トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 大内 浩司 (OHUCHI Kouji)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. OFDM信号のピークを低減するためのZadoff-Chu行列を用いるプリコーディング処理の解析
電子情報通信学会総合大会講演論文集, A-9-13 (2023年3月8日) 招待講演以外
[発表者]大内 浩司
[備考] 国内会議, 2023年3月8日(7日-10日), 査読無, 開催場所:芝浦工業大学
[2]. 直線外挿された伝送路特性を用いて等化するOFDM通信用判定帰還型伝送路推定方式
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 122, no. 307, WBS2022-44, pp. 54-59, 2022年12月. (2022年12月14日) 招待講演以外
[発表者]木舩雅人(修士), 大内浩司
[備考] 国内会議, 2022年12月14日, 査読無, 開催場所:立命館大学
[3]. 可視光通信における発光色の制御を伴ったCSKの提案
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 122, no. 131, WBS2022-17, pp. 1-5, 2022年7月. (2022年7月25日) 招待講演以外
[発表者]江間大晴(修士), 大内浩司
[備考] 国内会議, 2022年7月25日, 査読無, 開催場所:岡山県立大学
[4]. 2グループに分類したインパルス応答を交互に推定するOFDM通信用伝送路推定方式
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 122, no. 131, WBS2022-26, pp. 53-58, 2022年7月. (2022年7月25日) 招待講演以外
[発表者]木舩雅人(修士), 大内浩司
[備考] 国内会議, 2022年7月25日, 査読無, 開催場所:岡山県立大学
[5]. 周波数領域と時間領域の信号を交互に用いるOFDM通信用判定帰還型伝送路推定方式
電子情報通信学会 東海支部 卒業研究発表会 2-4, 2022年3月. (2022年3月4日) 招待講演以外
[発表者]木舩雅人(学部), 大内浩司
[備考] 国内会議, 2022年3月4日, 査読無, 開催場所:オンライン
[6]. WFrFTを利用したキャリア周波数オフセットとシンボル時間オフセットのブラインド推定
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 412, WBS2020-57, pp. 160-165, 2021年3月. (2021年3月5日) 招待講演以外
[発表者]小島利文(修士), 大内浩司
[備考] 国内会議, 2021年3月5日, 査読無, 開催場所:オンライン
[7]. PAPR低減を目的としたディザ信号を付加したACO-OFDM方式の特性評価
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 412, WBS2020-45, pp. 92-97, 2021年3月. (2021年3月4日) 招待講演以外
[発表者]原田大樹(修士), 大内浩司
[備考] 国内会議, 2021年3月4日, 査読無, 開催場所:オンライン
[8]. Energy-Efficiency Comparison of Ad-hoc Routings in a Shadowing Environment for Smart IoT
2021 International Conference on Information Networking (ICOIN) (2021年1月13日) 招待講演以外
[発表者]Yuta Kuwahara, Naoki Aihara, Satoshi Yamazaki, Kouji Ohuchi, Hideki Mizuno
[備考] 国際会議 2021年1月13-16日 DOI: 10.1109/ICOIN50884.2021.9333990 Publisher: IEEE 開催場所:Jeju Island, Korea (South)
[9]. 水中可視光ワイヤレス給電通信システムにおける重畳型のパルス位置変調の評価
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A-9-3 (2020年9月15日) 招待講演以外
[発表者]川島久尚(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2020年9月15日, 査読無, 開催場所:オンライン
[10]. 位相限定相関法に基づくピーク評価式を用いたOFDMレーダにおける推定精度の高性能化
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A-9-8 (2020年9月15日) 招待講演以外
[発表者]小島利文(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2020年9月15日, 査読無, 開催場所:オンライン
[11]. Comparison of Dual-Mode index modulation and precoding matrix selection in OFDM system
The first International workshop on Control, Communication, and Multimedia 2019 (IWCCM2019) (2019年12月7日) 招待講演以外
[発表者]Eiichi Hirahara(修士),Kouji OHUCHI
[備考] 国際会議, 2019年12月7-8日, 開催場所:Yangon, Myanmar
[12]. プリコーディング行列選択によるOFDMの情報伝送効率の調査
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 268, WBS2019-38, pp. 77-80, 2019年11月. (2019年11月6日) 招待講演以外
[発表者]平原瑛一(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2019年11月6日, 査読無, 開催場所:奈良先端科学技術大学院大学 (奈良県生駒市)
[13]. ACO-OFDMにおけるデュアルモードインデックス変調を用いた誤り率特性
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」ISS-SP-005 (2019年3月20日) 招待講演以外
[発表者]平原瑛一(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2019年3月20日, 査読無, 開催場所:早稲田大学西早稲田キャンパス(東京都新宿区)
[14]. PAPR Reduction in OFDM Signal by Combining Partial Transmit Sequences with Precoding Matrix
12th International Conference on Signal Processing and Communication Systems (ICSPCS) (2018年12月18日) 招待講演以外
[発表者]Ryohei Iwasaki(修士),Kouji OHUCHI
