氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 埋田 重夫 (UMEDA Shigeo)

埋田 重夫 (UMEDA Shigeo)
教授
学術院人文社会科学領域 - 言語文化系列 人文社会科学部 - 言語文化学科
大学院人文社会科学研究科 - 比較地域文化専攻








image-profile
最終更新日:2019/07/12 2:15:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(文学)  早稲田大学   2006年2月
文学修士  早稲田大学   1982年3月
【研究分野】
人文学 - 文学 - 中国文学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
中国文学 中国思想 中国語
【現在の研究テーマ】
白居易詩文研究
【研究キーワード】
詩想, 措辞, 修辞
【所属学会】
・日本中国学会
・早稲田大学中国文学会
・早稲田大学中国詩文研究会
・日本中国語学会
・中唐文学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 白居易「長恨歌」の修辞技法-対偶と連鎖の物語
静岡大学人文社会科学部人文論集 第70号/1 1-18 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 埋田重夫
[2]. 白居易七言律詩考ー詩人と詩型
中国文学研究 第44期/ 1-20 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 埋田重夫
[3]. 白居易詩における連鎖表現
中国古籍文化研究(上・下) 稲畑耕一郎教授退休記念論集 (vol)/(num) 99- 111 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 埋田 重夫
[4]. 白居易の喫茶詩について
白居易研究年報 (vol)/18号 116- 143 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 埋田 重夫
[5]. 特集(飲酒と喫茶)に寄せて
白居易研究年報 (vol)/18号 2-7 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 埋田 重夫
【著書 等】
[1]. 白居易研究年報 第18号 特集 飲酒と喫茶
勉誠出版 (2017年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 編者
[著者]埋田 重夫
[備考] 特集に寄せて(p2~p7) 白居易の喫茶詩について(p116~p143) 編集後記(p439)
[2]. 白居易研究 閑適の詩想
汲古書院 (2006年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]埋田 重夫
[3]. 白居易を中心とした唐代閑適文学の総合的研究(白居易閑適文学に現れる住居と家族の考察)
平成16~平成17年度科学研究費補助金(基盤研究C・2)研究成果報告書 (2006年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]埋田重夫
[4]. 続校注唐詩解釈辞典(付歴代詩)
大修館書店 (2001年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]稲畑耕一郎,植木久行,宇野直人ほか16名
[備考] 共著担当箇所(406-488)
[5]. 中国名言鑑賞辞典
ぎょうせい (1988年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]埋田重夫 宇野直人 山崎みどり
[備考] 共著担当箇所(全項目の三分の一)
【学会発表・研究発表】
[1]. 白居易「新楽府五十首」の修辞技法
(2014年12月) 招待講演
[発表者]埋田 重夫
[備考] 早稲田大学中国文学会第39回秋季大会 早稲田大学戸山キャンパス
[2]. 白居易における五絶と七律の対立性をめぐって
日本中国学会 (1983年10月) 招待講演以外
[発表者]埋田重夫
[備考] 開催場所(広島大学文学部)
[3]. 白居易における五絶と七律の対立性をめぐって
早稲田大学中国文学会 (1983年6月) 招待講演以外
[発表者]埋田重夫
[備考] 開催場所(早稲田大学文学部)
[4]. 介子推伝説に関する二・三の問題
早稲田大学中国文学会 (1981年6月) 招待講演以外
[発表者]埋田重夫
[備考] 開催場所(早稲田大学文学部)
【科学研究費助成事業】
[1]. 白居易研究 閑適の詩想 ( 2006年4月 ) 研究成果公開促進費 代表
[備考] 白居易研究 閑適の詩想

[2]. 白居易を中心とした唐代閑適文学の総合的研究 ( 2005年4月 ) 基盤研究(C) 代表
[備考] 白居易を中心とした唐代閑適文学の総合的研究

[3]. 白居易を中心とした唐代閑適文学の総合的研究 ( 2004年4月 ) 基盤研究(C) 代表
[備考] 白居易を中心とした唐代閑適文学の総合的研究。
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 中国古典に関する研究 (1997年10月 ) [提供機関] ヤマハ発動機株式会社 [制度名] 奨学寄付金

