トップページ  > 教員個別情報  > 講師・イベント等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 河岸 洋和 (KAWAGISHI Hirokazu)

講師・イベント等

【講師・イベント等】
[1]. 講演会 キノコが野菜を育てる!?〜妖精の輪の謎〜 (2019年4月 - 2019年6月 )
[内容] 静岡科学館るくる(2018年6月10日) における「科学茶房」で,「キノコが野菜を育てる!?〜妖精の輪の謎〜」という題目で講演を行った。なお,参加者は小学校3年生(8~9歳)3名,小学校4年生(9~10歳)3名,小学校6年生(11~12歳)3名,中学校(12~15歳)3名,40代6名,60代以上8名であった。
[2]. 講演会 統合医療展(第7回) (2011年2月 )
[内容] ヤマブシタケの機能性を司る化合物
[3]. 出張講義 * (2010年9月 )
[備考] 出張先(磐田南高校)
[4]. 講演会 第8回ヘルスフードエキスポ (2010年5月 )
[内容] ヤマブシタケによる認知症の予防・改善の可能性
[5]. 講演会 The Annual Congresses on Anti-Aging Medi (2009年12月 )
[内容] Lion's Mane (Hericium erinaceum). A Main
[備考] 開催場所(Las Vegas, USA.)
[6]. 講演会 Germany-Japan Joint Symposium and Gradua (2009年11月 )
[内容] Anti-dementia effect of Hericium erinace
[備考] 開催場所(Shizuoka, Japan)
[7]. 出張講義 * (2009年11月 )
[備考] 出張先(静岡県立科学技術高校,)
[8]. 講演会 静岡大学・コープしずおか連携講座 (2009年11月 )
[内容] キノコの化学・科学―キノコの食品としての機能性,安全性,毒性を物質レベルで考える
[備考] 開催場所(B-Nest, 静岡)
[9]. 講演会 Korea-Japan Joint Symposium and Graduate (2009年9月 )
[内容] Anti-dementia effect of Hericium erinace
[備考] 開催場所(Daegu, Korea)
[10]. 講演会 The Fifth International Medicinal Confe (2009年9月 )
[内容] Anti-dementia effect of a low porality f
[備考] 開催場所(Nantong, China)
[11]. 講演会 Fifth Japan-Korea Young Scietists Meetin (2009年8月 )
[備考] 開催場所(Atami, Japan)
[12]. 講演会 第44回天然物化学談話会 (2009年7月 )
[内容] キノコの生体調節機能とそれを司る物質
[備考] 開催場所(つくばグランドホテル)
[13]. 公開講座 Germany-Japan Joint Symposium and Gradua (2009年4月 )
[14]. 公開講座 静岡大学・コープしずおか連携講座 (2009年4月 )
[内容] キノコの化学・科学
[15]. 講演会 Japan-China Pan-Asia Pacific Mycology Fo (2008年7月 )
[内容] “Biologically Functional Compounds from
[16]. 講演会 キノコ由来の機能性物質に関する生化学・天然物化学 (2007年12月 )
[備考] 開催場所(九州大学大学院)
[17]. 講演会 6th AFMC (Asian Federation for Medicinal (2007年7月 )
[内容] Anti-dementia Compounds from the mushroo
[備考] 開催場所(Istanbul, Turkey)
[18]. 講演会 サイエンスカフェin静岡(創造科学技術大学院主催) (2007年6月 )
[内容] キノコの化学・科学
[備考] 開催場所(B-nest)
[19]. 講演会 日本生薬学会北海道支部第31回例会 (2007年5月 )
[内容] キノコの生体調節機能とそれを司る分子
[備考] 開催場所(札幌市教育文化会館)
[20]. 講演会 Advanced Basic Research Symposium for Dr (2006年1月 )
[内容] "Body-function regulating substaness fro
[備考] 開催場所(Tokyo Institute Tech)
[21]. 講演会 The 2005 International Chemical Congress (2005年12月 )
[内容] Body-function regulating compounds from
[備考] 開催場所(Honolulu, Hawai)
[22]. 講演会 The Third International Medicinal Confer (2005年10月 )
[内容] Anti-MRSA compounds from Hericium erinac
[備考] 開催場所(Washington, USA)
[23]. 出張講義 生化学 (2005年9月 )
[備考] 出張先(静岡東高校)
[24]. 講演会 The Mycological Society of America and - (2005年8月 )
[内容] Body-function regulating compounds from
[備考] 開催場所(Hawaii, USA)
[25]. 講演会 IUPAC2006市民公開講座「文化としての天然物化学」 )
[内容] キノコの化学
[備考] 開催場所(京都)
[26]. 講演会 第33回食品新素材研究会 )
[内容] 「キノコの機能性とそれを司る物質」
[備考] 開催場所(東京)
[27]. 講演会 平成16年度ジザニア・水生植物研究会-創立20周年- )
[内容] 「食品の機能性とマコモタケ」
[備考] 開催場所(東京)
[28]. 講演会 フィトンチッドフォーラム2005 )
[内容] キノコの生体調節機能の化学
[備考] 開催場所(東京)
[29]. 講演会 日本農芸化学会東北支部シンポジウム「天然物化学 最近の話題から」 )
[内容] キノコの生体機能の化学
[備考] 開催場所(弘前)
[30]. 講演会 第19回「大学と科学」公開シンポジウム )
[内容] 「キノコ毒と有用物質」
[備考] 開催場所(大阪)
[31]. 講演会 日本きのこ学会第10回大会シンポジウム「きのこの機能性と食品としての安全性」 )
[内容] 「きのこの生理活性物質とその利用」
[備考] 開催場所(秋田)
[32]. 講演会 第10回FCCA若手フォーラム )
[内容] 特異な糖結合性や生物活性を有するキノコ由来のレクチンについて
[備考] 開催場所(岐阜)