[備考] DOI: 10.1109/ICSPCS.2018.8631723 国際会議, 査読有, 2018年12月17-19日, 開催場所:Cairns, Australia
[15]. 複数のLEDと位置検出素子を用いた一般化空間変調方式における誤り率特性
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 342, WBS2018-71, pp. 243-248, 2018年12月. (2018年12月7日) 招待講演以外
[発表者]小坂井康貴(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 発表日2018年12月07日 発行日2018-11-29 査読無. 開催場所:宮古島平良港ターミナルビル (宮古島市)
[16]. 伝送情報量を増加させたOFDMにおける非線形増幅器の影響
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 342, WBS2018-73, pp. 255-260, 2018年12月. (2018年12月7日) 招待講演以外
[発表者]岩﨑良平(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 発表日2018年12月07日 発行日2018-11-29 査読無. 開催場所:宮古島平良港ターミナルビル (宮古島市)
[17]. OFDMにおけるプリコーディング行列を用いた効果的なPAPR低減手法
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 235, WBS2018-18, pp. 1-6, 2018年10月. (2018年10月12日) 招待講演以外
[発表者]岩崎良平(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 発表日2018年10月12日 発行日2018-10-05 査読無. 開催場所:広島商船高等専門学校 (広島県豊田郡大崎上島町)
[18]. 一般化空間変調方式に位置検出素子を適用した場合の通信距離特性
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 235, WBS2018-21, pp. 19-23, 2018年10月. (2018年10月12日) 招待講演以外
[発表者]小坂井康貴(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 発表日2018年10月12日 発行日2018-10-05 査読無. 開催場所:広島商船高等専門学校 (広島県豊田郡大崎上島町)
[19]. サブキャリアをグループ化したOFDMにおけるプリコーディングによる情報伝送
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A-9-2 (2018年9月11日) 招待講演以外
[発表者]岩崎良平(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2018年9月11日, 査読無, 開催場所:金沢大学角間キャンパス(金沢市)
[20]. プリコーディング行列選択による OFDM の伝送情報量増加法
電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 講演論文集, C2-5 (2018年9月3日) 招待講演以外
[発表者]岩崎良平(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2018年9月3日, 査読無, 開催場所:名城大学天白キャンパス(名古屋市)
[21]. Performance Improvement of Spatial OFDM by Using Parallel Combinatory Signaling in LCD-Camera Communication System
The 2018 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'18) (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Joji Takatsuka (修士),Kouji Ohuchi
[備考] 国際会議 査読有 発表日:2018年3月6日 開催場所:Hilton Waikiki Beach Hotel, Honolulu, Hawaii Date of Conference: 4-7 March 2018
[22]. A route reconstruction method using sequence numbers in AODV for prolonging node lifetime
The 2018 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing (NCSP'18) (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Yuta Suzuki (修士),Kouji Ohuchi
[備考] 国際会議 査読有 発表日:2018年3月6日 開催場所:Hilton Waikiki Beach Hotel, Honolulu, Hawaii Date of Conference: 4-7 March 2018
[23]. サブキャリアの極性反転を用いた並列組み合わせ OFDM の検討
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」ISS-SP-008 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]岩崎良平(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2018年3月21日, 査読無, 開催場所:東京電機大学千住キャンパス(東京都足立区)
[24]. 位置検出素子を適用した一般化空間変調方式の提案
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」ISS-SP-016 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]小坂井康貴(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2018年3月21日, 査読無, 開催場所:東京電機大学千住キャンパス(東京都足立区)
[25]. LCD-カメラ間通信におけるSpatial OFDMへの並列組合せ伝送の適用
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 346, WBS2017-66, pp. 173-178, (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]高塚常司(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 発表日2017年12月15日 発行日2017-12-07 査読無. 開催場所:てぃるる/沖縄県市町村自治会館 (那覇市)
[26]. AODVにおけるシーケンス番号を用いた経路再構築法によるノードの長寿命化
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 346, WBS2017-78, pp. 245-250 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]鈴木裕太(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 発表日2017年12月15日 発行日2017-12-07 査読無. 開催場所:てぃるる/沖縄県市町村自治会館 (那覇市)
