トップページ  > 教員個別情報  > 論文 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 大村 光弘 (OHMURA Mitsuhiro)

論文 等

【論文 等】
[1]. 英語の文代用形に関する覚え書き
静言論叢 /4 15-32 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村光弘 [URL]
[2]. 「目を見開く」が合図できること
人文論集 72/2 51-72 (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘 [URL]
[3]. 驚きを合図するメトニミー表現について
静言論叢 3/(num) 87-111 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘 [URL]
[4]. 「知っている」とknowはどこが違う?
人文論集 69/2 131-150 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘 [URL] [DOI]
[5]. アジアと日本と領域間移動
静言論叢 1/(num) 1-16 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[6]. 日常に散在する比喩表現と概念形成
人文論集 67/2 87-110 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘 [DOI]
[7]. 判断を表すTO節に関する一考察
文法変化と言語理論 / 30-44 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[8]. 文化を映し出すことば ―日英比較から文化を言語学する―
人文論集 66/2 81-95 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘 [DOI]
[9]. (I’m) afraidの文法化とその動機づけ
言語研究の視座 / 342-356 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[10]. 書評:Kasper Boye, Epistemic Meaning: A Crosslinguistic and Functional-Cognitive Study. Berlin: Mouton de Gruyter, 2012
中部英文学 34/ 27-30 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[11]. 言語変化の意味論的・語用論的分析―hopeとafraidの文法化―
人文論集 65/2 125-150 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘 [URL]
[12]. (I) hopeの文法化とその動機付け
言語変化―動機とメカニズム― / 238-270 (2013年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[13]. A Historical Analysis of the Internal Structure of English Noun Phrases
Ars Linguistica 17/ 9-27 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Mitsuhiro Ohmura
[14]. On the Pragmatic Trigger of Language Change:Case Studies
Synchronic and Diachronic Approaches to the Study of Language / 301-313 (2010年) [査読] 無
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Mitsuhiro Ohmura
[15]. (書評)
近代英語研究 26/ 93-99 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[16]. On the Grammaticalization of Should with Special Reference to the So-Called "Emotional Should"
Ivy Never Sere: The Fiftieth Anniversary Publication of The Society of English Literature and Linguistics, Nagoya University / 427-444 (2009年) [査読] 無
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村光弘
[17]. 階層意味論モデルに基づくshallの機能拡張の分析
人文論集 59/1 77-98 (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村光弘
[18]. Shallの意味変化に関する機能論的分析
中部英文学 27/ 48-52 (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村光弘
[19]. 階層意味論モデルに基づく「(よ)う」の機能拡張の分析
人文論集 58/2 117-139 (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村光弘
[20]. A Semantic-Pragmatic Approach to the Functional Shift of Shall
Exploring the Universe of Language / 305-321 (2007年) [査読] 無
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Mitsuhiro Ohmura
[21]. afraidの意味機能推移からみた言語変化の方向性
IVY 35/ 31-58 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[22]. 機能推移
人文論集 50/2 183-202 (2000年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[23]. On the Behavior of Assertive Predicates : A functional Grammar Account
Synchronic and DiachronicStudies on Language / 89-106 (2000年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[24]. 法標識shouldの歴史的発達について
人文論集 49/2 107-124 (1999年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[25]. A Functional View of CP-Recursion Phenomena
Linguistics and Philology 18/ 1-22 (1998年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[26]. 対格付き不定詞構文の歴史的発達と意味機能
人文論集 49/1 197-215 (1998年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[27]. 発話の階層構造に基づくCP繰り返し現象の分析
人文論集 48/2 143-168 (1998年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[28]. 動詞的動名詞の歴史的発達について
人文論集 48/1 325-343 (1997年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[29]. On the EPP Effect in Verbal Gerunds
Papers from the 14th National Conference of The English Linguistic Society of Japan 14/ 151-160 (1997年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[30]. On the Historical Change of the Relative Order Between a Genitive Noun Phrase and an Adjective
市屯学園短期大学開学30周年記念論集 / 143-165 (1996年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[31]. On the Historical Development of Gerunds with Special Reference to Their Sentential Aspect
Linguistics and Philology 15/ 77-97 (1995年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[32]. 拡大投射原理について
IVY 28/ 91-112 (1995年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[33]. 現代英語における属格付与について
中部英文学 14/ 127-140 (1995年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[34]. 英語史における属格付与子の変遷について
近代英語研究 11/ 47-62 (1995年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[35]. 極小主義プログラムにおけるA移動と叙述の条件
中部英文学 13/ 105-120 (1994年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[36]. On the Status of the Apostrophe s
Linguistics and Philology 14/ 47-57 (1994年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[37]. On the Historical Change of Genitive Case Assigner
Linguistics and Philology 13/ 141-157 (1993年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[38]. On the N-bar Deletion in English and Japanese
Linguistics and Philology 12/ 97-116 (1992年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘
[39]. 動作主格に関する一考察
中部地区英語教育学会紀要 20/ 125-130 (1991年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大村 光弘