トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 綱川 隆司 (TSUNAKAWA Takashi)

綱川 隆司 (TSUNAKAWA Takashi)
講師
学術院情報学領域 - 情報科学系列 情報学部 - 情報科学科
大学院総合科学技術研究科情報学専攻 - 情報学コース


image-profile
最終更新日:2022/10/21 2:07:56

教員基本情報

【取得学位】
修士(情報理工学)  東京大学   2005年3月
博士(情報理工学)  東京大学   2010年3月
【研究分野】
総合理工 - 計算科学 - 計算科学
情報学 - 人間情報学 - 知能情報学
【現在の研究テーマ】
ニューラル機械翻訳とその応用
高齢者向け音声対話型情報端末及び関連ソフトウエアに関する研究
協調学習における評価対象テキストの自動評定
【研究キーワード】
自然言語処理, 計算言語学, 機械翻訳
【所属学会】
・言語処理学会
・情報処理学会
・人工知能学会
【個人ホームページ】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/tsunakawa/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Information-Gathering Dialog System Using Acoustic Features and User's Motivation
IAES International Journal of Artificial Intelligence 12/1 12-22 (2023年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Ryota Togai, Takashi Tsunakawa, Masafumi Nishida, Masafumi Nishimura [備考] 採録決定
[DOI]
[2]. 特許機械翻訳の課題解決に向けた機械翻訳技術解説
自然言語処理 29/3 925-985 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 今村 賢治, 越前谷 博, 江原 暉将, 後藤 功雄, 須藤 克仁, 園尾 聡, 綱川 隆司, 中澤 敏明, 二宮 崇, 王 向莉 [備考] 第3章(用語訳の統一)を担当
[DOI]
[3]. 咽喉マイクを用いた大語彙音声認識のための特徴マッピングによるデータ拡張と知識蒸留
情報処理学会論文誌 62/6 - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 鈴木 貴仁, 緒方 淳, 綱川 隆司, 西田 昌史, 西村 雅史
[4]. An assessment of idea emergence in subject-matter collaborative learning
Frontiers in Education, section Assessment, Testing and Applied Measurement 5/ - (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Jun Oshima, Takashi Tsunakawa, Ritsuko Oshima [DOI]
[5]. 複数の装着型マイクを用いた多人数会話の音声認識
Journal of Signal Processing 24/1 19-29 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 林 升柯,綱川 隆司,西田 昌史,西村 雅史 [DOI]
【学会発表・研究発表】
[1]. BERTによる日本語文章の難易度推定
第21回情報科学技術フォーラム(FIT2022) (2022年9月15日) 招待講演以外
[発表者]郷原 聖士, 綱川 隆司, 西田 昌史, 西村 雅史
[備考] 開催場所(慶應義塾大学 矢上キャンパス/オンライン)
[2]. Automatic Detection of Machine-Generated Text in Essays
令和4年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 (2022年8月) 招待講演以外
[発表者]Hossain Md Sarowar, 綱川隆司, 西田昌史, 西村雅史
[備考] オンライン開催
[3]. d-vectorを用いた話者モデルの選択に基づく咽喉マイクの特徴マッピング
情報処理学会第84回全国大会 (2022年3月) 招待講演以外
[発表者]村手 涼雅, 西田 昌史, 綱川 隆司, 西村 雅史
[備考] 開催場所(愛媛大学 城北キャンパス/オンライン)
[4]. wav2vec 2.0の事前学習モデルを用いた咽喉マイク音声認識
情報処理学会第84回全国大会 (2022年3月) 招待講演以外
[発表者]増田 光汰, 緒方 淳, 西田 昌史, 綱川 隆司, 西村 雅史
[備考] 開催場所(愛媛大学 城北キャンパス/オンライン)
[5]. 和文英訳自動添削システムにおける内容誤り検出手法の検討
情報処理学会第84回全国大会 (2022年3月) 招待講演以外
[発表者]天野 勇弥, 松井 颯汰, 綱川 隆司, 西田 昌史, 西村 雅史
[備考] 開催場所(愛媛大学 城北キャンパス/オンライン)
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 高齢者向け音声対話型情報端末及び関連ソフトウエアに関する研究
分担 ( 2018年4月 ~ 2020年3月 )
【科学研究費助成事業】
[1]. ニューラル機械翻訳と自然言語推論技術に基づく外国語作文の自動添削 ( 2020年4月 ~ 2023年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 自然言語処理と学習プロセスセンシングを用いた協調学習の形成的評価環境の構築 ( 2019年4月 ~ 2023年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[3]. Wikipediaの多言語性を利用したwikificationの高精度・高機能化 ( 2015年4月 ~ 2019年3月 ) 若手研究(B) 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. Wikipediaの多言語利用における言語障壁の解消に関する研究 (2013年4月 - 2016年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 静岡大学情報学部Xプロジェクト
[2]. テキスト間の含意関係に基づく対訳語の概念間包含関係の認識 (2012年10月 - 2013年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 静岡大学情報学部Sプロジェクト
[3]. 訳語対のクラスタリングによる動詞の訳語選択 (2011年10月 - 2012年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 静岡大学情報学部Sプロジェクト(
【学会・研究会等の開催】
[1]. 言語処理学会第28回年次大会(NLP2022) (2022年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] アクトシティ浜松/オンライン
[備考] 副実行委員長
[2]. 9th Workshop on Patent and Scientific Literature Translation (2021年8月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] オンライン開催
[備考] 主催者(アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)、(財)日本特許情報機構(Japio))
[3]. 8th Workshop on Patent and Scientific Literature Translation (2019年8月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] ダブリン(アイルランド)
[備考] 主催者(アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)、(財)日本特許情報機構(Japio))
[4]. 第5回特許情報シンポジウム (2018年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] ビジョンセンター浜松町
[備考] 主催者(アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)、(財)日本特許情報機構(Japio))
[5]. 7th Workshop on Patent and Scientific Literature Translation (2017年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 名古屋大学
[備考] 主催者(アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)、(財)日本特許情報機構(Japio))

