氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 菊地 光嗣 (KIKUCHI Koji)

菊地 光嗣 (KIKUCHI Koji)
教授
学術院工学領域 - 数理システム工学系列 工学部 - 共通講座
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 数理システム工学コース








image-profile
最終更新日:2019/10/01 2:06:32

教員基本情報

【取得学位】
理学博士  大阪大学   1988年6月
【研究分野】
数物系科学 - 数学 - 数学解析
【現在の研究テーマ】
偏微分方程式に関する研究
【所属学会】
・アメリカ数学会
・日本数学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 有界変動函数の理論とその応用
数学 69/4 362-386 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 菊地光嗣
[2]. Constructing a solution to an evolution equation having a strong viscosity term of p-growth
Proceedings of the Internationa Conference Functional Analysis and Applications (vol)/(num) 55- 71 (2014年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 菊地 光嗣
[3]. Existence and uniqueness of a solution in the space of BV functions to the equation of a vibrating membrane with a "viscosity" term
Journal of Calculus of Variations 2013/ - (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 菊地 光嗣
[4]. Linear approximation of a system of quasilinear hyperbolic equations having linear growth energy functional
Proceedings of Seminar on Partial Differential Equations in Osaka 2012 (vol)/(num) 141- 150 (2013年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 菊地 光嗣
[5]. Constructing a solution in time semidiscretization method to anequation of vibrating string with an obstacle
NONLINEAR ANALYSIS-THEORY METHODS & APPLICATIONS 71/12 e1227-e1232 (2009年) [査読] 有
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Koji Kikuchi
【著書 等】
[1]. 工学系の線形代数学
(2009年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]菊地光嗣,中島徹,明山浩,小野仁,清水扇丈
[備考] 全章担当
[2]. n 変数の線形代数学
(2008年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]菊地光嗣,中島徹,明山浩,小野仁,清水扇丈
[備考] 全章担当
[3]. ベクトルと一次変換
(2007年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]菊地光嗣,中島徹,明山浩,小野仁,清水扇丈
[備考] 全章担当
【学会発表・研究発表】
[1]. A remark on < ・ >-strict convergence for sequences of BV functions
第16回浜松偏微分方程式研究集会 (2018年12月15日) 招待講演以外
[発表者]菊地光嗣
[備考] 開催場所:静岡大学工学部
[2]. 非線形の強粘性項を持つ発展方程式に対する解の存在と一意性
東北大学応用数学セミナー (2018年5月17日) 招待講演
[発表者]菊地光嗣
[備考] 開催場所:東北大学理学部
[3]. 非線形の強粘性項を持つ発展方程式の解の存在と一意性について
応用解析研究会 (2018年4月28日) 招待講演
[発表者]菊地光嗣
[備考] 開催場所:早稲田大学理工学部
[4]. ある種の粘性項を持つ発展方程式について
2017夏の偏微分方程式セミナー (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]菊地 光嗣
[備考] 開催場所:大阪大学
[5]. An evolution equation having a kind of "viscosity'' term
Free Boundary Problems and Nonlinear PDE's (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]菊地 光嗣
[備考] 開催場所:北海道大学百年記念会館
【科学研究費助成事業】
[1]. 有界変動函数の空間における発展方程式の研究 ( 2014年4月 ~ 2015年3月 ) 基盤研究(C) 代表
[備考]  方程式のエネルギー汎函数が勾配に関し一次増大度となる場合,函数の空間を有界変動函数の空間まで広げて考える必要に迫られる。本件は,一次増大度のエネルギー汎函数を持つ放物型方程式系,双曲型方程式系,粘性項のある方程式などの有界変動函数の空間における構造の解明を行う。

[2]. 有界変動函数の空間における発展方程式の研究 ( 2013年4月 ) 基盤研究(C) 代表
[備考]  方程式のエネルギー汎函数が勾配に関し一次増大度となる場合,函数の空間を有界変動函数の空間まで広げて考える必要に迫られる。本件は,一次増大度のエネルギー汎函数を持つ放物型方程式系,双曲型方程式系,粘性項のある方程式などの有界変動函数の空間における構造の解明を行う。

