氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 新谷 誠 (ARAYA Makoto)

新谷 誠 (ARAYA Makoto)
教授
学術院情報学領域 - 情報科学系列 情報学部 - 情報科学科
大学院総合科学技術研究科情報学専攻 - 情報学コース








image-profile
最終更新日:2019/09/14 13:06:34

教員基本情報

【取得学位】
博士(理学)  大阪市立大学   1997年3月
修士(理学)  弘前大学   1994年3月
【研究分野】
数物系科学 - 数学 - 数学基礎・応用数学
数物系科学 - 数学 - 代数学
【現在の研究テーマ】
距離正則グラフの特徴付け
ハイポハミルトングラフの構成
組合せデザインの構成、分類
誤り訂正符号の分類
【研究キーワード】
代数的組合せ論, 組合せデザイン, 誤り訂正符号, グラフ
【所属学会】
・日本応用数理学会
・日本数学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. On the classification of linear complementary dual code
Discrete Mathematics 342/1 270-278 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] M. Araya and M. Harada [URL] [DOI]
[2]. Ternary maximal self-orthogonal codes of lengths 21,22 and 23
Journal of Algebra Combinatorics Discrete Structures and Applications 5/1 1-4 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]M.Araya [共著者]M.Harada,Y.Suzuki [URL]
[3]. On the classification of Z4-codes
Advances in Mathematics of Communications 11/4 747-756 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]M.Araya [共著者]M.Harada,H.Ito,K.Saito [URL]
[4]. Quasi-unbiased Hadamard matrices and weakly unbiased Hadamard matrices: A coding-theoretic approach
Mathematics of Computation 86/304 951-984 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] M.Araya, M.Harada and S.Suda
[5]. Supplementary difference sets related to a certain class of complex spherical 2-codes
The Australasian Journal of Combinatorics 65/(num) 71-83 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] M.Araya, M.Harada and S.Suda
【著書 等】
[1]. 理工系のためのベクトル解析
東京図書 (2016年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]新谷 誠,中谷広正,宮崎佳典,松田健
[2]. 理工系のための離散数学
東京図書 (2013年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]宮崎 佳典,新谷 誠,中谷 広正
【学会発表・研究発表】
[1]. 組合せデザインのグラフ表現について,
弘前大学理工学部数理科学談話会 (2018年11月22日) 招待講演
[発表者]新谷誠
[URL]
[2]. 位数 9 の分割釣合い型トーナメントデザインの構成
離散数学とその応用研究集会2018 (2018年8月20日) 招待講演以外
[発表者]時久直也、新谷誠
[URL]
[備考] 広島工業大学
[3]. 部分釣り合い型2部ブロックデザインとその2部グラフ
実験計画法と符号および関連する組合せ構造 (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]新谷 誠
[4]. 小さい位数の分割釣合い型トーナメントデザインの分類
離散数学とその応用研究集会2017 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]時久直也,新谷 誠
[5]. 部分釣合い型不完備ブロックデザインとそのアソシエーションスキームの自己同型群について
離散数学とその応用研究集会2017 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]根本雅章,新谷 誠
【科学研究費助成事業】
[1]. グラフ表現による組合せ構造の研究 ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(C) 代表
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第30回代数的組合せ論 (2013年6月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 浜松市

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) コミュニケーション論 (2019年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[2]. 大学院科目(修士) 情報学演習Ⅰ (2019年度 - 通年 )
[3]. 大学院科目(修士) 情報学演習Ⅱ (2019年度 - 通年 )
[4]. 大学院科目(修士) 情報学研究Ⅰ (2019年度 - 通年 )
[5]. 大学院科目(修士) 情報学研究Ⅱ (2019年度 - 通年 )
【指導学生数】
2019年度
卒研指導学生数(3年) 1 人
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2018年度
卒研指導学生数(3年) 6 人
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2017年度
卒研指導学生数(3年) 2 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
卒研指導学生数(3年) 3 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2015年度
卒研指導学生数(3年) 3 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. 位数12のグラフは再構成可能 (2016年11月)
[授与団体名] 第14回情報学ワークショップ実行委員会

社会活動

国際貢献実績

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. 情報学部情報科学科長 (2018年4月 - 2019年3月 )