トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 松田 靖弘 (Matsuda Yasuhiro)

松田 靖弘 (Matsuda Yasuhiro)
准教授
学術院工学領域 - 化学バイオ工学系列 工学部 - 化学バイオ工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 化学バイオ工学コース
創造科学技術研究部 - ナノマテリアル部門


image-profile
最終更新日:2022/11/08 2:06:49

教員基本情報

【取得学位】
博士(理学)  大阪大学   2006年3月
【研究分野】
化学 - 複合化学 - 高分子化学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
高分子物理化学
【現在の研究テーマ】
高分子溶液学
生体親和性高分子
【研究キーワード】
高分子物理化学
【所属学会】
・高分子学会
・日本レオロジー学会
・繊維学会
・アメリカ化学会
・東海高分子研究会
【個人ホームページ】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/matsuda-yasuhiro/
【研究シーズ】
[1]. 増粘多糖類の構造物性制御 ( 2021年度 - ) [分野] 1. ものづくり技術
[2]. ポリ乳酸のゲル作製と物性制御 ( 2021年度 - ) [分野] 1. ものづくり技術
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 増粘多糖類の増粘作用に関する分子論的考察
高分子 71/11 573-574 (2022年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松田靖弘
[2]. Cononsolvency of Poly[2-(methacryloyloxy)ethyl phosphorylcholine] in Ethanol–Water Mixtures: A Neutron Reflectivity Study
Langmuir 38/17 5081-5088 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Daiki Ihara, Yuji Higaki, Norifumi L. Yamada, Fumiya Nemoto, Yasuhiro Matsuda, Ken Kojio, and Atsushi Takahara [DOI]
[3]. Thermal hysteresis of aggregation states of thermoresponsive block copolymers forming intermolecular hydrogen bonds
Polymer Journal 53/10 1101-1109 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yasuhiro Matsuda, Shota Morishima, Atsushi Takahara, Shigeru Tasaka [DOI]
[4]. 二重らせん多糖類のらせんの巻き戻りで形成される 構造の解析-木を見て森も見ることの意義-
熱測定 48/4 159-163 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松田靖弘
[5]. Ferroelectric behavior in paracrystalline poly(vinyl trifluoroacetate)
Journal of Polymer Enginnering 41/1 19-26 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Mohammad Abdul Barique, Yasuhiro Matsuda, Shigeru Tasaka [DOI]
【著書 等】
[1]. 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
技術情報協会 (2021年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]松田靖弘 [担当範囲] 第4章・第3節 動的粘弾性測定による高分子ゲルの流動温度の決定 [総頁数] 589 [担当頁] pp. 352-359

