トップページ  > 教員個別情報  > 論文 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 小谷 真也 (KODANI SHINYA)

論文 等

【論文 等】
[1]. Heterologous expression of a cryptic gene cluster from a marine proteobacterium Thalassomonas actiniarum affords new lanthipeptides thalassomonasins A and B
Journal of Applied Microbiology / - (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Chanaphat Thetsana, Shinta Ijichi, Issara Kaweewan, Hiroyuki Nakagawa , Shinya Kodani [DOI]
[2]. Unique Physiological and Genetic Features of Ofloxacin-Resistant Streptomyces Mutants
Applied Environmental Microbiology / - e0232721 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Kanata Hoshino, Ryoko Hamauzu, Hiroyuki Nakagawa, Shinya Kodani, Takeshi Hosaka [DOI]
[3]. Heterologous expression of a cryptic gene cluster from Marinomonas fungiae affords a novel tricyclic peptide marinomonasin
Applied Microbiology and Biotechnology / - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Issara Kaweewan , Hiroyuki Nakagawa, Shinya Kodani [DOI]
[4]. Heterologous expression of cryptic biosynthetic gene cluster from Streptomyces prunicolor yields novel bicyclic peptide prunipeptin
Microbiological Research 244/ 126669- (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kohta Unno and Shinya Kodani [DOI]
[5]. Heterologous production of new protease inhibitory peptide marinostatin E
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 85/1 97-102 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kohta Unno, Hiroyuki Nakagawa, Shinya Kodani [DOI]
[6]. Heterologous expression of a cryptic gene cluster from Grimontia marina affords a novel tricyclic peptide grimoviridin
Applied Microbiology and Biotechnology 105/1 93-104 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Unno K, Kaweewan I, Nakagawa H, Kodani S [DOI]
[7]. Heterologous production of new lasso peptide koreensin based on genome mining
Journal of Antibiotics 74/1 42-50 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Hiroki Fuwa, Hikaru Hemmi, Issara Kaweewan, Ikko Kozaki, Hiroyuki Honda, Shinya Kodani [DOI]
[8]. Isolation and structure determination of new linear azole-containing peptides spongiicolazolicins A and B from Streptomyces sp. CWH03
Applied Microbiology and Biotechnology 05/1 93-93104 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Mana Suzuki, Hisayuki Komaki, Issara Kaweewan, Hideo Dohra, Hikaru Hemmi , Hiroyuki Nakagawa , Hideki Yamamura, Masayuki Hayakawa , Shinya Kodani [DOI]
[9]. How to harness biosynthetic gene clusters of lasso peptides
Journal of industrial microbiology and biotechnology 47/9-10 703-714 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] S. Kodani and K. Unno [DOI]
[10]. Isolation and structure determination of a new antibacterial peptide pentaminomycin C from Streptomyces cacaoi subsp. cacaoi
Journal of Antibiotics 73/4 224-229 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kaweewan I, Hemmi H, Komaki H, Kodani S. [DOI]
[11]. ゲノムマイニングを基盤とした放線菌ランチビオティックの単離と構造決定
公益財団法人長瀬科学技術振興財団研究報告集2018年度版 30/ 97-105 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷真也
[12]. Heterologous production of coryneazolicin in Escherichia coli
Journal of Antibiotics / - (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] M. Takuma, M. Kuroha, Y. Nagano, I. Kaweewan, H. Hemmi, T. Oyoshi, S. Kodani [DOI]
[13]. Isolation and structure determination of new chymotrypsin inhibitory peptides streptopeptolins B and C
Natural Product Research / - (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] A. Tiwari, I. Kaweewan, Y. Miyake, H. Hemmi, S. Kodani [DOI]
[14]. Draft Genome Sequence of Streptomyces spongiicola Strain 531S, an Actinobacterium Isolated from Marine Sediment
Microbiology Resouce announcements 8/3 e01198-18 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Hideo Dohra, Issara Kaweewan, Beatriz E. Casareto, Yoshimi Suzuki, Shinya Kodani [DOI]
[15]. Isolation and structure determination of a new cytotoxic peptide curacozole from Streptomyces curacoi based on genome-mining
Journal of Antibiotics 72/1 1-7 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] I. Kaweewan, H. Komaki, H. Hemmi, K. Hoshino, T. Hosaka, G. Isokawa, T. Oyoshi, S. Kodani [備考] 研究の統括、論文の執筆を担当した。
[DOI]
[16]. Isolation and structure determination of a new lasso peptide specialicin based on genome mining
Bioorganic & Medicinal Chemistry / - (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] I. Kaweewan, H. Hemmi, H. Komaki, S. Harada, S. Kodani [DOI]
[17]. Heterologous production of a new lasso peptide brevunsin in Sphingomonas subterranea
