トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 符 徳勝 (Fu Desheng)

符 徳勝 (Fu Desheng)
教授 (兼務:Professor)
学術院工学領域 - 電子物質科学系列 工学部 - 電子物質科学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電子物質科学コース
創造科学技術研究部 - ナノマテリアル部門







image-profile
最終更新日:2021/04/21 2:06:14

教員基本情報

【取得学位】
博士(理学)  中山大学   1994年12月
【研究分野】
数物系科学 - 物理学 - 物性Ⅰ
工学 - 材料工学 - 無機材料・物性
総合理工 - 応用物理学 - 応用物性
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
誘電体、圧電体、焦電体、強誘電体材料
【現在の研究テーマ】
非鉛系圧電材料の開発
機能性酸化物の探索
焦電材料の開発
透明セラミックスの開発
【研究キーワード】
強誘電体, 圧電体, 焦電体, 酸化物, ナノ物性評価
【所属学会】
・日本物理学会
・日本応用物理学会
・日本セラミックス協会
【個人ホームページ】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/desheng-fu/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. A capacitive displacement system for studying the piezoelectric strain and its temperature variation
J. Appl. Phys. 129/16 144101-1-144101-7 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Desheng Fu, Eiki Kakihara, [URL] [DOI]
[2]. The Critical Role of Stereochemically Active Lone Pair in Introducing High Temperature Ferroelectricity
Inorganic Chemistry 60/ - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Rafikul Ali Saha, Anita Halder, Desheng Fu, Mitsuru Itoh, Tanusri Saha-Dasgupta, and Sugata Ray [DOI]
[3]. Dynamic dielectric electronic states of BaTiO3 under AC electric fields via time-resolved X-ray absorption spectroscopy
Acta Materialia 207/ 116681-1-116681-8 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] S. Kato, N. Nakajima, S. Yasui, S. Yasuhara, D. Fu, J. Adachi, H. Nitani, Y. Takeichi, A. Anspoks [URL] [DOI]
[4]. Sub-picosecond photo-induced displacive phase transition in two-dimensional MoTe2
npj 2D Materials and Applications 4/ - (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Bo Peng, Hao Zhang, Weiwen Chen, Bowen Hou, Zhi-Jun Qiu, Hezhu Shao, Heyuan Zhu, Bartomeu Monserrat, Desheng Fu, Hongming Weng, and Costas M. Soukoulis [DOI]
[5]. Covalency driven modulation of paramagnetism and development of lone pair ferroelectricity in multiferroic Pb3TeMn3P2O14
Phys. Rev. B 101/ 180406-1-180406-7 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Rafikul Ali Saha, Anita Halder, Tanusri Saha-Dasgupta, Desheng Fu, Mitsuru Itoh, and Sugata Ray [DOI]
【著書 等】
[1]. Nanoscale Ferroelectric-Multiferroic Materials for Energy Harvesting Applications
Elsevier (2019年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Hiroki Moriwake, Ayako Konishi, Takafumi Ogawa, Craig AJ Fisher, Akihide Kuwabara, Desheng Fu [担当頁] 137-159 [URL]
[備考] “First-principles study of the ferroelectric phase of AgNbO3”, Chapter 8 in Nanoscale Ferroelectric-Multiferroic Materials for Energy Harvesting Appl
[2]. Ferroelectric Materials-Synthesis and Characterization
Intech (2015年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Desheng Fu and Mitsuru Itoh [URL]
[備考] "Role of Ca off-Centering in Tuning Ferroelectric Phase Transitions in Ba(Zr,Ti)O3 System" Chapter 5 in "Ferroelectric Materials-Synthesis and Charact
[3]. Advances in Ferroelectrics
InTech (2012年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Desheng Fu,Hiroki Taniguchi,Mitsuru Itoh,Shigeo Mori [URL]
[備考] "Pb(Mg1/3Nb2/3)O3 (PMN) Relaxor: Dipole Glass or Nano-Domain Ferroelectric ?", Advances in Ferroelectrics, Aimé Peláiz Barranco (Ed.), ISBN: 978-953-
[4]. Ferroelectrics - Material Aspects
InTech (2011年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Desheng Fu,Mitsuru Itoh [URL]
[備考] "Ferroelectricity in Silver Perovskite Oxides", Ferroelectrics - Material Aspects, Mickael Lallart (Ed.), ISBN: 978-953-307-332-3, InTech, Rijeka, Cr
[5]. 動的構造解析技術と非平衡物質開発の最前線
シーエムシー出版 (2009年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]符 徳勝
[備考] 共著担当箇所(非平衡物質開発編 第2章)
【学会発表・研究発表】
[1]. Double hysteresis loop in ferroelectric BaTiO3
日本物理学会2021年年次大会 (2021年3月12日) 招待講演以外
[発表者]Martinus Kriswanto, 符徳勝
[備考] 日本物理学会、オンライ開催
[2]. Ba (Ti1-xSnx)O3セラミックスにおける圧電応答の温度依存性
日本物理学会2020年秋季大会 (2020年9月9日) 招待講演以外
[発表者]柿原瑛樹, 符徳勝
[備考] 日本物理学会、オンライ開催
[3]. CaxBa1-xNb2O6の高温相における局所構造解析
日本物理学会2020年秋季大会 (2020年9月9日) 招待講演以外
[発表者]米田 安宏, 符徳勝
[備考] 日本物理学会、オンライ開催
[4]. STEM-CBED法によるPb(Mg1/3Nb2/3)O3リラクサーの局所構造解析
日本物理学会75回年次大会(2020) (2020年3月18日) 招待講演以外
[発表者]津田健治,森川大輔,符徳勝,伊藤満
[備考] 日本物理学会75回年次大会(名古屋大学,日本物理学会)
[5]. (Ba1-xTix )(Ti0.9Sn0.1)O3におけるCa置換効果
日本物理学会75回年次大会(2020) (2020年3月17日) 招待講演以外
[発表者]柿原瑛樹, 符徳勝
[備考] 日本物理学会75回年次大会(名古屋大学,日本物理学会)
【科学研究費助成事業】
[1]. 超高感度新規焦電材料の開発 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 強誘電体における量子効果による巨大物性制御 ( 2010年4月 ~ 2013年3月 ) 基盤研究(B) 代表
【受賞】
[1]. 東京工業大学応用セラミックス研究所長賞2010年度研究奨励部門, (2010年9月)
[2]. IOP Outstanding Reviewer Awards 2019 (2020年4月)
[授与機関] IOP publishing
【特許 等】
[1]. 電子・光学用チタン酸バリウム-カルシウム単結晶体材料及び多結晶体材料とその製造方法 [出願番号] 特願2006-352695 (2006年6月1日)
[備考] 特開2008-162828.
[2]. 強誘電体及び絶縁体からなる組成変調型積層体とその製造方法 [出願番号] 2003-312116 (2003年3月1日)
[備考] 公開番号:2005-79562。
[3]. 揮発性元素を含む電子セラミックスの組成緩衝材とその製造方法 [出願番号] 2002-256958 (2002年2月1日)
[備考] 公開番号:2004-91282.
[4]. Composition buffers for electronic ceramics containing volatitle elements and the manufacture method [出願番号] 10/650.670 (2002年2月1日)
[備考] 公開番号:US2004-0115441A.
[5]. 紫外線照射による光感応性添加物を用いて作製した高結晶性・表面平滑なセラミック薄膜の製造方法 [出願番号] 2003-11725 (2001年5月1日)
[備考] 公開番号:2004-224603.

