TOP  > Personal Info.

Researcher DataBase - Personal Information : HASEGAWA Takahiro

HASEGAWA Takahiro
Professor
College of Global-Interdisciplinary Studies Center for Information Infrastructure

Graduate School of Integrated Science and Technology Department of Engineering - Management of Business Development Course Faculty of Engineering Graduate School of Science and Technology,Research Division - Research of Informatics

hasegawa.takahiro@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
Last updated : 2022/06/24 9:39:40

Basic information on teaching staff

【Degrees earned】
Kyushu Institute of Technology   1994/3
 Kyushu Institute of Technology   1997/2
【research area】
Informatics - Principles of Informatics - Information security
【consultable area】
Information Infrastructure
Information Security
Security and Service Management System
【Research Keyword】
Information Security, Management system (ISMS, ITSMS, BCMS), Information Infrastructure , WEB system
【Academic societies you belong to】

[Note]https://www.ipsj.or.jp
[Note]http://www.nipc.med.tuat.ac.jp
[Note]https://isms.cii.shizuoka.ac.jp
・Japan Social Data Science Society
[Note]http://www.jsdss.org
【URL】
http://www.cii.shizuoka.ac.jp/
http://wwp.shizuoka.ac.jp/
【Research Seeds】
[1]. クラウドコンピューティングマネジメントシステム ( 2019(FY) - ) [Category] 2. 電子情報通信 [URL]
[2]. 人や環境のための低価格クラウドを用いたWEB情報システム ( 2019(FY) - ) [Category] 2. 電子情報通信 [URL]
 