Journal of Industrial Microbiology & Biotechnology / - (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Shinya Kodani, Hikaru Hemmi, Yuto Miyake, Issara Kaweewan, Hiroyuki Nakagawa [備考] 研究の統括、論文の執筆を担当した。
[DOI]
[18]. Streptopeptolin, a cyanopeptolin type peptide from Streptomyces olivochromogenes
ACS omega, 3 (7), 8104–8110, 2018 3/7 8104-8110 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] S. Kodani, H. Komaki, H. Hemmi, Y. Miyake, I. Kaweewan, H. Dohra [DOI]
[19]. 静岡河津桜由来清酒酵母のゲノム解析による遺伝特性の解明
ふじのくに地域・大学コンソーシアム平成29年度 共同研究助成実績報告書 / - (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[20]. ラッソペプチド:”投げ輪”構造をもつペプチド抗生物質
バイオサイエンスとインダストリー(B&I) 76/2 130-131 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也 [備考] 執筆の全てを担当した。
[21]. Isolation and structure determination of a new thiopeptide globimycin from Streptomyces globisporus subspecies globisporus based on genome mining
Tetrahedron letters 59/4 409-414 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]Issara Kaweewan,Hisayuki Komaki,Hikaru Hemmi [備考] 研究の計画・実施の大部分を行った。
[22]. Isolation and structure determination of new antibacterial peptide curacomycin based on genome mining
Asian Journal of Organic Chemistry 6/12 1838-1844 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]Issara Kaweewan,Hisayuki Komaki,Hikaru Hemmi [備考] 研究の計画・実施の大部分を行った。
[23]. Draft genome sequence of Streptomyces olivochromogenes NBRC 3561, bioactive peptide-producing actinobacterium
Genome Announcements 5/ e01048-17 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]Hideo Dohra,Yuto Miyake [備考] 研究の計画・実施の大部分を行った。
[24]. Isolation and structure determination of new lasso peptide subterisin from Sphingomonas subterranea
Tetrahedron letters 58/35 3429-3432 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]Mai Kuroha,Hikaru Hemmi,Mayumi Ohnishi-Kameyama [備考] 研究の立案、遂行および論文執筆を担当した。
[25]. Isolation of antagonistic bacteria associated with the stony coral Montipora digitata in Okinawa, Japan
Galaxea, Journal of Coral Reef Studies 19/1 7-13 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]Taisuke Shiroyama,Casareto E. Beatriz,Yoshimi Suzuki [備考] 実験の立案、遂行および論文執筆を担当した。
[26]. Isolation of new lasso peptide cattlecin from Streptomyces cattleya based on genome mining
Applied Biological Chemistry 60/2 163-167 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]Shogo Sugai,Mayumi Ohnishi-Kameyama [備考] 研究の計画・実施の大部分を行った。
[27]. Draft Genome Sequence of Planomonospora sphaerica JCM9374
Genome Announcements 4/4 e00779-e00779 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]道羅英夫,鈴木智大,井上雄斗 [備考] 研究の計画・実施の大部分を行った。
[28]. Sphaericin, a new lasso peptide from a rare actinomycete Planomonospora sphaerica
European Journal of Organic Chemistry /8 1177-1183 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]井上雄斗,逸見光,亀山眞由美,鈴木智大,道羅英夫 [備考] 研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[29]. Isolation of new lasso peptide achromosin from Streptomyces achromogenes subsp. achromogenes
Journal of Antibiotics 70/2 208-211 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]Issara Kaweewan,亀山眞由美 [備考] 研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[30]. Isolation of a new antibacterial peptide actinokineosin from Actinokineospora spheciospongiae
Letters in Applied Microbiology 64/2 150-157 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]高坂憲正,Issara Kaweewan,亀山眞由美 [備考] 研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[31]. Detecting membrane progestin receptor (mPR)-interacting compounds from coral seawater in Mauritius
Western Indian Ocean Journal of Marine Science Special Issue 1/ 77-84 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]T. Tokumoto [共著者]T. Tokumoto, S. Kodani, T. Miyazaki, Y. Suzuki, B. Casareto, T. Bahorun, R. Bhagooli
[32]. Isolation and structural determination of a new antibacterial compound demethyl-L-681,217 from Streptomyces cattleya
Journal of Antibiotics 69/11 839-842 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]菅井翔吾,逸見光,小牧久幸 [備考] 研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[33]. Isolation and structure determination of new lantibiotic cinnamycin B from Actinomadura atramentaria based on genome-mining
Journal of Industrial Microbiology & Biotechnology 43/8 1159-1165 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]石村晶,小牧久幸,逸見光,亀山眞由美 [備考] 研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[34]. Draft genome sequence of Streptomyces sp. TP-A0867, an alchivemycin producer
Standards in Genomic Sciences 11/ 85- (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]H. Komaki [共著者]H. Komaki, N Ichikawa, A. Oguchi, M. Hamada, E. Harunari, S. Kodani, N. Fujita, and Y. Igarashi.
