トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 清水 昌幸 (SHIMIZU MASAYUKI)

清水 昌幸 (SHIMIZU MASAYUKI)
助教
学術院工学領域 - 機械工学系列 工学部 - 機械工学科



image-profile
最終更新日:2022/06/24 9:38:12

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  東北大学   2005年3月
【所属学会】
・計測自動制御学会
・日本機械学会
・IEEE
・日本ロボット学会
【研究シーズ】
[1]. ロボットアームの力制御技術 ( 2019年度 - ) [分野] 2. 電子情報通信 [URL]
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Analytical inverse kinematics for 5-DOF humanoid manipulator under arbitrarily specified unconstrained orientation of end-effector
Robotica 33/4 747-767 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Masayuki Shimizu [共著者]○Masayuki Shimizu
[2]. 再利用性の高いロボット作業技能の構築法
日本機械学会論文集C編 75/759 3299-3306 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]清水昌幸 [共著者]○清水昌幸,尹祐根,音田弘
[3]. Analytical Inverse Kinematic Computation for 7-DOF Redundant Manipulators With Joint Limits and Its Application to Redundancy Resolution
IEEE TRANSACTIONS ON ROBOTICS 24/5 1131-1142 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Masayuki Shimizu [共著者]○Masayuki Shimizu,Hiromu Kakuya,Woo-Keun Yoon,Kosei Kitagaki,Kazuhiro Kosuge
【学会発表・研究発表】
[1]. Xenomaiを用いたRTミドルウェアの実時間化
第16回計測自動制御学会SI部門講演会 (2015年12月) 招待講演以外
[発表者]清水 昌幸
[備考] 開催場所(名古屋)
[2]. 安定性を向上させる作業スキルパラメータの決定法
第16回計測自動制御学会SI部門講演会 (2015年12月) 招待講演以外
[発表者]前川賢太,清水 昌幸,音田弘,鳥居孝夫
[備考] 開催場所(名古屋)
[3]. 速度制御サーボドライバを用いたPA10の軌道追従制御系の構築
第33回日本ロボット学会学術講演会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]清水 昌幸
[備考] 開催場所(東京)
[4]. 実演データから獲得した作業スキルパラメータの再利用性評価
第33回日本ロボット学会学術講演会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]前川賢太,清水昌幸,音田弘,鳥居孝夫
[備考] 開催場所(東京)
[5]. Model Identification for Perfect Tracking Control of PA10 Robot Arm with Joint Velocity Servo Driver
Proceedings of 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (2014年12月) 招待講演以外
[発表者]Masayuki Shimizu
[備考] 開催場所(Tokyo), 論文
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 RTミドルウエア上で動作するRTコンポーネントおよびロボット用ソフトウエアの開発
( 2008年6月 )
【科学研究費助成事業】
[1]. 再利用可能な実環境適応型ロボット作業技能に関する研究 ( 2010年4月 ) 若手研究(B) 代表

[2]. 再利用可能な実環境適応型ロボット作業技能に関する研究 ( 2009年4月 ) 若手研究(B) 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 環境接触作業実現のためのヒューマノイドロボットの全身制御方法の開発 (2010年4月 ) [提供機関] スズキ財団 [制度名] 科学技術研究助成金
[2]. 人とロボットによる協調作業のためのインピーダンス制御に関する研究 (2009年4月 ) [提供機関] (財)浜松科学技術研究振興会
【受賞】
[1]. SI2015優秀講演賞 (2015年12月)
[備考] 計測自動制御学会SI部門講演会
[2]. SI2014優秀講演賞 (2014年12月)
[備考] 計測自動制御学会SI部門講演会
[3]. SICE Annual Conference Intenational Award Finalist (2012年8月)
[備考] The Society of Instrument and Control Engineers
[4]. 日本機械学会奨励賞(研究) (2012年4月)
[備考] 日本機械学会
【学会・研究会等の開催】
[1]. ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (2012年5月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 浜松市
[備考] 学会主催者(日本機械学会)
[2]. International Conference on Simulation, Modeling, and Programming for Autonomous Robots (2010年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] Darmstadt(Germany)
[備考] 学会主催者(Oskar von Stryk)
[3]. 第31回バイオメカニズム学術講演会 (2010年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学浜松キャンパス
[備考] 学会主催者(バイオメカニズム学会)
【その他学術研究活動】
[1]. 学生引率(浜松ホトニクス中央研究所) (2008年8月 )
[備考] 文部科学省「女子中高生の理系進路支援事業」の一環として、女子中高生を引率し、株式会社浜松ホトニクス中央研究所の見学を行った。

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 機械工学実験Ⅰ (2022年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 機械工学実験Ⅱ (2022年度 - 後期 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. イベント出展 機械工学セミナー (2010年3月 )
[備考] 役割(講師) 開催場所(静岡大学浜松キャンパス)
[2]. イベント出展 高校生のための機械工学体験セミナー (2009年3月 )
[備考] 役割(ロボットコース(B) 講師)開催場所(静岡大学浜松キャンパス)

国際貢献実績

管理運営・その他