トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 酒井 克彦 (SAKAI Katsuhiko)

酒井 克彦 (SAKAI Katsuhiko)
教授
学術院工学領域 - 機械工学系列 工学部 - 機械工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 機械工学コース


image-profile
最終更新日:2022/10/25 2:06:52

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  名古屋大学   1994年3月
【研究分野】
工学 - 機械工学 - 生産工学・加工学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
機械加工全般(切削加工、研削加工、レーザー加工、放電加工など)
【現在の研究テーマ】
雰囲気制御による高能率切削加工法の開発
CFRP材料の放電加工に関する研究
複合ミスト切削法の開発
放電によるアルミニウム合金表面改質法の開発
無残滓液体による環境対応切削加工技術の開発
混合ガスミストによる深穴加工の生産性改善
アルカリ電解水ミストによる環境対応切削加工
高出力半導体レーザによる異種材料接合技術の開発
【研究キーワード】
切削加工, レーザ加工, 環境対応
【所属学会】
・日本機械学会
・日本金属学会
・砥粒加工学会
・精密工学会
・電気加工学会
【個人ホームページ】
http://sites.google.com/site/kikaikousaku/
【研究シーズ】
[1]. 鉛レス環境対応黄銅の切削加工特性 ( 2019年度 - ) [分野] 1. ものづくり技術 [URL]
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Effects of Process Parameters on the Dissimilar Friction Stir Welded Joints Between Aluminum Alloy and Polycarbonate
Research and Education: Traditions and Innovations Proceedings of the 19th International Conference on Global Research and Education (Inter-Academia 2021) / 133-138 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] A. Azhagar, K. Sakai, H. Shizuka, K. Hayakawa
[2]. Influence of Tool Pin Profiles in Friction Stir Welding of Aluminum Alloy and Polycarbonate
Defect and Diffusion Forum /Vol. 414 185-190 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Arunagiri Azhagar, Kunio Hayakawa, Hiroo Shizuka, Katsuhiko Sakai
[3]. Fluid Lubrication and Cooling Effects in Diamond Grinding of Human Iliac Bone.
Medicina 57/1 1-9 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Yoshihiro Kitahama, Hiroo Shizuka, Ritsu Kimura, Tomo Suzuki, Yukoh Ohara, Hideaki Miyake and Katsuhiko Sakai
[4]. Effect of Cutting Speed on Shape Recovery of Work Material in Cutting Process of Super-Elastic NiTi Alloy
International Journal of Automation Technology 15/1 24-33 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Hao Yang, Katsuhiki Sakai, Hiroo Shizuka, Yuji Kurebayashi and Kunio Hayakawa
[5]. Difficult Cutting Propertie of NiTi Alloy and Its Mechanism
Manufacturing and Material Processing 4/124 1-15 (2020年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Hiroo Shizuka , Katsuhiko Sakai , Hao Yang , Kazuki Sonoda , Tetsuo Nagare , Yuji Kurebayashi and Kunio Hayakawa
【著書 等】
[1]. 生産加工学—ものづくりの技術から経済性の検討までー
コロナ社 (2014年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]井上 孝司,Petros Abraha,酒井 克彦
[2]. IR分析テクニック事例集
技術情報協会 (2013年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]酒井 克彦
[備考] FTIRを用いた超硬切削工具表面の残留油分測定
[3]. 浜松地域輸送機器製造中核人材育成事業教材
(2007年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別]
【学会発表・研究発表】
[1]. h-BN添加がWC-FeAl超硬工具の耐欠損性に及ぼす影響
日本機械学会第14回生産加工・工作機械部門講演会 (2022年10月8日) 招待講演以外
[発表者]久保田望,酒井克彦,静弘生,古嶋亮一,下島康嗣,細川裕之
[2]. 切削工具ホルダ装着型無線式トルク・スラスト計測システムの開発
日本機械学会2022年次大会 (2022年9月12日) 招待講演以外
[発表者]酒井克彦,静弘生,山本華鈴,宮嶋健太郎,麻生学,石塚義和,深川克敏,川畑光弘
[3]. 手術の数値化・視覚化,ロボット化
第34回日本頭蓋底外科学会 (2022年7月7日) 招待講演以外
[発表者]北濱義博,静弘生,酒井克彦,尾原裕康,三宅秀明
[4]. 手術の数値化 骨研削の実験的分析 外科医と機械制御の比較
日本脊髄外科学会 (2022年6月16日) 招待講演以外
[発表者]北濱義博,静弘生,酒井克彦,小泉慎一郎,黒住和彦,尾原裕康,三宅秀明
[5]. SUS420の深穴加工における切削音と工具損傷の関係
IIP2022 情報・知能・精密機器部門(IIP部門)講演会 (2022年3月) 招待講演以外
[発表者]木村亘佑、酒井克彦,静弘生,佐々木一興
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 切削技術の研究と応用による最適加工条件と技術理論値の追求
( 2011年8月 ~ 2012年3月 )
[2]. 学内共同研究 切削加工の高度化プロジェクト
( 2011年4月 )
[3]. 国内共同研究 切削工具の長寿命化に関する研究
( 2010年4月 ~ 2011年3月 )
[4]. 国内共同研究 ステンレス材用高寿命チップソーの開発
( 2009年11月 )
[5]. 国内共同研究 溝入れcBN砥石による焼入れ鋼の高能率研削
( 2009年7月 ~ 2010年3月 )
【科学研究費助成事業】
[1]. 強還元作用を用いたチタンおよびチタン合金の環境対応高能率切削加工に関する研究 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 切削誘起トライボケミカル反応を利用した高生産性環境対応切削加工法の開発 ( 2011年4月 ~ 2014年3月 ) 基盤研究(C) 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. (2016年10月 ) [提供機関] 大澤科学技術興財団 [制度名] 研究助成
