トップページ  > 教員個別情報  > 報道

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 伊藤 文彦 (ITO Fumihiko)

報道

【報道】
[1]. 新聞 「思わずお茶が飲みたくなる 静大生がポスター制作 島田で発表 若者視点、自由な発想」 (2021年2月22日)
[概要]静岡県島田市「「『若者とお茶』〜若者がイメージするお茶とは・ポスターデザインに見るお茶のイメージ考察〜ポスタープロジェクト」ふじのくに茶の都ミュージアム」でのプレゼンテーション
[備考] 静岡新聞 朝刊 静岡・志太榛原版
[2]. 新聞 「未来の下田創造プロジェクト 20年後も大好きな町に 東中生33人初参加し協議 「仕組み」を提案」 (2020年10月10日)
[概要]静岡県下田市「第15回未来の下田創造プロジェクト部会」でのワークショップ
[備考] 伊豆新聞 朝刊1面
[3]. 新聞 デザイン思考の活用学ぶ 静岡大伊藤教授招く 共感・発想など強調 (2019年1月)
[概要]静岡県下田市「第4回未来の下田創造プロジェクト部会」での講演『デザインプロセスとデザイン思考』
[備考] 伊豆新聞 朝刊1面
[4]. 新聞 緑色でお茶をイメージ ラッピングタクで静岡PR (2018年2月)
[概要]「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングUDタクシーの出発式。ラッピングのデザインは静岡大学の伊藤文彦教授が担当。
[備考] 東京交通新聞
[5]. 新聞 お茶タクシー7台追加 (2018年1月15日)
[概要]「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーが7台増え計10台に。デザインを伊藤文彦が担当。
[備考] 毎日新聞朝刊
[6]. 新聞 UDタクシーお披露目 (2018年1月)
[概要]「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングUDタクシーのお披露目。デザインを伊藤文彦が担当。
[備考] 静岡新聞朝刊
[7]. 新聞 駅から「お茶のまち」PR JR静岡駅にラッピング (2017年4月19日)
[概要]JR静岡駅の新幹線改札内コンコースに「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングシートを設置。デザインを伊藤文彦が担当。
[備考] 静岡新聞朝刊 カラー写真あり
[8]. 新聞 改札内に3種の茶畑 JR静岡駅 ラッピング装飾  (2017年4月19日)
[概要]JR静岡駅の東海道新幹線改札内コンコースの三カ所に、茶畑をイメージしたラッピング装飾を設けた。デザインを地域創造学環の伊藤文彦教授が手掛けた。
[備考] 中日新聞朝刊 カラー写真あり
[9]. 新聞 お茶タクシーミニカー登場 静岡のメーカー制作 (2016年11月8日)
[概要]「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシー(デザイン:伊藤文彦)のミニカーを模型メーカーのエムエムピーが制作した。
[備考] 静岡新聞 カラー写真あり  
[10]. 新聞 ポーランド学生と静大生古民家調査 掛川、デザインテーマに意見交換 (2016年8月31日)
[概要]ワルシャワ⼯科⼤学+ワルシャワ芸術⼤学×静岡⼤学 共同ワークショップ 「日本の古民家調査とデザインの未来について考える学生交流会」(後援:静岡大学)を行いました。
[備考] 静岡新聞 朝刊 カラー写真あり
[11]. 新聞 緑茶タクシー 静岡市で1台だけ (2016年1月11日)
[概要]静岡市と市茶業振興協議会、市タクシー協議会などは14日、「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーの運行開始式を開催 静岡大の伊藤文彦教授が「静岡市のお茶」をイメージして黄緑色のタクシーをデザインし、初公開された
[備考] 日刊スポーツ 白黒写真あり  
[12]. 新聞 「茶畑」をラッピング PRタクシー快走 (2015年11月27日)
[概要]静岡市と市茶業振興協議会、市タクシー協議会などは14日、「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーの運行開始式を開催 静岡大の伊藤文彦教授が「静岡市のお茶」をイメージして黄緑色のタクシーをデザインし、初公開された
[備考] 中日新聞 朝刊 カラー写真あり  
[13]. 新聞 静岡茶のお茶PR 千代田タクのプリウス ラッピング車両出発 (2015年11月23日)
[概要]静岡市と市茶業振興協議会、市タクシー協議会などは14日、「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーの運行開始式を開催 静岡大の伊藤文彦教授が「静岡市のお茶」をイメージして黄緑色のタクシーをデザインし、初公開された
[備考] 東京交通新聞 朝刊 白黒写真あり  
[14]. 新聞 お茶のまちPRラッピングタクシー出発 (2015年11月15日)
[概要]静岡市と市茶業振興協議会、市タクシー協議会などは14日、「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーの運行開始式を開催 静岡大の伊藤文彦教授が「静岡市のお茶」をイメージして黄緑色のタクシーをデザインし、初公開された
[備考] 産経新聞 朝刊 カラー写真あり  
[15]. 新聞 緑色タクシー 静岡市内を走る (2015年11月15日)