[27]. Performance of multilevel differential polarization shift keying with estimation of inclined polarization axes over atmospheric turbulence channel
Telecommunication Networks and Applications Conference (ITNAC), 2017 27th International (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]Yusuke Ito(修士),Kouji Ohuchi
[備考] Date of Conference: 22-24 Nov. 2017 Date Added to IEEE Xplore: 18 December 2017 ISBN Information: Electronic ISSN: 2474-154X INSPEC Accession Numbe
[28]. 偏光軸の傾き推定をするMDPolSKにおける大気揺らぎの影響
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 122, WBS2017-9, pp. 7-12, (2017年7月) 招待講演以外
[発表者]伊藤勇介(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2017年7月13日, 査読無. 開催場所:アクトシティ浜松研修交流センター(浜松市)
[29]. 多重化した空間ACO-OFDMにおける振幅制限と量子化の影響
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 122, WBS2017-11, pp. 19-24, (2017年7月) 招待講演以外
[発表者]高塚常司(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2017年7月13日, 査読無. 開催場所:アクトシティ浜松研修交流センター(浜松市)
[30]. シャドウイング環境下アドホックルーティングに伴うエネルギー効率の特性評価
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 71, MoNA2017-6, pp. 241-246, (2017年6月) 招待講演以外
[発表者]山崎悟史,桑原悠太,水野秀樹,大内 浩司
[備考] 国内会議, 2017年6月2日, 査読無. 開催場所:美浜メディアステーション(沖縄県北谷町)
[31]. 動的経路飛越しによるマルチホップ通信のスループットに関する理論検討
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 22, RCS2017-35, pp. 29-33, (2017年5月) 招待講演以外
[発表者]浅倉龍次,山崎悟史,大内 浩司
[備考] 国内会議, 2017年5月11日, 査読無. 開催場所:機械振興会館(東京都港区)
[32]. Spatial ACO-OFDMの多重化と誤り率特性の基礎検討
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」ISS-SP-150 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]高塚 常司(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2017年3月23日, 査読無, 開催場所:名城大学天白キャンパス(名古屋市)
[33]. AODVにおけるシーケンス番号を用いたノードの電池使用率の均一化
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」ISS-SP-173 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]鈴木 裕太(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2017年3月23日, 査読無, 開催場所:名城大学天白キャンパス(名古屋市)
[34]. 偏光軸の傾き推定による16DPolSKの誤り率改善効果
電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-10-17, (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]伊藤 勇介(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2017年3月22日, 査読無, 開催場所:名城大学天白キャンパス(名古屋市)
[35]. BER performance of Superposed ACO-OFDM in multi-path fading channel
IEEE International Symposium on Signal Processing and Information Technology (ISSPIT) (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]Tomoyuki Kozu (修士),Kouji Ohuchi
[備考] 国際会議 査読有 2016年12月13日 開催場所:Limassol, Cyprus Date of Conference: 12-14 Dec. 2016 DOI: 10.1109/ISSPIT.2016.7886019 Publisher: IEEE Pages: 114 - 1
[36]. On blind estimation with reduced complexity in CSS-OFDM systems
IEEE International Symposium on Signal Processing and Information Technology (ISSPIT) (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]Takahiro Kitazawa (修士),Kouji Ohuchi
[備考] 国際会議 査読有 2016年12月13日 開催場所:Limassol, Cyprus Date of Conference: 12-14 Dec. 2016 DOI: 10.1109/ISSPIT.2016.7886020 Publisher: IEEE Pages: 120 - 1
[37]. 偏光軸の傾き推定によるMDPolSKの誤り率改善効果
可視光通信ワークショップVLCW2016 (2016年11月) 招待講演以外
[発表者]伊藤 勇介(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年11月30日 査読無, 開催場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス来往舎 開催期間:2016年11月30日ー12月1日
[38]. 多重化ACO-OFDMにおけるサブキャリア間干渉を補償した送信器の提案
