke,朴 龍洙
[備考] 富山国際会議場 平成28年9月28〜30日
[238]. インフルエンザウイルスA(H5N1)由来のヘマグルチニンと受容体との結合能解析
第68回日本生物工学会大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]鹿島諒人,吉田佐和子,尾形慎,宮崎剛亜,朴 龍洙
[備考] 富山国際会議場 平成28年9月28〜30日
[239]. 菌体外βグルカンを産生するAureobasidium pullulansの網羅的遺伝子発現解析
第68回日本生物工学会大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]内山博文,岡部満康,道羅英夫,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 富山国際会議場 平成28年9月28〜30日
[240]. カイコ由来糖転移酵素N-acetylglucosaminyltransferase IIおよびgalactosyltransferaseオルソログの糖転移活性
第68回日本生物工学会大会 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]宮下龍之介,宮崎剛亜,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 富山国際会議場 平成28年9月28〜30日
[241]. 韓・日国際教育と学術Bridge
Food Bio-industry Institute、慶北大学校 (2016年8月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 開催場所:韓国慶北大学校 主催:慶北大学食品生物産業研究所
[242]. Expression of Lipid Metabolism Associated-Enzyme in Silkworm
6th International conference on biotechnology for the wellness industry (2016年8月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙,
[備考] 開催場所:Equatorial hotel, Melaka, Malaysia 主催:University Technology Malaysia
[243]. 韓・日国際教育と学術Bridge
Food Bio-industry Institute、慶北大学校 (2016年8月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 開催場所:韓国慶北大学校 主催:慶北大学食品生物産業研究所
[244]. Japan’s Food Industry and Future Strategy Depending on the Social Environmental Change
Food Bio-industry Institute、慶北大学校 (2016年6月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 開催場所:韓国慶北大学校 主催:慶北大学食品生物産業研究所
[245]. An ultrasensitive fluorescence reporter in a conjugated molecular beacon system for the biosensing of influenza virus RNA
Biosensors 2016 (2016年5月) 招待講演以外
[発表者]Oluwasesan Adegoke,Min-woong Seo,Tatsuya Kato,Shoji Kawahito,Enoch Y. Park
[備考] Sweden、Gothenburg (2016年5月26日)
[246]. 農学・工学・理学の融合による静岡大学版ナノバイオ科学の成果
第2期中期目標期間における重点研究4分野の成果発表会 (2016年3月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 静岡大学浜松キャンパス佐鳴会館
[247]. Plasmonic signal detection of H1N1 virus using immunoassay with magnetic nanoparticle
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,Dongkyu Lee,加藤竜也
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[248]. An ultrasensitive near-infrared quinternary alloyed quantum dot-molecular beacon nanodiagnostic bioprobe for influenza virus RNA
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,Oluwasesan Adegoke,加藤竜也
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[249]. Detection of influenza virus uisng bio-mimic enzymatic reaction of gold nanoparticles
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,Syed Rahin Ahmed,
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[250]. 冬虫夏草(Cordyceps militaris)由来レクチンとその結合物質の糖鎖構造解析
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,稲吉 里美,竹島 愛乃,鈴木 智大,崔 宰熏
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[251]. カイコで発現したヒトアセチルCoAカルボキシラーゼの脱リン酸化とクエン酸による重合化に関する研究
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,當真和也,牧島 悠,加藤竜也
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[252]. ナノ粒子表面の局所表面プラズモン共鳴効果を利用したレプチン・GLP-1の高感度・迅速検出
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,竹村謙信,Oluwasesan Adegoke,加藤竜也
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[253]. RNA-Seqを用いた冬虫夏草(Cordyceps militaris)の感染過程における網羅的解析
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,鈴木智大,道羅英夫,加藤竜也
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[254]. 低分子型シアロ糖鎖クラスターの合成とウイルス架橋形成能評価
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,尾形 慎,小野田崇司,碓氷泰一
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[255]. バキュロウイルスを利用したNeospora caninumに対するワクチン作製
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,板垣恒平,加藤竜也,高坂哲也
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[256]. カイコを用いたインフルエンザウイルス由来ヘマグルチニンを提示させたウイルス様粒子の発現
日本農芸化学会2016年度大会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,原田みづ帆,加藤竜也
[備考] 北海道札幌コンベンションセンター
[257]. Efficient expression of virus-like particles using silkworm biotechnology for potential applications
Seminar Series of Sogang-Harvard Disease Biophysics Research Center (SH-DBRC) (2015年12月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] Sogang University in Seoul, Korea
[258]. Lipid homeostasis regulating enzymes and obesity
International symposium "Advanced Food of Biomaterial and Biofunction 2015" (2015年11月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 場所:韓国釜山大学校キャンパス Business Bld. Rm215
[259]. Research activity in Shizuoka University for bilateral joint research
Co-workshop between Pusan National University-Shizuoka University, 2015 (2015年11月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 場所:韓国釜山大学校キャンパス Business Bld. Rm215
[260]. Expression of hemagglutinin and its mutants from influenza virus in silkworms
Co-workshop between Pusan National University-Shizuoka University, 2015 (2015年11月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 場所:韓国釜山大学校キャンパス Business Bld. Rm215
[261]. Gradient band gap engineered alloyed quaternary ternary CdZnSeS/ZnSeS quantum dots: An ultrasensitive fluorescence reporter in a conjugated molecular beacon system for the biosensing of influenza virus RNA
Co-workshop between Pusan National University-Shizuoka University, 2015 (2015年11月) 招待講演以外
[発表者]O. Adegoke,朴 龍洙
[備考] 場所:韓国釜山大学校キャンパス Business Bld. Rm215
[262]. Synthesis of Chiral Fluorescent Carbon nanotwisted Ribbon
Co-workshop between Pusan National University-Shizuoka University, 2015 (2015年11月) 招待講演以外
[発表者]S.R. Ahmed,朴 龍洙
[備考] 場所:韓国釜山大学校キャンパス Business Bld. Rm215
[263]. Plasmonic signal detected of H1N1 virus using immunoassay with magnetic nanoparticles
Co-workshop between Pusan National University-Shizuoka University, 2015 (2015年11月) 招待講演以外
[発表者]D.K. Lee,朴 龍洙
[備考] 場所:韓国釜山大学校キャンパス Business Bld. Rm215
[264]. カイコ-BmNPV バクミド発現系を用いたブタ由来リラキシン関連因子の発現と解析
第67回日本生物工学会大会 (2015年10月) 招待講演以外
[発表者]石崎真章,加藤竜也,高坂哲哉,朴 龍洙
[備考] 鹿児島市城山観光ホテル
[265]. IE2プロモーターを用いたヒト由来糖転移酵素の発現によるカイコN型糖鎖の改変
第67回日本生物工学会大会 (2015年10月) 招待講演以外
[発表者]加子夏未,加藤竜也,矢木宏和,加藤晃一,朴 龍洙
[備考] 鹿児島市城山観光ホテル
[266]. ナノ粒子表面の局在表面プラズモン共鳴効果を利用したインフルエンザウイルスの高感度・迅速検出
第67回日本生物工学会大会 (2015年10月) 招待講演以外
[発表者]竹村謙信,Oluwasesan Adegoke,鈴木哲朗,加藤竜也,朴 龍洙
[備考] 鹿児島市城山観光ホテル
[267]. ウイルス架橋性低分子型糖鎖クラスターの合成
日本応用糖質科学会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎,小野田崇司,朴 龍洙,鈴木哲朗,碓氷泰市
[備考] 主催団体:日本応用糖質科学会、開催場所:奈良
[268]. カイコ‐BmNPV バクミド発現系を用いた ブタ由来リラキシン関連因子の発現と解析
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]石崎真章,加藤竜也,高坂哲也,朴 龍洙
[備考] 開催場所:ホテルプリヴェエ静岡ステーション 主催団体:静岡県食品技術研究会、静岡大学食品・生物産業創出拠点
[269]. Expression of virus-like particles in silkworm targeting for drug delivery system
International Seminar on Pharmaceutics 2015 (2015年8月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 場所:Harris Convention Center Ciumbuleit-Bandugn, Indonesia 主催:School of Pharmacy Institut Teknologi Bandung
[270]. High-fidelity recombinant protein production in a silkworm bioreactor
The 29th Annual Symposiumo of the Protein Society (2015年7月) 招待講演以外
[発表者]Sungjo Park,In-Wook Hwang,Tatsuya Kato,朴 龍洙,Andre Terzic
[備考] Barcelona, Spain
[271]. カイコで発現させたヒトアセチルCoAカルボキシラーゼ1の解析
日本農芸化学会2015年度大会 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]牧島悠、加藤竜也、Sungjo Park、タージックアンドレ、朴 龍洙
[備考] 岡山大学島津キャンパス
[272]. Aureobacisidium pullulans M-2が産生する水溶性β1,3-1,6-D-グルカンの生合成に関する研究
日本農芸化学会2015年度大会 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]内山博文、鈴木智大、草野妃里、岡部満康、守屋祐生子、守屋直幸、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 岡山大学島津キャンパス
[273]. Insecticidal activity of a recombinant baculovirus expressing spider venom cyto-insectotoxin (Cit1a)
日本農芸化学会2015年度大会 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]MP Ali, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 岡山大学島津キャンパス
[274]. Human malonyl-CoA decarboxylase production using silkworm Bombyx mori nucleopolyhedrovirus (BmNPV) bacmid system and their decarboxylase activity
日本農芸化学会2015年度大会 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]In-Wook Hwang, Yu Makishima, Tomohiro Suzuki, Tatsuya Kato, Sungjo Park, Shinkyo Chung, Enoch Y. Park
[備考] 岡山大学島津キャンパス
[275]. Cordycepin production by medicinal fungus Cordyceps militaris in static culture
日本農芸化学会2015年度大会 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]Sari Nurmila, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 岡山大学島津キャンパス
[276]. 冬虫夏草(Cordyceps militaris)の感染過程における各種トランスクリプトーム解析
日本農芸化学会2015年度大会 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]鈴木 智大、道羅 英夫、崔 宰熏、加藤 竜也、朴 龍洙、阿部 伸一、佐伯 潤、平井 浩文、河岸 洋和
[備考] 岡山大学島津キャンパス
[277]. 冬虫夏草(Cordyceps militaris)由来レクチンとその結合物質
日本農芸化学会2015年度大会 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]竹島 愛乃、鈴木 智大、崔 宰熏、道羅 英夫、加藤 竜也、朴 龍洙、阿部 伸一、佐 伯 潤、小林 夕香、平井 浩文、河岸 洋和
[備考] 岡山大学島津キャンパス
[278]. カイコN型糖鎖付加経路会編に向けたカイコ内のヒト由来糖転移酵素発現に関する研究
日本農芸化学会2015年度大会 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]加子夏未、加藤竜也、近藤幸子、矢木宏和、加藤晃一、朴 龍洙
[備考] 岡山大学島津キャンパス
[279]. 金ナノ粒子ーカーボンナノチューブを用いたインフルエンザウイルスの検出法の開発
第3回静岡大学技術展 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]原山直也、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] ヤマハ発動機社内
[280]. Metal Enhanced Fluorescence (MEF) Based Influenza Virus Detection Platform on Nanoporous Gold Leaf
第3回静岡大学技術展 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]S. R. Ahmed, J. Lee, Enoch Y. Park
[備考] ヤマハ発動機社内
[281]. Expression of hemagglutinin and M1 protein from influenza A virus in silkworms
IBT-UTM and Shizuoka University Seminar (2015年2月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato and Enoch Y. Park
[備考] Institute of Bioproduct Development, UTM, Johor Bahru, Johor, Malaysia
[282]. Silkworm Biotechnology based Green Science and Technology
IBT-UTM and Shizuoka University Seminar (2015年2月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato and Enoch Y. Park
[備考] Institute of Bioproduct Development, UTM, Johor Bahru, Johor, Malaysia
[283]. Development of an Improved Recombinant Baculovirus Insecticide Containing an Insect-Specific Toxin Gene
International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2015 (2015年1月) 招待講演以外
[発表者]MP Ali, Tatsuya Kato , Enoch Y. Park
[備考] Sanaru Hall, Hamamatsu Campus, Shizuoka University
[284]. Gold Nanoparticles (Au NPs): On the way of different Synthetic Routes
International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University 2015 (2015年1月) 招待講演以外
[発表者]S. R. Ahmed, J. Lee, Enoch Y. Park
[備考] Sanaru Hall, Hamamatsu Campus, Shizuoka University
