氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 沖田 善光 (OKITA Yoshimitsu)

沖田 善光 (OKITA Yoshimitsu)
講師
学術院工学領域 - 電気電子工学系列 工学部 - 電気電子工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電気電子工学コース
大学院光医工学研究科 - 光医工学共同専攻
創造科学技術研究部 - インフォマティクス部門





okita.yoshimitsu@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2019/07/12 2:34:00

教員基本情報

【取得学位】
修士(工学)  北海道大学   1994年3月
博士(学術)  神戸大学   2009年3月
【研究分野】
複合領域 - 人間医工学 - 生体医工学・生体材料学
複合領域 - 脳科学 - 脳計測科学
【現在の研究テーマ】
機能性食品によるヒトの生理機能の計測・解析システムに関する基礎的研究
食品に含まれる機能性成分の分析方法に関する研究
運動方向におけるワーキングメモリーに関する基礎的研究
疲労からくるストレス計測・解析に関する研究
【所属学会】
・電気学会
・日本栄養・食糧学会
・日本生体医工学会
・日本未病システム学会
・日本臨床神経生理学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. The Purpose and the Motivation for Future Practice of Physical Activity and Related Factors in Japanese University Students
Journal of Human Sport and Exercise 14/1 61-74 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] C.Miyawaki, K.Ohara, T.Mase, K.Kouda, T.Fujitani, K.Momoi, H.Kaneda, R.Murayama, Y.Okita, H.Nakamura
[2]. Gratitude Predicts Well-being Mediated by Social Support and Sense of Coherence in Women
Health Behavior and Policy Review 4/6 562-569 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] T.Fujitani, K.Ohara, K.Kouda, T.Mase, C.Miyawaki, K.Momoi, Y.Okita, H.Nakamura
[3]. Association of social support with gratitude and sense of coherence in Japanese young women: a cross-sectional study
Psychology Research and Behavior Management vol.10/ 195-200 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] T.Fujitani,K.Ohara,K.Kouda,T.Mase,C.Miyawaki,K.Momoi,Y.Okita,M.Furutani,H.Nakamura,
[4]. Relationship among Eating Behavior, Effortful Control, and Personality Traits in Japanese Students: Cross-sectional Study
British Journal of Medicine & Medical Research 18/8 1- 9 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] K.Momoi,K.Ohara,K.Kouda,T.Mase,C.Miyawaki,T.Fujitani,Y.Okita,R.Murayama,H.Nakamura
[5]. Relationship among Eating Behavior, Effortful Control, and Working Memory in Female Young Adults
Health Vol.8/ 1187-1194 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] K.Momoi,K.Ohara,Y.Okita,T.Mase,C.Miyawaki,T.Fujitani,H.Nakamura
【著書 等】
[1]. Biochemical Allosteric Modeling for Creating New Electronic Signal Transmission System under the Time Minimum Optimization.
(1999年)
[単著・共著・編著等の別]
[2]. Optimized Modeling of the Intra Myocardial Coronary Circulation.
(1999年)
[単著・共著・編著等の別]
[3]. A New Method to Evaluate Economical Performance of Cardiovascular System by Optimally Controlled Modeling.
(1999年)
[単著・共著・編著等の別]
[4]. Non Linear Modeling of the Carrier Mediated Transport across the Biological Membrane.
(1999年)
[単著・共著・編著等の別]
【学会発表・研究発表】
[1]. ノイズ低減によるGABA摂取後の心電図及び胃電図の変化
第72回日本栄養・食糧学会大会 (2018年5月11日) 招待講演以外
[発表者]沖田善光, 小原久未子, 高橋勲, 木村元彦, 中村晴信
[2]. Development of measurement and advanced analysis systems to examine the effect of autonomic nervous activity
The International Society for Autonomic Neuroscience 2017 (ISAN2017) (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]Y.Okita,K.Ohara,I.Takahashi,M.Kimura,H.Nakamura,
[3]. Development of Systems for Simultaneous Measuring and Analyzing Electrocardiogram and Electrogastrography using a System Developlemt Software
12th International Congress of Physiological Anthropology (ICPA2015) (2015年10月) 招待講演以外
[発表者]Y.Okita,Y.Okita,K.Ohara,K.Ishihara,Y.Taira,M.Takaoka,M.Kimura,T.Sugiura,H.Nakamura
[4]. The Association between Cognitive Function and Eating Behaviour in University Students
12th International Congress of Physiological Anthropology (ICPA2015) (2015年10月) 招待講演以外
[発表者]K.Momoi,K.Momoi,K.Ohara,Y.Okita,K.Kouda,T.Mase,C.Miyawaki,H.Nakamura
[5]. Anti-stress Effects of Short-term Fasting in Japanese Female Students
12th International Congress of Physiological Anthropology (ICPA2015) (2015年10月) 招待講演以外
[発表者]K.Ohara,K.Ohara,Y.Okita,K.Kouda,T.Mase,C.Miyawaki,K.Momoi,R.Murayama,H.Nakamura
【科学研究費助成事業】
[1]. GABA摂取の相互相関解析による神経生理機構の解明 ( 2013年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(C) 代表
【受賞】
[1]. 日本未病システム学会優秀演題賞 (2013年11月)

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(博士) 情報科学・ナノサイエンス (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[2]. 学部専門科目 数値シミュレーション (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[3]. 大学院科目(博士) 生体計測・情報システム (2019年度 - 通年 )
[備考] 副担当
[4]. 学部専門科目 生体情報工学 (2019年度 - 前期 )
[5]. 大学院科目(修士) 生命工学特論 (2019年度 - 前期 )
【指導学生数】
2018年度
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人
2017年度
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 1 人
2016年度
修士指導学生数 1 人
2015年度
修士指導学生数 1 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
2014年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 1 人 博士指導学生数(副指導) 0 人

社会活動

国際貢献実績

管理運営・その他