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) 電子物質科学研究第二 (2020年度 - 後期 )
[2]. 大学院科目(修士) 電子物質科学研究第一 (2020年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 電子物質科学概論II (2020年度 - 後期 )
[4]. 大学院科目(修士) 電子物質科学セミナー第二 (2020年度 - 後期 )
[5]. 大学院科目(修士) 電子物質科学セミナー第一 (2020年度 - 前期 )
【指導学生数】
2018年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 5 人
修士指導学生数 4 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2017年度
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 3 人
2016年度
卒研指導学生数(3年) 2 人
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 2 人
2015年度
卒研指導学生数(4年) 4 人
2014年度
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. 日本物理学会学生優秀発表賞 (2020年10月)
[受賞学生氏名] 柿原 瑛樹 (工学部)
[授与団体名] 日本物理学会

社会活動

【報道】
[1]. その他 二维MoTe2中的亚皮秒光致相变 (2020年6月20日)
[備考] 「两江科技品论」, URL:https://mp.weixin.qq.com/s/DmeFsaUVRQpmkx_aJ3FrwA
[2]. 新聞 電場に追随した強誘電体の電子状態のリアルタイム観測に成功 ~鉛を使わない環境に優しい強誘電体材料開発に道筋 (2021年3月4日)
[概要]広島大学大学院先進理工系科学研究科の加藤盛也大学院生(博士後期課程1年)、 中島伸夫准教授らは、東京工業大学科学技術創成研究院の安井伸太郎助教、同大学物 質理工学院の安原颯助教、静岡大学大学院総合科学技術研究科の符徳勝教授、高エネ ルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所の足立純一研究機関講師、仁谷浩明助教、 武市泰男助教、ラトビア大学のアンドリス・アンスポックス主任研究員らと共同で、 チタン酸バリウム薄膜に交流電場をかけた際に引き起こされる電子状態変化のリア ルタイム観測に初めて成功しました。 物質に電場をかけた際に、物質を構成する原子間の結合がどのように変化するのか、 その場観察することは困難でした。放射光 X 線を用いた元素選択的な測定と、高速信 号処理が可能な半導体 X 線検出器を組み合わせることにより、この困難を克服し、バ リウムイオンとチタンイオンの静電相互作用を実験により初めて明らかにしました。 古くから知られているチタン酸バリウムは、人体に有害な鉛を使わない強誘電体とし て再注目されており、本研究により、この物質を使った材料開発に新たな道筋を見出 しました。 本研究の成果は、材料学で権威のある雑誌 Acta Materialia に 1 月 21 日付でオン ライン掲載されました。
[備考] https://www.titech.ac.jp/news/2021/049141.html https://www.kek.jp/ja/press/20210301/ https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/63393 https://www.shizuoka.
[3]. その他 Topological quantum phase in 2D MoTe2 induced by light (2020年9月14日)
[備考] NanoWerk, URL:https://www.nanowerk.com/spotlight/spotid=56126.php
[4]. 新聞 News release: “Fine structure revealed of potential alternative to lead compound used in sensors” by EurekAlert!, Asia Research News & AlphaGalileo (2021年3月11日)
[備考] EurekAlert!: https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-03/hu-fsr031021.php Asia Research News: https://www.asiaresearchnews.com/content/fine-stru
[5]. 新聞 『環境に優しいコンデンサー材料を―巨大な電気歪特性を示す 鉛を含まない物質発見―」「科学新聞」 (2008年6月13日)
【その他社会活動】
[1]. スーパーサイエンスハイスクール(SSH)清水東高校の高校生らの本研究室での研究成果は日本物理学会の2次審査により第71回日本物理学会年会(2016年)Jr.セッションで発表した。 (2016年3月 - 2016年3月 )
[2]. 清水東高校スーパーサイエンスハイスクール(SSH)課題研究への指導と協力 (2015年9月 )