[285]. Human acetyl-CoA carboxylase 2 expressed in silkworm Bombyx mori exhibits posttranslational biotinylation and phosphorylation
2015 Workshop on Green Science and Technology of Global Young Researchers (2015年1月) 招待講演以外
[発表者]In-Wook Hwang, Yu Makishima, Tatsuya Kato, Sungjo Park, Andre Terzic, Enoch Y. Park
[備考] 静岡大学共通教育A-310
[286]. Insecticidal activity of a recombinant baculovirus insecticide containing an insect-specific toxin gene
2015 Workshop on Green Science and Technology of Global Young Researchers (2015年1月) 招待講演以外
[発表者]MP Ali, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 静岡大学共通教育A-310
[287]. Gold Nanoparticles (Au NPs): On the way of different Synthetic Routes
2015 Workshop on Green Science and Technology of Global Young Researchers (2015年1月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Jaebeom Lee and Enoch Y. Park
[備考] 静岡大学共通教育A-310
[288]. Green Science and Technology targeting 21 Century's Sustainable Green Growth
Global Green Challenges Program GGCP Workshop 2014 (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] Taylor's University
[289]. ナノマテリアルの相互作用を用いたウイルス検出
第1回グリーン科学技術研究所シンポジウム (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]高橋直人、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 静岡大学S-port大会議室
[290]. Metal enhanced fluorescence on nanoporous gold lewaf-based assay platform for virus detection
第1回グリーン科学技術研究所シンポジウム (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]Shed Rahin Ahmed, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] 静岡大学S-port大会議室
[291]. Development of an improved recombinant baculovirus insecticide containing an insect-specific toxin gene (Cit1a)
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]MP Ali, Tatsuya Kato and Enoch Y. Park
[備考] ホテルプリヴエ静岡ステーション
[292]. カイコN 型糖鎖付加経路改変に向けたカイコ内のヒト由来糖転移酵素発現に関する研究
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]加子夏未, 加藤竜也, 朴龍洙
[備考] ホテルプリヴエ静岡ステーション
[293]. カイコでのBmNPVバクミドシステムを用いた インフルエンザウイルスの発現と精製
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]原田みづ帆, 加藤由莉,尾形慎, 加藤竜也, 朴龍洙
[備考] ホテルプリヴエ静岡ステーション
[294]. Cordyceps militaris由来リボヌクレオチドレダクターゼの発現及び機能解析
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]小島 康弘, 加藤 竜也, 朴 龍洙
[備考] ホテルプリヴエ静岡ステーション
[295]. カイコを用いた簡便かつ迅速なタンパク質発現に向けたBmNPVバクミドの改良に関する研究
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会 (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]杉岡沙紀,加藤竜也, 朴龍洙
[備考] ホテルプリヴエ静岡ステーション
[296]. カイコを用いた 組換えタンパク質発現の実際 (Practical use of silkworm for recombinant protein expression)、要旨集358頁
第37回日本分子生物学会年会バイオテクノロジーセミナー (2014年11月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] パシフィコ横浜
[297]. カイコを用いた効率的なタンパク質発現に向けたBmNPVバクミドの改良
平成26年度中部乳酸菌研究会 (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙、加藤竜也
[備考] 長野ホテル犀北館
[298]. 特別講演 大学からの視点
産学共同研究の成果事例に学ぶセミナー (2014年10月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 静岡市B-nest
[299]. A Spider Venom Toxin Causes Early Insect Death Inducing Early Cell Death Caused by Necrosis
2014年度静岡大学シンポジウム「生態系保全と人間の共生・共存社会の高度化設計に関する環境リーダー育成」 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]MP Ali, Tatsuya Kato , Enoch Y. Park
[備考] 静岡市B-nest
[300]. Development of biological pesticide for sustainable green growth with conservation of ecosystem
2014年度静岡大学シンポジウム「生態系保全と人間の共生・共存社会の高度化設計に関する環境リーダー育成」 (2014年9月) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] 静岡市B-nest
[301]. Vaccine platform technology based on virus-like particles, Proceeding 33 page
Joint Seminar BPPT-RIGST-Shizuoka University Green Science and Technology (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] BPPT Thamrin, Indonesia
[302]. ナノ物質複合体によるウイルス検出法の開発(Plasmon-assisted Fluoro-immunoassay Based Platform for Detection of Virus Using Gold Nanoparticles-Decorated Carbon Nanotube)の展示
イノベーションジャパン2014ー大学見本市 (2014年9月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 東京ビッグサイト 東1ホール
[303]. キトサンナノ粒子のみを用いた BmNPV バクミドのカイコへの導入、講演要旨集160頁
第66回日本生物工学会大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]荒井 祥, 加藤 竜也, 朴 龍洙
[備考] 札幌コンベンションセンター
[304]. ダンベル型四価配糖体:ECA に対する高親和性糖鎖リ ガンドの分子設計、講演要旨集171頁
第66回日本生物工学会大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]安本 佳成, 尾形 慎, 小野田 崇司, 碓氷 泰市, 朴 龍洙
[備考] 札幌コンベンションセンター
[305]. カイコ N型糖鎖付加経路改変に向けたカイコ内のヒト由来糖転移酵素発現、講演要旨集199頁
第66回日本生物工学会大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]加子 夏未, 加藤 竜也, 朴 龍洙
[備考] 札幌コンベンションセンター
[306]. BmNPV バクミド - カイコ発現系を用いたインフルエ ンザウイルス表面タンパク質の発現と精製、講演要旨集200頁
第66回日本生物工学会大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]原田 みづ帆, 加藤 由莉, 尾形 慎, 加藤 竜也, 朴 龍洙
[備考] 札幌コンベンションセンター
[307]. 簡便かつ迅速な組換えタンパク質生産を目指した BmNPV バクミドの改良、講演要旨集243頁
第66回日本生物工学会大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]杉岡 沙紀, 加藤 竜也, 朴 龍洙
[備考] 札幌コンベンションセンター
[308]. 金ナノ粒子で修飾したカーボンナノチューブと量子 ドットによるインフルエンザウイルスの検出、講演要旨集259頁
第66回日本生物工学会大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者] 李 在郁, アメド シエドラヒン, オ サンジン, 李 在範, 鈴木 哲郎, 加藤 竜也, 朴 龍洙
[備考] 札幌コンベンションセンター
[309]. Gold Nanoparticles (Au NPs): On the way of different Synthetic Routes、講演要旨集82頁
第66回日本生物工学会大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Enoch Y. Park
[備考] 札幌コンベンションセンター
[310]. Lewis X含有四価糖鎖配位体の合成とレクチンとの相互作用解析、P-007
第33回日本糖質学会年会 (2014年8月) 招待講演以外
[発表者]安本佳成、尾形慎、森大地、碓氷泰市、朴龍洙
[備考] 名古屋大学豊田講堂
[311]. Silkworm biotechnology for potential application on virus-like particles and 37 protein-display、講演要旨集37頁
1st Joint Seminar Core-to-core Program (2014年8月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Megumi Yui, Yoshitaka Tsuji, Vipin Kumar Deo and Tatsuya Kato
[備考] Centara Grand & Bangkok Convention Centre, Central World, Bangkok, Thailand
[312]. Potential of g-polyplutaic acid for reducing the cotamination of cadium in rice, 、講演要旨集80頁
1st Joint Seminar Core-to-core Program (2014年8月) 招待講演以外
[発表者]O. Chunhachart, N. Kotabin, K. Issakul, E.Y Park, and Y. Tahara
[備考] Centara Grand & Bangkok Convention Centre, Central World, Bangkok, Thailand
[313]. Gold Nanoparticles (Au NPs): On the way of different Synthetic Routes
日本生物工学会中部支部第5回例会 (2014年8月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, and Enoch Y. Park
[314]. Development of an improved baculovirus insecticide containing an insect-specific spider venom toxin gene
日本生物工学会中部支部第5回例会 (2014年8月) 招待講演以外
[発表者]MP Ali, Tatsuya Kato and Enoch Y. Park
[備考] 名古屋大学
[315]. ITC滴定実験によるLacNAc含有糖鎖クラスターとデイゴマメレクチンとの相互作用解析、講演番号4A02a08
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]安本佳成、尾形慎、田見 祐一、中馬 康志、碓氷泰市、朴龍洙
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[316]. Aspergillus terreusのイタコン酸生産におけるシス・アコニット酸デカルボキシラーゼの重要性、講演番号4A15a15
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]篠田優、山田智士、朴 龍洙、荒井基夫、金政真
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[317]. Human papillomavirus L1タンパク質の発現と磁気微粒子を用いたタンパク質精製、講演番号4D03a13
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]吉松勝彦、油井恵、アメドラヒン、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[318]. Chimeric virus like particles (VLPs) made using capsid (gag-577 and M1) proteins from Rous Sarcoma Virus and Influenza virus、講演番号4D03a14
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Mizuho Harada, Enoch Y Park
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[319]. Metal enhanced fluorescence based Influenza A (H1N1) virus detection on nanoporous gold leaf、講演番号4D03a15
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]SYED Rahin AHMED, Md Ashraf Hossain, Dongyun Lee, Tetsuro Suzuki, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[320]. Silver Nanoparticle assisted Macromolecule drug for internalization into Mycobacterium smegmatis、講演番号4D03a16
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]FANGFANG Sun, Enoch Y. Park
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[321]. C 型肝炎ウイルスコアタンパク質と細胞内抗体の発現と機能解析、講演番号4D03a17
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]山本 英、デオ ビピン クマール、加藤 竜也、鈴木 哲朗、朴 龍洙
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[322]. Influenza virus sebsing system via PL enhancement monitoring using AuCNT and CdTe quantum dot、講演番号3C01a03
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee, Rahin Ahmed Syed, Sangjin Oh, Enoch Y. Park
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[323]. ナノ粒子局在表面プラズモン共鳴によるインフルエンザウイルスの検出、講演番号3D03p03
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]高橋直人、アハメッドラヒン、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[324]. がん細胞特異的1本鎖抗体を提示したがん細胞追跡用ウイルス粒子によるがん細胞のイメージング、講演番号3D03p04
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]油井 恵、Deo Vipin Kumar、加藤竜也、上田 宏、朴 龍洙
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[325].  サナギタケ由来レクチンの精製と諸性質、講演番号2A03p13
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]竹島 愛乃、鈴木 智大、崔 宰熏、道羅 英夫、加藤 竜也、朴 龍洙、阿部 伸一、佐伯 潤、小林 夕香、平井 浩文、河岸 洋和
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[326]. サナギタケの感染過程におけるトランスクリプトーム解析, 講演番号2A13p07
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]鈴木 智大、道羅 英夫、崔 宰熏、加藤 竜也、朴 龍洙、阿部 伸一、佐伯 潤、平井 浩文、河岸 洋和
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[327]. Expression and purification of cyto-insectotoxin (cit 1a) using silkworm larvae targeting for an antimicrobial therapeutic agent、講演番号2A03p04
2014年農芸化学会大会 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]MP Ali, Katsuhiko Yoshimatsu, Tomohiro Suzuki, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] 明治大学、生田キャンパス
[328]. Roughness Driven Metal Enhanced Fluorescence(MEF) Based Influenza A (H1N1) Virus Detection on Nanoporous Gold Leaf
1st International Conference on Nano-Bio-Medicine Convergence (2014年2月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Md Ashraf Hossain, Jung Youn Park, Soo-Hyung Kim, Dongyun Lee, Jaebeom Lee, and Enoch Y. Park
[備考] Hyowon Ind. & Res Cooperation, Busan, Korea
[329]. Facile preparation of AuCNT for influenza virus sensing system
1st International Conference on Nano-Bio-Medicine Convergence (2014年2月) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee, Syed Rahin Ahmed, Sangjin Oh, Jaebeom Lee, and Enoch Y. Park
[備考] Hyowon Ind. & Res Cooperation, Busan, Korea
[330]. Enhanced Internalization of Macromolecule Drug in Mycobacterial Smegmatis with the assistant of Silver Nanoparticle
1st International Conference on Nano-Bio-Medicine Convergence (2014年2月) 招待講演以外
[発表者]Fangfang Sun, Kwangnak Koh, Tatsuya Kato, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] Hyowon Ind. & Res Cooperation, Busan, Korea
[331]. Interduction of Research Inst. Of Green Sci. & Technol.
