氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 戸部 健 (TOBE Ken)

戸部 健 (TOBE Ken)
教授
学術院人文社会科学領域 - 人間・社会系列 人文社会科学部 - 社会学科
大学院人文社会科学研究科 - 比較地域文化専攻
キャンパスミュージアム






tobe.ken@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2018/11/01 2:07:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(史学)  慶應義塾大学   2008年3月
【研究分野】
人文学 - 史学 - アジア史・アフリカ史
【現在の研究テーマ】
近代中国における社会教育と地域社会に関する研究
近代中国における伝統医学と地域社会に関する研究
【研究キーワード】
中国, 教育, 衛生, 社会教育, 近現代史
【所属学会】
・歴史科学協議会
・中国社会文化学会
・歴史学研究会
・史学会
・白東史学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 河北省档案館収蔵的皮影戯档案資料
氷上正・山下一夫編著『地方戯曲和皮影戯―日本学者華人戯曲曲芸論文集―』(博揚文化、2018年) / 83-106 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 戸部健
[2]. 法学者・政治学者と一九五四年憲法の制定
中村元哉編『憲政から見た現代中国』(東京大学出版会) / 121-144 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 孫宏雲著(戸部健 訳)
[3]. 近代中国における英国系茶貿易商社の動向解明に向けて―ロンドン市文書館所蔵ハリソンズ・キング・アンド・アーウィン社関係文書について―
アジア研究(静岡大学人文社会科学部アジア研究センター)、別冊7「東アジアの視野からとらえた日本の茶と茶文化に関する学際的研究」 / 27-39 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 戸部健
[4]. 天津 1911年―鼠疫をめぐる中医の社会史―
永島剛・市川智生・飯島渉編『衛生と近代―ペスト流行にみる東アジアの統治・医療・社会―』(法政大学出版局、2017年) (vol)/(num) 159-188 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 戸部健
[5]. 戦前期北米の東アジア茶専門貿易業者の経営状況―ロンドン市文書館所蔵アーウィン商会関係資料について―
アジア研究(静岡大学人文社会科学部アジア研究センター) /12 17-24 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 戸部健
【著書 等】
[1]. 近代天津の「社会教育」―教育と宣伝のあいだ―
汲古書院 (2015年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]戸部 健
[備考] 書評(書評者、掲載誌情報) ・大澤肇『中国研究月報』70巻4号、2016年。 ・新保敦子『社会経済史学』82巻3号、2016年。 ・宮原佳昭『史学』87巻1・2号、2017年。 ・高田幸男『歴史学研究』966号、2018年。 新刊紹介(紹介者、掲載誌情報) ・岩間一弘『史学雑誌』125編
[2]. 中国皮影戯調査記録集 皖南・遼西篇
好文出版 (2014年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]中国都市芸能研究会(氷上正・戸部健ほか6名)
[備考] 「凌源現代皮影戯影巻」の「解題」(山下一夫と共著)。DVDでの出版。
[3]. 近現代中国の芸能と社会-皮影戯・京劇・説唱-
好文出版 (2013年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]氷上正,千田大介,山下一夫,佐藤仁史,戸部健ほか3名
[備考] 「Ⅴ 档案資料から見た1950年代中国の影絵人形劇-河北省における登記工作を中心に-」(pp.125-153)を執筆(山下一夫との共著)
[4]. チャイニーズカルチャーレビュー―中国文化総覧 Vol.7
好文出版 (2010年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者](監訳)高屋亜希,千田大介,(翻訳)戸部健ほか6名
[5]. チャイニーズカルチャーレビュー―中国文化総覧 Vol.6
好文出版 (2009年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]高屋亜希ほか8名
【学会発表・研究発表】
[1]. 日・米との教育交流のあり方から見た天津地域社会のスタンス―清末民初を中心に―
アジア教育史学会大会 (2018年8月6日) 招待講演
[発表者]戸部 健
[備考] 中央大学駿河台記念館
[2]. 清末天津におけるYMCAと学校教育との関わり ―「日本モデル」から「アメリカ・モデル」への転換の底流―
第92回経済史研究会 (2018年6月) 招待講演
[発表者]戸部健
[備考] 大阪経済大学 G館3階 共同研究室Ⅰ(2018年6月16日)
[3]. 南開学校とYMCA―日本軍による南大攻撃(1937年7月)の遠因―
盧溝橋事件80周年国際シンポジウム:戦争をどう乗り越えるか~歴史研究の現場からのメッセージ~ (2017年7月) 招待講演
[発表者]戸部健
[備考] 明治学院大学本館3101教室(2017年7月1日)
[4]. 清末民初の華北社会とYMCA―学校教育への影響力の拡大過程―
2017年度三田史学会大会東洋史部会 (2017年6月) 招待講演
[発表者]戸部健
[備考] 慶應義塾大学三田キャンパス西校舎513番教室(2017年6月24日)
[5]. 北米における近代中国関係史料調査報告
中国都市芸能研究会2016年度冬季大会 (2017年1月) 招待講演以外
[発表者]戸部健
[備考] 静岡大学静岡キャンパス
【科学研究費助成事業】
[1]. 東アジアの視野からとらえた日本の茶と茶文化に関する学際的研究 ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. キリスト教信者コミュニティーからみた近代中国沿海諸地域の横断的研究 ( 2013年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[3]. 近現代中国における伝統芸能の変容と地域社会 ( 2010年4月 ~ 2014年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[4]. 華人の規範・アイデンティティと文化--〈家〉や在日の階層・文学・言説を焦点として ( 2010年4月 ~ 2013年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[5]. 1920~40年代天津における学校式社会教育の展開と地域社会 ( 2009年4月 ~ 2010年3月 ) 若手研究(スタートアップ) 代表