[2]. 基礎高分子科学 第2版
東京化学同人 (2020年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]松田靖弘 [担当頁] 39-42
[備考] ISBN 9784807909629
[3]. 構造制御による革新的ソフトマテリアル創成
化学同人 (2018年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]松田 靖弘 [担当頁] 100-105
[備考] Part II Chap. 7 (pp. 100-105)の執筆を担当
[4]. 透明性を損なわないフィルム・コーティング剤への機能性付与
技術情報協会 (2012年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]田坂 茂,松田 靖弘 [担当頁] 315-319
[備考] pp. 315-319担当
[5]. 感動繊維の独創から共創へ
静岡学術出版 (2011年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]繊維学会夏季セミナー実行委員会 [担当頁] 93-95
[備考] 編集と内容の一部(pp. 93-95)の執筆
【学会発表・研究発表】
[1]. 尿素及びpH によるポリエチルオキサゾリンの高分子間会合体の構造変化
第53 回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2022年11月6日) 招待講演以外
[発表者]恵美 皓斗、松田 靖弘
[備考] 開催場所 オンライン 主催団体 中部化学関係学協会支部連合
[2]. 増粘多糖類 キサンタンの 微生物分解に伴う構造・物性の変化
第70回レオロジー討論会 (2022年10月13日) 招待講演以外
[発表者]高橋 佑衣乃・久野 航裕・ 新谷 政己・○松田靖弘
[備考] 開催場所 金沢歌劇座 主催団体 日本レオロジー学会
[3]. 増粘多糖類キサンタンのクエン酸水溶液中での熱変性・再性
第70回レオロジー討論会 (2022年10月12日) 招待講演以外
[発表者]藤井孝紀 ・齊木領河 ・ 吉場一真・ 松田靖弘
[備考] 開催場所 金沢歌劇座 主催団体 日本レオロジー学会
[4]. 二重らせん多糖類キサンタンが微生物による分解で形成する構造
第71回高分子討論会 (2022年9月7日) 招待講演以外
[発表者]高橋 佑衣乃・久野 航裕・新谷 政己・○松田 靖弘
[備考] 開催場所 北海道大学札幌キャンパス 主催団体 高分子学会
[5]. 二重らせん多糖類の巻き戻しによって形成される構造に及ぼす添加物の影響
第71回高分子討論会 (2022年9月6日) 招待講演以外
[発表者]藤井 孝紀・山口 雄大・吉場 一真・○松田 靖弘
[備考] 開催場所 北海道大学札幌キャンパス 主催団体 高分子学会
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 ポリ乳酸ゲルの構造制御を目指した集合体形成過程の解明
代表 ( 2021年4月 ~ 2022年3月 )
[相手先] 九州大学先導物資地科学研究所 小椎尾謙
[2]. 国内共同研究 生体親和性高分子が溶液中で形成する構造の解析
代表 ( 2019年4月 ~ 2020年3月 )
[相手先] 九州大学先導物質化学研究所 高原淳 , 天本義史
[備考] 平成 31 年度 物質・デバイス領域共同研究課題
[3]. 国内共同研究 自動車のプラスチック窓などに高耐擦傷性機能などを付与する高硬度被覆膜材料、及び高硬度被覆膜形成技術の研究開発と実用化
分担 ( 2019年4月 ~ 2020年3月 )
[相手先] 動研、名古屋産業科学研究所
[備考] 平成31年度中小企業経営支援等対策費補助金(戦略的基盤技術高度化支援事業)
[4]. 国内共同研究 ゲル・凝集体を形成するブロック共重合の溶液構造
代表 ( 2018年4月 ~ 2019年3月 )
[相手先] 九州大学先導物質化学研究所 高原淳
[備考] 平成 30 年度 物質・デバイス領域共同研究課題 展開共同研究 A
[5]. 国内共同研究 自動車のプラスチック窓などに高耐擦傷性機能などを付与する高硬度被覆膜材料、及び高硬度被覆膜形成技術の研究開発と実用化
分担 ( 2018年4月 ~ 2019年3月 )
[相手先] 動研、名古屋産業科学研究所
[備考] 平成30年度中小企業経営支援等対策費補助金(戦略的基盤技術高度化支援事業)
【科学研究費助成事業】
[1]. 資源豊富な葉緑素と天然鉱物を複合化したケミカルフリーの高耐久グリーン着色材の創製 ( 2022年4月 ) 基盤研究(B) 分担

[2]. らせんの巻き戻しを積極的に利用した多重らせん多糖類の構造・物性制御 ( 2019年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(B) 代表

[3]. 溶媒との複合体結晶を用いたポリ乳酸ゲルの構造解析と材料展開 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 若手研究(B) 代表

[4]. 高分子の界面分子運動が布の風合いに与える影響 ( 2011年4月 ~ 2013年3月 ) 若手研究(B) 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. (2021年4月 ) [提供機関] 一般財団法人 布能育英会 [制度名] 学術研究助成金 [担当区分] 研究代表者
[2]. Change of Structure and Viscosity Enhancement of a Double-helical Polysaccharide, Xanthan Induced by Thermal Renaturation (2019年9月 - 2019年9月 ) [提供機関] 日本科学協会 [制度名] 2019年度海外発表促進助成 [担当区分] 研究代表者
[3]. 食品用増粘多糖類のらせんの巻き戻しの分子レベルでの理解と物性制御 (2017年7月 - 2018年6月 ) [提供機関] 公益財団法人三島海雲記念財団 [制度名] 三島海雲学術研究奨励金 [担当区分] 研究代表者
[4]. プラスチックハードコート膜形成の初期過程解明を通した適切なハードコーティング条件の探索 (2015年9月 ) [提供機関] 浜松科学技術研究振興会 [制度名] 山田亮三基金研究助成 [担当区分] 研究代表者
[5]. 食品用増粘多糖類の変性・再性による構造変化が粘性に及ぼす影響 (2015年9月 - 2016年8月 ) [提供機関] ひと・健康・未来研究財団 [制度名] 研究助成金 [担当区分] 研究代表者
【受賞】
[1]. ヤングサイエンティスト講演賞 ナノファイバー構造によるポリ乳酸ゲルの創製と制御 (2018年7月)
[受賞者] 松田靖弘 [授与機関] 高分子学会関西支部
[2]. 日本レオロジー学会奨励賞 (2017年5月)
[受賞者] 松田靖弘 [授与機関] 日本レオロジー学会
[備考] 授与団体名 日本レオロジー学会
[3]. Polymer Journal論文賞-日本ゼオン賞 Renaturation behavior of xanthan with high molar mass and wide molar mass distribution (2017年5月)
[受賞者] 松田靖弘 [授与機関] 高分子学会
[備考] 授与団体 高分子学会
[4]. 繊維学会奨励賞 (2015年6月)
[受賞者] 松田靖弘 [授与機関] 繊維学会
[備考] 授与団体 繊維学会
[5]. 東海化学工業会賞 極性高分子のナノ凝集構造制御によるソフトマテリアルの応用 (2015年5月)
[受賞者] 松田靖弘 [授与機関] 東海化学工業会
[備考] 授与団体 東海化学工業会
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第52回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 (2021年10月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] オンライン
[2]. 第70回高分子学会年次大会 (2021年5月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] オンライン
[3]. Advances in Polymr Science and Ruber Technology (2019年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] カラグプル(インド)
[備考] International Advisory Committee
[4]. 2019年繊維学会年次大会 (2019年6月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] タワーホール船堀
[5]. 平成29年度繊維学会年次大会 (2017年6月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] タワーホール船堀

