トップページ  > 教員個別情報  > 科学研究費助成事業

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 池田 恵子 (Ikeda Keiko)

科学研究費助成事業

【科学研究費助成事業】
[1]. ジェンダー・多様性の視点による防災・災害対応政策:自治体への導入過程の研究 ( 2020年4月 ~ 2023年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 大規模災害からの復興の地域的最適解に関する総合的研究 ( 2019年4月 ~ 2024年3月 ) 基盤研究(A) 分担
[備考] 代表者 浦野正樹(早稲田大学)

[3]. 女性の参画で巨大地震に備える―静岡県の地域防災体制へのジェンダー視点の定着 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[4]. 災害・復興政策の比較ジェンダー研究-多様性に通ずるレジリエンス構築に向けて ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[5]. バングラデシュ農村における「ジェンダーと開発」の展開と女性に対する暴力 ( 2012年4月 ~ 2015年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[6]. 日本における災害被害と防災サイクルのジェンダー分析 ( 2008年4月 ~ 2011年3月 ) 挑戦的萌芽研究 代表

[7]. ローカル・センシティヴな「開発とジェンダー」研究の構築をめざして ( 2006年4月 ~ 2008年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[8]. バングラデシュ農村における自然災害の被害と回復能力のジェンダー格差とその変容 ( 2003年4月 ~ 2006年3月 ) 若手研究(B) 代表

[9]. バングラデシュ農村における環境の季節変化からの回復能力とその変容 ( 2001年4月 ~ 2003年3月 ) 若手研究(B) 代表