トップページ  > 教員個別情報  > 論文 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 川原﨑 知洋 (kawarasaki tomohiro)

論文 等

【論文 等】
[1]. 子どもの共創空間における体験と非認知的能力に関する研究 ーグランシップこどものくに「まんまるころころ」の実践を通してー
静岡大学教育学部研究報告. 人文・社会・自然科学篇 72/ 121-128 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原﨑知洋 [URL] [DOI]
[2]. 子どもの共創空間の類型化と非認知的能力の関係について ―グランシップこどものくにの実践を通して―
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター 31/ 179-186 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原崎 知洋 [URL] [DOI]
[3]. デザイン教育における価値発見力の育成に関する研究 ―大学生を対象とした観察法とKA法を用いた実践研究を通して―
大学美術教育学会 52/ 137-144 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原﨑知洋 [URL] [DOI]
[4]. 造形・美術教育における教員研修に関する実態と課題 ‐教科教育とデザインおよび彫刻領域との連携による研修を通して‐
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター /28 307-315 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]髙橋 智子 [共著者]川原﨑 知洋,名倉 達了 [備考] 309ページを執筆した。
[URL] [DOI]
[5]. デザイン教育における観察法の導入の可能性について ―中学生・大学生・教諭を対象とした観察法の実践を通して―
大学美術教育学会 51/ 153-160 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原﨑 知洋 [URL] [DOI]
[6]. 防災教育のための絵本教材の開発ー風水害を題材とした防災絵本『ぐるぐるぐもがくるぞ!!』の制作ー
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター (vol)/26 233-240 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]藤井 基貴 [共著者]川原﨑 知洋 [URL] [DOI]
[7]. 子どもの造形体験の質を向上させるためのイベントデザインーグランシップ『こどものくに』”にじいろ大冒険!”の実践報告ー
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター (vol)/26 275-282 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原﨑 知洋 [URL] [DOI]
[8]. かたちの意味について考える体験プログラムに関する研究ーグランシップこどものくに「へんてこ!!道具のかたち」の実践を通してー
静岡大学教育学部研究報告(人文・社会・自然科学篇) /68 243-254 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原﨑 知洋 [URL] [DOI]
[9]. 造形活動を利用した空間デザインに関する考察2
静岡大学教育学部研究報告(人文・社会・自然科学篇) /66 201-212 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原﨑 知洋 [URL] [DOI]
[10]. デザイン実践力を養成するための地域連携プロジェクトー『笑顔でつなぐ焼津市ポスター展』を事例としてー
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター 25/ 225-234 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 川原﨑 知洋,伊藤 文彦 [URL] [DOI]
[11]. デザイン教育における地域連携プロジェクトの実践と考察1 -焼津さかなセンター『笑顔でつなぐポスター展』を事例として-
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター /24 117-124 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]伊藤 文彦 [共著者]川原﨑 知洋 [URL] [DOI]
[12]. デザイン教育における地域連携プロジェクトの実践と考察2 -焼津さかなセンター『笑顔でつなぐポスター展』を事例として-
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター /24 125-132 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]川原﨑 知洋 [共著者]伊藤 文彦 [URL] [DOI]
[13]. 造形活動を利用した空間デザインに関する考察
静岡大学教育学部研究報告(人文・社会・自然科学編) /65 213-220 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原﨑 知洋 [URL] [DOI]
[14]. 造形活動の開発と空間デザインとの関係性についてーグランシップ『こどものくに』“ねんどでぎゅっ”の実践報告ー
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター /22 155-160 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原崎 知洋 [URL] [DOI]
[15]. 写真を使用した立体表現の独創性について
大学美術教育学会誌 /45 119-126 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原崎 知洋
[16]. デザインにおける独創的表現について
静岡大学教育学部研究報告(教科教育学篇) /43 235-242 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原崎 知洋 [URL] [DOI]
[17]. デザインプロセスにおけるコンセプトの役割についての考察 -地域イベントにおけるデザイン実践を通して-
大学美術教育学会誌 /43 95-102 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原崎 知洋
[18]. デザイン発想力の向上を促す教材の実践
静岡大学教育学部研究報告(教科教育学篇) /61 271-278 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原崎 知洋 [URL] [DOI]
[19]. 地場産業を活かした造形プログラムの実践-透明プラスチック素材の新しい表現方法の研究を通して-
静岡大学教育学部附属教育実践総合センター /18 167-174 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原崎 知洋
[20]. 附属学校との連携を通した美術教育の可能性 -研究誌『図工・美術授業研究FILE』の実践と展開-
静岡大学教育学部実践総合センター紀要 /18 157-166 (2010年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]芳賀正之 [共著者]芳賀正之,髙橋智子,川原崎 知洋,伊藤文彦,登坂秀雄 他 [備考] デザイン領域箇所を執筆
[21]. 展示デザインにおける『更新』の意義について
静岡大学教育学部研究報告(人文・社会科学篇) /59 33-40 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川原崎 知洋