[概要]静岡市と市茶業振興協議会、市タクシー協議会などは14日、「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーの運行開始式を開催 静岡大の伊藤文彦教授が「静岡市のお茶」をイメージして黄緑色のタクシーをデザインし、初公開された
[備考] 読売新聞 朝刊 白黒写真あり  
[16]. 新聞 お茶のまち静岡市PR ラッピングタクシー運行 (2015年11月15日)
[概要]静岡市と市茶業振興協議会、市タクシー協議会などは14日、「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーの運行開始式を開催 静岡大の伊藤文彦教授が「静岡市のお茶」をイメージして黄緑色のタクシーをデザインし、初公開された
[備考] 静岡新聞 朝刊 カラー写真あり  
[17]. 新聞 お茶のまちPR 静岡市がきょうから緑色タクシーを運行 (2015年11月14日)
[概要]静岡市と市茶業振興協議会、市タクシー協議会などは14日、「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーの運行開始式を開催 静岡大の伊藤文彦教授が「静岡市のお茶」をイメージして黄緑色のタクシーをデザインし、初公開された
[備考] 毎日新聞 朝刊 白黒写真あり  
[18]. 新聞 静岡茶のPRタクシー (2015年11月14日)
[概要]静岡市と市茶業振興協議会、市タクシー協議会などは14日、「お茶のまち静岡市」をPRするラッピングタクシーの運行開始式を開催 静岡大の伊藤文彦教授が「静岡市のお茶」をイメージして黄緑色のタクシーをデザインし、初公開された
[備考] 朝日新聞 朝刊 白黒写真あり  
[19]. 新聞 茶消費目標さらに高く 見直し案を答申 茶どころ日本一計画-静岡市 (2015年2月28日)
[概要]静岡市茶どころ日本一委員長の伊藤文彦静大教授が、茶どころ日本一計画見直し案を静岡市経済局長に答申。
[備考] 静岡新聞 朝刊  23ページ  カラー写真あり  582 文字
[20]. 新聞 静大生 65店舗個性探れ 30周年盛り上げ 魅力発信ポスター制作-焼津さかなセンター (2014年8月20日)
[概要]「焼津さかなセンター」を盛り上げようと、静岡大学教育学部デザイン研究室の学生が、同センター内65店舗のポスターを制作。
[備考] 静岡新聞 夕刊  3ページ 絵写表有  983 文字  カラー写真あり
[21]. 新聞 「茶のまち」名札でPR 静岡市全職員8000人が着用へ (2014年4月22日)
[概要]静岡市で「お茶のまち静岡市」をPRした職員用名札を初採用 市茶どころ日本一委員長を務める伊藤文彦教授が名札をデザイン
[備考] 静岡新聞 朝刊 20面 カラー写真あり
[22]. 新聞 「茶のまち」静岡市PR開始 全タクシーにステッカー (2012年8月6日)
[概要]静岡市茶業振興協議会と県タクシー協会、県中部個人タクシー協同組合は5日、「お茶のまち静岡市」のステッカーを同市内を走る1355台のタクシー全車両に張り出した。(デザイン担当:伊藤文彦)
[備考] 静岡新聞 朝刊 カラー写真あり
[23]. 新聞 メガネトップ本店静大生の作品展示 (2006年11月21日)
[概要]静岡市伝馬町のメガネトップ本店ショーウィンドーを、伊藤文彦助教授の指導を受けた学生5人がデザインした。作品名「MEMORY FOREST-記憶の森-」
[備考] 静岡新聞 夕刊 白黒写真あり
[24]. 新聞 夜彩る「虹」のオブジェ 静岡 学生が店頭に飾り付け (2004年11月5日)
[概要]静岡市伝馬町のメガネトップ本店ショーウィンドーを、伊藤文彦助教授の指導を受けた学生5人がデザインした。
[備考] 静岡新聞 朝刊 カラー写真あり
[25]. 新聞 バスに乗ろうよ! (2004年3月23日)
[概要]安東循環コミュニティバス運行開始。(デザイン担当:伊藤文彦)
[備考] 静岡新聞 夕刊 全面広告(9面)
[26]. 新聞 安東コミュニティバス 愛称は「こしず」 (2004年3月16日)
[概要]安東循環コミュニティバスの愛称が「こしず」に決まったと発表。ロゴデザインは伊藤文彦助教授が担当。
[備考] 静岡新聞 朝刊 白黒図あり
[27]. 新聞 静岡市オムニバスタウン計画 清水地域に拡大 超低床バス2台増 (2004年3月2日)
[概要]オムニバスタウン計画の一環として導入された「超低床ノンステップバス」(デザイン担当:伊藤文彦)2台を清水地区に導入。
[備考] 静岡新聞 朝刊 白黒写真あり
[28]. 新聞 地元乗客の評判上々 コミュニティーバス試行発車 (2004年2月18日)
[概要]オムニバスタウン計画の一環として初導入された「コミュニティーバス」(デザイン担当:伊藤文彦)が試行運転を始めた。評判は上々。
[備考] 中日新聞 朝刊 カラー写真あり
[29]. 新聞 楽しみ 安東循環線 コミュニティーバス16日から試験運転 (2004年2月11日)
[概要]しずてつジャストラインは、コミュニティーバス4台(デザイン担当:伊藤文彦)の導入記念式典を 葵スクエアで開いた。
[備考] 静岡新聞 朝刊 白黒写真あり
[30]. 新聞 コミュニティーバス 「3案」を発表 静岡・安東循環デザイン (2003年12月18日)
[概要]静岡市伝オムニバスタウン計画推進協議会は、コミュニティーバスの外装デザイン(担当:伊藤文彦)の候補3案を発表した。
[備考] 静岡新聞 朝刊 カラー作品図あり
[31]. 新聞 ウィンドーに大きな目 静岡大生 眼鏡店の”顔”デザイン (2003年10月2日)
[概要]静岡市伝馬町のメガネトップ本店ショーウィンドーを、伊藤文彦助教授の指導を受けた学生がデザインした。
[備考] 静岡新聞 朝刊 カラー写真あり