氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 石川 文子 (ishikawa ayako)

石川 文子 (ishikawa ayako)
教授
学術院人文社会科学領域 - 経済・経営系列 人文社会科学部 - 経済学科
大学院人文社会科学研究科 - 経済専攻








image-profile
最終更新日:2019/02/11 13:15:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(経営学)  明治大学   2006年3月
【研究分野】
社会科学 - 経営学 - 会計学
【所属学会】
・日本簿記学会
・日本会計研究学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 「のれんの会計処理をめぐる近年の動向―償却か非償却か―」
『経済研究』 (vol)20/(num)4 221-238 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 石川 文子
[2]. 「企業結合と資本の部:のれんの処理を中心に」
『日本簿記学会年報』 (vol)29/(num) 139- 146 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 石川 文子
[3]. 「知的資産に関するパブリック情報とプライベート情報」
『経済研究』(静岡大学) (vol)12/(num)4 (235) - (249) (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 石川 文子
[4]. 「企業結合のコンバージェンスに向けて-IFRS ED3「企業結合」の検討を中心に-」
『経済研究』(静岡大学) (vol)11/(num)4 (413) - (427) (2007年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 石川 文子
[5]. 「ナレッジ型産業と財務報告制度の改善の必要性」
『経理知識』(明治大学経理研所) (vol)/(num)85 (61) - (73) (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 石川 文子
【著書 等】
[1]. 『会計のしくみ』
森山書店 (2015年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]佐藤誠二,石川 文子,永田守男
[2]. 『企業簿記論』
創成社 (2010年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]森 久,永吉 眞一,浅野 千鶴,石川 文子,蒋 飛鴻
[備考] 第17章、20章、21章、23章執筆担当。
[3]. 『グローバル社会の会計学』
森山書店 (2009年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]佐藤誠二編著
[備考] 第7章執筆担当
[4]. 『会計学の諸相』
白桃書房 (2008年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]百瀬 房徳,三代川 正秀,石津 寿恵
[備考] 第2章執筆担当。
【学会発表・研究発表】
[1]. 「企業結合と資本概念」
日本簿記学会関東部会(千葉商科大学) (2013年6月) 招待講演以外
[発表者]石川 文子
[備考] 日本簿記学会第29回関東部会(千葉商科大学) 統一論題「持分・資本概念の再検討」
[2]. 「企業結合における公正価値測定と無形資産の認識」
第63回日本会計研究学会(中央大学) (2004年9月) 招待講演以外
[発表者]石川 文子
[備考] 第63回日本会計研究学会(中央大学)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 日本会計研究学会第75回大会 (2016年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡コンベンションアーツセンターグランシップ
[備考] 9月11日(日)~14日(水)の日程でコンベンションアーツセンター静岡にて開催されました。本会計研究学会は県内4大学(常葉、県立大学、静岡産業大学、静岡大学)の共同開催という形で実行され、実行委員を務めた。700名を超える参加があり盛況のうちに開催をすることができた。

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 経済学演習Ⅰa (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[2]. 学部専門科目 簿記Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 学部専門科目 経済学演習Ⅱa (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 大学院科目(修士) 会計学 (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 大学院科目(修士) 会計学演習Ⅱ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
【指導学生数】
2017年度
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2015年度
修士指導学生数 2 人
2014年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 1 人 博士指導学生数(副指導) 1 人

社会活動

国際貢献実績

【国際協力事業】
[1]. 人文学部部局間協定 東華大学交流プロジェクト (2016年8月 - 2016年8月 )
[相手方機関名] 東華大学
[活動内容] 東華大学の学生の受入(約20名)
[備考] 当該プロジェクトにおいて簿記講義を担当しました。また、県内企業のFWを企画し引率もしました。
[2]. 人文学部部局間協定 東華大学交流プロジェクト (2015年8月 - 2015年8月 )
[相手方機関名] 東華大学
[活動内容] 東華大学への学生の引率(20名)
[備考] 8月18日~29日の12泊で実施した。学生数20名。上海の歴史文化に関する講義を受け、また、上海の日経企業または中国企業へ訪問しフィールドワークを実施した。
[3]. 人文学部部局間協定 東華大学交流プロジェクト (2014年8月 )
[相手方機関名] 東華大学
[活動内容] 東華大学学生の短期留学受入(簿記の授業の提供及び静岡県内企業のフィールドワーク)
[備考] 滞在期間(約2週間)のうち前半1週間は、簿記の集中講義を提供した。後半、1週間は静岡県内企業の工場見学の引率などを実施した。

管理運営・その他