[2]. (2014年4月 ) [提供機関] 日本教育公務員弘済会 [制度名] 日本教育公務員弘済会本部奨励金
[3]. 先進的ものづくり人材育成カリキュラムの構築及び実践 (2012年4月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 学長裁量経費:教育研究プロジェクト推進経費
[4]. 航空エンジン部品等大径部品・複雑形状部品のワイヤ放電加工技術高度化の研究開発 (2010年4月 ) [提供機関] 中小企業庁 [制度名] 戦略的基盤技術高度化支援事業
[5]. 航空エンジン部品等大径部品・複雑形状部品のワイヤ放電加工技術高度化の研究開発 (2009年4月 ) [提供機関] 中小企業庁 [制度名] 戦略的基盤技術高度化支援事業
【受賞】
[1]. 最優秀論文賞 顕微鏡下手術における医師の手技による人骨の研削方法の実験的分析 (2021年7月)
[受賞者] 酒井克彦 [授与機関] 低侵襲・内視鏡脊髄神経外科学会
[2]. 精密工学会賞 (1999年1月)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第233回電気加工研究会 (2021年7月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] Web
[備考] 電気加工学会東海支部担当
[2]. 第230回電気加工研究会 (2021年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] Web
[備考] 電気加工学会東海支部担当
[3]. 電気加工学会全国大会(2019) (2019年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 金沢大学
[備考] 電気加工学会東海支部担当
[4]. 第227回電気加工研究会 (2019年8月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 名古屋工業大学
[備考] 電気加工学会東海支部担当
[5]. 第224回電気加工研究会 (2018年8月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] デンソーD-Square
[備考] 電気加工学会東海支部担当
【その他学術研究活動】
[1]. 国本工業訪問,工場見学 (2021年12月 )
[備考] 先端精密技術研究会
[2]. 先端精密技術研究会 桜井製作所見学会引率 (2021年5月 )
[備考] オンライン,対面ハイブリッド開催
[3]. エステック訪問,工場見学 (2021年5月 )
[備考] 対面開催
[4]. 三菱電機名古屋製作所見学引率 (2019年12月 )
[5]. メカトロテック2019見学引率 (2019年10月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 材料加工学 (2022年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 機械加工学 (2022年度 - 後期 )
[3]. 学部専門科目 応用加工学 (2022年度 - 前期 )
[4]. 大学院科目(修士) 生産システム特論 (2022年度 - 後期 )
[5]. 大学院科目(修士) 先端技術レビュー (2022年度 - 後期 )
【指導学生数】
2021年度
卒研指導学生数(4年) 5 人
修士指導学生数 4 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2017年度
修士指導学生数 6 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
修士指導学生数 6 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2015年度
修士指導学生数 4 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2014年度
修士指導学生数 5 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. 精密工学会東海支部優秀学生賞 (2021年10月)
[受賞学生氏名] 安藤啄朗 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 日本銅学会学生優秀講演賞
[2]. 砥粒加工学会中村留精密工業株式会社奨励論文賞 (2020年11月)
[受賞学生氏名] 山岡大治郎 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 公益社団法人砥粒加工学会
[3]. 日本機械学会畠山賞 (2020年3月)
[受賞学生氏名] 榑林裕二 (工学部)
[授与団体名] 一般社団法人日本機械学会
[4]. 精密工学会東海支部優秀学生賞 (2020年3月)
[受賞学生氏名] 安藤啄朗 (工学部)
[授与団体名] 公益社団法人精密工学会東海支部
[5]. 砥粒加工学会優秀講演賞 (2019年11月)
[受賞学生氏名] 楊昊 (創造科学技術大学院)
[授与団体名] 公益社団法人砥粒加工学会
【その他教育関連情報】
[1]. 天文サークルSACLA顧問 (2020年4月 )
[2]. 和歌山大学共同教育センターと学生のものづくり教育について情報交換 (2016年10月 )
[備考] 工学部次世代ものづくり人材育成センター
[3]. 天文サークル顧問 (2014年4月 - 2020年3月 )
[4]. 自動車部顧問 (2013年1月 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 2020浜松ダヴィンチキッズプロジェクト,ものづくり・サイエンスダヴィンチ合同企画~「ミニテスラコイル回路の製作と高電圧・空中放電実験」 (2021年2月 )
[内容] 電子のふるまいと放電現象に関する講義,ハンダ付け練習,ミニテスラコイル回路の製作と実験.
[備考] 浜松キャンパス5−24教室
[2]. 講演会 山県市商工会水栓バルブ推進委員会第5回勉強会講師 (2019年12月 )
[内容] 改めて学ぶ切削加工原理から被削性改善まで
[備考] 山県市美山中央公民館
[3]. 公開講座 静岡県機械金属工業協同組合連合会高額セミナー講師 (2019年12月 )
[内容] 基礎から最新技術動向まで学ぶ切削加工講座
[備考] アクトシティコングレスセンター
[4]. 展示 スズキポスター展出展 (2019年9月 )
[内容] 鉛レス環境対応黄銅の切削加工特性に関する研究内容について紹介した
[備考] スズキ株式会社高塚本社
[5]. 出張講義 日星電気株式会社社内勉強会講師 (2019年7月 - 2019年10月 )
[内容] 切削加工の基礎原理と計測・解析技術および,最新技術動向について公演した.
[備考] 日星電気株式会社竜洋事業所
【報道】
[1]. 新聞 日刊工業新聞社工作機械産業特集号「ドライセミドライ切削加工技術動向」記事執筆 (2018年3月16日)
[2]. 新聞 日刊工業新聞社JIMTOF特集号「放電加工」記事執筆 (2016年11月16日)
[3]. 新聞 共同研究希望テーマ説明会 (2015年11月17日)
[概要]11月13日開催の標記会合での発表内容について記事で紹介された
[備考] 中日新聞
[4]. 新聞 鋸刃による鉄道線路の高速切断 (2012年10月2日)
[備考] 日刊工業新聞
[5]. 新聞 CFRPと木材とのハイブリッド構造の提案 (2012年8月7日)
[備考] 中部経済新聞
【その他社会活動】
[1]. さなるミートアップ参加 (2019年11月 )
[備考] ロボット活用
[2]. さなるミートアップ参加 (2018年6月 )
[備考] 異種材料接合
[3]. さなるミートアップ参加 (2017年10月 )
[備考] チタン・チタン合金材料
[4]. 浜松RAIN房ものづくりダビンチキッズ教室サポート (2017年4月 )
[備考] 原則月2回開催,1月に年次交流会開催,2019年,2017年,2015年は12月に工場見学会主催
[5]. 地域支援(溶接基礎、溶接応用、塗装基礎講義担当) (2013年4月 )
[備考] 支援先(輸送機器中核人材育成事業)