Research information

【Papers, etc.】
[1].
24/1 19-27 (2020) [Refereed] refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] co-author
[Author] 永田正樹, 山崎國弘, 磯部千裕, 神山夏実, 長谷川孝博
[2].
23/1 9-16 (2019) [Refereed] refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] co-author
[Author] 永田正樹, 山崎國弘, 淺野みさき, 神山夏実, 井上春樹, 長谷川孝博
[3].
60/1 250-259 (2019) [Refereed] refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] co-author
[Author] 松村宣顕,長谷川孝博
[4].
22/ 12-22 (2018) [Refereed] refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] co-author
[Author] 永田正樹,磯部千裕,安原裕子,古畑智博,高田重利,松村宣顕,山崎國弘,長谷川孝博,井上春樹
[5].
22/ - (2018) [Refereed] refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] author
[Author] 永田正樹,磯部千裕,淺野みさき,山崎國弘,長谷川孝博,井上春樹
【Books, etc.】
[1].
(2015)
[Book type]book(educational)
[Sole author, co-author, or author and editor] single work
[Author]長谷川 孝博 [Repository URL]
[2].
(2015)
[Book type]book(educational)
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]井上春樹,長谷川孝博,淺野みさき,真咲なおこ,山崎國弘 [Repository URL]
[Notes] 第一章、第二章、第三章担当。
[3].
(2011)
[Book type]other
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]井上春樹,長谷川孝博,八卷直一,水野信也,峰野博史,松尾廣伸,山崎國弘,北川誠人,吉田仙良,岡田良介,堀格人,秋元勝,坂田智之,永田正樹,荻野勝哉,関睦実,岩本祥吾,川畠正也,塩崎雅基
[4].
(2010)
[Book type]other
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]水野信也,永田正樹,坂田智之,長谷川孝博,井上春樹
[5].
(2010)
[Book type]other
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]井上春樹,長谷川孝博,八卷直一,水野信也,山崎國弘,吉田仙良,戸部剛男
【Academic conference/research presentations】
[1]. Development of Secure Safety Confirmation System Using Virtual Private Cloud
International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Network (2018/10/7) other
[Presenter]Masaki Nagata, Yusuke Abe, Nobuyuki Takanashi, Misato Fukui, Kunihiro Yamazaki, Takahiro Hasegawa
[2]. インテリジェンスマイニング(R)を用いた小論文の採点と脳力診断
AXIES大学ICT推進協議会2017年度年次大会 (2017/12/) other
[Presenter]長谷川孝博,長谷川博彰
[URL of the repository, etc.]
[Notes] 主催:一般社団法人 大学ICT推進協議会 共催:国立大学法人 広島大学 場所:広島国際会議場
[3]. 学術組織向け集中管理CMS環境WWPの機能と活用事例
AXIES大学ICT推進協議会2017年度年次大会 (2017/12/) other
[Presenter]松村宣顕,古畑智博,名倉栄梨,長谷川孝博
[URL of the repository, etc.]
[Notes] 主催:一般社団法人 大学ICT推進協議会 共催:国立大学法人 広島大学 場所:広島国際会議場
[4]. ISMSクラウドセキュリティ認証導入検討
AXIES大学ICT推進協議会2017年度年次大会 (2017/12/) other
[Presenter]永田正樹,長谷川孝博
[URL of the repository, etc.]
[Notes] 主催:一般社団法人 大学ICT推進協議会 共催:国立大学法人 広島大学 場所:広島国際会議場
[5]. 事業継続における効果的な安否確認システム運用手法
第15回ISMS研究会 (2017/9/) other
[Presenter]永田正樹,山崎國弘,長谷川 孝博
[URL of the repository, etc.]
[Notes] 岡山大学
【Grants-in-aid for Scientific Research
[1]. インテリジェンスマイニングによる論述文の自動採点システムの構築と性能評価 ( 2016/4 ~ 2018/3 ) Grant-in-Aid for Scientific Research (C) leader
【Research Grants & Projects(except for KAKENHI)】
[1]. (2012/4 - 2013/1 ) [Offer orgnization] 国立情報学研究所 [System name] 国立情報学研究所客員研究費
[2]. 学術情報ネットワークの改善 (2011/4 - 2012/1 ) [Offer orgnization] 国立情報学研究所 [System name] 国立情報学研究所客員研究費
[3]. 学術情報ネットワークの改善 (2010/4 - 2011/1 ) [Offer orgnization] 国立情報学研究所 [System name] 国立情報学研究所客員研究費
[4]. 学術情報ネットワークの改善 (2009/4 - 2010/3 ) [Offer orgnization] 国立情報学研究所 [System name] 国立情報学研究所 客員研究費
[5]. 留学生データベースシステム (2001/4 ) [Offer orgnization] 静岡大学 [System name] 学長裁量経費:学長裁量経費
【Awards & Honors】
[1]. (2013/10)
[Notes] 日本環境認証機構(JACO)
[2]. (2013/4)
[Notes] 国立情報学研究所
[3]. (2012/4)
[Notes] ITC-CSCC 2009
[4]. (2011/6)
[Notes] 授与・助成団体名(静岡大学)
【Holding academic or research conferences, etc.】
[1]. 2011年度 一般社団法人日本リスク研究学会 第24回年次大会 (2011/11)
[Role at conference, etc.] other [Site of conference, etc.] 静岡大学浜松キャンパス
[Notes] 学会主催者(日本リスク研究学会)
[2]. International Symposium on Dynamical System Theory and Its Application to Biology and Environmental Sciences (2007/3)
[Role at conference, etc.] other [Site of conference, etc.] Shizuoka University
[Notes] 学会主催者(Takeuchi Yasuhiro)
[3]. 第34回数値解析シンポジウム (2005/6)
[Role at conference, etc.] other [Site of conference, etc.] 静岡県浜松市
[Notes] 学会主催者(八巻直一)
[4]. International Symposium on Dynamical System Theory and Its Application to Biology and Environmental Sciences (2004/3)
[Role at conference, etc.] other [Site of conference, etc.] 静岡大学工学部 システム工学科棟
[Notes] 学会主催者(竹内康博(教授)静岡大学工学部システム工学科)
[5]. 化学工学会 弟33回秋期大会 (2000/9)
[Role at conference, etc.] other [Site of conference, etc.] 静岡大学工学部
[Notes] 学会主催者(日本化学工学会)
【Other academic research activity】
[1]. 文部科学省 教育研究の革新的な機能強化とイノベーション創出のための学術情報基盤整備について-クラウド時代の学術情報ネットワークの在り方- (2014/7 - 2014/8 )
[Notes] 委員会の中で、静岡大学クラウド情報基盤のプレゼンを行い、報告書にまとめられた。
[2]. 新技術の実用化(クラウド情報基盤) (2010/4 )
[Notes] 相手先(静岡大学学内)
[3]. 新技術の実用化(安否情報システムの改良) (2010/4 )
[Notes] 相手先(静岡大学学内)

Education related information

【Courses being taught this academic year】
[1]. Graduate School Course(Master's) 情報セキュリティマネジメント論 (2022(FY) - second semester )
[2]. Graduate School Course(Master's) マネジメント特論Ⅰ (2022(FY) - second semester )
[3]. Graduate School Course(Master's) マネジメント特論Ⅲ (2022(FY) - full year )
【Number of students advising】
2015(FY)
Number of master's course students : 0
Number of doctorate course students (main advisor) : 0 Number of doctorate course students (assistant advisor) : 0
2012(FY)
Number of master's course students : 1
Number of doctorate course students (main advisor) : 0 Number of doctorate course students (assistant advisor) : 0
【Information education-related information.】
[1]. 指導クラブ等(留学生 バトミントン クラブ) (2003/4 )
[2]. 指導クラブ等(留学生 バトミントン クラブ) (2002/4 )