[3]. 有界変動函数の空間における発展方程式の研究 ( 2012年4月 ) 基盤研究(C) 代表
[備考]  方程式のエネルギー汎函数が勾配に関し一次増大度となる場合,函数の空間を有界変動函数の空間まで広げて考える必要に迫られる。本件は,一次増大度のエネルギー汎函数を持つ放物型方程式系,双曲型方程式系,粘性項のある方程式などの有界変動函数の空間における構造の解明を行う。

[4]. 有界変動函数の空間における発展方程式の研究 ( 2011年4月 ) 基盤研究(C) 代表
[備考]  方程式のエネルギー汎函数が勾配に関し一次増大度となる場合,函数の空間を有界変動函数の空間まで広げて考える必要に迫られる。本件は,一次増大度のエネルギー汎函数を持つ放物型方程式系,双曲型方程式系,粘性項のある方程式などの有界変動函数の空間における構造の解明を行う。

[5]. ミニマイジング・ムーブメントを中心に変分問題、微分方程式等における諸問題の研究 ( 2010年4月 ) 基盤研究(C) 代表
[備考] ミニマイジング・ムーブメントの理論について主として,変分問題に関係するミニマイジング・ムーブメントの研究,微分方程式の研究におけるミニマイジング・ムーブメントの果たす役割の解明,ミニマイジング・ムーブメントの研究への幾何学的測度論の応用,などについて研究する。これらの諸問題の相互の関係をミニマイジン

【学会・研究会等の開催】
[1]. 第16回浜松偏微分方程式研究集会 (2018年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学工学部
[備考] 学会主催者(菊地光嗣,田中直樹,松本敏隆,星賀彰,足達慎二,中島徹,赤堀公史,藤嶋陽平)
[2]. 第15 回浜松偏微分方程式研究集会 (2017年12月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学工学部
[備考] 学会主催者(菊地光嗣,田中直樹,松本敏隆,星賀彰,足達慎二,中島徹,赤堀公史,藤嶋陽平)
[3]. 第14 回浜松偏微分方程式研究集会 (2016年12月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学工学部
[備考] 学会主催者(菊地光嗣,田中直樹,松本敏隆,星賀彰,足達慎二,中島徹,赤堀公史,藤嶋陽平)
[4]. 第13 回浜松偏微分方程式研究集会 (2015年12月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学工学部
[備考] 学会主催者(菊地光嗣,田中直樹,星賀彰,足達慎二,中島徹,赤堀公史,藤嶋陽平)
[5]. 第12 回浜松偏微分方程式研究集会 (2014年12月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学工学部
[備考] 学会主催者(菊地光嗣,田中直樹,清水扇丈,星賀彰,足達慎二,中島徹,赤堀公史)

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 応用数学Ⅳ (2019年度 - 後期 )
[2]. 大学院科目(修士) 集合・論理・位相 (2019年度 - 後期 )
[3]. 学部専門科目 線形代数学Ⅰおよび演習 (2019年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 線形代数学Ⅱ (2019年度 - 後期 )
[5]. 学部専門科目 線形代数学Iおよび演習 (2019年度 - 前期 )
[備考] 工7は基礎クラス

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 出張講義 FDK株式会社数学セミナー (2014年8月 )
[内容] FDK株式会社湖西工場において数学の授業を行った。4回の授業のうち第1回目を担当した。
[2]. 講演会 静岡大学工学部における“数学教育活性化プロジェクトについて (2012年3月 )
[内容] 「第14回工学系数学基礎教育研究会」(2012年度日本数学会年会)
[備考] 主催者(工学系数学基礎教育研究会世話人会)
【その他社会活動】
[1]. 地域支援(教員免許更新講習) (2011年4月 )

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. Mathematical Review誌(アメリカ数学会編集,review専門誌)のreviewer (2001年4月 )

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. 学科長/専攻長 (2010年4月 - 2011年3月 )