InterAcademia Asia 2014 (2014年2月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park
[332]. A Model for Targeting Colon Carcinoma Cells using Single Chain Fragments Anchored on Virus-like Particles via Glycosyl Phosphatidylinositol Anchor
ASIAN CONGRESS ON BIOTECHNOLOGY (ACB-2013) (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Megumi Yui, Masahito Yamazaki, Jahangir Mohammed Alam, Tatsuya Kato, Enoch Y Park
[備考] Dogra Hall, IIT Delhi, India
[333]. Roughness Driven Metal Enhanced Fluorescence(MEF) Based Influenza A (H1N1) Virus Detection on Nanoporous Gold Leaf
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Md Ashraf Hossain, Jung Youn Park, Soo-Hyung Kim, Dongyun Lee, Jaebeom Lee, and Enoch Y. Park
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[334]. カイコ発現系を用いたネオスポラカニナム抗原タンパク質の発現、精製及びそれらを用いたマウスの免疫
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]Mai Yoshimoto, Jinha Dong, Tatsuya Kato,Tetsuya Kousaka, Kazunori Ike, Yumino Matsumoto, Kazunori Ike, and Enoch Y. Park
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[335]. Expression and purification of cyto-insectotoxin (cit1a) using silkworm larvae targeting for an antimicrobial therapeutic agent
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]MP Ali, Katsuhiko Yoshimatsu, Tomohiro Suzuki, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[336]. Preparation of non-toxic gold nanoparticles using phytochemicals
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]JaeWook Lee,Enoch Y. Park
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[337]. デイゴマメレクチンに対する架橋形成型高親和性多価リガンドの機能設計
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]安本 佳成, 尾形 慎, 碓氷 泰市, 朴 龍洙
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[338]. カイコ幼虫でのヘアピン型dsRNA発現によるN-アセチルグルコサミニダーゼの発現制御
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]菊田 孝太郎、兼松亜弓、加藤 竜也、近藤幸子、矢木 宏和、加藤晃一、朴 龍洙
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[339]. Internalization of Drugs in Mycobacterial Smegmatis with the Assistant of Nanoparticle
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]Fangfang Sun, Kwangnak Koh, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[340]. ナノ粒子局在表面プラズモン共鳴によるインフルエンザウイルスの検出
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]高橋 直人, Syed Ahmed Rahin, 加藤 竜也, 朴 龍洙
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[341]. カイコ発現系を用いた脂肪酸代謝酵素の発現に関する研究
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]牧島 悠, 加藤 竜也, Sungjo Park, Andre Terzic, 朴 龍洙
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[342]. トリ型とヒト型インフルエンザウイルスのヘマグルチニンの発現と精製
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]吉田佐和子、加藤竜也、尾形 慎、碓氷泰市、朴龍洙
[備考] ホテルアソシア静岡 3F駿河II
[343]. Preparation of virus-like particles tracking cancer cells using bacmid expression system in silkworm
Shizuoka University International Symposium 2013 - Directions of Interdisciplinary Domain Research in Japan-Europe Partnership - (2013年11月) 招待講演以外
[発表者]Megumi Yui, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Hiroshi Ueda, Enoch Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka
[344]. High- or medium-throughput protein expression and purification in silkworm pupae
Shizuoka University International Symposium 2013 - Directions of Interdisciplinary Domain Research in Japan-Europe Partnership - (2013年11月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, James R. Thompson, Enoch Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka
[345]. Influenza A (H1N1) Virus Detection on Nanoporous Gold Leaf Based on Exciton-Plasmon Coupling
Shizuoka University International Symposium 2013 - Directions of Interdisciplinary Domain Research in Japan-Europe Partnership - (2013年11月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Md Ashraf Hossain, Jung Youn Park, Soo-Hyung Kim, Dongyun Lee, Jaebeom Lee, and Enoch Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka
[346]. Macromolecule Drug Internalization into Mycobacterial Smegmatis
Shizuoka University International Symposium 2013 - Directions of Interdisciplinary Domain Research in Japan-Europe Partnership - (2013年11月) 招待講演以外
[発表者]Fangfang Sun, Kwangnak Koh, Enoch Y. Park, Jaebeom Lee
[備考] Granship in Shizuoka
[347]. Synthesis of biocompatible gold nanoparitcles through eco-friendly method
Shizuoka University International Symposium 2013 - Directions of Interdisciplinary Domain Research in Japan-Europe Partnership - (2013年11月) 招待講演以外
[発表者]Jaewook Lee, Enoch Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka
[348]. Virus like Particles (VLPs) displaying short chain fragments (scFvs) a new nano-biomaterial targeting tumors
Shizuoka University International Symposium 2013 - Directions of Interdisciplinary Domain Research in Japan-Europe Partnership - (2013年11月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo,, Megumi Yui, Masahito Yamazaki, Jahangir Mohammed Alam, Tatsuya Kato, Enoch Y Park
[備考] Granship in Shizuoka
[349]. Collaboration on the topic of biomedical sensor development between Shizuoka University and Pusan National University, Proceeding 1-4
The 2013 Korean-Japanese Student Workshop (2013年10月) 招待講演以外
[発表者]S.R. Ahmed, H. Zhou, J. Lee, F Sun, S Oh, J. Kim, E.Y. Park, and J. Lee
[備考] Hamamatsu campus
[350]. Metal enhanced fluorescence based influenza A (H1N1) virus detection on nanoporous gold leaf (NPGL)
The 2013 Korean-Japanese Student Workshop (2013年10月) 招待講演以外
[発表者]S.R. Ahmed, M.A. Hossain, J.Y. Park, S.-H. Kim, D. Lee, J. Lee and E.Y. Park
[備考] Hamamatsu campus
[351]. Construction of the central carbon metabolic pathway in Ashbya gosypii
2013 KSBB Fall meeting and International Symposium (2013年10月) 招待講演以外
[発表者]Bo-young Jeong, Christoph Wittmann, Enoch Y. Park
[備考] BEXCO in Busan Korea
[352]. Neospora caninum-antigens and antigen displaying baculovirus using silkworm larvae targeting for Neospora vaccine
2013 KSBB Fall meeting and International Symposium (2013年10月) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park, Takahiro Otsuki, Jinhua Dong, Tatsuya Kato
[備考] BEXCO in Busan Korea
[353]. ネオスポラ症及び抗ネオスポラ原虫の検出法の開発、講演要旨45頁
第7回バイオ関連化学シンポジウム (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙、董 金華、 大月 隆寛、加藤 竜也
[備考] 名古屋大学
[354]. Metal Enhanced Fluorescence(MEF) Based Influenza A (H1N1) Virus Detection on Nanoporous Gold Leaf、講演要旨105頁
第7回バイオ関連化学シンポジウム (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Md Ashraf Hossain, Jung Youn Park, Soo-Hyung Kim,  Dongyun Lee, Jaebeom Lee, and Enoch Y. Park
[備考] 名古屋大学
[355]. Improved riboflavin production using Ashbya gossypii mutant targeting for biorefinery of wasted activated bleaching earth, Abstract pp68
Asian Mycological Congress 2013 and the 13th International Marine and Freshwater Mycology Symposium (2013年9月)
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] China National Conventional Center, Beijinag, China
[356]. カイコ発現系を用いたインフルエンザウイルスヘマグルチニンの発現、講演要旨集41頁
第65回日本生物工学会大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]吉田佐和子、加藤竜也、尾形 慎、碓氷泰市、朴龍洙
[備考] 広島国際会議場
[357]. エアリフト型バイオリアクターを用いたAureobasidium pullulans M-2によるβーグルカンの生産、講演要旨集46頁
第65回日本生物工学会大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]守屋直幸、守屋祐生子、伊藤俊介、内山博文、池田麻衣、野村秀雄、草野妃里、岡部満康、朴 龍洙
[備考] 広島国際会議場
[358]. カイコ幼虫でのヘアピン型dsRNA発現によるN-アセチルグルコサミニダーゼの発現制御、講演要旨集123頁
第65回日本生物工学会大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]菊田 孝太郎、兼松亜弓、加藤 竜也、近藤幸子、矢木 宏和、加藤晃一、朴 龍洙
[備考] 広島国際会議場
[359]. BmNPVバクミド-カイコ発現系を用いた脂肪酸代謝関与酵素Acetyl-CoA carboxylaseの発現、講演要旨集125頁
第65回日本生物工学会大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]牧島 悠、加藤 竜也、Sungjo Park, Andre Terzic、朴 龍洙
[備考] 広島国際会議場
[360]. ナノ粒子の局在表面プラズモン共鳴によるインフルエンザウイルスヘマグルチニンの検出、講演要旨集155頁
第65回日本生物工学会大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]高橋 直人, Syed Ahmed Rahin, 董 金華、 朴 龍洙
[備考] 広島国際会議場
[361]. インフルエンザウイルスH1N1特異的組換え抗体の単離及びウイルス検出への応用、講演要旨集189頁
第65回日本生物工学会大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]董 金華、朴 龍洙、上田 宏
[備考] 広島国際会議場
[362]. インフルエンザウイルスH1N1特異的組換え抗体の単離及びウイルス検出への応用、トピック集23〜24頁頁
第65回日本生物工学会大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]董 金華、朴 龍洙、上田 宏
[備考] 広島国際会議場
[363]. Synthesis and Application of Magnetic Quantum Dots for Cellular Imaging Study、講演要旨集153頁
第65回日本生物工学会大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Jinhua Dong, Megumi Yui, Takahiro Otsuki, Vipin Kumar Deo, Jaebeom Lee, Enoch Y Park
[備考] 広島国際会議場
[364]. Virus like Particles (VLPs) displaying short chain fragments (scFvs) a new nano-biomaterial targeting tumors
日本生物工学会中部支部第4回例会 (2013年8月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Megumi Yui, Masahito Yamazaki, Jahangir Mohammed Alam, Tatsuya Kato, Enoch Y Park
[備考] 名古屋大学
[365]. Application of quantum dots incorporated magnetic nanoparticles for imaging colon carcinoma cells
日本生物工学会中部支部第4回例会 (2013年8月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Jinhua Dong, Megumi Yui, Takahiro Otsuki, Vipin kumar Deo, Jaebeom Lee, Enoch Y Park
[備考] 名古屋大学
[366]. 天の虫がワクチンを作る?〜カイコを用いた動物の病気治療用ワクチンの開発〜
共同研究希望テーマ説明会 (2013年7月)
[発表者]朴 龍洙
[備考] アクトシティ浜松研究交流センター
[367]. SPOT14/MIG12 heterodimer modulates polymerization of human acetyl-CoA carboxylase 2 produced in silkworm Bombyx mori
International Meeting on AFM in Life Science and Medicine, 5th AFM BioMed Conference (2013年5月) 招待講演以外
[発表者]Sungjo Park, Yu Makishima, In-Wook Hwang, Tatsuya Kato, Enoch Y Park and Andre Terzic
[備考] China Shanghai
[368]. Display of Neospora caninum Surface Protein Related Sequence 2 (NcSRS2) on Rous sarcoma Virus Derived gag Protein Virus-like Particles (VLPs)
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Katsuhiko Yoshimatsu, Takahiro Otsuki, Jinhua Dong, Tatsuya Kato and Enoch Y Park
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[369]. バキュロウイルス・カイコ発現系を用いて産生したヒトチロシナーゼの性質
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]梅田 彩奈、佐藤 正幸、日下部 宜宏、朴 龍洙、前仲勝実、蜷木 理、殿塚 隆史、西河 淳
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[370]. マルチウェルプレートを用いたカイコ蛹での組換えタンパク質生産
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤 竜也、James Thonpson、朴 龍洙
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[371]. C型肝炎ウイルスの抗HCVコア細胞内抗体の発現と精製
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]山本 英、ビピン クマール デオ、加藤 竜也、鈴木 哲朗、 朴 龍洙
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[372]. Neospora caninum抗原タンパク質を提示したバキュロウイルスの作製とマウスの免疫化
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]大月 隆寛、董 金華、加藤 竜也、高坂 哲也、朴 龍洙
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[373]. 志賀毒素に対する機能性多価糖鎖の合成
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]大泉 貴宏、村川 明子、尾形 慎、碓氷 泰市、朴 龍洙
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[374]. ファージ提示法を用いた抗ネオスポラ抗体の開発及び原虫検出への応用
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]董 金華、大月 隆寛 、加藤 竜也 、朴 龍洙
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[375]. A noble fluorescence probe for influenza A(H1N1) virus detection on glass surface
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmeda, Jinhua Dong, Naoto Takahashi, Jaebeom Lee, Enoch Y Park
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[376]. 多糖ナノ粒子を構造基板としたインフルエンザウイルス結合性糖鎖クラスター材料の機能設計
日本農芸化学会2013年度大会 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎、杉山尚弘、朴 龍洙、渡辺浩史、柳瀨美千代、鷹羽武史、門川惇一、鈴木哲郎、碓氷泰市
[備考] 仙台、東福大学川内キャンパス
[377]. Silkworm larvae as a potential protein factory-Silkworm expression system using bacmid
CELL Tech 2013 (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park
[備考] Crowne Plaza San Diego
[378]. Potential bioethnaol production from waste paper sludge in pulp-based biorefinery, International Symposium on Biotechnology for Green Growth Proceeding p59, 2012
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Joni Prasetyo, Kazuya Naruse, Tatsuya Kato
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[379]. Detection of influenza viruses by using localized surface plasmon resonance, The 2012 Korean-Japanese Student Workshop proceeding p18-19
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]N. Takahashi, J. Dong, S.R. Ahmed, E.Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[380]. Roughness driven metal-enhanced fluorescence (MEF) study on nanocomposite film, The 2012 Korean-Japanese Student Workshop proceeding p47-48
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]S.R. Ahmed, D. Lee, J.B. Lee, E.Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[381]. A noble fluorescence probe for influenza A(H1N1) virus detection on glass, , The 1st International Conference on Pharma and Food proceeding p129
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]S.R. Ahmed, J. Dong,N. Takahashi, J.B. Lee, E.Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[382]. Development of a novel method for detection of influenza viruses,, The 1st International Conference on Pharma and Food proceeding p129
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]N. Takahashi, J. Dong, S.R. Ahmed, E.Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[383]. Expression and purification of hemagglutinin of avian influenza virus H5N1(A/Vietnam/1194/2004), The 1st International Conference on Pharma and Food proceeding p130
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]Y. Kato, T. Kato, J. Dong, M. Ogata, E.Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[384]. Suppression of N-acetylglucosaminidase genes in Bombyx mori cells and silkworm larvae by shRNA expression、ポスター発表
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]Ayumi Kanematsu, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[385]. トリ型インフルエンザH5N1ヘマグルチニンの発現と精製、ポスター発表
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]加藤 由莉、加藤 竜也、董 金華、尾形慎、朴 龍洙
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[386]. Isolation of recombinant phage antibodies targeting the hemagglutinin cleavage site of highly pathogenic avian influenza virus, China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology Proceeding p34
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]Jinhua Dong, Akira Sakurai, Namiko Nomura, Futoshi Shibasaki, Hiroshi Ueda, Enoch Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[387]. Expression of influenza virus hemagglutinins in silkworm larvae and its and purification, China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology Proceeding p33