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 236, WBS2016-35, pp. 17-22, (2016年10月) 招待講演以外
[発表者]神津 知之(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年10月6日, 査読無. 開催場所:防衛大学校(横須賀市)
[39]. SACO-OFDMの多重化限界に関する検討
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A-9-5, (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]神津 知之(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年9月23日, 査読無, 開催場所:北海道大学(札幌市)
[40]. CSS-OFDMにおける計算量削減時の副情報ブラインド推定法の特性評価
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A-9-6, (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]北澤 隆浩(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年9月23日, 査読無, 開催場所:北海道大学(札幌市)
[41]. 偏光軸の傾きの推定によるMDPolSKの誤り率改善法の提案
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, B-10-41, (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]伊藤 勇介(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年9月22日, 査読無, 開催場所:北海道大学(札幌市)
[42]. AODVとOLSRのエネルギー効率に関する特性比較
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 171, MoNA2016-18, pp. 59-64, (2016年8月) 招待講演以外
[発表者]相原 直紀,山崎 悟史,水野 秀樹,大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年8月2日, 査読無, 開催場所:神戸大学 瀧川記念学術交流会館(神戸市)
[43]. CSS-OFDM方式におけるブラインド推定可能な巡回シフト量の検討
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 140, WBS2016-16, pp. 27-32, (2016年7月) 招待講演以外
[発表者]北澤 隆浩(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年7月20日, 査読無, 開催場所:東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)
[44]. シャドウィングがアドホックネットワークのエネルギー効率に与える影響
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 46, RCS2016-24, pp. 1-6, (2016年5月) 招待講演以外
[発表者]山崎 悟史,相原 直紀,水野 秀樹,大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年5月19日, 査読無, 開催場所:機械振興会館(東京都港区)
[45]. 二重化ACO-OFDMを用いた室内光無線通信の一検討
電子情報通信学会総合大会講演論文集, AS-3-7, (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]神津 知之(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年3月17日, 査読無, 開催場所:九州大学(福岡市)
[46]. 既知信号のうなりを用いたCSS-OFDMのサンプルシフト量推定法の提案
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」ISS-SP-184 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]北澤 隆浩(修士),大内 浩司
[備考] 国内会議, 2016年3月16日, 査読無, 開催場所:九州大学(福岡市)
[47]. Proposal for superposed ACO-OFDM using several even subcarriers
9th International Conference on Signal Processing and Communication Systems (ICSPCS2015) (2015年12月) 招待講演以外
[発表者]Tomoyuki KOZU(修士),Kouji OHUCHI
[備考] 国際会議, 査読有, 2015年12月15日, 開催場所:Cairns, Australia
[48]. Throughput analysis by simulation considering route forms in multi-hop networks with node-skipping
9th International Conference on Signal Processing and Communication Systems (ICSPCS2015) (2015年12月) 招待講演以外
[発表者]Kohei MIMURA(修士),Kouji OHUCHI
[備考] 国際会議, 査読有, 開催場所:Cairns, Australia
[49]. アドホックルーティングが端末電力消費に及ぼす影響
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, B-18-7, (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]山崎 悟史,水野 秀樹,大内 浩司
[備考] 2015年9月 査読無. 開催場所:東北大学(仙台市)
[50]. 二重化ACO-OFDMの雑音低減の一検討
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A-5-4, (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]神津 知之,大内 浩司
[備考] 2015年9月10日, 査読無. 開催場所:東北大学(仙台市)
[51]. 一部のサブキャリアを巡回遅延させたOFDM信号のPAPR特性
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, A-5-5, (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]北澤 隆浩,大内 浩司
[備考] 2015年9月10日, 査読無. 開催場所:東北大学(仙台市)
[52]. 二重化ACO-OFDMにおけるレプリカ減算型繰り返し干渉キャンセラ
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集, L3-4, (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]神津 知之,大内 浩司