国際貢献実績

【国際協力事業】
[1]. SSSV海外研究室交流事業(招聘) (2019年9月 )
[相手方機関名] 南京理工大学
[活動内容] 学生・教員招聘,合同セミナー,研究室見学,工場見学等実施
[2]. SSSV海外研究室交流事業  (2017年11月 )
[相手方機関名] 台湾国立中央大学
[活動内容] 学生・教員招聘,合同セミナー,研究室見学,工場見学等実施
[備考] 未来創生基金(鎌倉フェローシップ)採択,学生招聘旅費等に利用
[3]. SSSV海外研究室交流事業  (2017年10月 )
[相手方機関名] 台湾国立中央大学
[活動内容] 台湾訪問,合同セミナー実施
[4]. 静岡大学ー台湾國立中央大學修士DDP学生公募開始 (2017年4月 )
[相手方機関名] 台湾國立中央大學
[活動内容] 台湾國立中央大學工学部,静岡大学総合科学技術研究科工学選考で学生募集開始
[5]. 静岡大学ー台湾國立中央大學修士DDP合意文書調印 (2017年2月 )
[相手方機関名] 台湾國立中央大學
[活動内容] 台湾國立中央大學工学部Yong工学部長と協定文書に調印
【その他国際貢献実績】
[1]. 研究者招聘講演実施(ハルビン工業大学楊暁冬氏) (2019年8月 )
[備考] 第227回電気加工研究会(電気加工学会東海支部主催)
[2]. 研究者招聘講演実施(Hai-Ping TSUI氏) (2018年8月 )
[備考] 第224回電気加工研究会(電気加工学会東海支部主催)
[3]. 研究者招聘講演実施(Ya-Chieh Wen) (2017年7月 )
[備考] 第221回電気加工研究会(電気加工学会東海支部主催)

管理運営・その他

【特記事項】
1999-2001 レーザピアッシングによる制振鋸刃の開発2000-2007 油ー水複合ミストによる環境対応加工技術の開発2000-2003 高出力半導体レーザ加工機の開発2001-2003 ゲル状切削液による微量潤滑切削技術の開発2002-2006 極微量潤滑油供給による環境対応切削技術の開発2005-2006 冷却水に含まれる微量成分の切削性能への影響2001-2007 放電成膜によるアルミニウム合金表面改質法の開発2001-2005 レーザ援用切削による難削材の高能率加工法の開発2001-2007 雰囲気制御による高能率切削加工技術の開発2003-2004 YAGレーザによるガラス・セラミックスの接合2004-2006 ディスクYAGレーザ加工機の開発2004-2006 CO2レーザによるガラス精密割断装置の開発2004-2007 研削砥石の超音波援用ドレッシング技術の開発2004-2007 高出力半導体レーザによるテーラードブランク溶接