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]T. Kato, Y. Kato, S, Yoshida, J. Dong, M. Ogata, E.Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[388]. Human Papillomavirus Virus-like Particles: Expression and Characterizing Display of EGFP Whole Proteins in Epitopes Using Silkworm Expression system, China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology Proceeding p8
China-Korea-Japan Partnership in Science and Technology (2013年1月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] Granship in Shizuoka, Japan
[389]. Suppression of N-acetylglucosaminidase genes in Bombyx mori cells and silkworm larvae by shRNA expression、ポスター発表
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2012年12月) 招待講演以外
[発表者]Ayumi Kanematsu, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 静岡市ホテルアソシア
[390]. トリ型インフルエンザH5N1ヘマグルチニンの発現と精製、ポスター発表
シーズ&ニーズビジネスマッチング研究発表会ー高齢化社会・健康・食品産業ー (2012年12月) 招待講演以外
[発表者]加藤 由莉、加藤 竜也、董 金華、尾形慎、朴 龍洙
[備考] 静岡市ホテルアソシア
[391]. A noble fluorescence probe for influenza A(H1N1) virus detection on glass, , The 2012 Korean-Japanese Student Workshop proceding p129
The 1st International Conference on Pharma and Food (2012年11月) 招待講演以外
[発表者]S.R. Ahmed, J. Dong,N. Takahashi, J.B. Lee, E.Y. Park
[備考] Nippondaira Hotel, Shizuoka, Japan
[392]. Development of a novel method for detection of influenza viruses,, The 2012 Korean-Japanese Student Workshop proceding p129
The 1st International Conference on Pharma and Food (2012年11月) 招待講演以外
[発表者]N. Takahashi, J. Dong, S.R. Ahmed, E.Y. Park
[備考] Nippondaira Hotel, Shizuoka, Japan
[393]. Expression and purification of hemagglutinin of avian influenza virus H5N1(A/Vietnam/1194/2004), The 2012 Korean-Japanese Student Workshop proceding p130
The 1st International Conference on Pharma and Food (2012年11月) 招待講演以外
[発表者]Y. Kato, T. Kato, J. Dong, M. Ogata, E.Y. Park
[備考] Nippondaira Hotel, Shizuoka, Japan
[394]. Detection of influenza viruses by using localized surface plasmon resonance, The 2012 Korean-Japanese Student Workshop proceding p18-19
The 2012 Korean-Japanese Student Workshop (2012年11月) 招待講演以外
[発表者]N. Takahashi, J. Dong, S.R. Ahmed, E.Y. Park
[備考] Pusan National University
[395]. Roughness driven metal-enhanced fluorescence (MEF) study on nanocomposite film, The 2012 Korean-Japanese Student Workshop proceding p47-48
The 2012 Korean-Japanese Student Workshop (2012年11月) 招待講演以外
[発表者]S.R. Ahmed, D. Lee, J.B. Lee, E.Y. Park
[備考] Pusan National University
[396]. Potential bioethnaol production from waste paper sludge in pulp-based biorefinery, International Symposium on Biotechnology for Green Growth Proceeding p59, 2012
International Symposium on Biotechnology for Green Growth (2012年10月) 招待講演
[発表者]Enoch Y. Park, Joni Prasetyo, Kazuya Naruse, Tatsuya Kato
[備考] Kobe Convention & Visitors Association
[397]. 糖鎖を活用した機能性材料の開発
オプトリニクスフェア 2012in浜松 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎、董 金華、朴 龍洙
[備考] アクトシティ浜松
[398]. トリ型インフルエンザH5N1ヘマグルチニンの発現、第64回日本生物工学会大会講演要旨集196頁
第64回日本生物工学会大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]加藤由梨、加藤竜也、董 金華、尾形慎、朴 龍洙
[備考] 神戸国際会議場
[399]. Aureobasidium pullulans M-2の生産培地の最適化によるβ-グルカン発酵生産の向上、第64回日本生物工学会大会講演要旨集190頁
第64回日本生物工学会大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]浅田祐弘、守屋直幸、守屋祐生子、草野妃里、岡部満康、朴 龍洙
[備考] 神戸国際会議場
[400]. Aureobasidium pullulans M-2(FERM BP08615)育種によるβ-(1-3)(1-6)グルカン生産性の向上、第64回日本生物工学会大会講演要旨集190頁
第64回日本生物工学会大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]守屋直幸、守屋祐生子、野村秀雄、草野妃里、朴 龍洙、浅田祐弘
[備考] 神戸国際会議場
[401]. 量子ドット/金ナノ粒子複合体を用いた牛ネオスポラ症の検出、第64回日本生物工学会大会講演要旨集228頁
第64回日本生物工学会大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]董金華、周 宏建、李 可範、朴 龍洙
[備考] 神戸国際会議場
[402]. カキコを用いたがん細胞に特異的結合するウイルス要粒子の作製、第64回日本生物工学会大会講演要旨集152頁
第64回日本生物工学会大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]油井 恵、董金華、加藤竜也、Deo Vipin Kumar、上田 宏、朴 龍洙
[備考] 神戸国際会議場
[403]. イタコン酸生産能を有するAspergillus oryzaeの分子育種、第64回日本生物工学会大会講演要旨集66頁
第64回日本生物工学会大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]山田智士、倉地祐子、朴 龍洙、荒井基夫、金政 真
[備考] 神戸国際会議場
[404]. カイコ細胞及び幼虫でのshRNA発現によるN-アセチルグルコサミニダーゼ遺伝子の発現制御、第64回日本生物工学会大会講演要旨集48頁
第64回日本生物工学会大会 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]兼松亜弓、Deo Vipin Kumar、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 神戸国際会議場
[405]. Silkworm biotechnology for preparation of nano-biomaterials
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Megumi Yui, Palaniyandi Muthu Kutty, Jinhua Dong, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[406]. Construction of new ligation-independent cloning vectors for BmNPV bacmid-silkworm expression system
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, James R. Thompson, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[407]. RSV-gag derived VLPs a suitable display system for displaying human protenin receptor a membrane protein
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Yoshitaka Tsuji, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[408]. Expression of Neospora caninum proteins and their applications in diagnosis of neosporosis in cattle
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Jinhua Dong, Takahiro Otsuki, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[409]. Display of neospra caninum antigenic proteins (SRS2, SAG1, MIC3) onto the baculovirus surface for neosporosis vaccine
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Otsuki, Jinhua Dong, Tatsuya Kato Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[410]. Suppression of N-acetylglucosaminidase genes in Bombyx mori cells using RNA interference technique
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Ayumi Kanematsu, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[411]. Synthesis of novel tetravalent ligands containing fucosyl-triose or pentaose for the analysis of carbohydrate-carbohydrate interactions
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Daichi Mori, makoto Ogata, Taichi Usui, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[412]. Nonlinear optical efforts on QDs
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[413]. Detection of Anti- Neospora Antibodies in Bovine Serum by Au-CdTe Nanocomplex
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Hongjian Zhou, Jinhua Dong, Enoch Y. Park, Jaebeom Lee
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[414]. Silkworm biotechnology for preparation of nano-biomaterials
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Megumi Yui, Palaniyandi Muthu Kutty, Jinhua Dong, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[415]. Construction of new ligation-independent cloning vectors for BmNPV bacmid-silkworm expression system
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, James R. Thompson, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[416]. RSV-gag derived VLPs a suitable display system for displaying human protenin receptor a membrane protein
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Yoshitaka Tsuji, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[417]. Expression of Neospora caninum proteins and their applications in diagnosis of neosporosis in cattle
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Jinhua Dong, Takahiro Otsuki, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[418]. Display of neospra caninum antigenic proteins (SRS2, SAG1, MIC3) onto the baculovirus surface for neosporosis vaccine
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Otsuki, Jinhua Dong, Tatsuya Kato Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[419]. Suppression of N-acetylglucosaminidase genes in Bombyx mori cells using RNA interference technique
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Ayumi Kanematsu, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[420]. Synthesis of novel tetravalent ligands containing fucosyl-triose or pentaose for the analysis of carbohydrate-carbohydrate interactions
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Daichi Mori, makoto Ogata, Taichi Usui, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[421]. Nonlinear optical efforts on QDs
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[422]. Detection of Anti- Neospora Antibodies in Bovine Serum by Au-CdTe Nanocomplex
Global Young Fellowship for Functional Development of Life Science (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Hongjian Zhou, Jinhua Dong, Enoch Y. Park, Jaebeom Lee
[備考] 韓国 Wasung Hall Kyungpook National University
[423]. A new diagnostic method for neosporosis in cattle using recombinant Neospora caninum proteins
15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (Innovative Biotechnology for a green world and beyond) (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Jinhua Dong, Takahiro Otsuki, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Daegu in Korea
[424]. Vector development for high-throughput protein expression in silkworms
15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (Innovative Biotechnology for a green world and beyond) (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, James R. Thompson, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Daegu in Korea
[425]. Application of silkworm biotechnology on generation of virus–like and protein–displaying particles
15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (Innovative Biotechnology for a green world and beyond) (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Megumi Yui, Palaniyandi Muthu Kutty, Jinhua Dong, Vipin Kumar Deo, and Tatsuya Kato
[備考] EXCO, Daegu in Korea
[426]. Application of silkworm biotechnology on generation of virus-like and protein-displaying particles
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演
[発表者]Enoch Youngsoo Park 
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[427]. Vector development for high-throughput protein expression in silkworms
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演
[発表者]Tatsuya Kato
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[428]. RSV-gag derived VLPs a suitable display system for displaying human protenin receptor a membrane protein
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演
[発表者]Vipin Kumar Deo
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[429]. A new diagnosticle-based platform for rapid and efficient capture pf circulating tumor cells
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演
[発表者]Jinhua Dong
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[430]. Bioconjugation of urchin-like gold nanoparticles with CdTe quantum dots targeted for molecular recognition
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Zhou Hongjian, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[431]. The bioconjugated Au nanoparticles and CdTe quantum dots for field-enhanced light absorption
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Hongjian Zhou, Jinhua Dong, Wonseok Oh, Takahiro Otsuki, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[432]. Synthesis of novel tetravalent ligands containing fucosyl-triose or pentaose for the analysis of carbohydrate-carbohydrate interactions
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Daichi Mori, Makoto Ogata, Enoch Y. Park, Taichi Usui
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[433]. Display of neospra caninum antigenic proteins (SRS2, SAG1, MIC3) onto the baculovirus surface
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Otsuki, Jinhua Dong, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[434]. Development of humanized sugar chain in silkworm by silencing N-acetylglucosaminidase gene using RNA interference technique
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Ayumi Kanematsu, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[435]. A new diagnostic method for neosporosis in cattle using recombinant Neospora caninum proteins
15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (Innovative Biotechnology for a green world and beyond) (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Jinhua Dong, Takahiro Otsuki, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Daegu in Korea
[436]. Vector development for high-throughput protein expression in silkworms
15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (Innovative Biotechnology for a green world and beyond) (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, James R. Thompson, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Daegu in Korea
[437]. Application of silkworm biotechnology on generation of virus–like and protein–displaying particles
15th International Biotechnology Symposium and Exhibition (Innovative Biotechnology for a green world and beyond) (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Megumi Yui, Palaniyandi Muthu Kutty, Jinhua Dong, Vipin Kumar Deo, and Tatsuya Kato
[備考] EXCO, Daegu in Korea
[438]. Application of silkworm biotechnology on generation of virus-like and protein-displaying particles
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演
[発表者]Enoch Youngsoo Park 
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[439]. Vector development for high-throughput protein expression in silkworms
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演
[発表者]Tatsuya Kato
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[440]. RSV-gag derived VLPs a suitable display system for displaying human protenin receptor a membrane protein
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演
[発表者]Vipin Kumar Deo
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[441]. A new diagnosticle-based platform for rapid and efficient capture pf circulating tumor cells
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演
[発表者]Jinhua Dong
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[442]. Bioconjugation of urchin-like gold nanoparticles with CdTe quantum dots targeted for molecular recognition
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Syed Rahin Ahmed, Zhou Hongjian, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[443]. The bioconjugated Au nanoparticles and CdTe quantum dots for field-enhanced light absorption