[備考] 2015年9月29日, 査読無. 開催場所:名古屋工業大学(名古屋市)
[53]. 線形マルチホップ通信における全体電力消費に関する理論解析
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 115, no. 161, SR2015-44, pp. 167-171, (2015年7月) 招待講演以外
[発表者]山崎 悟史,大内 浩司
[備考] 2015年7月 査読無. 開催場所:JA長野県ビル(長野市)
[54]. 偶数番サブキャリアを多重化したACO-OFDMのBER特性
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 115, no. 151, WBS2015-16, pp. 19-24, (2015年7月) 招待講演以外
[発表者]神津 知之,大内 浩司
[備考] 2015年7月21日, 査読無. 開催場所:奈良先端大学院大学(生駒市)
[55]. 再送を考慮した線形マルチホップ通信の全体電力消費特性
電子情報通信学会総合大会B-5-136 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]山崎 悟史,大内 浩司
[備考] 開催場所:立命館大学(草津市)
[56]. 固有モードMIMO-OFDMにおけるピークキャンセル信号割り当て法の性能評価
電子情報通信学会総合大会A-5-13 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]大貫 陽平,大内 浩司
[備考] 開催場所:立命館大学(草津市)
[57]. ノード飛び越しするマルチホップ通信における経路形状を考慮したスループット解析
電子情報通信学会 信学技報, vol. 114, no. 472, WBS2014-80, pp. 167-172-36, 2015年3月 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]三村 昂平,大内 浩司
[備考] 開催場所:北九州市立大学(北九州市)
[58]. ノード飛び越しするマルチホップ通信のスループットの理論解析
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」ISS-SP-181 (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]三村 昂平,大内 浩司
[備考] 開催場所:立命館大学(草津市)
[59]. 線形マルチホップ通信における全体電力消費に関する一検討
電子情報通信学会 信学技報, vol. 114, no. 372, RCS2014-247, pp. 159-163, 2014年12月 (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]山崎 悟史,大内 浩司
[備考] 開催場所:伊勢市観光文化会館(三重市)
[60]. マルチホップ通信におけるAMI符号化多値PSKを用いた誤り推定の検討
電子情報通信学会 信学技報, vol. 114, no. 268, WBS2014-44, pp. 31-36, 2014年12月 (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]山田 琴子,大内 浩司
[備考] 開催場所:熊本大学(熊本市)
[61]. 固有モードMIMO-OFDM伝送におけるピークキャンセル信号割当てによるPAPR低減法の効果
電子情報通信学会 信学技報, vol. 114, no. 235, WBS2014-32, pp. 1-5, 2014年10月 (2014年10月) 招待講演以外
[発表者]大貫 陽平,大内 浩司
[備考] 開催場所:秋田県立大学カレッジプラザ(秋田市)
[62]. シンチレーション環境下での円偏光光無線 OFDM 方式の理論ビット誤り率
電気関係学会東海支部連合大会J3-1 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]萩原 和男,大内 浩司
[備考] 開催場所:中京大学 名古屋キャンパス(名古屋市)
[63]. マルチホップ通信における誤り検出を目的としたAMI符号化変形3相PSKの最適位相角の検討
電子情報通信学会ソサイエティ大会B-18-43  (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]山田 琴子,大内 浩司
[備考] 開催場所:徳島大学(徳島市)
[64]. アドホックルーティングプロトコルが端末消費電力に与える影響
電子情報通信学会 信学技報, vol. 114, no. 210, MoNA2014-40, pp. 55-59, 2014年9月 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]山崎 悟史,水野 秀樹,大内 浩司
[備考] 開催場所:石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市)
[65]. 円偏光光無線OFDM方式におけるビット誤り率の理論解析
電子情報通信学会 信学技報, vol. 114, no. 158, WBS2014-19, pp. 57-62, 2014年7月 (2014年7月) 招待講演以外
[発表者]萩原 和男,大内 浩司
[備考] 開催場所:大阪市立大学 文化交流センター(大阪市)
[66]. フェージング環境下マルチホップ通信における変形3相PSKを用いた誤り推定性能
電子情報通信学会 信学技報, vol. 114, no. 158, WBS2014-16, pp. 39-44, 2014年7月 (2014年7月) 招待講演以外
[発表者]山田 琴子,大内 浩司
[備考] 開催場所:大阪市立大学 文化交流センター(大阪市)
[67]. 偏光状態の変化を考慮した円偏光光無線OFDM方式の誤り率特性
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」SP-354 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]萩原 和男,大内 浩司
[備考] 開催場所:新潟大学(新潟市)
[68]. 固有モードMIMO-OFDMにおけるPAPR低減用サブキャリア割り当て法
電子情報通信学会総合大会ISS特別企画「学生ポスターセッション」SP-3546 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]大貫 陽平,大内 浩司
[備考] 開催場所:新潟大学(新潟市)
[69]. 多値偏光シフトキーイングを用いた光無線通信のビット誤り率
電子情報通信学会総合大会予稿集B-10-35 (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]大野 裕康,大内 浩司
[備考] 開催場所:新潟大学(新潟市)
[70]. 光無線通信における空間変調/マルチパルス位置変調方式のシミュレーションによる誤り率解析
電子情報通信学会 信学技報, vol. 113, no. 336, WBS2013-40, pp. 37-42 (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]増田 翔太,大内 浩司
[備考] 開催場所:東京理科大学葛飾キャンパス(東京都葛飾区)
[71]. Constant-Amplitude Signaling for an Extended Parallel Combinatory Multicode System and Improvement of its BER