[35]. 新しい食品添加料の開発を目指したランチビオティックの探索
平成27年度三島海運記念財団研究報告書 /52 79-82 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[36]. Structure determination of a siderophore peucechelin from Streptomyces peucetius
Biometals 281/5 791-801 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]小牧久幸,鈴木雅博,逸見光,亀山眞由美 [備考] 放線菌Streptomyces peucetiusから新規シデロフォアの単離と化学構造の決定を行った。さらに遺伝子情報から生合成遺伝子を推定した。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[37]. Isolation and structure determination of new siderophore albachelin from Amycolatopsis alba
Biometals (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]小牧久幸,鈴木雅博,逸見光,亀山眞由美 [備考] 放線菌Amycolatopsis albaから新規シデロフォアの単離と化学構造の決定を行った。さらに遺伝子情報から生合成遺伝子を推定した。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[38]. Isolation and structural determination of a new hydrophobic peptide venepeptide from Streptomyces venezuelae
Journal of Antibiotics (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]佐藤和紀,逸見光,亀山真由美 [備考] 放線菌Streptomyces veneauelaeから新規疎水性ペプチドvenepeptideの単離・構造決定を行った。 小谷真也:研究の計画・考察・論文執筆の大部分を行った。
[39]. サンゴの白化現象を食い止める-サンゴ抗菌物質の探索-
食生活科学・文化及び環境に関する研究助成研究紀要 27/ 95-101 (2014年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[40]. Antibacterial activity of scleractinian corals in Okinawa, Japan
Galaxea, Journal of Coral Reef Studies 15/2 19-26 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]Beatriz E. Casareto,鈴木款,佐藤神奈 [備考] 沖縄石サンゴ組織抽出物の抗菌活性試験を行った。 小谷真也:研究の計画・考察・論文執筆の大部分を行った。
[41]. Structure and biosynthesis of scabichelin, a novel iron-chelating metabolite of the plant pathogen Streptomyces scabies 87.22
Organic and Biomolecular Chemistry (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]K. Ochi,G. L. Challis [共著者]S. Kodani,J. Bicz,L. Song,R. J. Deeth,M. Ohnish-Kameyama
[42]. Isolation of new thiopeptide berninamycin E from Streptomyces atroolivaceus
Asian Journal of Chemistry 25/1 490-492 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]二宮彰紀 [備考] 放線菌Streptomyces atroolivaceusの抽出液を化学分析で詳細に調べた。その結果、新規チオペプチド系抗菌物質のberninamycin Eを単離し、化学構造を決定した。 小谷真也:研究の計画・考察・論文執筆の大部分を行った。
[43]. Screening of production of desferioxamines in streptomycetes
Journal of Pure and Applied Microbiology 6/4 1553-1558 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]小早川文哉 [備考] 放線菌Streptomyces属のシデロフォア生産能を調べた。その結果、大部分のStreptomyces属の放線菌で、シデロフォアdesferoxamine類の生産があることが明らかとなった。 小谷真也:研究の計画・考察・論文執筆の大部分を行った。
[44]. Detection and identification of dihydrolipoamide dehydrogenase as a feroxamine binding protein from Streptomyces coelicolor
Journal of Pure and Applied Microbiology 6/4 1609-1613 (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]越智幸三 [備考] 放線菌Streptomyces coelicolorを用いてシデロフォアferoxamine結合タンパクを調べた。その結果、dihydrolipoamide dehydrogenaseが結合候補タンパクとして示された。 小谷真也:研究の計画・考察・論文執筆の大部分を行った。
[45]. Montiporic acid D, new polyacetylene carboxylic acid from scleractinian coral Montipora digitata
Natural Products Research (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]S. Kodani [共著者]K. Sato,T. Higuchi,B.E. Casareto,Y. Suzuki
[46]. Identification of newly isolated streptomycete which produces actinomycins
Research and Reviews in BioSciences 6/2 77-80 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]肥田木道生,佐藤神奈,二宮彰紀 [備考] 静岡大学内のキャンパスの土壌からスクリーニングを行いactinomycin生産放線菌を単離し、16S rDNA配列の解析を行い、同定した。 小谷真也:研究の計画・考察・論文執筆の大部分を行った。
[47]. 1,6-dihydrophenazine producing actinomycete Nocardiopsis sp. DS14-1 isolated from the deep sea sediment