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Hongjian Zhou, Jinhua Dong, Wonseok Oh, Takahiro Otsuki, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Jaebeom Lee, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[444]. Synthesis of novel tetravalent ligands containing fucosyl-triose or pentaose for the analysis of carbohydrate-carbohydrate interactions
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Daichi Mori, Makoto Ogata, Enoch Y. Park, Taichi Usui
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[445]. Display of neospra caninum antigenic proteins (SRS2, SAG1, MIC3) onto the baculovirus surface
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Otsuki, Jinhua Dong, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[446]. Development of humanized sugar chain in silkworm by silencing N-acetylglucosaminidase gene using RNA interference technique
IBS2012 International Biotechnology Symposium and Exhibition (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]Ayumi Kanematsu, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] EXCO, Dawgu, Korea
[447]. キタムラサキウニにおけるTyrosinase-like geneの分子クローニング及び機能解析
日本動物学会第83回大会 (2012年9月) 招待講演以外
[発表者]塙宗継、春岡素子、張曙佳、加藤竜也、朴 龍洙、笹浪知宏、鳥山 優
[備考] 大阪大学豊中キャンパス
[448]. Expression and purification of HPV 6b L1 virus-like particles and generation of chimeric forms using silkworm expression system
H24年日本生物工学会中部支部例会 (2012年8月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 名古屋大学
[449]. Expression and purification of HPV 6b L1 virus-like particles and generation of chimeric forms using silkworm expression system
H24年日本生物工学会中部支部例会 (2012年8月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 名古屋大学
[450]. シアロ型多価配糖体とヒノンニワトコレクチンとの凝集メカニズムの解析、2012年度日本農芸化学会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]梅村 征一郎、尾形 慎、村田 健臣、朴 龍洙、中村 直樹、松尾 一郎、碓氷 泰市
[備考] 京都女子大学
[451]. フコシル三糖及び五糖含有新規4価配位体の合成、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]森 大地、尾形 慎、朴 龍洙、碓氷泰市
[備考] 京都女子大学
[452]. Acremonium cellulolyticus C1とSaccharomyces cerevisiae ATCC4126の共培養による効率的なエタノール生産、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]成瀬和弥、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[453]. リラキシン関連因子(RLF)の受容体RXFP2/LGR8発現昆虫細胞安定株の作製、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤光、加藤竜也、高坂哲也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[454]. Ligation-independent cloning法を用いたカイコ-バクミド発現系ベクターの構築、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也、トンプソンジョームス、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[455]. Virus like particles of human papillomavirus L1 major capsid protein and chimeric forms produced and purified using silkworm expression system、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 京都女子大学
[456]. カイコ幼虫を用いたBmNPV表面上へのNeospora caninum抗原タンパク質の提示、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]大月 隆寛、董 金華、加藤 竜也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[457]. 新規ウシネオスポラ症診断法の開発、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]董 金華、大月 隆寛 、加藤 竜也 、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[458]. シアロ型多価配糖体とヒノンニワトコレクチンとの凝集メカニズムの解析、2012年度日本農芸化学会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]梅村 征一郎、尾形 慎、村田 健臣、朴 龍洙、中村 直樹、松尾 一郎、碓氷 泰市
[備考] 京都女子大学
[459]. フコシル三糖及び五糖含有新規4価配位体の合成、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]森 大地、尾形 慎、朴 龍洙、碓氷泰市
[備考] 京都女子大学
[460]. Acremonium cellulolyticus C1とSaccharomyces cerevisiae ATCC4126の共培養による効率的なエタノール生産、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]成瀬和弥、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[461]. リラキシン関連因子(RLF)の受容体RXFP2/LGR8発現昆虫細胞安定株の作製、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤光、加藤竜也、高坂哲也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[462]. Ligation-independent cloning法を用いたカイコ-バクミド発現系ベクターの構築、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也、トンプソンジョームス、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[463]. Virus like particles of human papillomavirus L1 major capsid protein and chimeric forms produced and purified using silkworm expression system、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 京都女子大学
[464]. カイコ幼虫を用いたBmNPV表面上へのNeospora caninum抗原タンパク質の提示、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]大月 隆寛、董 金華、加藤 竜也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[465]. 新規ウシネオスポラ症診断法の開発、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]董 金華、大月 隆寛 、加藤 竜也 、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[466]. シアロ型多価配糖体とヒノンニワトコレクチンとの凝集メカニズムの解析、2012年度日本農芸化学会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]梅村 征一郎、尾形 慎、村田 健臣、朴 龍洙、中村 直樹、松尾 一郎、碓氷 泰市
[備考] 京都女子大学
[467]. フコシル三糖及び五糖含有新規4価配位体の合成、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]森 大地、尾形 慎、朴 龍洙、碓氷泰市
[備考] 京都女子大学
[468]. Acremonium cellulolyticus C1とSaccharomyces cerevisiae ATCC4126の共培養による効率的なエタノール生産、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]成瀬和弥、加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[469]. リラキシン関連因子(RLF)の受容体RXFP2/LGR8発現昆虫細胞安定株の作製、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤光、加藤竜也、高坂哲也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[470]. Ligation-independent cloning法を用いたカイコ-バクミド発現系ベクターの構築、2012年日本農芸化学会大会、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也、トンプソンジョームス、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[471]. Virus like particles of human papillomavirus L1 major capsid protein and chimeric forms produced and purified using silkworm expression system、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] 京都女子大学
[472]. カイコ幼虫を用いたBmNPV表面上へのNeospora caninum抗原タンパク質の提示、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]大月 隆寛、董 金華、加藤 竜也、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[473]. 新規ウシネオスポラ症診断法の開発、平成24年3月24日(京都女子大学)
2012年度日本農芸化学大会 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]董 金華、大月 隆寛 、加藤 竜也 、朴 龍洙
[備考] 京都女子大学
[474]. Expression of Shigatoxin B subunit, Proceeding 36, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Oizumi, Akiko Murakawa, Makoto Ogata, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[475]. Promotion of nanobio-technology research to support aging, welfare society in Shizuoka University, Proceeding 1-2, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Naoharu Watanabe
[備考] Zhejiang Univ. in China
[476]. Generation of HPV6b L1 Virus-like Particles and Displaying EGFP in Their Three Different Antigenic Regions, Proceeding 21, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[477]. Expression and purification of human wnt3a (h-wnt3a) in silkworms, Proceeding 6-7, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Takuya Iida, Tatsuya Kato and Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[478]. Murine antibodies against Neospora caninum protein, Proceeding 11-12, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Jinhua Dong, Takahiro Otsuki, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[479]. Expression and purification of human-Wnt3a by using silkworm larvae, Proceeding 29, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Iida Takuya, Vipin Kumar Deo, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[480]. Display of the human (pro)renin receptor on Bombyx mori nucelopolyhedrovirus (BmNPV) particles for application of ligand-binding assay, Proceeding 9-10, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, Fumiaki Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[481]. Expression and purification of intracellular antibody (intrabody) in silkworm to develop inhibitors used for treating hepatitis C virus (HCV) infection, Proceeding 32, 2012..
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Takeshi Yamamoto, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[482]. Expression of hemagglutinin of avian influenza H5N1(A/Vietnam/1194/2004), Proceeding 39, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Yuri Kato, Akiko Murakawa, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[483]. Expression and Purification of Hemagglutinin Using Silkworm Expression System, Proceeding 26, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Jiangxue Li, Akiko Murakawa, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[484]. Preparation of virus-like particles tracking cancer cells using bacmid expression system in silkworm, Proceeding 46, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Megumi Yui, Vipin Kumar Deo, Hiroshi Ueda, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[485]. Expression of Shigatoxin B subunit, Proceeding 36, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Oizumi, Akiko Murakawa, Makoto Ogata, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[486]. Promotion of nanobio-technology research to support aging, welfare society in Shizuoka University, Proceeding 1-2, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park, Naoharu Watanabe
[備考] Zhejiang Univ. in China
[487]. Generation of HPV6b L1 Virus-like Particles and Displaying EGFP in Their Three Different Antigenic Regions, Proceeding 21, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[488]. Expression and purification of human wnt3a (h-wnt3a) in silkworms, Proceeding 6-7, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Takuya Iida, Tatsuya Kato and Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[489]. Murine antibodies against Neospora caninum protein, Proceeding 11-12, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Jinhua Dong, Takahiro Otsuki, Tatsuya Kato, and Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[490]. Expression and purification of human-Wnt3a by using silkworm larvae, Proceeding 29, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Iida Takuya, Vipin Kumar Deo, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[491]. Display of the human (pro)renin receptor on Bombyx mori nucelopolyhedrovirus (BmNPV) particles for application of ligand-binding assay, Proceeding 9-10, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, Fumiaki Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[492]. Expression and purification of intracellular antibody (intrabody) in silkworm to develop inhibitors used for treating hepatitis C virus (HCV) infection, Proceeding 32, 2012..
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Takeshi Yamamoto, Vipin Kumar Deo, Tatsuya Kato, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[493]. Expression of hemagglutinin of avian influenza H5N1(A/Vietnam/1194/2004), Proceeding 39, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Yuri Kato, Akiko Murakawa, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[494]. Expression and Purification of Hemagglutinin Using Silkworm Expression System, Proceeding 26, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Jiangxue Li, Akiko Murakawa, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[495]. Preparation of virus-like particles tracking cancer cells using bacmid expression system in silkworm, Proceeding 46, 2012.
2nd Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop "Seedling for Green Science and Technology" (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]Megumi Yui, Vipin Kumar Deo, Hiroshi Ueda, Enoch Y. Park
[備考] Zhejiang Univ. in China
[496]. ペーパースラッジをバイオエタノールの生産原料に
近畿バイオインダストリー振興会議 第19回バイオマス研究会 (2012年2月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 新大阪ニッセイビル18階 ネットカンファランス H会議室
[497]. ペーパースラッジをバイオエタノールの生産原料に
近畿バイオインダストリー振興会議 第19回バイオマス研究会 (2012年2月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 新大阪ニッセイビル18階 ネットカンファランス H会議室
[498]. Expression of relaxin-like factor using silkworm expression system, Proceeding 80, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Hikaru Kato, Tatsuya Kato, Tetsuya Kohsaka, Enoch Y Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[499]. Large scale expression of h-Wnt3a by using silkworms and insect cells and purification, Proceeding 83, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Iida Takuya, Vipin Kumar Deo, Enoch Y. Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[500]. Preparation of virus-like particles (VLPs) tracking cancer cells using bacmid expression system in silkworm, Proceeding 61, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Megumi Yui, Vipin Kumar Deo, Hiroshi Ueda, Enoch Y. Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[501]. Efficient ethanol production in the co-culture of Saccharomyces cerevisiae and Acremonium cellulolyticus, Proceeding 79, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Kazuya Naruse, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[502]. Development of a novel diagnostic method for cattle neosporosis, Proceeding 184-185, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Jinhua Dong, Takahiro Ootsuki, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[503]. Expression and Purification of Human Pappilomavirus 6b L1 virus-like particles (VLP) and display of chimeric EGFP whole protein incorporated in VLP epitopes, Proceeding 60, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniyandi, Tatsuya Kato, Enoch Y. Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[504]. Display of Neospora caninum antigens using BmNPV bacmid in silkworm larvae for development of neosporosis vaccines、Proceeding57, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Otsuki, Jinhua Dong, Tatsuya Kato, and Enoch Y Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[505]. Display of Hemagglutinin from H1N1 on virus like particles for vaccinations, Proceeding 144-145, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Deo Vipin Kumar, Tomomi Yasuda, Tatsuya Kato and Enoch Y Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[506]. Development of vectors for high-throughput protein expression in silkworms, Proceeding 178-179, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato, James R. Thompson, Enoch Y. Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[507]. Expression of hepatitis C virus core protein and intrabody, an inhibitor of core protein in the silkworm, Proceeding 59, 2011.