【外部資金(科研費以外)】
[1]. 日中戦争前後中国における義務教育の進展に関する研究 (2009年4月 - 2010年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 学長裁量経費:平成21年度人文学部若手研究者奨励費
[2]. 国民政府期華北における社会教育の展開と民衆統合 (2003年7月 - 2004年6月 ) [提供機関] 富士ゼロックス小林節太郎記念基金 [制度名] 小林フェローシップ
【学会・研究会等の開催】
[1]. シンポジウム「感染症パンデミックと東アジア」 (2015年2月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学人文社会科学部B棟402教室
[備考] 静岡大学人文社会科学部主催、静岡大学超領域研究推進本部・同グローバル改革推進機構後援
[2]. 第1回静岡歴史教育研究会例会 (2010年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学人文学部
[備考] 学会主催者(静岡歴史教育研究会)
[3]. 歴史教育に関するシンポジウム (2009年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学人文学部
[備考] 学会主催者(静岡歴史教育研究会)
[4]. 日本秦漢史学会第21回大会 (2009年10月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学人文学部
[備考] 学会主催者(日本秦漢史学会)

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 歴史と文化 (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員
[2]. 学部専門科目 歴史学概論 (2018年度 - 前期 )
[備考] 副担当教員
[3]. 学部専門科目 研究演習Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 大学院科目(修士) 近現代中国の社会と文化 (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 大学院科目(修士) 中国近現代史演習Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
【指導学生数】
2017年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
[備考] 2016年8月までサバティカル
2012年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 歴史講座三回シリーズ (2015年8月 - 2015年8月 )
[内容] 第一回 「百年前の中国人留学生―教育を通した日中交流の栄光と挫折―」
[備考] 開催場所(焼津市大村公民館)
[2]. 出張講義 三島北高等学校での出張授業 (2010年9月 - 2010年9月 )
[備考] 出張先(静岡県立三島北高等学校)
[3]. 公開講座 中国古代史と現代の文化 (2009年4月 - 2009年4月 )
[備考] 開催場所(吉田町中央公民館)

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. 夏季短期留学プログラムの学生引率(開南大学) (2018年8月 - 2018年8月 )
[2]. 夏季短期留学プログラムの学生引率(開南大学) (2017年8月 - 2017年8月 )
[3]. 人文社会科学部協定校連絡員(開南大学担当) (2017年4月 )
[4]. 夏季短期留学プログラムの学生引率(朝鮮大学校) (2011年8月 - 2011年8月 )

管理運営・その他