氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 内田 恵 (UCHIDA Megumi)

内田 恵 (UCHIDA Megumi)
教授
学術院教育学領域 - 英語教育系列 教育学部 - 教科教育学専攻
大学院教育学研究科 - 学校教育研究専攻








image-profile
最終更新日:2019/04/13 2:08:00

教員基本情報

【取得学位】
文学修士  東北大学   1985年3月
【研究分野】
人文学 - 言語学 - 英語学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
中学校・高等学校における英文法指導
言語理論に基づく英語構文の指導
【現在の研究テーマ】
英語の機能文法に関する研究
生成文法研究
【研究キーワード】
生成文法, 語用論, 機能文法
【所属学会】
・日本英語学会
・日本英文学会中部支部
・日本英文学会
・中部地区英語教育学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 学校英文法を超えて
静岡大学教育学部研究報告:教科教育篇 第48号/(num) 29- 39 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 内田 恵
[2]. 慣れる英語、わかる英語
プロミシングエイジ Vol. 30/(num) 27- 32 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 内田 恵
[3]. 隠し味の文法指導
中部地区英語教育学会紀要 1/41 31-38 (2012年) [査読] 有
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 内田恵
[4]. 定性効果とThere構文
静岡大学教育学部研究報告 人文・社会・自然科学篇 /61 79-88 (2011年) [査読] 無
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 内田恵
[5]. 教育のための英文法
静岡大学教育学部研究報告教科教育学編 /40 85-96 (2009年) [査読] 無
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 内田 恵
【著書 等】
[1]. 増補版チョムスキー理論辞典
研究社 (2016年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]原口庄輔,中村捷,金子義明,内田恵,秋孝道ほか
[2]. 言語研究の視座
開拓社 (2015年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]深田智,西田光一,田村敏広,内田恵 ほか
[備考] 「省略の要因をめぐって」pp.249-264
[3]. 言語におけるミスマッチ
東北大学大学院情報科学研究科 (2013年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]菊地朗,小川芳樹,西田光一,内田恵,ほか10名
[備考] 「聞き手の心理と談話文法」pp.23-38
[4]. 言語類型の記述的・理論的研究
新潟大学人文学部 (2012年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]秋孝道,菊地朗,内田恵ほか10名
[備考] 共著担当箇所(第2章13-23)
[5]. オーストラリア・ニュージーランド英語文化辞典
オセアニア出版社 (2011年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]沢田敬也,武田修一,江藤秀一,内田恵ほか52名
[備考] 共著担当箇所(本人抽出不可能)
【学会発表・研究発表】
[1]. 新学習指導要領のめざす外国語教育
静岡大学教育学部同窓会富士・富士宮支部定例研究会 (2018年8月25日) 招待講演
[発表者]内田 恵
[備考] 富士教育会館
[2]. 言語活動のデザインを単元構想でつなぐにはー小中高連携を視野にー
中部地区英語教育学会 第48回大会 (2018年6月24日) 招待講演以外
[発表者]内田 恵ほか5名
[備考] 静岡大学
[3]. 「小学校英語教科化の動向と課題」
静岡大学教育学部同窓会・清水庵原地区定例研究会 (2018年1月) 招待講演
[発表者]内田 恵
[備考] 静岡大学教育学部同窓会・清水庵原支部(静岡市清水区)
[4]. ちょっとトクする英文法と指導法
静岡県教育研究会英語教育研究部平成28年度夏季研究大会 (2016年8月) 招待講演
[発表者]内田 恵
[備考] 静岡県教育研究会英語教育研究部(静岡県島田市プラザおおるり)
[5]. There構文の分析をめぐって
日本英文学会中部地方支部第65回大会 (2013年10月) 招待講演
[発表者]内田 恵
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 英語及び日本語の副詞類の実証的・理論的研究
( 2000年1月 )
【学会・研究会等の開催】