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. Department of Materials Science, Indian Association for the Cultivation of ScienceのSugata Ray 教授のグループと新規マルチフェロ材料の開発に関する共同研究を行っている。 (2017年4月 )
[2]. Phyical Review B,Journal of Materials Chemistry A, Nanotechnology等の国際英文誌査読11回。 (2017年1月 - 2017年9月 )
[3]. 中国科学院上海珪酸塩研究所李国栄教授とPMN-PTリラクサー焦電材料に関する共同研究を行っている (2016年4月 )
[4]. Department of Materials Science, Indian Association for the Cultivation of ScienceのSugata Ray 博士のグループと新規マルチフェロ材料の開発に関する共同研究を行っている。 (2016年4月 )
[5]. Applied Physics: Materials,Journal of Physics and Chemistry, Nanotechnology, ,Journal of the American Ceramic Society,Materials Chemistry and Physics, Journal of Materials Chemistry C, Journal of Physics: Condensed Maters, The Journal of the Ceramic Society of Japan等の国際英文誌査読21回。 (2016年4月 - 2017年3月 )

管理運営・その他

【特記事項】
1. チタバリの強誘電性に関する論文(J. Phys.: Condens. Matter. 22,052204 (2010).)のダウンロード数が1648を達した(2014/4/17). 2. 著書”Ferroelectricity in Silver Perovskite Oxides” 『Ferroelectrics - Material Aspects」20章のダウンロード数が3722を達した(2014/4/17). 3. チタバリの強誘電性に関する論文(J. Phys.: Condens. Matter. 22,052204 (2010).) がInstitute of Physics (IOP) の注目論文( IOP Select) として選定された.IOP Selectは重要な発見やブレークスルー,高度な新規性,将来研究への重要なインパクトを与える論文として位置づけされている. 4. チタバリの強誘電性に関する研究がイギリス物理学会(IOP)J. Phys.: Condens. Matter.のLabtalkとして紹介された:"Improve your ferroelectric memory with calcium" --Calcium substitution stabilises the polarization state in barium, 6 March, 2010. 5. リラクサーに関する論文(Phys. Rev. Lett. 103,07601 (2009))がNPG Asia Materialsで紹介された. Ferroelectrics: Nanoregions team together,  Published online 01 February 2010. 6. 日本物理学会誌の表紙にリラクサーの解説(Vol.66,No.4, 270-276 (2011))に関する図が掲載された. 7. 東工大,東北大との銀系非鉛圧電材料に関する共同研究成果が日刊産業新聞(2011/310),日経産業新聞(2011/310)に紹介された. 8.  論文査読(下記国際英文学術誌の論文査読を行った):1) Physical Review Letter, (2) Physical Review B, (3) New Journal of Physics, (4) The Journal of Physical Chemistry, (5) Journal of Physics and Chemistry of Solids, (6) Transactions on Ultrasonics, Ferroelectrics, and Frequency Control, (7) Journal of Physics: Condensed Matter, (8) Journal of Physics D: Applied Physics, (9) Physica status solidi (b) - basic solid state physics, (10) Applied Physics Express (APEX). (11) Japanese Journal of Applied Physics, (12) Current Applied Physics, (13) Journal of Materials Science, (14) Journal of the American Ceramic Society, (15) Solid State Communications, (16) Solid State Electronics, (17) Journal of Alloys and Compounds, (18) Ferroelectrics, (19) Journal of the Ceramic Society of Japan.(19) Appl. Phys. Lett., (21) Journal of King Saud University: Engineering Sciences