氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 浅野 幸生 (ASANO Yukio)

浅野 幸生 (ASANO Yukio)
教授
学術院人文社会科学領域 - 言語文化系列 人文社会科学部 - 言語文化学科
大学院人文社会科学研究科 - 比較地域文化専攻








image-profile
最終更新日:2019/02/11 12:31:00

教員基本情報

【取得学位】
修士(文学)  東京外国語大学   1989年3月
【研究分野】
総合人文社会 - 地域研究 - 地域研究
【現在の研究テーマ】
フランス語統辞論
【所属学会】
・日本フランス語学会
・日本ロマンス語学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 中世のmieについてー否定文の成立を巡ってー
静岡大学人文学部人文論集 (vol)54/(num)1 (263) - (274) (2003年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 浅野 幸生
[2]. 否定の補助詞の文法化について
ロマンス語研究36 36/(num) 11-19 (2003年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 浅野 幸生
[3]. 語順に及ぼす韻の影響について
静岡大学人文学部人文論集 52/1 201-209 (2001年)
[責任著者・共著者の別]
[4]. 『ロランの歌』における「怒り」の表現
静岡大学人文学部人文論集 51/2 173-184 (2001年)
[責任著者・共著者の別]
[5]. Influence de la rime sur l'ordre des mots
52/1 201-209 (2001年)
[責任著者・共著者の別]
【著書 等】
[1]. フランス語をとらえる(フランス語学の諸問題Ⅳ)
三修社 (2013年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]浅野 幸生
[備考] 古仏語・方言学
[2]. 言語文体論序説(非人称ヴァリアントを巡って)
ナガハシ印刷 (2003年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]浅野 幸生
[3]. フランス語学の諸問題
三修社 (2001年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]浅野 幸生
[備考] 統辞論
[4]. コンコルド和仏辞典
白水社 (1990年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]浅野 幸生
[備考] 編集執筆協力者として氏名も記されている。
【学会発表・研究発表】
[1]. 否定文の成立について
日本ロマンス語学会第40回大会 (2002年5月) 招待講演以外
[発表者]浅野 幸生
[備考] 東京外国語大学
[2]. 十三世紀フランス語散文における従属節註の語順について
日本ロマンス語学会第38回大会 (2000年5月) 招待講演以外
[発表者]浅野 幸生
[備考] 東京大学
[3]. 古仏語における従属節の語順に関する一調査
日本ロマンス語学会第34回大会 (1996年5月) 招待講演以外
[発表者]浅野 幸生
[備考] 広島大学
[4]. 古仏語の過去時称について
日本ロマンス語学会第27回大会 (1990年5月) 招待講演以外
[発表者]浅野 幸生
[備考] 京都産業大学
[5]. フランス語の語順と機能の変遷について
日本ロマンス語学会第26回大会 (1989年5月) 招待講演以外
[発表者]浅野 幸生
[備考] 文化女子大学

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(フランス語)入門Ⅱ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[2]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(フランス語)入門Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 学部専門科目 課題研究 (2018年度 - 通年 )
[備考] 主担当教員
[4]. 大学院科目(修士) 現代フランス語統辞論 (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 大学院科目(修士) 中世フランス語演習Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
【指導学生数】
2017年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2015年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2014年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【その他教育関連情報】
[1]. 富士宮西高にて出張授業 (2015年1月 - 2015年1月 )
[備考] テーマ:言語学の成立

社会活動

【その他社会活動】
[1]. 生涯学習施設にてフランス語の教授 (2017年4月 - 2018年3月 )

国際貢献実績

管理運営・その他