Shizuoka University International Symposium 2011, "Initiatives for Crossing Boundaries within Science and Technology" (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Takeshi Yamamoto, Vipin Kumar Deo, Tetsuro Suzuki, Enoch Y. Park
[備考] B-Nest, Shizuoka, Japan
[508]. Development of sLeX immobilized Quantum dots, The 8thKorean-Japan Student Workshop Proceeding 51-54, 2011
The 8thKorean-Japan Student Workshop (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Haruyuki Nakagawa, Won Seok Oh, Akiko Murakawa, Taichi Usui, Jaebeom Lee, and Enoch Y.Park
[備考] Shizuoka University, Japan
[509]. Production of HA Displayed Virus-like Particle Using Stable Insect Cell Line System, The 8thKorean-Japan Student Workshop Proceeding 59-62, 2011
The 8thKorean-Japan Student Workshop (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Tomomi Yasuda, Deo Vipin Kumar, Tatsuya Kato and Enoch Y Park
[備考] Shizuoka University, Japan
[510]. ピロリ菌生育阻害を目的としたGlcNAc含有糖鎖ポリペプチドの合成、
日本農芸化学会2011年度大会 (2011年10月) 招待講演以外
[発表者]佐藤 彩子,近藤 修啓,星野 瞳,碓氷 泰市,朴 龍洙,中山 淳,村田 健臣
[511]. 低分子四価シアロ糖鎖リガンドの合成とシアル酸認識レクチン及びヒト型インフルエンザウイルスとの結合能評価、
日本農芸化学会2011年度大会 (2011年10月) 招待講演以外
[発表者]梅村 征一郎,尾形 慎,村田 健臣,朴 龍洙,中村 直樹,松尾 一郎,碓氷 泰市
[512]. カイコによるほ乳類由来糖転移酵素の発現
日本農芸化学会2011年度大会 (2011年10月) 招待講演以外
[発表者]森 大地,尾形 慎,田見祐一,碓氷泰一,朴 龍洙
[513]. カイコ幼虫を用いたウイルス様粒子(Virus-like particles)の効率的発現と応用、第63回日本生物工学会大会講演要旨集158頁、2011年
第63回日本生物工学会大会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]辻 由隆, Vipin Kumar Deo, 加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 東京農工大学
[514]. バクミド-カイコ発現系を用いたInfluenza virus-like particlesの発現と精製、第63回日本生物工学会大会講演要旨集158頁、2011年
第63回日本生物工学会大会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]保田 朋美, Vipin Kumar Deo, 加藤竜也, 朴 龍洙
[備考] 東京農工大学
[515]. カイコ‐バクミド発現系によるリラキシン関連因子(RLF)の発現、第63回日本生物工学会大会講演要旨集158頁、2011年
第63回日本生物工学会大会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]加藤光、加藤竜也、高坂哲也、朴 龍洙
[備考] 東京農工大学
[516]. BmNPVバクミド‐カイコ発現系を用いたNeospora caninum抗原タンパク質の発現、第63回日本生物工学会大会講演要旨集158頁、2011年
第63回日本生物工学会大会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]大月 隆寛,加藤 竜也,朴 龍洙
[備考] 東京農工大学
[517]. Bio-conversion of paper sludge to biofuel by simultaneous saccharification and fermentation using cellulase of paper sludge origin and thermotolerant Saccharomyces cerevisiae TJ14、第63回日本生物工学会大会講演要旨集116頁、2011年
第63回日本生物工学会大会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]Joni Prasetyo, Kazuya Naruse, Tatsuya Kato, Chuenchit Boonchird, Satoshi Harashima, Enoch Y. Park
[備考] 東京農工大学
[518]. 未処理ペーパースラッジ(PS)を活用したバイオエタノールの生産―PS由来のセルラーゼの評価―、第63回日本生物工学会大会講演要旨集116頁、2011年
第63回日本生物工学会大会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]成瀬 和弥,Joni Prasetyo, 加藤 竜也,Chuenchit Boonchird, 原島 俊, 朴 龍洙
[備考] 東京農工大学
[519]. Virus like Proteins (VLPs) a new display Technology for vaccination
第3回静岡大学-浜松医科大学研究交流会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo, Tomomi Yasuda, Tsuji Yoshitaka and Enoch Y. Park
[備考] 浜松医科大学
[520]. Display of membrane protein on baculovirus and application on protein protein interaction
第3回静岡大学-浜松医科大学研究交流会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也、朴 龍洙
[備考] 浜松医科大学
[521]. カイコ発現系によるウイルス様粒子の発現と応用、2011年度日本生物工学会中部支部例会要旨集5ページ、2011年
2011年度日本生物工学会中部支部例会 (2011年8月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 名古屋大学
[522]. Bio-refinery of untreated paper sludge using cellulase produced by Acremonium cellulolyticus、2011年度日本生物工学会中部支部例会要旨集7ページ、2011年
2011年度日本生物工学会中部支部例会 (2011年8月) 招待講演以外
[発表者]Joni Prasetyo, Kazuya Naruse, Enoch Y. Park
[備考] 名古屋大学
[523]. Evaluation of microdomain formulation by synthetic glycolipid,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Akiko Murakawa,Ayumi Kanematsu,Taiichi Usui,Enoch Y. Park
[524]. Expression and purification of human Wnt3a in silkworm larvae,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Jiangxue Li,Vipin Kumar Deo,Michael Jones,Enoch Y. Park
[525]. Expression of Neospora caninum antigenic proteins using Bombyx mori nucleopolyhedrovirus (BmNPV) bacmid expression system,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Otsuki,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[526]. Evaluation of binding affinity of wheat germ agglutinin to the synthetic glycolipid cluster,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Ayumi Kanematsu,Akiko Murakawa,Taichi Usui,Enoch Y. Park
[527]. hemo enzymatic synthesis of glycan probe and its applications for biosensor,
st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Yuichi Tami,Daichi Mori,Naohiro Sugiyama,Makoto Ogata,Enoch Y. Park,Taichi Usui
[528]. Efficient expression of functional glycosyltransferase using BmNPV bacmid system,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Daichi Mori,Yuichi Tami,Makoto Ogata,Taichi Usui,Enoch Y. Park
[529]. Improvement of cellulase production in cultures of Acremonium cellulolyticus using pretreated waste milk pack,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Kazuya Naruse,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[530]. Elastin-like polypeptides as purification tags in silkworm expression system,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Muthukutty Palaniy,i,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[531]. Enhanced expression system in silkworm by modified polyhedrin promoter,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Suganthi Lavender Manohar,Shin Kanamasa,Makoto Ogata,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[532]. VLPs display technology a step towards efficient vaccination platform using stable insect cell line and silkworm
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo,Yoshitaka Tsuji,Tomomi Yasuda,Tatsuya Kato,Naonori Sakamoto,Hisao Suzuki,,Enoch Y. Park
[533]. 合成糖脂質二分子膜の形態観察およびレクチンの動力学解析、
日本化学会第91春季年会 (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]村川明子,兼松亜弓,碓氷泰市,朴龍洙
[534]. Functional design of sialoglycopolypeptide for potentially blocking influenza virus infection,
1st Zhejiang Univ.-Shizuoka Univ. Student Workshop. (2011年3月) 招待講演以外
[発表者]Makoto Ogata,Enoch Y. Park,Taichi Usui
[535]. カイコ幼虫を用いたヒト由来抗体発現における分子シャペロンの応用、
中部乳酸菌研究会 (2010年10月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,加藤竜也
[536]. 牛乳パックを炭素源としたAcremonium cellulolyticusによるセルラーゼの効率的生産、
第62回日本生物工学会大会 (2010年10月) 招待講演以外
[発表者]成瀬和弥,朴 龍洙
[537]. Improving of cellulase activity of Acremonium cellulolyticus by a mutation using SAC001 mutant、
第62回日本生物工学会大会 (2010年10月) 招待講演以外
[発表者]Lies Dwiarti,E. Y. Park
[538]. Efficient Cellulase Production in the Culture of Acremonium cellulolyticus Utilizing Paper Sludge as Carbon Source、
第62回日本生物工学会大会 (2010年10月) 招待講演以外
[発表者]Joni Prasetyo,Jing Zhu,Lies Dwiarti,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[備考] 開催場所(宮崎県)
[539]. Improved riboflavin production using Ashbya gossypii mutant targeting for biorefinery of wasted activated bleaching earth,
14th International Biotechnology Symposium an Exhibition 2010 (2010年9月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park,T. Sugimoto,Y. Ito,L. Dwiarti,M. Nariyama
[備考] 開催場所(Italy)
[540]. Expression of Rous Sarcoma Virus gag protein forming virus like particles in insect cells,
Second Joint Symposium TU Braunschweig – Shizuoka University, (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Vipin K Deo,Tomomi Yasuda,Tsuji Yoshitaka,Enoch Y. Park
[541]. Isolation of thermo-tolerant mutant strains of Ashbya gossypii,
Second Joint Symposium TU Braunschweig – Shizuoka University, (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Haruyuki Nakagawa,Lies Dwiarti,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[542]. Application of Disparity Mutagenesis Technology on Ashbya gossypii and its DNA Microarray Analysis,
Second Joint Symposium TU Braunschweig – Shizuoka University, (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park,T. Sugimoto,Y. Ito,L. Dwiarti,M. Nariyama
[備考] 開催場所(German)
[543]. Study on Cellulase Production from Waste Paper Sludge as Carbon Source by the Culture of Acremonium cellulolyticus,
The 2nd International Conference of Cellular & Molecular Bioengineering, (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Joni Prasetyo,Kazuya Naruse,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[544]. Enhanced Gene Expression in Insect Cells and Silkworm Larva by Modified Polyhedrin Promoter using Repeated Burst Sequence and Very Late Transcriptional Factor-1,
The 2nd International Conference of Cellular & Molecular Bioengineering (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Suganthi Lavender Manohar,Shin Kanamasa,Takaya Nishida,Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[545]. Disparity Mutagenesis Technology for Improving Riboflavin Productivity of Ashbya gossypii,
The 2nd International Conference of Cellular & Molecular Bioengineering (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Lies Dwiarti,Yoko Itoh,Haruyuki Nakagawa,E. Y. Park
[546]. Display of human prorenin receptor on baculovirus using silkworm larvae and its application on detection of protein-protein interaction,
The 2nd International Conference of Cellular & Molecular Bioengineering (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato,Enoch Y Park
[備考] 開催場所(Singapore)
[547]. Synthesis of chelate moleculat-based tetravalent glycoside influenza virus inhibitor,
Second Joint Symposium TU Braunschweig – Shizuoka University, (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Seiichiro Umemura,Makoto Ogata,Chika Hashimoto,Enoch Y. Park,Taichi Usui
[548]. Functional Analyses of Glycosyltransferase with Real-time Monitoring,
Second Joint Symposium TU Braunschweig – Shizuoka University, (2010年8月) 招待講演以外
[発表者]Akiko Murakawa,Takato Kusakabe,Naoki Itano,Toshiaki Mori,Yoshio Okahata,Enoch Y. Park
[549]. Enhanced activity of polyhedrin promoter by repeated burst sequence and very late transcriptional factor-1 and its application on gene expression in silkworm.
German-Japan Joint Symposium (2009年11月) 招待講演以外
[発表者]Suganthi Lavender Manohar,Shin Kanamasa,Takuaya Nishida,Tatsuyo Kato,Enoch Y Park
[550]. Various strategies for improvement of riboflavin production in filamentous Ashbya gossypii.
German-Japan Joint Symposium (2009年11月) 招待講演以外
[発表者]Takashi SUGIMOTO,Enoch Y. PARK
[551]. Efficient saccharification of paper sludge by Acremonium cellulolyticus cellulase
German-Japan Joint Symposium (2009年11月) 招待講演以外
[発表者]Lies Dwiarti,Joni Prasetyo,Syuuhei Sumita,Kazuya Narusei,Enoch Y. Park
[552]. Development of novel DDS based on RSV-gag virus like particles
German-Japan Joint Symposium (2009年11月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo,Yoshitaka Tsuji,Enoch Y. Park
[553]. Improving riboflavin productivity using disparity mutagenesis technology for targeting biorefinery technology
German-Japan Joint Symposium (2009年11月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. PARK,Yoko Ito,Takashi Sugimoto,,Lies Dwiarti
