トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 石田 明広 (ISHIDA Akihiro)

石田 明広 (ISHIDA Akihiro)
教授
学術院工学領域 - 電子物質科学系列 工学部 - 電子物質科学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電子物質科学コース
大学院光医工学研究科 - 光医工学共同専攻 創造科学技術研究部 - ナノビジョンサイエンス部門


image-profile
最終更新日:2022/06/24 9:41:03

教員基本情報

【取得学位】
工学博士  静岡大学   1986年2月
【研究分野】
工学 - 電気電子工学 - 電子デバイス・電子機器
工学 - 電気電子工学 - 電子・電気材料工学
【現在の研究テーマ】
熱電物性に関する研究
半導体量子構造と長波長赤外線レ-ザ
【研究キーワード】
量子井戸, 中赤外線レーザ, 熱電, 半導体物性, IV-VI族半導体
【所属学会】
・日本赤外線学会
・日本熱電学会
・応用物理学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Heat transport through propagon-phonon interaction in epitaxial amorphous-crystalline multilayers
Communications Physics 4/1 153-1-153-7 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Takafumi Ishibe, Ryo Okuhata, Tatsuya Kaneko, Masato Yoshiya, Seisuke Nakashima, Akihiro Ishida, Yoshiaki Nakamura [備考] GeS/PbTeアモルファス/エピタキシャル超格子の作製
[2]. Landau level spectroscopy of PbSnSe topological crystal insulator 
Physical Review B 103/ 155304(文献番号)- (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] K.K. Tikuisis, J. Wyzula, L. Ohnoutek, P. Cejpek, M. Hakl, C. Faugeras, K. Vyborny, A. Ishida, M. Veis, and M. Orlita [備考] PbSnSe資料の作製
[3]. Fine structural and photoluminescence properties of Mg2Si nanosheet bundles rooted on Si substrates
Japanese Journal of Applied Physics 60/ SBBK07 (6 pages).- (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] T Koga, R Tamaki, X Meng, Y Numazawa, Y Shimura, N Ahsan, Y Okada, A. Ishida, and H. Tatsuoka [備考] 量子効果の理論的説明
[DOI]
[4]. Formula for energy conversion efficiency of thermoelectric generator taking temperature dependent thermoelectric parameters into account
Journal of Applied Physics 128/ 135105(9 pages)- (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Akihiro Ishida [DOI]
[5]. Fabrication of magneto-optical waveguides inside transparent silica xerogels containing ferrimagnetic Fe3O4 nanoparticles
Optics Express 26/24/ 31898-31907- (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Seisuke Nakashima, Ryohei Okabe, Koji Sugioka, Akihiro Ishida
【著書 等】
[1]. 発光と受光の物理と応用
培風館 (2008年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]小林洋志,中西洋一郎,波多腰玄一他?名
[2]. 電子材料ハンドブック
朝倉書店 (2006年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]石田明広 他 118名
[備考] 共著担当箇所(220-222,225-232)
[3]. 電子材料ハンドブック
朝倉書店 (2006年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[4]. "Lead Chalcogenides:Physics and Applications"
Taylor & Francis (2002年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[備考] 共著担当箇所(pp.533-553)
[5]. Physics and Applications of IV-VI Semiconductors and Superlattices
Taylor & Francis (2002年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]Y.I.Ravich,V.Zlomanov,L..Yashina,G.Springholz,H.Pascher,G.Bauer,J.Oswald,T.Story,L.Ryabova,B.Akimov,B.Volkov,A.Ishida,H.Fujiyasu,Z.Dashevsky,H.Zogg,D.Khokhlov
[備考] 共著担当箇所(Chapter 9, pp.533-553)
【学会発表・研究発表】
[1]. PbS/CaS 中赤外 SCH レーザーの研究
2021年度日本赤外線学会研究発表会 (2021年10月21日) 招待講演以外
[発表者] 桑山倫博,石田明広
[備考] 日本赤外線学会(オンライン開催)
[2]. 熱電発電における性能指数と発電効率の関係
日本熱電学会学術講演会 (2020年9月29日) 招待講演以外
[発表者]石田明広
[備考] 日本熱電学会主催、WEB開催
[3]. Fe3O4 ナノ微粒子分散シリカキセロゲルへのフェムト秒レーザー照射による光導波路形成
第79回応用物理学会学術講演会 (2018年9月20日) 招待講演以外
[発表者]中嶋 聖介、岡部 凌平、水谷 梨乃、石田 明広
[備考] 応用物理学会、名古屋国際会議場
[4]. PbTe/PbSnTe系タイプII超格子のバンド間遷移
2018年秋季応用物理学会学術講演会 (2018年9月20日) 招待講演以外
[発表者]石田 明広、成瀬 和摩、光畑 昌輝、宮本 隆気、大石 凌也、中嶋 聖介
[備考] 応用物理学会、名古屋国際会議場
[5]. PbTe/GeS超格子のフォノン伝導機構
2018年度春季応用物理学会学術講演会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]石田 明広,渡辺 健太郎
[備考] 早稲田大学西早稲田キャンパス
【共同・受託研究】
[1]. 企業等からの受託研究 DFB構造による5〜7μm可変波長型レーザーの開発(アート電子)
代表 ( 2021年10月 ~ 2022年4月 )
[相手先] 浜松地域イノベーション推進機構(フォトンバレー)
[備考] A-SAP産学官金連携イノベーション推進事業
[2]. 国内共同研究 IV-VI族半導体熱電材料の研究
( 2008年4月 ~ 2009年3月 )
[3]. 国内共同研究 IV-VI族半導体熱電材料の研究
( 2006年12月 ~ 2008年3月 )
[4]. 国内共同研究 IV-VI族半導体熱電材料の研究
( 2005年12月 ~ 2006年11月 )
[5]. 国内共同研究 IV-VI族半導体熱電材料の研究
代表 ( 2004年12月 ~ 2005年11月 )
【科学研究費助成事業】
[1]. バンド間及びサブバンド間遷移中・遠赤外線量子井戸レーザの研究 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. バンド間遷移及びサブバンド間遷移長波長赤外線レ-ザの研究 ( 2005年4月 ) 基盤研究(C) 分担
[備考] GaN系量子井戸サブバンド間遷移レーザ及びIV-VI族半導体バンド間遷移レーザに関する研究
[3]. バンド間遷移及びサブバンド間遷移長波長赤外線レ-ザの研究 ( 2003年4月 ) 基盤研究(C) 分担