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 課題演習Ⅰ (2019年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 課題演習Ⅱ (2019年度 - 後期 )
[3]. 学部専門科目 課題研究 (2019年度 - 通年 )
[4]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(中国語)Ⅰ (2019年度 - 後期 )
[5]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(中国語)入門Ⅱ (2019年度 - 前期 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 静岡大学公開講座 日本人の知らない中国  (2019年5月 )
[内容] 漢詩に親しむ
[備考] 人文社会科学部B棟301教室
[2]. 講演会 市民大学リレー講座「お茶に注目」 (2010年10月 )
[内容] 茶文化の起こり
[備考] 開催場所(静岡市産学交流センター)
[3]. 出張講義 中国古典文学入門 (2010年9月 )
[備考] 出張先(静岡県立静岡西高等学校)
[4]. 公開講座 大学リレー講座 お茶に注目 (2010年4月 )
[内容] 茶文化の起こり
[備考] 開催場所(静岡市産学交流センター)
[5]. 茶文化と日本人のくらし (2007年9月 )
[内容] 富士川町大学公開講座
[備考] 主催者(富士川町文化事業振興会)
【報道】
[1]. 新聞 元号「令和」に対する記者取材 (2019年5月1日)
[概要]新しい元号が持つ複数の意義について、中国古典文学研究者としての意見を述べた。
[備考] 中日新聞社
[2]. 雑誌 埋田重夫『白居易研究 閑適の詩想』(汲古書院・2006年10月)に対する紹介・書評 (2007年10月1日)
[備考] 「日本中国学会報」第59集学会展望(文学)・日本中国学会
[3]. 雑誌 埋田重夫『白居易研究 閑適の詩想』(汲古書院・2006年10月)に対する下定雅弘(岡山大学)の書評。 (2007年9月1日)
[備考] 「白居易研究年報」第8号・白居易研究会
[4]. 雑誌 埋田重夫『白居易研究 閑適の詩想』(汲古書院・2006年10月)に対する下定雅弘(岡山大学)の書評。 (2007年6月1日)
[備考] 「新しい漢字漢文教育」第44号・全国漢文教育学会
[5]. 雑誌 埋田重夫『白居易研究 閑適の詩想』(汲古書院・2006年10月)に対する二宮美那子(京都大学)の書評 (2007年4月1日)
[備考] 「中国文学報」第73冊・京都大学中国文学会
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 学術雑誌「白居易研究年報」18号特集 飲酒と喫茶 編集主幹(白居易研究会・勉誠出版) (2017年4月 - 2018年3月 )
[活動内容]特集号の編集業務全般を統括
[2]. 早稲田大学中国文学会理事 (2015年5月 - 2019年3月 )
[活動内容]早稲田大学中国文学会における諸々の活動
[3]. 学術雑誌「白居易研究年報」編集委員(白居易研究会・勉誠出版) (2015年4月 )
[活動内容]毎年刊行されている学術雑誌「白居易研究年報」(白居易研究会・勉誠出版)の編集業務全般
[4]. 日本中国語学会評議員 (2013年1月 - 2015年1月 )
[活動内容]関東支部評議員
【その他社会活動】
[1]. all about teaの翻訳事業 (2006年4月 )
[備考] 活動内容(オールアバウトテイの翻訳事業に際し、中国唐代の陸羽の茶経を中心とした中国古典知識の提供と翻訳相談に参加している。)

国際貢献実績

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. 人文社会科学部言語文化学科長 (2012年4月 - 2013年3月 )
【特記事項】
1982-1987 唐詩注釈(第1期)についての研究に従事1988-2001 唐詩注釈(第2期)についての研究に従事1980-1982 介之推伝説・説話の研究に従事1982-1988 白居易様式論についての研究に従事1982-1985 白居易俗語論についての研究に従事1982-1986 白居易題材論についての研究に従事1982-1988 白居易詩語論についての研究に従事1993- 白居易閑適論についての研究に従事