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) ことば (2022年度 - 前期 )
[2]. 大学院科目(修士) 情報学演習Ⅰ (2022年度 - 通年 )
[3]. 大学院科目(修士) 情報学演習Ⅱ (2022年度 - 通年 )
[4]. 大学院科目(修士) 情報学研究Ⅰ (2022年度 - 通年 )
[5]. 大学院科目(修士) 情報学研究Ⅱ (2022年度 - 通年 )
【指導学生数】
2022年度
卒研指導学生数(3年) 2 人
卒研指導学生数(4年) 8 人
修士指導学生数 8 人
[備考] 修士指導学生数は2022年5月1日現在
2021年度
卒研指導学生数(3年) 7 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2020年度
卒研指導学生数(3年) 6 人
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2019年度
卒研指導学生数(3年) 4 人
卒研指導学生数(4年) 0 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. 全国大会 学生奨励賞 (2021年3月)
[受賞学生氏名] 福田 治輝 (情報学部)
[授与団体名] 一般社団法人情報処理学会
[備考] 発表タイトル(BERTを利用した協調学習の多人数会話分析)
[2]. 全国大会 学生奨励賞 (2020年3月)
[受賞学生氏名] 福田 治輝 (情報学部)
[授与団体名] 一般社団法人情報処理学会
[備考] 発表タイトル(逆翻訳による言い換え生成を用いた協調学習自動評定の性能改善)
[3]. 全国大会 学生奨励賞 (2019年3月)
[受賞学生氏名] 杉浦 知也 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 一般社団法人情報処理学会
[備考] 発表タイトル(視覚障がい者による仮名漢字変換のための説明語辞書の作成支援に関する検討)
[4]. 全国大会 学生奨励賞 (2019年3月)
[受賞学生氏名] 鈴木 貴仁 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 一般社団法人情報処理学会
[備考] 発表タイトル(咽喉マイクを用いた大語彙音声認識のための知識蒸留)
[5]. 全国大会 学生奨励賞 (2018年3月)
[受賞学生氏名] 浅井 研哉 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 一般社団法人情報処理学会
[備考] 発表タイトル(聴覚障害者支援のための実環境下における環境音認識)

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 出張講義 掛川工業高校出張講義 (2018年9月 )
[内容] これからの情報工学~プログラミングと人工知能~
[備考] 開催場所(静岡県立掛川工業高等学校)
[2]. 講演会 浜松工業会兵庫支部総会 (2018年6月 )
[内容] 深層学習による自然言語処理のパラダイムシフト~word2vecから始まるブラックボックス化~
[備考] 開催場所(ラッセホール(兵庫県神戸市))
[3]. 出張講義 掛川東高校出張講義 (2015年9月 )
[内容] 文系と理系から見たスマートフォン -イノベーションと検索技術-
[備考] 開催場所(静岡県立掛川東高等学校)
[4]. 出張講義 伊東高校出張講義 (2014年10月 )
[内容] 情報学が支える翻訳
[備考] 開催場所(静岡県立伊東高等学校)
【学外の審議会・委員会等】
[1]. AAMT/Japio特許翻訳研究会委員 (2022年5月 - 2023年3月 ) [団体名] アジア太平洋機械翻訳協会
[活動内容]研究会に出席し意見を述べ、研究報告を行う
[備考] 副委員長
[2]. AAMT/Japio特許翻訳研究会委員 (2021年5月 - 2022年3月 ) [団体名] アジア太平洋機械翻訳協会
[活動内容]研究会に出席し意見を述べ、研究報告を行う
[3]. AAMT/Japio特許翻訳研究会委員 (2020年5月 - 2021年3月 ) [団体名] アジア太平洋機械翻訳協会
[活動内容]研究会に出席し意見を述べ、研究報告を行う
[4]. AAMT/Japio特許翻訳研究会委員 (2019年5月 - 2020年3月 ) [団体名] アジア太平洋機械翻訳協会
[活動内容]研究会に出席し意見を述べ、研究報告を行う
[5]. AAMT/Japio特許翻訳研究会委員 (2018年5月 - 2019年3月 ) [団体名] アジア太平洋機械翻訳協会
[活動内容]研究会に出席し意見を述べ、研究報告を行う

国際貢献実績

管理運営・その他

【特記事項】
2006-2009 大規模対訳辞書からの異表記・同義語関係の抽出についての研究に従事2007-2010 日英・中英対訳辞書からの日中対訳辞書の構築についての研究に従事2009- コンパラブルコーパスを用いた訳語選択についての研究に従事