[4]. 半導体量子井戸と長波長赤外線レ-ザの研究 ( 2002年4月 ) 基盤研究(C) 代表

[5]. 半導体量子井戸と長波長赤外線レ-ザの研究 ( 2001年4月 ) 基盤研究(C) 代表

【外部資金(科研費以外)】
[1]. 非鉛系IV-VI族半導体高性能熱電変換材料の開発 (2010年2月 ) [提供機関] (財)スズキ財団 [制度名] 課題提案型研究助成
[2]. 量子井戸中遠赤外線レ-ザの研究 (2000年5月 ) [提供機関] 天野技術研究所 [制度名] 研究助成
【受賞】
[1]. 高柳記念賞 (2015年12月)
[備考] 浜松電子工学奨励会
[2]. 高柳研究奨励賞 (1989年1月)
【特許 等】
[1]. 窒素化合物半導体結晶成長方法及び成長装置 [出願番号] 068384 (1995年3月27日) [特許番号] 3574494
[備考] 窒素化合物半導体結晶成長方法及び成長装置
[2]. 単結晶気相成長方法 [出願番号] 162487 (1994年7月14日) [特許番号] 特許第3667360号
[3]. 成膜装置及び成膜用蒸発源装置 [出願番号] 161239 (1994年7月13日) [特許番号] 特許第3552749号
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第10回赤外放射の応用関連学会年会 (2013年2月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 東京工科大学蒲田キャンパス
[2]. 日本赤外線学会第22回研究発表会 (2012年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 関西大学
[3]. 日本赤外線学会第63回定例研究会 (2012年8月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] SPring8(兵庫県)
[4]. 日本赤外線学会第62回定例研究会 (2012年5月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 大阪産業大学梅田サテライト
[5]. 第9回赤外放射の応用関連学会年回 (2012年2月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 東京工科大学
【その他学術研究活動】
[1]. 学生引率(NECアクセステクニカ、スズキ自動車湖西工場) (2010年9月 )
[備考] 厚生補導特別企画
[2]. 学生引率(中部電力浜岡原子力館、浜松ホトニクス中央研究所) (2010年3月 )
[備考] 厚生補導特別企画

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) キャリアデザイン (2022年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 電子物質科学概論Ⅰ (2022年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 アナログ電子回路 (2022年度 - 後期 )
[4]. 学部専門科目 セミナー (2022年度 - 前期 )
[5]. 学部専門科目 セミナーⅠ (2022年度 - 前期 )
【指導学生数】
2021年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
2020年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
2018年度
卒研指導学生数(4年) 5 人
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
2017年度
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
2016年度
修士指導学生数 5 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 高大連携実習 (2019年8月 - 2019年8月 )
[内容] 中赤外半導体レーザの発光特性の測定
[備考] 静岡大学浜松キャンパス
[2]. 公開講座 模擬授業 (2019年5月 )
[内容] 半導体と電子デバイスの物理に関する模擬授業を行なった。
[備考] 愛知県立豊橋南高等学校
[3]. 高大連携 FSS学生の研究指導 (2018年5月 - 2019年3月 )
[内容] IV-VI族半導体レーザ作製・評価に関する研究指導
[4]. 高大連携 FSS学生の研究指導 (2017年12月 - 2018年3月 )
[内容] 半導体レーザ作製・評価に関して、高校生の研究指導を行なった。
[5]. 高大連携 高大連携実習 (2017年8月 - 2017年8月 )
[内容] 半導体レーザに関する講義と作製・評価を行なった。
【報道】
[1]. 新聞 石田・静大教授など5氏 電子科学で業績 高柳賞贈呈式 (2015年12月29日)
[備考] 毎日新聞朝刊24面
[2]. 新聞 石田静大教授に高柳賞 中区で贈呈式 半導体レーザー研究 (2015年12月15日)
[備考] 中日新聞朝刊18面
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 電気学会光エネルギー応用技術調査専門委員会 (2013年3月 )
[活動内容]光・エネルギー応用技術に関する調査
[2]. 電気学会安全・安心のための赤外線技術調査専門委員会 (2005年10月 - 2008年9月 )
[備考] 役割(赤外線技術調査)
[3]. 電気学会多角的赤外線応用推進技術調査専門委員会 (2002年10月 - 2005年9月 )
[備考] 役割(赤外線技術調査)

国際貢献実績

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. 工学部電子物質科学科学科長 (2016年4月 - 2017年3月 )
【特記事項】
1983-現在 IV-VI族半導体薄膜・量子井戸と中赤外線レ-ザ開発に従事1986-1995 II-VI族半導体及び量子井戸の研究に従事1994-現在 GaN系薄膜及び量子井戸の研究に従事2005年-現在 熱電材料の研究に従事2010年- 光励起チューナブル中赤外線レーザ、2017年- PbS系ショートキャビティ単一モードチューナブルレーザの研究 2017年- PbS系ショートキャビティチューナブル中赤外レーザの研究 2018年-バンド間遷移カスケードレーザの研究