7th International Conference on Signal Processing and Communication Systems (ICSPCS2013) (2013年12月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya OHTA,Kouji OHUCHI
[備考] 開催場所:Gold Coast, Australia
[72]. レイリーフェージング環境下マルチホップ通信のための誤り検出符号を用いた誤り推定の信頼性比較
第36回情報理論とその応用シンポジウム (SITA2013), 8.1.2 (2013年11月) 招待講演以外
[発表者]山田 琴子,大内 浩司
[備考] 開催場所:ホテル聚楽(伊東市)
[73]. Method for Extending Parallel Combinatory Multi-Code Transmission with Constant-Amplitude Signaling
The Sixth International Workshop on Signal Design and its Applications in Communications (IWSDA' 13), pp.12-15 (2013年10月) 招待講演以外
[発表者]Tatsuya OHTA,Kouji OHUCHI
[備考] 開催場所:Tokyo, Japan
[74]. 円偏光光無線OFDM方式における雑音を低減する復調法の一検討
電子情報通信学会 信学技報, vol. 113, no. 275, WBS2013-26, pp. 31-36 (2013年10月) 招待講演以外
[発表者]萩原 和男,大内 浩司
[備考] 開催場所:屋久島環境文化村センター(熊毛郡屋久島町)
[75]. 円偏光を利用した光無線OFDM方式のビット誤り率特性
電子情報通信学会ソサイエティ大会予稿集A-5-9 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]萩原 和夫,大内 浩司
[備考] 開催場所:福岡工業大学(福岡市)
[76]. マルチホップ通信におけるAMI符号とパリティ検査符号の誤り推定性能比較
電子情報通信学会ソサイエティ大会B-18-47 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]山田 琴子,大内 浩司
[備考] 開催場所:福岡工業大学(福岡市)
[77]. 並列組合せを用いた定振幅マルチコード伝送方式のビット誤り率の理論解析
電気関係学会東海支部連合大会予稿集K1-6 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]太田 達也,大内 浩司
[備考] 開催場所:静岡大学浜松キャンパス(浜松市)
[78]. 差動符号化とダイバーシチを利用した空間変調のねじれ対策
電気関係学会東海支部連合大会予稿集K2-7 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]増田 翔太,大内 浩司
[備考] 開催場所:静岡大学浜松キャンパス(浜松市)
[79]. レイリーフェージング環境下マルチホップ通信におけるAMI符号化TPSKとパリティ付きBPSKの誤り推定性能比較
電気関係学会東海支部連合大会予稿集F3-6 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]山田 琴子,大内 浩司
[備考] 開催場所:静岡大学浜松キャンパス(浜松市)
[80]. 帯域制限した円偏光光無線OFDM 方式の特性解析
電気関係学会東海支部連合大会K3-3 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]萩原 和男,大内 浩司
[備考] 開催場所:静岡大学浜松キャンパス(浜松市)
[81]. 空間変調を用いる光無線マルチパルス位置変調方式の提案
電子情報通信学会総合大会予稿集A-5-3 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]増田翔太,大内浩司
[備考] 開催地 岐阜大(岐阜市)
[82]. 並列組合せを用いた定振幅マルチコード伝送方式の復調法に関する一検討
電子情報通信学会総合大会予稿集A-5-4 (2013年3月) 招待講演以外
[発表者]太田達也,大内浩司
[備考] 開催地 岐阜大(岐阜市)
[83]. ノード飛び越しするマルチホップ通信のシミュレーションによるスループット解析
電子情報通信学会WBS研究会信学技報, vol. 112, no. 317, WBS2012-44, pp. 45-50, 2012年11月. (2012年11月) 招待講演以外
[発表者]中敬之,大内浩司
[備考] 開催地 熊本大(熊本市)
[84]. アダマール符号の並列組合せによる定振幅マルチコード伝送方式の拡張法
電子情報通信学会WBS研究会信学技報, vol. 112, no. 317, WBS2012-45, pp. 51-56, 2012年11月. (2012年11月) 招待講演以外
[発表者]太田達也,大内浩司
[備考] 開催地 熊本大(熊本市)
[85]. Performance Analysis of Multi-pulse PPM/CSK on Ultra Wideband Impulse Radio
2012 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2012) pp. 362-366 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]T. Mochizuki, K. Ohuchi
[備考] 開催地 Honolulu, USA
[86]. BER Performance of Multiplexed CSK using Linear/Circular Polarization in Optical Wireless Communications
2012 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2012) pp. 576-580 (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]C. Mukai, K. Ohuchi
[備考] 開催地 Honolulu, USA
[87]. CSK方式を用いた偏光多重光無線通信における送受信機間の回転角の補正
電子情報通信学会WBS研究会信学技報, vol. 112, no. 147, WBS2012-17, pp. 41-46, 2012年7月. (2012年7月) 招待講演以外
[発表者]向井千晴,大内浩司
[備考] 開催地 名古屋大(名古屋市)
[88]. PC-OFDMにおけるPAPR低減効果
電子情報通信学会WBS研究会信学技報, vol. 112, no. 147, WBS2012-22, pp. 71-71, 2012年7月. (2012年7月) 招待講演以外
[発表者]荒井剛,大内浩司,西原将太
[備考] 開催地 名古屋大(名古屋市)
[89]. 経路飛越するマルチホップネットワークのリンクのなす角度を考慮したスループット特性
電子情報通信学会総合大会予稿集B-20-30, 2012年3月 (2012年3月) 招待講演以外
[発表者]中敬之,大内浩司
[備考] 開催場所(岡山大(岡山市))
[90]. CSK方式を用いた偏光多重光無線通信のBER特性