[554]. 廃油脂資源から 生産されたリボフラビンの 家畜への応用(I)
先進的農業推進協議会・研究成果情報交換会 (2009年10月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙
[555]. Platform technology of life science ― Silkworm expression system using bacmid ―
Pusan University (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park
[556]. カイコ幼虫を宿主としたヒト分子シャペロンの共発現によるヒト由来抗体の効率的発現
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]仁科 拓也,石切山 元希,加藤竜也,宇野 剛,矢木 宏和,加藤 晃一,上田 宏,朴 龍洙
[557]. EFFICIENT SACCHARIFICATION OF PAPER SLUDGE BY A. cellulolyticus CELLULASE
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]Joni Prasetyo,Kazuya Naruse,Syuhei Sumida,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[558]. グリオキシル酸回路二酵素の染色体上高発現系によるAshbya gossypiiのリボフラビン生産性の向上
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]杉本 貴志,加藤竜也,朴 龍洙
[559]. BmNPVバクミドを用いたヒト膜タンパク質受容体のカイコ個体での生産、
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]梶川瑞穂,佐々木香織,黒木喜美子,橋口隆生,岡部由紀,福原秀雄,竹田誠,柳雄介,脇本義太郎,豊岡勝,武田茂樹,本橋智子,霜島司,朴龍洙,前仲勝実
[560]. GFPをモデルタンパク質としたカイコ-バクミド発現系の評価
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]辻 由隆,加藤竜也,李 在萬,日下部 宜宏,朴 龍洙
[561]. 蚕バイオテクノロジータンパク質生産工場として
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙
[562]. GFP融合ヒト由来膜タンパク質のBmNPVへの提示とカイコ体液からの精製
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]加藤 竜也,マノハー スガンティ ラベンダー,朴 龍洙
[563]. Kinetic study of inhibitor and enhancer towards lipase activity during biodiesel conversion from waste activated bleaching earth
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]Lies Dwiarti,Ehsan Ali,Enoch Y. Park
[564]. カイコ幼虫および昆虫細胞で生産したヒトβ1,3N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ 2 (β3GnT2)の糖鎖解析
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]百嶋崇,仁科拓也,加藤竜也,宇野 剛,矢木宏和,加藤晃一,朴 龍洙
[565]. FACSを用いた形質転換昆虫細胞の迅速スクリーニングによる効率的安定株の作製法とその解析
第61回日本生物工学会大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]吉塚 健吾,加藤 竜也,朴 龍洙
[566]. 高齢化・福祉社会を支えるナノバイオテクノロジー、―機能性ナノマテリアルや医療補助計測装置の開発による「よりよく食べる・よりよく暮らす」―
第15回共同研究希望テーマ説明会2009 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙
[567]. iorefinery of activated bleaching earth discharged from oil-refinery process
The 8th International Symposium on Clean Technology and Display Technology (2009年9月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考]  開催地(韓国)
[568]. 廃油脂由来リボフラビンの畜産における利用法の検討
日本畜産環境学会 (2009年5月) 招待講演以外
[発表者]杉山 典,松井繁幸,朴 龍洙
[569]. カイコ幼虫を用いた機能性BmNPV生産と精製
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也,朴 龍洙
[570]. ヒト分子シャペロンを用いた蚕幼虫でのヒト由来抗体の効率的発現
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]仁科 拓也,石切山 元希,金政 真,上田 宏,朴 龍朱
[571]. 糖鎖を活用した人工ムチンの設計と機能解析
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]碓氷 泰市,尾形 慎,朴 龍洙,村田 健臣,左 一八,鈴木 隆
[572]. カイコを用いたラット由来α2, 6‐シアリルトランスフェラーゼ(α2,6SiaT)の高発現、精製および諸性質の決定と糖鎖工学への応用
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎,中嶋 慎,小原 平圭,村田 健臣,碓氷 泰市,朴 龍洙
[573]. α2,6シアル酸転移酵素の活性測定に対する新規蛍光基質の開発
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]小原 平圭,尾形 慎,中馬 康志,朴 龍洙,村田 健臣,碓氷 泰市
[574]. Ashbya gossypiiのリボフラビン生産におけるcis-aconitate decarboxylase (CAD1)活性の影響
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]杉本 貴志,朴 龍洙
[575]. Ashbya gossypiiのリボフラビン生産におけるイソクエン酸デヒドロゲナーゼ、イソクエン酸リアーゼおよびリンゴ酸シンターゼの重要性
The 2nd Nano-Bio Symposium 2009 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]杉本貴志,金政 真,田島 諭,加藤竜也,朴 龍洙
[576]. BmNPVバクミドを用いたカイコでのα-2,6シアリルトランスフェラーゼの効率的生産と精製およびその応用
The 2nd Nano-Bio Symposium 2009 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎,中嶋 慎,村田 健臣,碓氷 泰市,朴 龍洙
[577]. ヒトプロレニン受容体のAutographa californica multiple nucleopolyhedrovirusへの局在
The 2nd Nano-Bio Symposium 2009 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也,杜 東寧,鈴木文昭,朴 龍洙
[578]. セルラーゼの生産における糸状菌Acremonium cellulolyticusのpH応答について
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]隅田修平,ジョニプラセティオ,奥田直之,加藤竜也,朴 龍洙
[579]. シアロ型多価配糖体の合成とレクチンとの相互作用
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]矢野恵美,眞坂隆一,三澤義知,小林夕香,朴 龍洙,村田 健臣,河岸 洋和,碓氷 泰市
[580]. ピロリ菌生育遅延活性をもつα1,4GlcNAc含有糖鎖ポリペプチドの合成とα4GnTの基質特異性の検証
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]近藤 修啓,星野 瞳,中嶋 慎,碓氷泰市,朴龍洙,中山 淳,村田健臣
[581]. ヒト及びトリインフルエンザウイルスに対する糖鎖ポリペプチド阻害剤の高効率合成
2009年度日本農芸化学会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]小崎渉,中馬康志,尾形慎,朴龍洙,村田健臣,左一八,鈴木隆,碓氷泰市
[582]. Biorefinery of activated bleaching earth discharged from oil-refinery process
The 8th International Symposium on Clean Technology and Display Technology (2008年11月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 開催地(YeungNam Univ,Korea)
[583]. In vitro binding properties of human renin, prorenin and decoy peptide to the (pro)renin receptor
62nd High Blood Pressure Research Conference 2008 (2008年9月) 招待講演以外
[発表者]A H M Nurun Nabi,Kazal Boron Biswas,Tsutumo Nakagawa,Atsuhiro Ichihara,Enoch Y Park,Tadashi Inagami,Fumiaki Suzuki
[584]. Bombyx mori nucleopolyhedrovirus (BmNPV)バクミドの開発及び蚕による組換えタンパク質の高発現への応用
第60回日本生物工学会 (2008年9月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 主催団体名(日本生物工学会) 開催地(仙台)
[585]. Ashbya gossypiiのcis-aconitate decarboxylase (CAD1)の破壊株におけるリボフラビン生産性の向上
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]杉本貴志,朴 龍洙
[586]. カイコにより発現したヒト(プロ)レニン受容体の効率的精製
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]杜 東寧,加藤竜也,鈴木文昭,朴 龍洙
[587]. 糖鎖を活用したインフルエンザウイルス感染阻害剤の機能設計
第28回日本糖質学会年会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]尾形慎,島田静美,小崎渉,朴 龍洙,村田健臣,鈴木隆,左一八,碓氷泰市
[588]. ヒトおよびトリインフルエンザウイルス阻害剤としての人工糖鎖ポリペプチドの高効率合成
第28回日本糖質学会年会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]小崎 渉,尾形 慎,朴 龍洙,村田 健臣,左 一八,鈴木 隆,碓氷 泰市
[589]. レトロウイルスのゲノムインテグレーションメカニズムに解析
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]沖野雄気,稲吉勇仁,木下佑哉,水谷昭文,伊藤俊成,西島謙一,三宅克英,飯島信司,朴 龍洙
[590]. イタコン酸耐性リボフラビン生産変異株Ashbya gossypiiを用いたリボフラビン生産及び生化学的解析
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]伊藤葉子,田島 諭,朴 龍洙
[591]. Effect of pigments containing in waste activated bleaching earth on lipase activity and biodiesel conversion
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者] Lies Dwiarti,Ehsan Ali,Masaichi Kikuchi,Enoch Y. Park
[592]. カイコを用いたラット由来a2,6-sialyltransferaseの発現および精製と糖鎖工学への応用
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎,中嶋 慎,村田 健臣,碓氷 泰市1,朴 龍洙
[593]. ヒト分子シャペロンを用いたカイコ幼虫でのヒト由来糖転移酵素-1,4-N-acetylglucosaminyltransferase(4GnT)の効率的発現
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]中嶋 慎,金政 真,加藤竜也,村田 健臣,碓氷 秦市,朴 龍洙
[594]. バクミドを用いたカイコでのタグ融合ヒト由来一本鎖抗体の発現と精製
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]仁科 拓也,石切山 元希,百嶋 崇,上田 宏,朴 龍洙
[595]. ヒトプロレニン受容体(hPRR)を提示したBmNPVナノパーティカルの作製
第60回日本生物工学会 (2008年8月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也,鈴木文昭,朴 龍洙
[596]. Prorenein binding to (pro)renin receptor and its inhibition by the decoy peptide (riflkrmpsi) in vitro
Hypertension 2008 (2008年6月) 招待講演以外
[発表者]Fumiaki Suzuki,A.H.M. Nurun Nabi,Kazal B. Biswas,Tsutomu Nakagawa,Atsushi Ichihara,Enoch Y. Park,Tadashi Inagami
[597]. トリおよびヒトインフルエンザウイルスに対する糖鎖高分子阻害剤の分子設計(1)
2008年度日本農芸化学会大会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]小崎渋,尾形 慎,酒井有子,朴 龍洙,村田健臣,左 一八,鈴木 隆,碓氷泰市
[598]. 昆虫細胞を用いたヒトプロレニン受容体の発現と精製
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也,鈴木文昭,朴 龍洙
[599]. Aspergillus terreus由来シス・アコニット酸デカルボキシラーゼ(CAD)遺伝子の単離
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]金政 真,リス,デュイアルティ,岡部 満康,朴 龍洙
[600]. Ashbya gossypii シュウ酸耐性株 O-50の生化学的および遺伝子学的解析
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]森本 亜季,朴 龍洙
[601]. Ashbya gossypiiのリボフラビン生産におけるリボフラビン合成酵素(RIB)群の影響
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]杉本 貴志,朴 龍洙
[602]. トリおよびヒトインフルエンザウイルスに対する糖鎖高分子阻害剤の分子設計(2)
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]尾形 慎,嶋田静美,酒井有子,小崎 渋,朴 龍洙,村田健臣,左 一八,鈴木 隆,碓氷泰市
[603]. ウイルスゲノムのインテグレーションに対する転写因子YY1の役割
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]沖野雄気,稲吉勇人,モハメドモルシェド,水谷,三宅克英,西島謙一,朴 龍洙,飯島信司
[604]. シグレック9に親和性を有するシアロオリゴ糖含有人工ムチンの合成と機能解析
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]松田紗世子,高橋美生,太田麻利子,戸田宗豊,朴 龍洙,村田健臣,碓氷泰市,中田 博
[605]. 昆虫細胞を用いたタンパク質発現における分子シャペロンの共発現
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]吉塚 謙吾,加藤 竜也,朴 龍洙
[606]. カイコで発現したヒト由来レニン・プロレニン受容体の精製および機能解析
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演以外
[発表者]杜 東寧,加藤竜也,鈴木文昭,朴 龍洙
[607]. 糖鎖科学のプラットホームテクノロジーとしてのカイコによる糖転移酵素の発現
2008年度日本農芸化学会 (2008年3月) 招待講演
[発表者]朴 龍洙
[備考] 主催団体名(日本農芸化学会) 開催地(名古屋)
[608]. BmNPV expression system; Application to human immune receptors and membrane proteins
第80回日本生化学会大会合同大会 (2007年12月) 招待講演以外
[発表者]梶川瑞穂,佐々木香織,黒木喜美子,脇本義太郎,豊岡 勝,武田茂樹,矢木宏和,近藤幸子,加藤晃一,本橋智子,霜島 司,朴 龍洙,神田大輔,前中勝実
[609]. Synthesis of artificial mucins carrying sialyloligosaccharides and the interaction with Siglec-9
第30回日本分子生物学会年会、第80回日本生化学会大会合同大会 (2007年12月) 招待講演以外
[発表者]高橋美生,本多洋規,戸田宗豊,朴 龍洙,村田健臣,碓氷泰市,中田 博
[610]. Specific expression of GFPuv - β1,3-N-acetylglucosaminyltransferase 2 fusion protein in fat body of Bombyx mori larvae using signal peptides
AiChE (2007年11月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[備考] 開催場所(Uta, USA)
[611]. Improved expression of recombinant protein using a cysteine protease and chitinase deficient Bombyx mori multiple nucleopolyhedrovirus bacmid system in silkworm larvae
AiChE (2007年11月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park,Masato Hiyoshi,Takahiro Abe,,Tatsuya Kato
[備考] 開催場所(Uta, USA)
[612]. Expression of functional human (pro)renin receptor in silkworm larvae using BmNPV bacmid
AiChE (2007年11月) 招待講演以外
[発表者]Dongning Du,Tatsuya Kato,A.H.M.Nurun Nabi,Fumiaki Suzuki,Enoch Y. Park
[備考] 開催場所(Uta, USA)
[613]. Isocitrate dehydrogenase, isocitrate lyase and malate synthase of Ashbya gossypii are essential for its riboflavin production,
International Conference of Biorefinery (2007年10月) 招待講演以外
[発表者]Shin Kanamasa,Takashi Sugimoto,Satoshi Tajima,Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[614]. Improved riboflavin production using Ashbya gossypii mutant targeting for biorefinery of wasted activated bleaching earth,
International Conference of Biorefinery (2007年10月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park,J. H. Zhang,S. Tajima,,L. Dwiarti
[615]. Biodiesel production in pilot plant from waste activated bleaching earth as raw material using Candida cylindraceae lipase as a catalyst,
International Conference of Biorefinery (2007年10月) 招待講演以外
[発表者]Ehsan Ali,Masayasu Sato,Seiji Kojima,,Enoch Y. Park
[616]. Acremonium cellulolyticusを用いたセルラーゼの生産におけるpH制御の影響
第59回日本生物工学会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]彦山和宏,林 宏行,奥田直之,朴 龍洙
[617]. Expression and purification of GFPuv-1,3-N-acetylglucosaminyltransferase 2 in fat body of Bombyx mori larvae,
The 6th International Conference on Global Research and Education, Inter-Academia 2007 iA, (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya Kato,Enoch Y. Park
[618]. Synthesis of artificial mucins carrying sialylated oligosaccharides and the interaction with Siglec-9,
The 6th International Conference on Global Research and Education, Inter-Academia 2007 iA, (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]M. Takahashi,H. Honda,M. Toda,Enoch Y. Park,T. Murata,T. Usui,H. Nakada