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 新入生セミナー (2022年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 高分子科学 (2022年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 高分子物理化学 (2022年度 - 後期 )
[4]. 学部専門科目 バイオ応用工学Ⅴ (2022年度 - 前期 )
[5]. 学部専門科目 バイオ応用工学実験Ⅰ (2022年度 - 前期 )
【指導学生数】
2021年度
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 4 人
2020年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 6 人
2019年度
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 4 人
博士指導学生数(主指導) 0 人
2018年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 2 人
2017年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 2 人
【指導学生の受賞】
[1]. 第47回繊維学会夏季セミナー 若手優秀ポスター賞 (2017年8月)
[受賞学生氏名] 森島 渉太 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 繊維学会
[備考] 所属:総合科学技術研究科
[2]. 第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 高分子優秀学生発表賞 (2016年11月)
[受賞学生氏名] 芦沢 宏樹 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 高分子学会東海支部
[備考] 所属:総合科学技術研究科
[3]. 第44回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 学生発表賞 (2013年11月)
[受賞学生氏名] 塩川泰徳 (----)
[授与団体名] 高分子学会東海支部
[備考] 受賞学生は工学研究科(修士課程)学生

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. セミナー 情報機構セミナー (2012年11月 )
[内容] 樹脂/金属等接着の/分子運動と各種特性の相関
[2]. セミナー 情報機構セミナー (2012年8月 )
[内容] 高分子溶液の構造解析・溶解性評価と応用技術
[備考] 開催場所(大田区産業プラザ)
[3]. 講演会 機能性繊維と分子運動 (2011年8月 )
[内容] 第42回繊維学会夏季セミナー
[備考] 主催者(繊維学会) 開催場所 アクトシティ浜松
[4]. 講演会 大阪大学で学んだもの・恩師の言葉 (2009年2月 )
[内容] 将来展望ワークショップ
[備考] 主催者(大阪大学「知的能動性をはぐくむ理学教育プログラム) 開催場所 大阪大学豊中キャンパス
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 第29期評議員 (2020年6月 - 2022年6月 ) [団体名] 日本接着学会
[2]. 東海支部幹事 (2020年4月 ) [団体名] 高分子学会
[3]. 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員 (2018年4月 - 2019年3月 )
[活動内容]「科学技術専門家ネットワーク」におけるインターネットを介した情報収集への任意協力(アンケート回答や情報提供など)
[4]. 幹事 (2011年4月 - 2012年3月 ) [団体名] 東海高分子研究会
[5]. 東海支部幹事 (2011年4月 ) [団体名] 繊維学会
【その他社会活動】
[1]. 平成29年度 静岡大学 未来の科学者養成スクール (2017年4月 - 2018年3月 )
[備考] 受講生(高校生)1名の研究指導を分担

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. インド工科大学カラグプル校の博士論文審査 (2019年7月 - 2019年8月 )
[備考] 審査対象者 Chinmoy Saha 氏
[2]. インド工科大学のNikhikl K. Singha先生の招へい・講演会開催 (2018年12月 - 2018年12月 )
[備考] 工学振興基金により援助

管理運営・その他

【特記事項】
2013年10月-2014年9月 テネシー大学客員研究員 第1種衛生管理者 有機溶媒取扱主任