電子情報通信学会WBS研究会信学技報, vol. 111, no. 340, WBS2011-35, pp. 19-24, 2011年12月. (2011年12月) 招待講演以外
[発表者]向井千晴,大内浩司
[備考] 開催場所(長崎大(長崎市))
[91]. 遅延検波によるフレーム同期方式を適用したUWB-IR MPPM/CSKの誤り率特性
電子情報通信学会WBS研究会信学技報, vol. 111, no. 340, WBS2011-32, pp. 1-6, 2011年12月. (2011年12月) 招待講演以外
[発表者]望月智幸,大内浩司
[備考] 開催場所(長崎大(長崎市))
[92]. 放送型路車間通信における多重CSKを用いた光階層通信の誤り率特性
電子情報通信学会ITS研究会信学技報 ITS2011-9, pp1-6, 2011年7月 (2011年7月) 招待講演以外
[発表者]吉川英希,大内浩司
[備考] 開催場所(静岡大)
[93]. 光無線多重CSK方式におけるシンチレーションを考慮したビット誤り率特性
電子情報通信学会ソサイエティ大会予稿集A-5-3, 2010年9月 (2010年9月) 招待講演以外
[発表者]吉川英希,大内浩司,羽渕裕真
[備考] 開催場所(大阪府立大(堺市))
[94]. ノード飛び越しを考慮したIEEE802.11DCFマルチホップネットワークのスループット特性解析
電子情報通信学会ソサイエティ大会予稿集B-21-8, 2010年9月 (2010年9月) 招待講演以外
[発表者]高野紘徳,大内浩司
[備考] 開催場所(大阪府立大(堺市))
[95]. 並列組合せOFDM方式のグループ分け送信による伝送効率の改善
電子情報通信学会ワイドバンドシステム研究会信学技報, vol. 110, no. 144, WBS2010-17, pp. 23-28, 2010年7月. (2010年7月) 招待講演以外
[発表者]西原将太,大内浩司
[備考] 開催場所(東京理科大(東京都新宿区))
[96]. 陪直交変調方式のための遅延検波を用いた同期追跡方式のシミュレーション
電子情報通信学会ワイドバンドシステム研究会信学技報, vol. 110, no. 144, WBS2010-14, pp. 7-11, 2010年7月. (2010年7月) 招待講演以外
[発表者]川田淳也,大内浩司,羽渕裕真
[備考] 開催場所(東京理科大(東京都新宿区))
[97]. 光階層通信における伝搬損失を考慮した誤り率特性
電子情報通信学会ワイドバンドシステム研究会、信学技報WBS2009-95 (2010年3月) 招待講演以外
[発表者]岡祐介,羽渕裕真,大内浩司
[備考] 開催場所(長野市)
[98]. 光無線通信を用いた路車間通信における階層化変調法による信頼性向上法の検討
第8回ITSシンポジウム, 1-C-04,pp.49-54 (2009年12月) 招待講演以外
[発表者]岡祐介,羽渕裕真,小澤佑介,大内浩司,橋浦康一郎
[備考] 開催場所(広島市)
[99]. Analysis of Multilevel Transmission using ASK and CSK in Optical Wireless Communications
The 5th International Student Conference at Ibaraki University (2009年11月) 招待講演以外
[発表者]Tetsuya Koike,Kouji Ohuchi,Hiromasa Habuchi
[備考] 開催場所(Mito City)
[100]. Evaluation of PAPR performance on OFDM systemsusing a sub-carrier selection method
The 5th International Student Conference at Ibaraki University (2009年11月) 招待講演以外
[発表者]Kazuya MORITA,Kouji OHUCHI,Masato SAITO
[備考] 開催場所(Mito CIty)
[101]. Construction of Hierarchical Optical Broadcasting Systems for Intelligent Transport System
International technical conference of IEEE Region 10 (TENCON2009), THU4.P.30 P1190, Nov.2009 (2009年11月) 招待講演以外
[発表者]Yusuke OKA,Hiromasa HABUCHI,Kouji OHUCHI,Koichiro HASHIURA
[備考] 開催場所(Singapore)
[102]. 放送型路車間通信における非均一電力化ターボ符号の効果
電子情報通信学会ソサイエティ大会 (2009年9月) 招待講演以外
[発表者]遠藤亮,羽渕裕真,大内浩司
[備考] 開催場所(新潟市(新潟大学))
[103]. OFDM方式におけるサブキャリア選択法のPAPR低減効果
電子情報通信学会ワイドバンドシステム研究会 (2009年7月) 招待講演以外
[発表者]森田一也 大内浩司 齋藤将人
[備考] 開催場所(静岡大)
[104]. 光無線通信におけるASKとCSKによる多値変調の一検討
電子情報通信学会ワイドバンドシステム研究会 (2009年7月) 招待講演以外
[発表者]小池哲也,大内浩司,羽渕裕真
[備考] 開催場所(静岡大)
[105]. マルチホップ通信における端末消費電力の影響に関する基礎検討
電子情報通信学会ワイドバンドシステム研究会 (2009年7月) 招待講演以外
[発表者]高野紘徳,大内浩司
[備考] 開催場所(静岡大)
[106]. 路車間通信におけるAPSKを用いた階層型変調法の一検討
電子情報通信学会情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]岡祐介,羽渕裕真,大内浩司,橋浦康一郎
[備考] 開催場所(はこだて未来大)
[107]. サブキャリア選択法を用いたOFDM方式におけるPAPR特性の一検討
電子情報通信学会総合大会 (2009年3月) 招待講演以外
[発表者]森田一也 大内浩司 齋藤将人
[備考] 開催場所(愛媛大)
[108]. BER Performance of Turbo Coded Multi-Hop Networks using Iterative Channel Information Estimation Scheme
2008 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2008) (2008年12月) 招待講演以外
[発表者]Kouji Ohuchi,T.Wada,H.Okada,M.Saito
[備考] 開催場所(Auckland, New Zealand)
[109]. 階層型変調法を用いる放送型路者間通信における通信距離性能について
ITSシンポジウム2008, DLS/1-D (2008年12月) 招待講演以外
[発表者]岡祐介,羽渕裕真,大内浩司,橋浦康一郎
[備考] 開催場所(日本大学)
[110]. 光無線通信における多値ASKの誤り率特性の理論解析
電子情報通信学会ソサイエティ大会 (2008年9月) 招待講演以外
[発表者]小池哲也,大内浩司,羽渕裕真
[備考] 開催場所(明治大学(川崎市))
[111]. Hierarchical information acquisition scheme on the local broadcasting system