Natural Products: an Indian Journal 8/2 50-52 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]肥田木道生,小原泰彦,道林克禎 [備考] 深海土壌から、1,6-dihydrophenazineを生産する放線菌Nocardiopsis sp. DS14-1を単離し、16S rDNA配列の解析を行い、同定した。 小谷真也:研究の計画・考察・論文執筆の大部分を行った。
[48]. Isolation and structural determination of a new macrolide, makinolide, from the newly isolated Streptomyces sp. MK-30
Journal of Antibiotics 65/(num) 331-334 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]S. Kodani [共著者]A. Murao,M. Hidaki,K. Sato,N. Ogawa
[49]. Isolation and structure determination of new siderophore tsukubachelin B from Streptomyces sp. TM-74
Natural Products Research 19/(num) 1-7 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]S. Kodani [共著者]F. Kobayakawa,M. Hidaki
[50]. 食品保存料開発を目的とした放線菌ランチビオティックの探索
倉田奨励金研究報告 42/ 83-84 (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[51]. Isolation and identification of berninamycin A from Streptomyces atroolivaceus
Natural Products: an Indian Journal 7/4 163-167 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]小谷 真也 [共著者]二宮彰紀 [備考] 放線菌Streptomyces atroolivaceusから抗菌物質の単離を試みた。既知のチオペプチド系抗菌物質のberninamycin Aを同定した。 小谷真也:研究の計画・考察・論文執筆の大部分を行った。
[52]. 食品添加物への応用を目指したわさび漬け由来の生理活性物質の単離と構造決定
東和食品研究振興会2010年度奨励研究報告書 (vol)/(num) 68-71 (2011年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[53]. 放線菌に分布する新しいタイプのランチビオティックの探索とその応用
平成22年度学術教育推進事業費補助金の概要実績報告静岡県SOE実験系 (vol)/(num) 56-58 (2011年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[54]. Streptomyces属放線菌の抗生物質生産と形態分化制御システムの理解
土と微生物 65/1 61-65 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也 [備考] 放線菌の抗生物質生産制御と形態分化の複雑な関係に関して考察を行い解説した。 小谷真也:全ての考察と執筆を行った。
[55]. New siderophore isolated from Streptomyces sp. TM-34 with potent inhibitory activity against angiotensin-converting enzyme
European Journal of Organic Chemistry 17/(num) 3191-3197 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]S. Kodani [共著者]OM. Kameyama,M. Yoshida,K. Ochi
[56]. 微生物の「休眠遺伝子」を目覚めさせて新抗生物質を発見(総説)
農林水産技術研究ジャーナル 33/ 22-25 (2010年)
[責任著者・共著者の別]
[著者] [責任著者]越智幸三 [共著者]保坂毅,亀山真由美,村松秀行,村上果菜,鶴海泰久,小谷真也,吉田充,藤江昭彦
[57]. Modification of peptide by surface wave plasma processing、
THIN SOLID FILMS 518/ 3585-3589 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. Nagatsu [共著者]A. Ogino,S. Tanaka,T. Fujiwara,S. Kodani,H. Kawagishi,G. Popa,I. Motrescu
[58]. Unusual amino acid derivatives from the mushroom Pleurocybella porrigens
TETRAHEDRON 66/ 504-507 (2010年)
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]T. Kawaguchi [共著者]T. Suzuki,Y. Kobayashi,S. Kodani,H. Hirai,K. Nagai,H. Kawagishi
[59]. Osteoclast-forming suppressing substances from the edible mushroom Agrocybe chaxingu
International Journal of Medicinal Mushrooms 12/ 151-155 (2010年)
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]JH. Choi [共著者]N. Abe,S. Kodani,K. Yazawa,M. Takahashi,,H. Kawagishi
[60]. Study on aerial hyphae formation mechanism of siderophore in the cell of Streptomyces coelicolor
Report of the Noda Institute for Scientific Research 54/ 49-51 (2010年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[61]. 新しいタイプの放線菌ランチビオティックの探索と応用
日揮実吉奨学会研究助成金受給者研究報告集 28/ 110-114 (2009年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[62]. Endoplasmic Reticulum (ER) Stress-Suppressive Compounds from Scrap Cultivation Beds ofthe Mushroom Hericium erinaceum.
BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 73/ 228-229 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]H. Kawagishi. [共著者]S. Kodani,M. Kubo,K. Masuno,A. Sekiya,K. Nagai,K. Ueda
[63]. A new sesquiterpenoid from the mushroom Sparassis crispa、
BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY 73/ 228-229 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]H. Kawagishi [共著者]K. Hayashi,M. Hashimoto,T. Kimura,M. Domobo,S.KODANI
[64]. Investigation of low temperature plasma capabilities to modify the structure and function of bio-polymers,
J. of Automation, Mobile Robotics & Intelligent Systems 3/ 150-152 (2009年)
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]I. Motrescu [共著者]T. Hara,A. Ogino,S. Tanaka,T. Fujiwara,H. Kawagishi,S. Kodani,G. Popa,M. Nagatsu
[65]. Antibacterial discovery in actinomycetes strains with mutations in RNA polymerase or ribosomal protein S12、
NATURE BIOTECHNOLOGY 27/ 462-464 (2009年)
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]T. Hosaka [共著者]OM. Kamayama,H. Marumatsu,K. Murakami,Y. Tsurumi,S. Kodani,M. Yoshida,A. Fujie,K. Ochi
[66]. Endoplasmic reticulum (ER) stress protecting compounds from the mushroom Mycoleptodonoides aitchisonii
Tetrahedron 65/1 221-224 (2009年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]河岸洋和 [共著者]小谷 真也,崔宰熏,堀川まどか,橋詰大介,長井薫 [備考] ブナハリタケ(Mycoleptodonoides aitchisonii)から得られた小胞体ストレス誘導細胞死抑制物質の単離を行い,さらに化学構造を決定した。 小谷真也:研究のデータのとりまとめと論文執筆の大部分を行った。
[67]. Occurrence and identification of chalcones from the culinary-medicinal cauliflower mushroom Sparassis crispa (Wulf.) Fr.(Aphyllophoromycetideae)
International Journal of Medicinal Mushrooms 10/4 331-336 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]河岸洋和 [共著者]小谷 真也,林加奈子,徳山真治,橋本麻美子,他2名 [備考] ハナビラタケ(Sparassis crispa)から得られたカルコン類の単離および同定を行った。 小谷真也:研究のデータのとりまとめと論文執筆の大部分を行った。
[68]. An endoplasmic reticulum (ER) -stress-suppressive compound and its analogues from the mushroom Hericium erinaceum
BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY 16/ 9467-9470 (2008年)
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]K. Ueda [共著者]M. Tsujimori,S. Kodani,A. Chiba,M. Kubo,K. Masuno,A. Sekiya,K. Nagai,H. Kawagishi
[69]. Morphogenetic surfactants and their role in the formation of aerial hyphae in Streptomyces coelicolor Molecular Microbiology (Review)
Molecular Microbiology 59/3 731-742 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Joanne M. Willey,Justin R. Nodwell [共著者]小谷 真也,Andrew Willems [備考] 形態分化のモデル放線菌Streptomyces coelicolorの気菌糸誘導ペプチドSapBの構造決定を中心に生合成のメカニズムと機能に関して考察を行い解説した。 小谷真也:執筆の一部分を行った。
[70]. SapT, a lanthionine-containing peptide involved in aerial hyphae formation in the streptomycetes
Molecular Microbiology 58/5 1368-1380 (2005年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Joanne M. Willey [共著者]小谷 真也,Michael A. Lodato,Marcus C. Durrant,Francis Picart [備考] Nikkomycin生産放線菌Streptomyces tendaeの気菌糸誘導ペプチドSapTの化学構造を決定した。その結果,抗生物質のランチビオティック様の構造であることを明らかにした。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[71]. 放線菌の気菌糸を誘導するペプチド
化学と生物 44/9 580-582 (2005年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 小谷 真也