[619]. Molecular design of artificial sialoglycopolypeptides as potential polymeric inhibitors of infection by influenza viruses,
The 6th International Conference on Global Research and Education, Inter-Academia 2007 iA, (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]M. Ogata,Enoch Y. Park,T. Murata,S. Shimada,K. I. P. J. Hidari,T. Suzuki,T. Usui
[620]. Functional analysis of the baculovirus core gene BmNPV ORF118,
The 6th International Conference on Global Research and Education, Inter-Academia 2007 iA, (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]Z.-N. Yang,H.-J. Xu,J. Hong,Enoch Y. Park,C.-X. Zhang
[621]. Riboflavin production using oxalate resistant Ashbya gossypii O-50 and its proteome analysis,
The 6th International Conference on Global Research and Education, Inter-Academia 2007 iA, (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]Aki Morimoto,Enoch Y. Park
[622]. Optimized production of extracellular lipase from Alcaligenes sp. for biorefinery of waste activated bleaching earth,
he 6th International Conference on Global Research and Education, Inter-Academia 2007 iA, (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]Ehsan Ali,Masahiro Mori,Enoch Y. Park
[623]. Expression and purification of functional human (pro)renin receptor in silkworm larvae,
The 6th International Conference on Global Research and Education, Inter-Academia 2007 iA, (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]Dongning Du,Tatsuya Kato,A.H.M. Nurun Nabi,Fumiaki Suzuki3,Enoch Y. Park:
[624]. Bombyx mori multiple nucleopolyhedrovirus (BmMNPV) bacmid as useful tool of mass production of human protein in silkworm larvae and pupa,
The 6th International Conference on Global Research and Education, Inter-Academia 2007 iA, (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park,Takahiro Abe,Shin Kanamasa,Tatsuya Kato
[備考] 開催場所(浜松市)
[625]. ニワトリ由来シアル酸転移酵素の昆虫細胞を用いた生産法の確立
第59回日本生物工学会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]笹本貴子,小島純,伊藤歌奈子,三宅克英,朴龍洙,西島謙一,飯島信司
[626]. 昆虫細胞を利用したヒトβ1,3-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ2の生産及び精製
第59回日本生物工学会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]百嶋 崇,仁科拓也,石切山元希,朴 龍洙
[627]. バクミドを用いたカイコでのヒト由来一本鎖抗体の発現及び生物機能解析
第59回日本生物工学会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]石切山 元希,上田 宏,朴 龍洙
[628]. 糸状菌Ashbya gossypiiのリボフラビン生合成におけるリンゴ酸合成酵素の機能解析
第59回日本生物工学会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]杉本 貴志,金政 真,加藤 竜也,朴 龍洙
[629]. セルソーターを用いた安定高発現昆虫細胞系のスクリーニング
第59回日本生物工学会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]吉塚 謙吾,加藤 竜也,朴 龍洙
[630]. 改良プロモータを用いたカイコ幼虫および昆虫細胞高発現系の開発
第59回日本生物工学会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]金政 真,碓氷 泰市,村田 健臣,朴 龍洙
[631]. バクミド・形質転換法を用いたヒト由来糖転移酵素-1,4-N-acetylglucosaminyltransferase(a4GnT)の発現
第59回日本生物工学会 (2007年9月) 招待講演以外
[発表者]中嶋 慎,碓氷 秦市,村田 健臣,朴 龍洙
[632]. バイオリファイナリーを目的としたリボフラビン過剰生産Ashbya gossypiiに関する研究
日本農芸化学会 (2007年3月) 招待講演以外
[発表者]田島 諭,朴 龍洙
[633]. BmNPVバクミドを用いたヒト由来糖転移酵素 β1,3-N-acetylglucosaminyltransferase 2(β3GnT2)のカイコ体液への効率的分泌
日本分子生物学 (2006年12月) 招待講演以外
[発表者]影島彩乃,朴 龍洙
[634]. ボフラビン生産菌Ashbya gossypiiの代謝解析
第6回糸状菌分子生物学コンファレンス (2006年11月) 招待講演以外
[発表者]金政 真,田島 諭,朴 龍洙
[635]. 油脂系廃棄物からバイオディーゼル製造技術
共同研究希望テーマ説明会 (2006年10月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙
[636]. 油脂系廃棄物ー廃白土からバイオディーゼル燃料の生産ー実用化に向けて
第58回日本生物工学会 (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]佐藤 正康,朴 龍洙
[637]. バキュロウイルス遺伝子発現系を用いたイモリ性腺刺激ホルモンの発現
第58回日本生物工学会 (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]石切山元希,田中慈康,朴 龍洙
[638]. BmNPVバクミドの改変によるカイコの体液への遺伝子組換えタンパク質の分泌
第58回日本生物工学会 (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]影島彩乃,日吉雅人,金政 真,阿部孝宏,朴 龍洙
[639]. Acremonium cellulolyticusを用いた50Lスケールでのセルラーゼの生産
第58回日本生物工学会 (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]林 宏行,池田祐子,奥田直之,朴 龍洙
[640]. Ashbya gossypiiを用いた油脂系廃棄物の有価物化ービタミンB2の生産
第58回日本生物工学会 (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]田島 諭,佐藤正康,朴 龍洙
[641]. 糸状菌Ashbya gossypiiのリボフラビン生合成酵素の機能解析
第58回日本生物工学会 (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]金政 真,田島 諭,朴 龍洙
[642]. Large-scale production in silkworms of human immune cell surface receptors by direct injection of recombinant DNAs using BmNPV bacmid system
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (2006年6月) 招待講演以外
[発表者]Katsumi Maenaka,Mizuho Kajikawa,Kaori Sasaki,Kimiko Kuroki,Tomoko Motohashi,Tsukasa Shimojima,Enoch Y. Park,Daisuke Kohda
[643]. Binding properties of rat prorenin and renin to the recombinant rat prorenin/renin to the recombinant rat pronenin/renin receptor prepared by a baculovirus expression system
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (2006年6月) 招待講演以外
[発表者]A.H.M. Nabi,Ayano Kageshima,Mohammad Nasir Uddin,Tsutomu Nakagawa,Enoch Y. Park,Fumiaki Suzuki
[644]. BmNPVバクミドシステムを用いたカイコ個体でのヒト免疫細胞表面レセプターKIRの大量発現
タンパク質科学会 (2006年4月) 招待講演以外
[発表者]佐々木香織,梶川瑞穂,黒木喜美子,本橋智子,霜島司,朴 龍洙,神田大輔,前仲勝実
[645]. バキュロウイルス遺伝子発現系を用いた昆虫細胞でのプロレニン受容体の発現
平成18年度農芸化学会 (2006年3月) 招待講演以外
[発表者]影島彩乃,Nabi AHM Nurum,鈴木文昭,朴 龍洙
[646]. 多価性シアリルオリゴ糖含有人工ムチンとSiglec-2との相互作用解析
平成18年度農芸化学会 (2006年3月) 招待講演以外
[発表者]藤田健太郎,本多洋規,高橋実生,戸田宗豊,中田 博,村田健臣,朴 龍洙,碓氷泰市
[647]. カイコ個体を用いたタンパク質の大量発現用バクミドの開発および応用
第28回日本分子生物学会年会 (2005年12月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,前仲勝実
[648]. プロテアーゼ欠損バクミドを用いたβ1,3-N-acetylglucosaminyltransferase 2の効率的発現
第28回日本分子生物学会 (2005年12月) 招待講演以外
[発表者]影島彩乃,日吉雅人,朴 龍洙
[649]. 油脂系廃棄物ー再生可能な炭素資源の高度利用技術の開発
第3回静岡大学地域産官学連携シンポジウム (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙
[650]. Multiple Co-transfection and Co-expression of human cDNA in an insect cell system
平成17年度日本生物工学会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]Vipin Kumar Deo,E Y Park
[651]. 50Lパイロットプラントを用いた植物油を含む廃白土からのバイオディーゼル燃料の生産
平成17年度日本生物工学会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]佐藤 正康,小島盛次,朴 龍洙
[652]. リパーゼを触媒とするメチルエステル生産における活性白土の影響
平成17年度日本生物工学会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]森 雅博,朴 龍洙,佐藤 正康
[653]. 古紙を用いたアクレモ二ウムセルラーゼの生産
平成17年度日本生物工学会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]池田 祐子,林 宏行,朴 龍洙,奥田 直之
[654]. 植物油を炭素源とするリボフラビン生産菌Ashbya gossypii変異株のプロテオーム解析に関する研究
平成17年度日本生物工学会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]張 菊花,朴 龍洙
[655]. 油脂系廃棄物廃白土を用いたAshbya gossypii変異株によるリボフラビンの効率的生産
平成17年度日本生物工学会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]田島 諭,朴 龍洙
[656]. 気泡塔によるL-乳酸生産のスケールアップに関する研究
平成17年度日本生物工学会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]劉 鉄軍,谷口政男,三浦重信,朴 龍洙,岡部満康
[657]. システインプロテアーゼ欠損バクミドの構築
平成17年度日本生物工学会 (2005年11月) 招待講演以外
[発表者]影島彩乃,日吉雅人,朴 龍洙
[658]. Production of fatty acid methyl ester with activated bleaching earth in solvent-free
第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2005年9月) 招待講演以外
[発表者]杜 東寧,朴 龍洙
[659]. シリカ粒子を用いたリパーゼの固定化及びバイオディーゼル生産への応用
第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2005年9月) 招待講演以外
[発表者]佐藤 正康,小島 盛次,朴 龍洙
[660]. 植物油を炭素源とするAshbya gossypii変異株の特性に関する研究
第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2005年9月) 招待講演以外
[発表者]張 菊花,朴 龍洙
[661]. 微生物によるセルロース資源の有価物化
第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2005年9月) 招待講演以外
[発表者]池田祐子,朴 龍洙,奥田直之
[662]. リパーゼを触媒とするメチルエステル生産における微粒子の影響
第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2005年9月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,森 雅博,杜 東寧,佐藤 正康
[663]. バクミドを用いたカイコでの外来遺伝子の発現
第36回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2005年9月) 招待講演以外
[発表者]影島彩乃,朴 龍洙
[664]. Application of Bombyx mori nuclear polyhedrosis virus (BmNPV) bacmid system on production of glycoprotein in larvae of silkworm
the 12th European Congress on Biotechnology (2005年8月) 招待講演以外
[発表者]Ayano Kageshima,Tatsuya Kato,Misun Kwon,Enoch Y. Park
[665]. ヒト由来β1,3-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼ2の活性および分泌に対するN結合型糖鎖の影響
平成17年度日本農芸化学会 (2005年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤竜也,村田健臣,朴 龍洙
[666]. Ashbya gossypiiにおける酵母由来alanine:glyoxylate aminotransferase (AGX1)の発現
平成17年度日本農芸化学会 (2005年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,加藤竜也
[667]. シリカ粒子を用いたリパーゼの固定化及びバイオディーゼル生産への応用
平成17年度日本農芸化学会 (2005年3月) 招待講演以外
[発表者]佐藤 正康,小島盛次,朴 龍洙
[668]. 化石燃料を溶媒とした植物油含油廃白土からのバイオディーゼルの生産
平成16年日本油化学会 (2004年11月) 招待講演以外
[発表者]小島盛次,佐藤正康,朴 龍洙
[備考] 開催場所(大阪)
[669]. 植物油含油廃白土を用いたAshbya gossypiiによるリボフラビンの正看
平成16年日本油化学会 (2004年11月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙,加藤 藍,明 華
[備考] 開催場所(大阪市)
[670]. Biodiesel Production from waste vegetetable oil using lipase on organic solvent system
10th the Asian Pacific Confeferation of Chemical Engineering Congress (2004年10月) 招待講演以外
[発表者]Enoch Y. Park,D. Du,M. Sato,,S. Kojima
[備考] 開催場所(Kitakyusyu, Japan)
[671]. Expression of GFPuv-beta1,3-N-acetylglucosaminyltransferase 2 fusion protein in insect cell
10th the Asian Pacific Confeferation of Chemical Engineering Congress (2004年10月) 招待講演以外
[発表者]Tstsuya Kato,Takeomi Murata,Taichi Usui,Enoch Y. Park
[備考] 開催場所(Kitakyusyu, Japan)
[672]. 宿主拡張型バクミドハイブリッドバキュロウイルスの開発
平成16年日本生物工学会大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]日吉雅人,朴 龍洙
[備考] 開催場所(名古屋市名城大学)
[673]. バキュロウイルスの感染時に発現する DNA binding protein (DBP)の特異抗体の作製とエピトープの同定
平成16年度日本生物工学会大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]鈴木麻美,權 美スン,加藤竜也,高坂哲也,朴 龍洙
[備考] 開催場所(名古屋市名城大学)
[674]. シリカナノ粒子を用いたリパーゼの固定化及びバイオディーゼル生産への応用
平成16年度日本生物工学会大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]佐藤正康,朴 龍洙
[備考] 開催場所(名古屋市名城大学)
[675]. 古紙からのグルコン酸生産に関する研究
平成16年度日本生物工学会大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]池田祐子,朴 龍洙
[備考] 開催場所(名古屋市名城大学)
[676]. 糸状菌Mortierella alpinaにおける菌糸形態形成へのアミノ酸の影響
平成16年度日本生物工学会大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]小泉圭代,奥田直之,東山堅一
[備考] 開催場所(名古屋市名城大学)
[677]. 再生可能な油脂系廃棄物の高度利用技術ー製油産業のゼロエミッションを目指して
平成16年度日本生物工学会大会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙
[備考] 開催場所(名古屋市名城大学)
[678]. 廃活性白土に残留する植物のバイオディーゼル燃料への変換
日本粘土学会 (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]小島盛次,朴 龍洙
[備考] 開催場所(新潟市新潟大学)
[679]. Use of plant-derived protein hydrolysate for enhancing growth of Bombyx mori insect cells
The Korean Society for Biotechnology and Bioengineering (2004年4月) 招待講演以外
[発表者]M. S. Kwon,T. Dojima,Enoch Y. Park
[備考] 開催場所(Kyungpook National University)
[680]. ラジアルフロー型培養装置を用いた昆虫細胞によるGFPuv-β-1,3-N-アセチルグルコサミニルトランスフェラーゼII融合タンパク質生産
日本農芸化学会 (2004年3月) 招待講演以外
[発表者]權 美スン,百嶋 崇1,朴 龍洙(静大農,応生化,1科研製薬)
[備考] 開催場所(広島)
[681]. 昆虫細胞遺伝子発現系を用いたGFPuv-β3GnT2融合タンパク生産に対する分子シャペロンの効果
日本農芸化学会 (2004年3月) 招待講演以外
[発表者]加藤 竜也,村田 健臣,朴 龍洙(静大農,応生化)
[備考] 開催場所(広島)
[682]. 大腸菌によるDNA binding protein(DBP)の発現・抗体作製
日本農芸化学会大会 (2004年3月) 招待講演以外
[発表者]鈴木麻美,権 美スン,加藤竜也,高坂哲也,朴 龍洙(静大農,応生化)
[備考] 開催場所(広島)
[683]. 植物油を含む廃白土を用いた脂肪酸メチルエステル生産におけるリパーゼ活性の安定性に関する研究
日本農芸化学会 (2004年3月) 招待講演以外
[発表者]佐藤 正康1,杜 東寧2,新田 裕1,佐藤 茂巳1,朴 龍洙2(1水澤化学工業,2静大,農)
[備考] 開催場所(広島)
[684]. 軽油を溶媒とする植物油を含む廃白土を用いた脂肪酸メチルエステル生産
日本農芸化学会大会 (2004年3月) 招待講演以外
[発表者]朴 龍洙1,小島盛次2,佐藤正康2,杜 東寧1,(1静大,農,2水澤化学工業)
[備考] 開催場所(広島)