Contributions to society

【Seminar,Workshop, Event, etc.】
[1]. seminar 情報セキュリティマネジメントと公衆無線LANのセキュリティ (2017/10 - 2017/10 )
[Details] 「富士山周辺におけるサイバーセキュリティ推進合同会議」における特別講演 40分
[Notes] 場所:富士宮警察署
[2]. seminar 企業におけるサイバーセキュリティとマネジメントシステムのススメ (2017/10 - 2017/10 )
[Details] 第8回 静岡県サイバーテロ対策協議会 における情報セキュリティセミナー 40分
[Notes] 場所:静岡県警察本部(静岡県庁別館)
[3]. seminar 情報セキュリティと情報活用の狭間で (2017/7 - 2017/7 )
[Details] 静岡文化芸術大学の教職員の約100名に対する情報セキュリティセミナー 60分
[Notes] 場所:静岡文化芸術大学
[4]. seminar 「文章の魅力と電子出版」~表現したい想いがあれば、本は出版できる~ (2015/9 - 2015/9 )
[Details] 浜松市中心街活性化のためのスタジオイベントにおけるセミナー(ボランティア)
[Notes] 日程:2015年9月22日(火・祝) 場所:浜松市中区肴町319-33 青山ビル2F Nekoba肴町 浜松スタジオ
[5]. lecture meeting 静岡大学のクラウド活用事例~SINETとクラウド情報基盤の連携~ (2013/11 )
[Details] NII国立情報学研究所によるSINETおよび学認説明会
[Notes] 北海道大学(14日)、名古屋大学(27日) http://www.nii.ac.jp/service/openforum/setsumeikai2013/
【News coverage】
[1]. newspaper サイバー犯罪捜査アドバイザー委嘱 県警、3人に (2016/4/28)
[Notes] 静岡新聞朝刊28面
[2]. newspaper 静岡大学の安否確認システムに関する記事 (2013/8/31)
[Summary]中日新聞社
[Notes] 掲載記事URL:http://c-office.ipc.shizuoka.ac.jp/201310/snbn0831.jpg
[3]. newspaper 静大TVに関する記事 (2013/5/13)
[Summary]情報産業新聞
[Notes] 静岡大学テレビジョンに関する記事
[4]. newspaper 静岡大学情報基盤機構が「ITSMS(ISO/IEC20000)」を取得したことについてコメント (2012/11/1)
[Notes] 静岡新聞朝刊27面
[5]. newspaper 安否情報システムの共同開発についてコメント (2012/4/6)
[Notes] 読売新聞
【Committees outside the university, etc.】
[1]. サイエンティフィックシステム研究会(SS研) 委員 (2018/4 - 2017/3 )
[Details of activities]活動方針・研究会・イベント等の委員
[Notes] http://www.ssken.gr.jp/ サイエンティフィック・システム研究会(略称:SS研,英文名:The Society of Scientific Systems)は、大学、研究所などの科学技術分野のコンピュータ利用機関を主体とした研究会(任意団体)です。
[2]. 日本ソーシャルデータサイエンス学会 (2017/3 )
[Details of activities]日本ソーシャルデータサイエンス学会 論文編集委員
[3]. 国立情報学研究所 クラウド作業部会委員 (2016/4 )
[Details of activities]大学におけるクラウドコンピュータ利用推進のための活動
[4]. ISMS研究会 (2015/3 )
[Details of activities]大学のISMS、ITSM、BCMSの研究活動
[Notes] https://isms.cii.shizuoka.ac.jp/isms/ 国立大学法人情報系センター協議会 NIPC の下部組織として、情報セキュリティについての研究発表および意見交換を行うためにISMS研究会を設置しています。
[5]. 学術情報委員会 (2013/12 )
[Details of activities]ISMSからクラウド情報基盤への展開
[Notes] 場所:文部科学省
【Other social activities】
[1]. サイエンスカフェin浜松 (2011/4 )
[Notes] 活動内容(講演資料「身近な省エネから省エネネットワークへ:ICTによる低消費電力化の取り組み静岡大学での実例」峰野博史、松尾廣伸、長谷川孝博)
[2]. ITSC主催 第2回ISMSセミナー 講師 (2007/4 )
[Notes] 活動内容(役員となっている本学大学発ベンチャー株式会社ITSCにおいてチーフコンサルタントとして、市内企業を対象としたISMSセミナーをアクトシティにて行った。2007年2月28日)
[3]. 県内株式会社へのISO27001認証取得コンサルテーション (2007/4 )
[Notes] 活動内容(役員となっている本学大学発ベンチャー株式会社ITSCにおいてチーフコンサルタントを務め、静岡市内の株式会社へのISO27001認証取得に対する定期コンサルテーションを行っている。)
[4]. 山口大学へのISO27001認証取得コンサルテーション (2007/4 )
[Notes] 活動内容(役員となっている本学大学発ベンチャー株式会社ITSCにおいてチーフコンサルタントを務め、山口大学へのISO27001認証取得に対する定期コンサルテーションを行っている。)
[5]. ITSC主催 第1回ISMSセミナー 講師 (2006/4 )
[Notes] 活動内容(役員となっている本学大学発ベンチャー株式会社ITSCにおいてチーフコンサルタントとして、市内企業を対象としたISMSセミナーをアクトシティにて行った。2007年1月18日)

International contributions

Others

【School dean, etc.】
[1]. 情報基盤センター長 (2019/4 - 2021/3 )
[2]. 情報セキュリティ統括責任者(CISO) (2015/4 - 2019/3 )
[3]. 情報基盤センター副センター長 (2015/4 - 2019/3 )