[72]. The SapB morphogen is a lantibiotic-like peptide derived from the product of the developmental gene ramS in Streptomyces coelicolor
Proceedings of the National Academy of Sciences U. S. A (PNAS) 101/31 11448-11453-11453 (2004年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Joanne M. Willey [共著者]小谷 真也,Michael E. Hudson,Marcus C. Durrant,Mark J. Buttner,Justin R. Nodwell [備考] 形態分化のモデル放線菌Streptomyces coelicolorの気菌糸誘導ペプチドSapBの化学構造を決定した。その結果,抗生物質のランチビオティック様の構造であることを明らかにした。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[73]. Isolation and identification of the antialgal compound, harmane (1-methyl--carboline), produced by the algicidal bacterium, Pseudomonas sp. K44-1
Journal of Applied Phycology 14/2 109-114 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]村上昌弘 [共著者]小谷 真也,満谷淳,井元章子 [備考] 淡水産藍藻Anabaena cylindricaを用いて,野外から殺藍藻細菌の単離を行った。顕著な殺藍藻活性を有するPseudomonas sp. K44-1から,殺藍藻物質として,1-methyl--carbolineを単離し構造決定した。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を
[74]. New anabaenopeptins, potent carboxypeptidase-A Inhibitors from the cyanobacterium Aphanizomenon flos-aquae
Journal of Natural Products 63/9 1280-1282 (2000年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]村上昌弘 [共著者]小谷 真也,鈴木真吾,伊藤裕才,石田啓史 [備考] 淡水産藍藻Aphanizomenon flos-aquae (NIES-81)から,新規カルボキシペプチダーゼ阻害物質anabaenopeptin類を単離し,化学構造を決定した。 小谷真也:研究の計画と実施の一部分を行った。
[75]. New five cyanobacterial peptides from water bloom materials of lake Teganuma (Japan)
FEMS Microbiology letters 178/2 343-348 (1999年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]村上昌弘 [共著者]小谷 真也,石田啓史 [備考] 千葉県手賀沼から採集した藍藻から抽出を行い,5つの新規ペプチドを単離・化学構造の決定を行った。また同時に毒成分であるmicrocystin類の同定を行い,野外の藍藻においても生産されていることを実証した。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[76]. Occurrence and identification of UDP-N-Acetylmuramyl-Pentapeptide from the cyanobacterium Anabaena cylindrica
FEMS Microbiology letters 176/6 321-325 (1999年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]村上昌弘 [共著者]小谷 真也,石田啓史 [備考] 淡水産藍藻Anabaena cylindricaから,細胞壁生合成中間体UDP-N-Acetylmuramyl-Pentapeptideを単離し,化学構造を決定した。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[77]. Aeruginosin 103-A, a thrombin inhibitor from the cyanobacterium Microcystis viridis
Journal of Natural Products 61/8 1046-1048 (1998年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]村上昌弘 [共著者]小谷 真也,石田啓史 [備考] 淡水産藍藻Microcystis viridis (NIES-103)から,新規トロンビン阻害物質aeruginosin 103-Aを単離し,化学構造を決定した。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[78]. Dehydroradiosumin, a trypsin inhibitor from the cyanobacterium Anabaena cylindrica
Journal of Natural Products 61/8 854-856 (1998年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]村上昌弘 [共著者]小谷 真也,石田啓史 [備考] 淡水産藍藻Anabaena cylindricaから,新規トリプシン阻害物質dehydroradiosuminを単離し,化学構造を決定した。 小谷真也:研究の計画・実施・考察・論文執筆の大部分を行った。
[79]. Micropeptin 103, a chymotrypsin Inhibitor from the cyanobacterium Microcystis viridis (NIES-103)
Tetrahedron Letters 38/17 3035-3038 (1997年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 小谷 真也,村上昌弘,石田啓史,松田久,山口勝己 [備考] 淡水産藍藻Microcystis viridis (NIES-103)から,新規キモトリプシン阻害物質micropeptin 103を単離し,化学構造を決定した。 小谷真也:研究の計画と実施の一部分を行った。