[1]. 中部地区英語教育学会平成29年度静岡地区研究会 (2018年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡県教育会館(静岡市葵区)
[備考] 「教育学部附属学校園強化プロジェクト」の実施責任者として共催開催を企画・実施する。併せて中部地区英語教育学会運営委員として同研究会を企画運営する。
[2]. 日本英文学会中部支部第69回大会 (2017年10月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 福井大学
[備考] 日本英文学会中部支部長として統括
[3]. 日本英文学会第89回全国大会 (2017年5月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学共通教育棟
[備考] 日本英文学会中部支部長として学会を誘致し、開催運営を行う。
[4]. 日本英文学会中部支部第68回大会 (2016年10月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 富山大学
[備考] 日本英文学会中部支部長として統括
[5]. 中部地区英語教育学会平成27年度静岡地区研究会 (2016年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡県教育会館(静岡市葵区)
[備考] 「教育学部附属学校園強化(静岡トップG)プロジェクト」および「教育実践センタープロジェクト(三附属英語授業の比較研究)」の実施責任者として共催開催を企画・実施する。併せて中部地区英語教育学会運営委員として同研究会を企画運営する。
【その他学術研究活動】
[1]. 『大谷(静岡大学教育学部同窓会誌)第60号』執筆:「小学校英語の導入とその方向性」 (2017年9月 )
[2]. 『週刊読書人第3190号』執筆:「文系と理系のインターフェイス」 (2017年5月 )
[3]. 『教師の広場』No.173 「提言」執筆 (2012年9月 )
[4]. 中学校教科書「TOTAL ENGLISH]」 編集 (2012年4月 )
[5]. 「TOTAL ENGLISH」ミニ文法講座連載執筆(2007年より年2回連載中) (2007年5月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 英語演習Ⅲ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[2]. 学部専門科目 英語学入門 (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 学部専門科目 英語文法論Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 大学院科目(修士) 英語科内容論Ⅰ(英語学) (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 学部専門科目 英語学演習Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
【指導学生数】
2018年度
卒研指導学生数(3年) 8 人
卒研指導学生数(4年) 5 人
2017年度
卒研指導学生数(3年) 7 人
卒研指導学生数(4年) 8 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
卒研指導学生数(3年) 6 人
卒研指導学生数(4年) 6 人
修士指導学生数 3 人
2015年度
卒研指導学生数(3年) 10 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 5 人
2014年度
卒研指導学生数(3年) 6 人
卒研指導学生数(4年) 5 人
修士指導学生数 3 人
【指導学生の受賞】
[1]. 教育学部優秀学生賞 (2015年3月)
[受賞学生氏名] 石井志穂
[授与団体名] 静岡大学
[2]. 教育学部優秀学生賞 (2015年3月)
[受賞学生氏名] 佐々木彩乃
[授与団体名] 静岡大学
[3]. 教育学部優秀学生賞 (2001年4月)
[受賞学生氏名] 市川竜也
[授与団体名] 静岡大学教育学部

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 講習会 富士市教育委員会学校訪問事業 (2018年6月 - 2018年12月 )
[内容] 授業参観及び、公開英語授業についての助言
[備考] 富士市立東小、岩松小、広見小、富士中央小ほか
[2]. 講習会 富士市教育委員会学校訪問事業 (2017年6月 - 2017年9月 )
[内容] 授業参観及び、公開英語授業についての助言
[備考] 富士市立冨士中央小学校(6月)、富士市立鷹岡小学校(9月)
[3]. 講演会 静岡県立静岡高等学校進路講演会 (2013年10月 )
[内容] 講師
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 日本教育大学協会 (2014年4月 - 2015年3月 )
[活動内容]評議員
[2]. 静岡市立城内中学校 (2014年4月 - 2015年3月 )
[活動内容]評議員
[3]. 静岡県出版文化会委員 (2012年4月 - 2015年3月 )
[活動内容]静岡県出版文化会『教師の広場』編集委員

国際貢献実績

管理運営・その他