The 23rd International Technical Conference on Circuits / Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2008) (2008年7月) 招待講演以外
[発表者]Y.Oka,H.Habuchi,,Kouji Ohuchi
[備考] 開催場所(Shimonoseki,Japan)
[112]. Proposal of an Iterative Channel Information Estimation Scheme on Multi-hop Networks
6th International Conference on Information Communications and Signal Processing(ICICS'07) (2007年12月) 招待講演以外
[発表者]K.Ohuchi,T.Wada,H.Okada,M,Saito
[備考] 開催場所(Singapore)
[113]. 定振幅符号化を用いたマルチコード伝送方式の一拡張法 (A-5-17)
電子情報通信学会総合大会(名城大) (2007年3月) 招待講演以外
[発表者]若月厚史,大内浩司,和田忠浩
[備考] 開催場所(名城大学(名古屋市))
[114]. マルチホップネットワークにおける復号前後のビット比較による伝送路情報推定法の提案 (B-21-17)
電子情報通信学会総合大会(名城大) (2007年3月) 招待講演以外
[発表者]高橋勇氣,大内浩司,和田忠浩,岡田啓,齋藤将人
[備考] 開催場所(名城大学(名古屋市))
[115]. Spread Spectrum Modified MPPM System using Quadriphase Sequences (no.WP-6-6)
2006 IEEE International Conference on Communication Systems (ICCS 2006) (2006年11月) 招待講演以外
[発表者]F.Ono,H.Habuchi,K.Ohuchi
[備考] 開催場所(Singapore)
[116]. Performance of Enhanced PSM/CSK System using Quadriphase E-sequences
2006 IEEE International Symposium on Personal Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC 2006) (2006年9月) 招待講演以外
[発表者]F.Ono,H.Habuchi,K.Ohuchi
[備考] 開催場所(Helsinki)
[117]. Bit-error-rate Performance Improvement in Wireless Multi-hop Ad Hoc Networks using Route Diversity Considerations
IEEE International Conference on Communications, 2006 (2006年6月) 招待講演以外
[発表者]T.Wada,H.Okada,A.Jamalipour,K.Ohuchi,M.Saito
[備考] 開催場所(Istanbul)
[118]. Performance of Channel Information Estimation Method Utilizing Parity Check Bits for Turbo Coded Multi-route Multi-hop Networks
IEEE International Conference on Communications, 2006, (2006年6月) 招待講演以外
[発表者]T.Wada,A.Jamalipour,H.Okada,K.Ohuchi,M.Saito
[備考] 開催場所(Istanbul)
[119]. Throughput Evaluation of ARQ Scheme for Multi-route Coding in Wireless Multihop Networks
IEEE Vehicular Technology Conference, 2006 (2006年5月) 招待講演以外
[発表者]H.Okada,T.Wada,K.Ohuchi,M.Saito,T.Yamazato,M.Katayama
[備考] 開催場所(Melbourne)
[120]. Constant Amplitude Signaling on a Multicode Transmission System with PC/SS Systems
The Second International Workshop on Sequence Design and its Applications in Communications, 2005 (2005年10月) 招待講演以外
[発表者]K.Ohuchi
[備考] 開催場所(Shimonoseki)
[121]. Effect of Parity Check Bits in Turbo Coded Multi-route Multi-hop Networks
IEEE Global Communications Conference, 2005 (2005年10月) 招待講演以外
[発表者]T.Wada,A.Jamalipour,H.Okada,K.Ohuchi,M.Saito
[備考] 開催場所(St.Louis)
[122]. Performance Evaluation of Route Coding Scheme in Wireless Multi-hop Networks
IEEE Vehicular Technology Conference, 2005 (2005年6月) 招待講演以外
[発表者]H.Okada,T.Wada,K.Ohuchi,M.Saito,T.Yamazato,M.Katayama
[備考] 開催場所(Stockholm)
[123]. Performance Improvement of Turbo Coded Multi-route Multi-hop Networks using Parity Check Codes
IEEE Workshop on High Performance Switching and Routing, 2005 (2005年1月) 招待講演以外
[発表者]T.Wada,N.Nakagawa,H.Okada,A.Jamalipour,K.Ohuchi,M.Saito
[備考] 開催場所(Hong Kong)
[124]. A Study on Effect of Turbo Codes with Unequal Power Allocation on Multi-hop Networks
The 3rd Workshop on the Internet, Telecommunications and Signal Processing, 2004 (2004年10月) 招待講演以外
[発表者]T.Wada,K.Ohuchi,H.Okada,A.Jamalipour,M.Saito
[備考] 開催場所(Adelaide.)
[125]. Proposal of a Convolutional Coding Method for DS/SS Systems with M-ary Bi-Orthogonal Keying
2004 IEEE Seventh International Symposium on SpreadSpectrum Techniques & Applications (ISSSTA 2004) (2004年8月) 招待講演以外
[発表者]K.Ohuchi
[備考] 開催場所(Sydney)